2008年9月28日 (日)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 FINAL TURN「Re;」

長かったコードギアスもついに最終回。前回、自分の力でギアスの力を破り、目を開いたナナリー、ダモクレスのカギをルルーシュに渡すことを拒むものの結局ルルーシュのギアスによってカギを奪われてしまう。

一方、ダモクレスではカレンがスザクと決着をつけるため最後の戦いに挑んでいた。紅蓮とアルビオンでは紅蓮のほうがスペックは上らしいがスザクには「生きろ!」というギアスがかかっているため二人は互角の攻防を繰り広げる。最強クラスのナイトメア同士の戦いでアルビオンは爆散し紅蓮に軍配が上がったかに見えたが紅蓮ももはや戦闘不能、ジノの助けがなければ危なかった。また、ジェレミアもアーニャを相手に凄い戦いをしていた。なんと自らの機体を自爆させアーニャに特攻を仕掛けてきた。その際の会話でアーニャは自分の記憶のことを話し、それを聞いたジェレミアはギアスキャンセラーを使ったみたいだけど。

ナナリーからカギを奪ったルルーシュはフレイヤを撃ち、勝利宣言。そして2ヶ月後、ブリタニア皇帝兼超合衆国議長となったルルーシュは自分に反逆した者たちへの処刑を行おうとしていた。そこにゼロが現れてルルーシュを討ち取る。だが、これはすでに計画されていたこと、そう、これこそがルルーシュとスザクの最終目的であるゼロレクイエムだった。ルルーシュが独裁という形で世界中から自分に憎しみを集め、ゼロとなったスザク(この時点でスザクは事実上は先の戦いで死亡したことになっている)に自分を討たせることですべてを背負うということだったみたいです。ルルーシュはよくこう言っていました、「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」と。だからこそルルーシュには自分が死ぬという覚悟があったのだと思います。

倒れたルルーシュに触れたナナリーはルルーシュの真意を悟る。カレンもすべてかどうかはわからないが何か悟ったようだった。そして、最後に回想でカレンがその後の世界について語る。ジェレミアとアーニャがオレンジ畑にいたシーンは正直笑えた。最後にC.C.の語りで物語は幕を閉じた。(・・・結局、C.C.の本名わかりませんでしたね)

・・・とうとう終わってしまいました。正直ここまで続きの気になるアニメはなかなかありませんでした。第二期が開始されて半年間、とても楽しませていただき、キャスト、スタッフの皆様、ありがとうございました。

コードギアス 反逆のルルーシュR2 Sound Episode4 コードギアス 反逆のルルーシュR2 Sound Episode4

アーティスト:ドラマ,小清水亜美,福山潤,櫻井孝宏,ゆかな,若本規夫
販売元:JVCエンタテインメント
発売日:2008/10/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume03 コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume03

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2008/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (21)

2008年9月21日 (日)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN24「ダモクレス の 空」

ダモクレスから次々と撃たれるフレイヤ弾。ルルーシュの軍は徐々に追いつめられていく。黒の騎士団を倒したことでスザクたちはダモクレスまで到達はするものの強力なシールドによって内部に侵入するこができないでいた。

そんなときアヴァロンの後方にまわりこんでいた黒の騎士団の残存部隊の攻撃により、アヴァロンは飛行不能に陥ってしまう。そして、最後の作戦を決行しようとしたルルーシュの前に紅蓮に乗ったカレンが現れるが、C.C.のおかげで脱出する。そのまま蜃気楼でダモクレスに向かうルルーシュにフレイヤが放たれる。しかし、ニーナが作ったフレイヤを打ち消す装置をルルーシュとスザクはうまく使い、ダモクレス内部への侵入に成功する。

