2009年9月28日 (月)

咲 -Saki- 第25話「全国」

Saki_2511 Saki_2512 Saki_2513 Saki_2514

毎回楽しみにしていた咲もついに最終回か。ということで、4校による合同合宿がスタート、思ったとおり今回京太郎は留守番でした、1人妄想に浸りながら部室でネット麻雀をする、対戦相手はハギヨシかよ。

Saki_2521 Saki_2522 Saki_2523 Saki_2524 Saki_2525 Saki_2526

合宿開始、今後のことについてゆみが自分の提案を説明していたが、優希がトイレに行ったり、衣が寝てしまったりといったことが続き、この日は自由時間ということに。最初温泉に入らなかったモモはゆみと温泉へ。最初から2人きりで入るつもりだったみたい、さすがだ。それから各々自由時間を満喫。

Saki_2531 Saki_2532 Saki_2533 Saki_2534

翌朝温泉に来た咲と和。そこにはゆみとモモが。さらに各校の部員達もやってきて、全国区の話に。聞かなければよかったと思う全国区の強豪たちのことを話す透華、その代表格が宮永照、咲の姉だった。美穂子によると取材を受けたときに照は自分に妹はいないと言っていた。そのことを聞いた咲は照と戦うことが恐くなってしまう。

Saki_2541 Saki_2542 Saki_2543 Saki_2544 Saki_2545 Saki_2546

そんな咲を和は勝負事にご利益があるという近くの神社へ連れていく。全国でも勝ち抜いて咲といつまでも一緒に・・・とお願いしたという和、なんだこれ、プロポーズか、プロポーズなのか?まあ咲も元気になったことだから良しとしよう。そして、ようやくお互い名前で呼び合えるようになりました、すごく初々しかった。

Saki_2551 Saki_2552

2人が戻ってきてようやく合宿メニュー開始の時間、ゲストの藤田プロも参戦し、ついに本格的な合宿がスタート。

Saki_2561 Saki_2562 Saki_2563 Saki_2564 Saki_2565 Saki_2566 Saki_2567

そして、舞台は全国へ。全国区の選手たち見た目から凄いな、私服で統一性がばらばらだったり、巫女服だったり、制服組が地味に見えてくるじゃないか。個々が使う能力もなんか別の作品に見える、これが全国レベルの能力か。ということで、2期を漂わせるようなEDでしたが、原作抜いてしまったりしたからだいぶ先の話になるのではないかと思います。ともあれ4月からの放送開始から半年間、とても楽しませていただき、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2009年9月21日 (月)

咲 -Saki- 第24話「夏祭り」

Saki_2411 Saki_2412 Saki_2413 Saki_2414 Saki_2415 Saki_2416

全国大会を控えた清澄高校。久はその前に4校による合同合宿を計画。誘ったのはもちろん団体決勝で戦った龍門渕、風越、鶴賀の3校。龍門渕と鶴賀は参加の返事を出しました。

Saki_2421 Saki_2422 Saki_2423 Saki_2424

一方、清澄ではある問題に直面していた。なんと優希が試験で赤点を取ってしまいました。追試に受けらなければ補習で合宿に参加できなくなってしまう。ちなみに追試の日は夏祭りと被っていました。ということで咲と和と一緒に追試の勉強をすることになりました。しかし、全然集中できてない様子、まあ楽しみがあると勉強に集中できない気持ちはわからなくもない。

Saki_2431 Saki_2432

追試当日。試験終了後、優希、ついに力尽きました。あとは結果を待つのみ。

Saki_2441 Saki_2442

一方、久のもとには美穂子が合宿参加の返事をするべく直接会いにきました。なかなか決断できずにいましたが後輩たちのおかげで決断できたそうです、本当にいい後輩達に恵まれましたね。

Saki_2451 Saki_2452 Saki_2453 Saki_2454 Saki_2455 Saki_2456

追試も終わり、夏祭りへ。優希はすっかり元気に。みんな浴衣姿がよくお似合いです。それにしても咲と和、この2人はもはや公衆の前でもおかまいなしですね、まあわかってはいますけど。

