2008年12月23日 (火)

ef - a tale of melodies. 第12話「forever」

今期の期待作だったefの二期もついに最終回です。

クリスマス。最終回ということもあり全キャラ総出演、まずは蓮治を起こしにきたクリスマス衣装に身を包んだ千尋、可愛すぎる!初っ端からこれは反則です・・・。お次は仕事がひと段落した紘を訪ねてきたみやこ。みやこも相変わらず可愛いです。次は景と京介、そんな二人を見て部長さんはご機嫌斜めの様子、まあ端から見れば腹立つでしょうね。

クリスマスの服を選んでいるミズキ、そこには手術がうまくいった久瀬さんの姿もありました。屋根の上で絵を描いていた夕のもとに凪がやってくる。凪から紘が優子に会ったという話を聞いた夕。その後、久瀬に会いにクリスマスまで日本の音羽に戻ると告げ、それを聞いた久瀬は始まりの場所への鍵を渡す。最初に優子から受け取った鍵はいろんな人に渡り、最終的に夕の手元に戻ってきました。

Bパート。日本の音羽に戻ってきた夕は夜の教会で優子と再会。夕はあのとき渡せなかったプレゼントを優子に渡す。優子は自分から夕にあげられるものがないというが、夕はかつて優子が夕のために編んだマフラーを持っていました。そして、二人はすべての始まりの場所へ向かう。夕はずっと優子に言えなかった言葉を告げますが、優子は「愛してる」ではなく「愛してた」に訂正します、なんとも切ないシーン、最後に優子は「さようなら、夕くん。私はずっとあなたを愛していました」と夕に告げて消えていきました。

ついにラスト、ミズキと夕の会話シーン。いつも教会にいた夕は実は建築家でした。今はここに住む人たちがちゃんと暮らせているか見守るのが仕事だそうです。夕はまだちゃんと名前を聞いていなかったことを言うとミズキは「羽山ミズキです」と答え、昔は未来と書いてみきと言われてと言います。そして夕は「そうか、いい名前だ」と言う。

ED。OPの日本語版で、絵もフルカラーになっていました。最後に主要のキャラたちからのメッセージがあり、最後のED。曲はefのヒロイン五人が歌う「ever forever」。

・・・ついに終わってしまいましたが、1期と2期合わせて期待以上の出来でした。

ef – a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (初回限定版) ef – a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (初回限定版)

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/12/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2008年12月16日 (火)

ef - a tale of melodies. 第11話「reread」

冒頭で夕は優子から受け取った音羽学園の屋上の鍵を凪の渡す、「すべてが始まりすべてが終わる場所だ」と告げて・・・。

果たし状を受け取った久瀬はミズキに会う決意をする。そして、鍵を持って約束の場所へ向かう。そこで出迎えたのはいつも以上に明るいミズキだった。ミズキはかつて久瀬がした問いかけに対する答えをすべて持ってきていた。「どうして俺なんだ?」と問いかける久瀬にミズキは「それは、久瀬さんだからです」と答える、それは久瀬の心を閉ざしていた仮面が完全の壊れた瞬間だった。

ようやく想いが通じたミズキだったが、突如久瀬が発作で倒れてしまう。病院に運ばれ、なんとか一命を取り留めたが容態はもうあとがない所まできているという。手術で助かる方法もあったが成功の確率は著しく低いそうです。いつもの駅でずっと考え事をしていたミズキに紘から励ましの電話をもらい、さらにあとから景と千尋が訪れ、同じくミズキを励ます。景はある人の出会いのおかげで自分が再び走る決意ができたことを話し、そのある人とはまぎれもなく優子のことですね。また、みやこ、紘、京介も彼女と出会ったことで今の自分たちがあることを実感している。ここで1年ぶりに1期のOPです。

目を覚ました久瀬は今まで自分は勝算のある勝負しかしてこなかったが今回は初めて負ける確率のほうが高い勝負をするとミズキに言う、手術を受け、ミズキと1秒でも長く過ごすために。みんなに見守られ、彼は手術室へ。