追いつめられたシュナイゼルはダモクレスにルルーシュを閉じ込めフレイヤでダモクレスごと消滅させようとする。内部を進むルルーシュたちの前に待ち構えていたジノが現れ、蜃気楼を破壊されてしまうがスザクのおかげでルルーシュは先に進むことができた。そして、チェックをかけたのはルルーシュだった。シュナイゼルたちが脱出艇に来ることを読んでいたルルーシュ、ついに追いつめられたシュナイゼル。ルルーシュはシュナイゼルの本質、最初から勝つ気などないことをすべて想定していた。さらにシュナイゼルの前に現れたルルーシュの映像はすべて録画、つまりシュナイゼルがどういう答えを出してくるか、そこまで読んでいたということですね、これによりルルーシュの勝利、シュナイゼルはギアスによって駒となりました。この展開に納得できないディートハルト、なんかもう壊れかけてます、ルルーシュを否定し銃口を向けるが駒となったシュナイゼルによって撃たれて死亡、最後にルルーシュが「お前にはギアスを使う価値もない」と言い残し終了・・・お疲れ様でした。

その後ルルーシュはついにナナリーのもとにたどり着く。だがナナリーの手にはフレイヤの起爆スイッチが。ここで驚きの展開、ナナリーは皇帝によってかけられたギアスを自分の力で破り、目をひらきました。ということは足も自由になったのだろうか。

さて、次回はついに最終回です、ルルーシュとナナリー、スザクとカレン、物語は果たしてどのような結末を迎えるのか。

次回、TURN25「Re:」

| | コメント (0) | トラックバック (23)

2008年9月14日 (日)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN23「シュナイゼル の 仮面」

帝都ペンドラゴンがフレイヤによって消失した。そして、ナナリーが生きていたという事実。これによりルルーシュは動揺を隠せないが結局ナナリーとは決別する。帝都ペンドラゴンに撃たれたフレイヤはトウキョウ決戦のときに使われたものの10倍の威力だった。ニーナによるとリミッターがはずされているとのこと。

シュナイゼルの目的、それは戦争を起こさせないために世界中にフレイヤを放ち、恐怖による支配で平和を保とうとすることだった。これに賛同しなかったコーネリアは彼に撃たれてしまう。そして、ナナリーにも真実を告げなかった。

一方、黒の騎士団はシュナイゼルと手を組み、ルルーシュ率いるブリタニア軍と対峙することに。そして、いよいよ富士の上空で戦いが始まった。黒の騎士団の活躍によりやや押されぎみのブリタニア軍、やはり敵に回すとやっかいな相手です。そこでルルーシュは用意していた策を使う。富士のサクラダイトを爆破させて黒の騎士団に甚大な被害を与える。しかし、この時点で策を使ってしまったので一手遅れをとってしまうことを自覚するルルーシュ。果たしてこの戦いの行方は・・・?残り2話、またいいところで終わったのではやく続きがみたいです。

次回、TURN24「ダモクレス の 空」

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2008年9月 7日 (日)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN22「皇帝 ルルーシュ」

ブリタニア皇帝となったルルーシュはギアスを使いつつ帝国の改革を行っていく。貴族制度を廃止したことにより各地で反乱が起こるがそれすらも制圧していった。

そんなとき、ビスマルクらナイトオブラウンズ率いる部隊が帝都に攻めてくるが、ランスロット・アルビオンに乗ったスザクが迎撃に出る。ラウンズたちは次々と敗れ去り、ビスマルクは封じていた未来予測のギアスを使って対抗するが、スザクはそれすらも撃破する、なんか反則並みの強さです、紅蓮でしか対抗できないかも。

この戦いを世界に中継したルルーシュは超合衆国へ参加の意思を伝える。その交渉の場としてルルーシュが提案したのは現在中立の場である旧エリア11、日本のアッシュフォード学園。

そして、最高評議会で決議が行われるが超合衆国側は現在、世界最高の人口を誇るブリタニアが加盟すれば超合衆国は実質的にルルーシュが実権を握ってしまうことになってしまうことからブリタニアの加盟は反対の様子。それによりあらかじめ待機させておいたスザクとブリタニア軍を進撃させる。