Saki_2461 Saki_2462 Saki_2463 Saki_2464

夏祭りってことで花火上がりました。まさかここで池田の妹達を見ることになろうとは。

Saki_2471 Saki_2472 Saki_2473 Saki_2474

優希は追試になんとか合格し、ついに合同合宿の日を迎える。次回は最終回、オールキャストによる合宿できれいに締められることを期待。

Saki_24

次回、「全国」

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009年9月14日 (月)

咲 -Saki- 第23話「本気」

Saki_2311 Saki_2312 Saki_2313 Saki_2314

県予選個人戦もいよいよ大詰め。9回戦、久、モモ、智紀と戦う咲。南三局でモモはステルスモードを発揮。その餌食となったのが智紀、2度も振り込んでしまう。それを見た久はモモを警戒し、早めに和了ることでこれに対抗する。ついにオーラス、未だに和了ることのできずにいた咲は合宿のときの久のアドバイスを思い出し、リアルの情報だけに頼らずに戦う。これにより場の空気が変わり、いつもの感覚を取り戻し、最後の最後に逆転勝利を収める。咲、これで総合5位に浮上。

Saki_2321 Saki_2322 Saki_2323 Saki_2324

ついに迎えた最終10回戦。どの卓も見所ありそうな組み合わせです。

Saki_2331 Saki_2332 Saki_2333 Saki_2334

咲は現在総合3位の数絵と直接対決。また同じ卓にいた未春や蒲原も上位にいるチームメイトのためにこれ以上点を与えないよう奮闘する。東場は未春が大きくリード。だが、南場から数絵が先ほどとは別人のように力を発揮、一気に追い上げを見せる。咲はかなり厳しい状況に陥るが、団体戦決勝のときのように彼女に焦りは見られなかった。そして、オーラス、またしても咲は嶺上開花からの逆転トップに。これで咲は総合3位。

Saki_2341 Saki_2342 Saki_2343 Saki_2344

全試合が終了し、結果発表、1位美穂子、2位和、3位咲という結果となった。久は咲と僅差で惜しくも4位。今まで個人戦にはずっと出ていなかった久だったが、今回の個人戦はとても楽しめたようです。個人的には今回は久に勝ってほしかったです。

Saki_23

次回、「夏祭り」

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009年9月 7日 (月)

咲 -Saki- 第22話「約束」

Saki_2211 Saki_2212

1週間空いて、今回から個人戦は2日目の本選。アバンの和と美穂子の水着姿、やっぱり京太郎の妄想だったが、出番が全然ないからこれくらいの夢は見させてあげてもいいか。

Saki_2221 Saki_2222 Saki_2223 Saki_2224

というわけで、2日目からは東南戦。個人戦には団体戦にエントリーしていない選手も多いので思わぬ強敵がいるかもしれないという久。そんな相手と戦うことになったのが1日目ぶっちぎりのトップだった優希。その相手は平滝高校の南浦数絵。彼女は東場が得意な優希とは逆に南場でその実力を発揮する選手だった。最後に逆転されてしまった優希。

Saki_2231 Saki_2232 Saki_2233 Saki_2234

午前中の試合が終了。現在トップは美穂子。和は咲のプラマイゼロに気づき、咲を探しに行く。そして、あのときの約束を思い出させ、本気でやるように言う。咲も約束を思い出し、なんとか丸く収まりました。

Saki_2241 Saki_2242 Saki_2243 Saki_2244 Saki_2245 Saki_2246

午後の試合開始。咲の相手は久、智紀、モモ。すごい面子が揃ったな。咲に勝つためにカンを封じる作戦に出た久。智紀とモモもそれに気づき、その作戦に乗る。これにより咲だけが全く和了れない状況に。この流れが維持され続けると思ったが、南三局で状況が動く。ついにモモが本領発揮。まずは智紀が無警戒に振り込む。ついにステルスモモ発動、このまま流れを持っていけるか・・・?