ED。二番の歌詞で絵も大幅に変更がありました。Cパート、ついに手術が始まった。ミズキはかつて優子が歌っていた曲を最後まで歌っていました。

次回はいよいよ最終回です、果たしてどういう結末を迎えるか非常に楽しみです。

次回、「forever」

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2008年12月 9日 (火)

ef - a tale of melodies. 第10話「reunion」

今週は、OPなしで演出上、最後までモノクロ画面でした。共に前へ向かって歩いていくことにした優子と夕。そんな二人は教会で未来という一人の少女と出会う。

彼女は教会の施設の子供なのだが、以前両親と一緒に心中されそうになった過去を持っていてそれ以来、人に心を開くことができなくなっていた。しかし、優子や夕と接するうちに二人には次第に心を開いていった。

ある日、未来と一緒にいた優子がふと口ずさんだ歌、それは以前久瀬がヴァイオリンで弾いていた曲に優子が歌詞をつけたものだった。未来はこの曲をかなり気に入った様子。

ドイツにいる久瀬から二人のもとに手紙が届き、クリスマスには日本に帰ってこれるという。クリスマスに夕は優子とどこかに出かける約束をする、待ち合わせ場所はいつもの教会。

約束のクリスマスの日、花束を持って優子のもとへ向かう夕、凪からは火村夕に一番似合わないアイテムとか言われてましたけど。

同じ頃、未来は聞こえてきたヴァイオリンの音色にひかれて音のするほうへ向かっていくと、そこには演奏をする久瀬がいた。演奏していた曲はもちろん以前優子と歌ったあの曲。

教会で待っていた優子は道路に転がっていたボールを拾いにいく、そこの一台の車が優子に向かって・・・。運命はあまりにも残酷、今年こそは楽しいクリスマスになったはずだったのに・・・。優子は薄れ行く意識の中であの歌を歌っていた。「もう一度夕に会いたい」という想いとともに。

そしてEDが聞いているだけで切ない。残り2話、物語はどういう結末を迎えるのか。

次回、「reread」

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2008年12月 2日 (火)

ef - a tale of melodies. 第9話「return」

夕とともに街を出た優子でしたが、結局雨宮のもとへ帰ってしまいました。OPは色が戻りつつあります。

それぞれ、自分を見つめなおした優子と夕は自分が抱く本当の気持ちにようやく気づく。夕は優子と雨宮のもとへ。

夕のスケッチブックに描かれていたものを見た雨宮はずっと描けずにいた死んだ妹の顔を思い出したようでそれを自室で描き始める。描き終えた雨宮はタバコに火をつけてそれを床に放つ。火はあっという間に部屋中に燃え広がる。夕と優子がその光景を目の当たりにしますがその後どうなったのかはまだわかりません。

Bパート、現代。すべてを清算した久瀬はただ死を待っていた。一方、ミズキはいつもの駅に一人でいたがそこに千尋と景がやってくる。二人に挟まれて話をするミズキ、位置的に羨ましい。ミズキの話を聞いた千尋は音羽学園の屋上を合鍵を渡す。それを見た景も日本の音羽学園の屋上の合鍵をミズキに渡す。確かに二つあればかなりご利益がありそうですね。また、千尋からノートの1ページをもらったミズキは何かを書き始めます。

すべてを清算し、死を待つだけだった久瀬だが今になり何もない、誰もいないことに恐れ、ようやく一人は嫌、死にたくないということを自覚する。そんな久瀬のもとに一通の果たし状が。差出人はもちろんミズキ。

Cパート。教会を訪れたミズキ。優子のことを知っているようですが果たして2人の関係は?そして火村さんが最後になんと言ったのかが気になります。

次回、「reunion」

ef – a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (初回限定版) ef – a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (初回限定版)

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/12/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2008年11月25日 (火)

ef - a tale of melodies. 第8話「reutter」

優子に電話をかけた夕は一緒にこの街を出ようという。夕の必死な説得にこれを了承する優子。OPへ。今週のOPは絵が上下逆になっていました。

学校を中退した夕は優子ともに街を出て住む場所、仕事を探すことになるが身元がはっきりしないためになかなか見つけることができない。結局その日は神社にて野宿をすることに。

後日、ようやく部屋を見つけることができた二人。しかし、夕の持ち物の中からかつて優子が飛ばしていた紙ヒコーキを見つけたことで優子は夕が同情や哀れみで自分と一緒にいるのだと思ってしまい飛び出してしまう。二時間ドラマに出てきそうな断崖絶壁でのシーン、夕は優子のことを守りたい、この手を離さないと言う。