だが、そんなときシュナイゼルが空中要塞ダモクレスを起動させ、フレイヤを使ってブリタニアの帝都を消滅させる。さらにシュナイゼルのもとにはフレイヤで死んだと思われたナナリーがいた、そしてルルーシュとスザクに対して自分は二人の敵であると宣言する。

ここにきてまた驚きの展開、残り3話、はやく続きが気になります。

次回、TURN23「シュナイゼル の 仮面」

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2008年9月 1日 (月)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN21「ラグナレク の 接続」

今週もかなりの急展開です。8年前のマリアンヌが暗殺された事件の真相がついに明かされました。皇帝とルルーシュの前にマリアンヌが現れたことで真実が語り出されました。

かつて皇帝とV.V.は嘘のない世界はつくるという誓いを立てていた。それにマリアンヌとC.C.も賛同していたのだが皇帝はマリアンヌと出会ってから変わってしまったと考えたV.V.は独断でマリアンヌと会い、テロリストの犯行と見せかけて彼女を殺害する。このときマリアンヌは自分のギアスを偶然居合わせたアーニャにかけていたのだった。彼女のギアスは人の心を渡る力だったようです。そして、V.V.の目をごまかすためにアーニャと目撃者とされたナナリーの記憶を改変し、ルルーシュとナナリーを日本に送る必要があったのだという。

真相を話し終えた皇帝はラグナレクの接続を始めようとする。その先にある世界はユフィやナナリーが望んでいたやさしい世界なのだという皇帝とマリアンヌ。しかし、ルルーシュはそんな世界を認めようとはしなかった。二人の言う世界はやさしい世界なんかじゃない、それは自分にやさしい世界であって決してナナリーが望んだものとは違う、ナナリーが望んだ世界、それは他人にやさしくなれる世界なんだとルルーシュは言う。

この先に待っている世界を否定したルルーシュはついに両目にギアスを宿す。そしてラグナレクの接続が中断され、皇帝とマリアンヌはCの世界へと飲み込まれようとしていた。だがこの計画に賛同していたはずのC.C.は消えなかった。彼女はこの計画が自分たちだけに都合がいいものだと気づいていたのだった。そうしてルルーシュ、スザク、C.C.の三人はもとの世界に戻ってきました。

それから一ヵ月後、ルルーシュは新たなブリタニア皇帝となって公の前に姿を現した、となりには自分の騎士であるスザクがいた。この一ヶ月の間に何があったのでしょうか。過去の因縁にはこれで決着がついたようだけど残り4話でこの物語がどういう結末を迎えるかが気になります。

次回、TURN22「皇帝 ルルーシュ」

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年8月25日 (月)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN20「皇帝 失格」

ロロによって命をつないだルルーシュはたった一人でブリタニア皇帝と戦うことを決意。トウキョウ租界に現れなかった皇帝の目的地が神根島の遺跡ではないかと考えたルルーシュは行動を起こす。

一方、C.C.の前に現れたアーニャ、その正体はなんとマリアンヌでした。どうやらマリアンヌもC.C.からギアスを与えられていたようなのでアーニャの中にマリアンヌの人格があったのもおそらくはそのギアス能力によるものかと。マリアンヌと接触したことによりC.C.は記憶を取り戻す。

同じ頃、ブリタニア内ではシュナイゼルが黒の騎士団とブリタニアの戦争を俗事だと発言した皇帝に対して王たる資格がないとし、自分が皇帝になると宣言する。そして、スザクは皇帝暗殺に名乗り出る。フレイヤを撃って以来、甘さを捨てたスザク、大事なのは過程ではなく結果であると・・・なんかルルーシュみたいな考え方になってきたな。