Saki_22

次回、「本気」

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年8月24日 (月)

咲 -Saki- 第21話「追想」

Saki_2111 Saki_2112 Saki_2113 Saki_2114 Saki_2115 Saki_2116

ついに始まった個人戦。個人戦は団体戦に出られなかった人も出場するので選手の数は非常に多い。この中で全国へ行けるのはたったの3人。団体戦で優勝した清澄は他校からマークされるも和をはじめ誰も揺らいではいなかった。咲は大丈夫だろうか?優希はかなり絶好調のようですが。

Saki_2121 Saki_2122 Saki_2123 Saki_2124

一方、和へのリベンジに燃える透華。同じ卓には佳織の姿も。ここは透華の独壇場かと思われたが、なんと国士無双に振り込んでしまう、ビギナーズラック恐るべし・・・。

Saki_2131 Saki_2132 Saki_2133 Saki_2134 Saki_2135 Saki_2136

お昼休みを挟んで午後の部開始。久は美穂子と同じ対局室に。久は好調な出だしでトップに。久を意識してなかなか本来の実力が出せない美穂子、だが部員たちが自分のことを応援していることを思いだし、ついに開眼。見事に逆転してトップ。そんな美穂子を見た久はようやく美穂子のことを思い出す。美穂子の思いが報われたようで何よりです。

Saki_2141 Saki_2142

1日目終了。トップはこの日絶好調だった優希。調子に乗りまくりです、翌日の本戦でもこの調子を維持できればいいんですが・・・。

Saki_21

次回はいよいよ本戦、モモの活躍も見れそう。

次回、「約束」

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年8月17日 (月)

咲 -Saki- 第20話「姉妹」

Saki_2011 Saki_2012

県予選団体戦が終わり、今回は待ちに待った水着回です。週末の個人戦に向け、スポーツランドのプールで特訓を企画する久。

Saki_2021 Saki_2022

というわけでやってきたプール。なんていうか京太郎、この面々とプールに行くとかいくらなんでも勝ち組過ぎるだろ?

Saki_2031 Saki_2032 Saki_2033 Saki_2034

間に挟んで風越や鶴賀のその後も描かれる、週末には個人戦、彼女たちの活躍もまだまだ見れそうです。

Saki_2041 Saki_2042 Saki_2043 Saki_2044

プールで龍門渕の面々と遭遇。衣、和とようやく友達になれました。

Saki_2051 Saki_2052 Saki_2053 Saki_2054 Saki_2055 Saki_2056

Bパートではコミックス4巻の最後のオマケ回、「番外編-ふわふわ衣にタルタルソース」をやりました、去年のインターハイで東京に行ったときの話です。立ち寄ったファミレスで衣が頼んだエビフライにかかったソースが・・・少なっ!透華が怒るのも無理はないが、事を荒立てずに解決に導いた一、さすがだ、無理に怒鳴るよりはこうしたほうがより効率的に解決するでしょう。

Saki_2061 Saki_2062

一方、咲の姉・照が所属する学校が西東京の代表校として決まった。新聞で団体戦を制した清澄の記事を見た照、咲のことを知るも、自分に妹はいない、と。一体宮永家はどんな事情を抱えてるんでしょうか?次回からはいよいよ個人戦が始まります。

Saki_20

次回、「追想」

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年8月10日 (月)

咲 -Saki- 第19話「友達」

Saki_1911 Saki_1912 Saki_1913 Saki_1914

大将戦もいよいよ大詰め。そんなとき、突如停電が起こる。だが、すぐに復旧して試合再開。風越、点数では絶望的な状況といわれるも池田はまだ諦めていない。しかい、ここで衣が4度目の海底。咲の親を一蹴し、勝負はついにオーラスを迎える。

Saki_1921 Saki_1922 Saki_1923 Saki_1924

南四局、親はゆみ。和了り続ければ勝てるゆみ、池田は・・・聴牌で流局30回っていくらなんでも無理だろ。咲もこの点差ではと誰もが諦めるような状況、だが和の言うとおり咲は戦う気持ちを失ってはいない。でも、それはほかのみんなも同じ。池田は役満を拒否。

Saki_1931 Saki_1932 Saki_1933 Saki_1934 Saki_1935 Saki_1936

いつの間にか咲の手牌がすごいことに。どうやったらこんな状況になる?いつも感覚で打っていた衣は迷い始めていた。そんな衣に突然、麻雀の楽しさを語りだす咲。そして、一緒に楽しもうと言う。責任払い、今大会に適用されているルールで嶺上開花で和了る場合、牌を捨てた人が点数は支払わなければならない。これをうまく利用し、12000点、それをカンし続け、32000点に。これにより清澄高校の逆転優勝!