仕事が見つかり優子が待つ帰る場所ができた夕。でも、それも長くは続かず・・・。ある日、仕事の帰りに夕は雨宮と遭遇する。そして、夕は守りたいのではなくただ逃げているだけなのだという事実を突きつけられる。自分は本当に逃げているだけなのかと考えさせられる夕。夕の帰りが遅いことで優子は必死に夕のことを探すが見つけることができず、待っていた雨宮のもとへ結局帰ることに。

現代。凪と火村にミズキを清算したと話す久瀬。今まで勝ち目のある勝負しかしてこなかった久瀬は心臓のこと、ミズキのことで苦悩する。凪と火村があまりひどく悩まないよう説得するがそれに対し久瀬は火村の過去のことを突きつける、「雨宮優子にはもう会えない」と。だが、火村はまだすべてが終わったわけではないと思っていた。結局、凪と火村を突き放す結果になってしまう。

一方、ミズキは自分宛に届いたヴァイオリンを手に海岸へ向かう。そこに凪が現れ、「あいつを救えるのはもう君しかいないみたいだ」と言う。凪に励まされたミズキは再び久瀬と向き合うことができるのでしょうか。

次回、「return」

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2008年11月18日 (火)

ef - a tale of melodies. 第7話「reflection」

雨の中、一人歩く優子のシーンからスタート。OPはボイスが戻りましたが、ほとんどが白黒でした。

あのとき、手を離してしまったから優子を守ることができなかったと後悔するする夕。その場を立ち去り、家に帰ろうとする優子を引き止める夕。また、優子が持っていたある物・・・それはナイフだった。そして、優子から聞かされた事実に夕はそれを彼女から奪い、怒りに身をまかせるがままに先生のもとへ向かうが、己の無力さを思い知らされる結果となり、以前に言われた「優子の傍にいたいなら覚悟しろ」ということを痛感する。

ミズキパート。前々回、凪はミズキに自分が久瀬と付き合っていると言ったがそれはやはりミズキを久瀬から遠ざけるための嘘だった。久瀬を待っていたミズキに対する彼のシーン。前回の優子ほどではないですが二週連続でこういうシーンが来るとは思いませんでした。ミズキが立ち去ったあと久瀬は発作に襲われる。そして、彼は「まだ死にたくなんかない」と言ってビンを割って必死で薬を飲む。まだ生きたいという気持ちが残っていたんですね。気がつけば物語ももう折り返しですね。

次回、「reutter」

ef – a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (初回限定版) ef – a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (初回限定版)

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/12/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2008年11月11日 (火)

ef - a tale of melodies. 第6話「flection」

今週はかなり欝な展開でした。冒頭での優子、そしてOPはoff voiceでした。また今回のOPでは人物がまったく出ていなかったので何かあるとは思ってましたが予想以上の内容でした。

夕は屋上で息抜きと称して絵を描いていた。それを嬉しそうな眺めている優子。かつて施設にいたときもこんなシーンがありましね。

いつものように凪に呼び出されて美術室に向かう夕。そこで凪から思うように絵が描けなくなってしまったと言われる。ただのスランプではなく画家としての自分がそう言っているのだと話す。帰り際に久瀬に会った夕は彼から以前調べてもらった優子についてのことを聞く。どうやら優子は何か嘘をついていてそれを普段から隠しているというのが久瀬の見解らしい。

久瀬のお別れ会に来た夕と優子。そして呼ばれていたのは自分たちだけだったことに気づく。久瀬は日本を発つ前に自分の演奏を聴かせたいと言い、ヴァイオリンを弾き始める。演奏の途中、聴いていた優子は涙を流し、教室を飛び出してしまう。それを追いかける夕。そして、優子が隠していることを話してほしいと言い、優子のことが好きだから、だから知りたいのだと告白する。

そして優子の口から明かされる事実。それは優子が自分の兄(雨宮)から虐待を受けていたことだった。震災で本当の妹を亡くした彼は優子を死んだ妹の代わりにしようとしていたが、優子は死んだ妹とは違う、そのこと気づいたことで優子は憎しみをぶつける相手となっていたのだった。優子が淡々と真実を語るシーン、なんか1期でのみやこの電話のシーンを思い出します。