神根島にたどり着いたスザクは皇帝と対峙するがナイトオブワン・ビスマルクによってそれを阻まれる。追いつめられるスザク・・・が、そのときルルーシュがついに動き出した。式根島の軍をギアスによって従えて同士討ちをさせることにより皇帝の軍を一気に混乱に陥れる。

そして、ルルーシュはかつて皇帝と対峙した空間にて再び皇帝の前に姿を現し、出入り口を爆破する。果たして今度こそ決着はつくのでしょうか、次回が気になります。

次回、TURN21「ラグナレク の 接続」

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume02 コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume02

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2008/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年8月18日 (月)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN19「裏切り」

前回、スザクが撃ったフレイヤによりトウキョウ租界は壊滅状態となり多くの犠牲者をだしてしまった。

ルルーシュは黒の騎士団にナナリーの捜索を命じるが、ロロとジェレミアに止められて藤堂は一時撤退を指示し兵を退かせる。

ロロによって部屋に戻されたルルーシュはナナリーを失ったショックでロロに当たってしまう。同じ頃、イカルガにブリタニアからの特使が現れる。現れたのはなんと敵指揮官であるシュナイゼル。そして、ゼロを除いた一部のメンバーで話を聞くことに。話の中でシュナイゼルはゼロの正体が自分の弟であり、ブリタニアの元皇子・ルルーシュであることを明かし、今までゼロが起こしてきた奇跡はギアスによるものだと明かしてしまう。

4番倉庫に呼び出されたゼロはカレンとともに向かう、そこで向けられたのは自分の部下たちからの銃口だった。この状況がシュナイゼルによってもたらされたものだと気づいたゼロは覚悟を決め、仮面をはずし、すべてが駒、盤上のゲームだったと言う。

だが、そこに蜃気楼に乗ったロロが現れ、ルルーシュを助け逃走する。ルルーシュにとってロロはナナリーを助ける道具に過ぎなかったのかもしれないがロロにとってはルルーシュと出会い一緒に過ごしたことで自分は人間になれた、だからこそロロは自分の命と引き換えにギアスを酷使し続けルルーシュを救ったのだった。

ルルーシュはロロによって繋いた命、だからこそ自分のやるべきことをやらなければならないと決意するのだった。

ゼロを追放した黒の騎士団、この先どういう局面を迎えるのでしょうか。はやくこの先の展開が気になります。

次回、TURN20「皇帝 失格」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN18「第二次 東京 決戦」

再び戦場となったトウキョウ租界。ゲフィオンディスターバーの影響により第五世代以前のナイトメアは活動不能、それ以降のナイトメアにはどうやら影響はないようです。

しかし、これにより敵戦力は大幅に減少する。大量破壊兵器・フレイヤが搭載されたランスロットで出撃するスザクだったがジェレミアとギアスをかけられたギルフォードによって苦戦を強いられる。

一方、ロロと咲世子の部隊が政庁に潜入、ナナリーの捜索を開始する。その途中で捕虜となってきたカレンを救出、無事に紅蓮も見つけることができた。紅蓮ですが、ロイドとセシルによってかなり改造されていました。見た目なんかもガラッと変わっていましたが基本システムは同じだったようでカレンはなんなく乗りこなせていました。これにより紅蓮聖天八極式に乗ったカレンがようやく戦線に復帰してくれました。

そして、ナイトオブテンによって窮地に追い込まれていたゼロを助け、なんなく撃破してしまいました。スピードといい、威力といい以前の紅蓮とは桁違いにパワーアップしていました。

そして、ランスロットとも交戦しますがフレイヤ搭載後の操縦にスザクは慣れていないようでそのまま追いつめられる形に。だが、以前ルルーシュが「生きろ」とかけたギアスが発動してしまい、ついにフレイヤを撃ってしまった。これにより政庁を中心にその一帯がフレイヤの光に飲み込まれて消えていった。両軍とも被害はかなり甚大。多くの人が犠牲になりました。