Saki_1941 Saki_1942 Saki_1943 Saki_1944

対局室に来た和は咲と抱き合う。わかってはいたけどもう周りの目とか関係なく公認ですね、この2人は。

Saki_1951 Saki_1952_2 Saki_1953 Saki_1954

衣のもとにやってきた透華たち。かつて麻雀をやっていれば楽しい遊び相手に出会えると言っていた透華。ほかのメンバーも最初は衣のために透華が連れてきた友達だったけど今ではすっかり家族同然の存在。みんな衣の家族で友達、このシーンはすごく良かった。

Saki_1961 Saki_1962 Saki_1963 Saki_1964

美穂子に連れられ、控え室に戻ってきた池田、コーチからは次は打ちのめせと励ましの言葉をもらいました。一方、ゆみはモモと2人きりで会っていましたが、しっかり見られてました。

Saki_1971 Saki_1972 Saki_1973 Saki_1974

帰路につく清澄のメンバー。改めて団体戦優勝おめでとう!

Saki_19

単行本ついに追い抜きました。次回は水着回のようなのでかなり期待。

次回、「姉妹」

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009年8月 3日 (月)

咲 -Saki- 第18話「繋がり」

Saki_1811 Saki_1812 Saki_1813 Saki_1814

衣にやられっぱなしだった池田、美穂子との過去の回想を経てついに本領発揮。突如、咆哮をあげると、今までと見えてきたものが別のものに感じてくる。そして、見事に高得点をたたき出す。

Saki_1821 Saki_1822 Saki_1823 Saki_1824

ゆみもまた、モモとのことを思い出し、底力を見せつける。一度折った心が何かによって繋ぎ止められていることに驚きを隠せない衣。

Saki_1831 Saki_1832 Saki_1833 Saki_1834

そして、咲は本調子に戻りつつあるものの何か物足りなさを感じていた。合宿のときのことを思い出していた咲。いつも裸足で打っていたことを思い出し、審判員に「脱いでもいいですか?・・・・・靴」と言う咲、なんか誤解を招きそうな物言いだな。これによりようやく本来の感覚を掴んだ咲、いよいよ反撃開始。

Saki_1841 Saki_1842 Saki_1843 Saki_1844 Saki_1845 Saki_1846

いよいよ動き出した咲だったが、なぜか安い手ばかりで和了る。残り局数を考えると逆転のチャンスを減らしているようにしか見えない。せっかく調子がついてきた池田の親番もあっけなく終了。和の声を感じ取った咲、2人の繋げる絆はここまで強固なものになっていたか、恐れ入りました。残り局数あとわずか、池田は国士無双をテンパイするが、咲が三連続カン、そして嶺上開花、親の倍満で24000点に。これでトップとの差は45100点。みんなで全国に行って、姉と仲直りしてまた家族一緒に暮らしたいと言う咲。家族という言葉に思いもよらない反応をする衣。次回あたりで、単行本最新刊を追い抜きそうです。

Saki_18

次回、「友達」

咲-Saki- 2 初回限定版 [DVD] 咲-Saki- 2 初回限定版 [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/08/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年7月27日 (月)

咲 -Saki- 第17話「悪夢」

Saki_1711 Saki_1712

大将戦前半が終了、衣は圧倒的な実力を見せつけ、2位の咲に27000点もの差をつけた。

Saki_1721 Saki_1722 Saki_1723 Saki_1724 Saki_1725 Saki_1726

後半戦まで5分間の休憩。落ち込む池田のもとに美穂子が訪れる。言葉が見つからない美穂子は時間まで池田の傍にいる。ゆみのもとにはモモが差し入れを。衣のもとにやってきた藤田プロ、衣は麻雀を打っているのではなく打たされていると言われるが衣にはその意味がよくわからず・・・。トイレを探していた咲はまたしても道に迷っていた。和に見つけられる、そしてあのときの約束を咲に思い出させる。時間がなくなり、そのまま対局室に戻ることに。

Saki_1731 Saki_1732 Saki_1733 Saki_1734

後半戦開始。衣の勢いは止まらず、3度目の海底。東二局、親は衣。追いつめられた池田は完全に衣の餌食となり、ついに0点ジャストに。しかも、衣は0点にするためにわざと手を安くしていた。この状況で、清澄と鶴賀は風越以外からの出和了りしかできなくなってしまう。

Saki_1741 Saki_1742 Saki_1743 Saki_1744

だが、役なしで和了ることができなかった池田に対し、咲は池田が和了れるようにわざとカンする。これにより窮地を脱するが、点差はまだ大きい。だが、衣もこれには驚きを隠せない。いよいよ咲が本領発揮。今回の話で、先日発売された単行本最新6巻の話に突入、そろそろ原作に追いつく・・・というより追い越しそうです。

Saki_17

次回、「繋がり」

THE 夢のヒットスクエア キャラソン対局編 Music THE 夢のヒットスクエア キャラソン対局編

アーティスト:TVサントラ,宮永咲(植田佳奈),天江衣(福原香織),池田華菜(森永理科),加治木ゆみ(小林ゆう),原村和(小清水亜美),龍門渕透華(茅原実里),福路美穂子(堀江由衣),斎藤桃子
販売元:ランティス
発売日:2009/07/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009年7月20日 (月)

咲 -Saki- 第16話「結託」

Saki_1611 Saki_1612

前回の槍槓で咲にプレッシャーを与えることに成功したゆみ。そんな中、ついに衣が動き出す。圧倒的な威圧をその身に感じ取る咲。

Saki_1621 Saki_1622 Saki_1623 Saki_1624 Saki_1625 Saki_1626

海底撈月。ここから衣の快進撃が始まる。厳しい状況に立たされた池田、衣の海底を阻止しようとするが、いとも簡単に海底コースに戻されてしまう。そして、衣の思惑どおりに2連続海底。龍門渕が再びトップに。

Saki_1631 Saki_1632 Saki_1633 Saki_1634 Saki_1635 Saki_1636

衣の海底阻止も重要だが、今はそれ以上に自分が逆転するために高い手を狙おうとする池田。だが、思わぬ凡ミス。このままでは衣に3度目の海底を許してしまう。だが、ゆみが故意に咲に振り込んだことによりなんとか阻止。

Saki_1641 Saki_1642 Saki_1643 Saki_1644 Saki_1645 Saki_1646

衣の支配は完全ではないと考えたゆみ、だが、この状況下では余裕がないのは当たり前、池田の振込みを逃しはしなかった。ゆみの親。だが、衣が強力な圧迫感を発動、これにはさすがのゆみにも感じ取れたようで。衣が再び動き出す。2連続で跳満に振り込んでしまった池田、状況は絶望的に。このまま衣に流れを持っていかれ前半戦終了、龍門渕が他校を一気に突き放した結果に。残るは後半戦のみ、強すぎる衣相手に咲はどう動くか。

Saki_16

次回、「悪夢」

咲-Saki- 2 初回限定版 [DVD] 咲-Saki- 2 初回限定版 [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/08/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (6)

その他のカテゴリー

Angel Beats! | ARIA The ORIGINATION | Aチャンネル | CLANNAD | CLANNAD~AFTER STORY~ | DARKER THAN BLACK-流星の双子- | DOG DAYS | DOG DAYS' | ef - a tale of melodies._ | WORKING'!! | あっちこっち | かなめも | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | そふてにっ | たまゆら~hitotose~ | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | とらドラ! | にゃんこい! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×365 | みなみけ | みなみけ おかえり | みなみけ~おかわり~ | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | らき☆すた | アニメキャラ誕生日 | アニメ・コミック | イベント関連 | ウェブログ・ココログ関連 | オオカミさんと七人の仲間たち | ゲーム | コードギアス 反逆のルルーシュR2 | スケッチブック~full color's~ | ストライクウィッチーズ2 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | パパのいうことを聞きなさい! | ロウきゅーぶ! | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 侵略!?イカ娘 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 咲 -Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 夏色キセキ | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 探偵オペラ ミルキィホームズ第2幕 | 機動戦士ガンダムOO | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナⅡ | 狼と香辛料Ⅱ | 猫神やおよろず | 生徒会の一存 | 異国迷路のクロワーゼ | 祝福のカンパネラ | 続 夏目友人帳 | 花咲くいろは | 輪廻のラグランジェ | 這いよれ!ニャル子さん | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST | 魔法少女まどか★マギカ