果たして、このさき物語はどのような局面を迎えるのでしょうか。そろそろどんな終わり方をするのかも気になるところです。

次回、TURN19「裏切り」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年8月 3日 (日)

コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN17「土 の 味」

超合衆国による日本奪還作戦がついに開始された。次々とエリア11に進軍する黒の騎士団、星刻率いる部隊はナイトオブワン・ビスマルク率いるブリタニア軍と激突する。一方、藤堂たちの部隊はゼロの命令により海底に潜伏中。

ルルーシュは約束どおりスザクの待つ枢木神社に一人でやってきた。しかし、スザクとゼロの間になんらかの接点があると読んでいたシュナイゼルは部下のカノンたちにスザクをつけさせていた。それによりブリタニア軍に拘束されるルルーシュ。だが、コーネリアをネタに密かに呼び出していたギルフォードにあらかじめギアスをかけていたようで脱出することに成功、そのままトウキョウ租界へ向かう。もう完全に甘さを捨てることを決意したルルーシュはあらかじめ仕込んでおいたゲフィオンディスターバーを作動させ、トウキョウ租界全体を完全に静止させる。そして、待機命令を出していた藤堂たちにトウキョウ租界へ向けての進軍を命じる。

戦いの舞台は再びトウキョウ租界へ。黒の騎士団は今度こそ日本を奪還することができるのだろうか。次週が待ち遠しいです。

次回、TURN18「第二次 トウキョウ 決戦」

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年7月27日 (日)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN16「超合集国決議第壱號」

今週も休む間もなく急展開です、47カ国による超合集国が成立しました。これにより世界は超合集国とブリタニアの二大勢力となった。そして、決議第壱號として日本奪還作戦が開始されようとしていた。

あと、C.C.ですが今までの記憶を失い、ギアスに関わる以前の頃の記憶に戻ってしまったようです。大好物のピザのことも覚えてないし、なんだが見ていてかわいそうな感じです。

エリア11が戦場となることを予測し、皇帝が不在ながらもシュナイゼルやナイトオブラウンズといったブリタニアの精鋭が続々とエリア11に集結する。さらに、消息を絶っていた皇帝が生きていました、どうやって全世界に向けて発信したんでしょうか?

物語もいよいよ終盤戦かな、次回ルルーシュはスザクに会うために一人、枢木神社に向かうようです。そして、いよいよエリア11を舞台に超合集国とブリタニアの全面戦争が始まりそうです、この先の展開からも目が離せません。

次回、TURN17「土 の 味」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

Angel Beats! | ARIA The ORIGINATION | Aチャンネル | CLANNAD | CLANNAD~AFTER STORY~ | DARKER THAN BLACK-流星の双子- | DOG DAYS | DOG DAYS' | ef - a tale of melodies._ | WORKING'!! | あっちこっち | かなめも | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | そふてにっ | たまゆら~hitotose~ | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | とらドラ! | にゃんこい! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×365 | みなみけ | みなみけ おかえり | みなみけ~おかわり~ | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | らき☆すた | アニメキャラ誕生日 | アニメ・コミック | イベント関連 | ウェブログ・ココログ関連 | オオカミさんと七人の仲間たち | ゲーム | コードギアス 反逆のルルーシュR2 | スケッチブック~full color's~ | ストライクウィッチーズ2 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | パパのいうことを聞きなさい! | ロウきゅーぶ! | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 侵略!?イカ娘 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 咲 -Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 夏色キセキ | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 探偵オペラ ミルキィホームズ第2幕 | 機動戦士ガンダムOO | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナⅡ | 狼と香辛料Ⅱ | 猫神やおよろず | 生徒会の一存 | 異国迷路のクロワーゼ | 祝福のカンパネラ | 続 夏目友人帳 | 花咲くいろは | 輪廻のラグランジェ | 這いよれ!ニャル子さん | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST | 魔法少女まどか★マギカ