10年前、優子が唯一、心を開いていた相手・夕が「妹が欲しい」と言ってくれていればこんなことにはならなかった、そのことを聞かされた夕は衝撃を受ける。・・・なんて欝な展開、このさきどうなるのでしょうか。EDは優子が歌う「願いのカケラ」、すごく欝なシーンの直後だったので聞いていて切なくなりました。

次回、「reflection」

ef-a tale of melodies. ENDING THEME Music ef-a tale of melodies. ENDING THEME

アーティスト:雨宮優子(中島裕美子)
販売元:Geneon =music=
発売日:2008/11/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2008年11月 4日 (火)

ef - a tale of melodies. 第5話「utter」

千尋、みやこに続き、今週は景が登場してくれました。これで1期の主要キャラはみんな出たことになりますね。今週の目玉はなんといっても景と千尋、双子の姉妹の再会シーンでしょう。

冒頭、ミズキが駅に向かうと本来、千尋がいるはずの場所で待っていたのが景だったことには驚きました。京介の後押しもあり、千尋に会う決心をした景は凪とともにオーストラリアに向かうことになりました。

そして、再会することのできた景と千尋。二人がなぜ別々に暮らさなければならなかった理由も明かされました。しかし、もうその必要もなくなったと凪は言う。多くの困難を乗り越えてようやく再会できた二人、とても幸せそうでした。

今週の過去編。久瀬のお別れ会に誘われた夕と凪。久瀬の提案で優子も誘いに行くがそこにいたのは怪我をした優子だった。怒りを隠せない夕。どうやら優子の鞄の中を見られそうになったことで揉め事に発展したらしい。夕は雨宮先生もとへ相談に行くがこれは優子自身の問題であり、他人である夕が口を出すことではないと言って全く取り合ってもらえなかった。

優子の鞄の中には優子が先に手を出してしまうほど見られてはならないものが入っていたようで、雨宮先生とも何か関係のあるものみたいです。

次回、「flection」

ef – a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (初回限定版) ef – a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (初回限定版)

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/12/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2008年10月28日 (火)

ef - a tale of melodies. 第4話「turn」

前回、千尋が登場したのに続き、今週はみやこ、そして紘が登場。学校をやめた紘は漫画家の仕事に専念するもかなり苦戦している様子、姉の凪に作業を手伝ってもらってました。しかし、自分で進むべき道を見つけた紘に凪は満足しているようです。あと凪はみやことも仲いいみたいですね。

過去の話。優子は夕とともに新しい靴を買いに出かける。優子はすっかりデート気分。そんな二人が訪れたのはかつて二人が過ごした教会だった。そこで雨宮先生と出会う、そして夕に対して「優子と付き合うのなら覚悟しろ」と言う。それが何を意味しているのか夕にはわからなかった。優子と別れたあと、凪に会った夕は彼女から雨宮先生がかつて自分と同じように震災で妹を亡くしたことを知る。

舞台は変わり現代のオーストラリア。前回の一件で風邪をひいたミズキ。それを見舞う久瀬。後日、熱が引いたミズキは久瀬とともに外へ出かける。久瀬は死ぬ前に過去をすべて清算するためすべての人間関係を断ち切り、婚約者とも別れたことをミズキに告げる。そして、ミズキのことが好きだと言い、だからこそ「もう二度と自分に近づくな」と言って彼女を突き放す。カレンダーの日付に書き込みを入れる久瀬。もう自分の命があとわずかだということを意味しているみたいです。

次回、「utter」

ef - a tale of melodies. 1 (初回限定版) ef - a tale of melodies. 1 (初回限定版)

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/12/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008年10月21日 (火)

ef - a tale of melodies. 第3話「union」

屋上で紙ヒコーキを飛ばしていた優子を見つけた夕は屋上へ向かう。その途中、雨宮先生と会い、そこで夕は雨宮先生が今の優子の兄であることを知る。

優子が靴を履いていなきことに気づいた夕。優子はほかの生徒からいじめを受けていた。これに夕は腹を立てるが、当の優子は「この程度のこと」ととらえ、まったく気にする様子がなかった。過去にこれよりももっとつらい経験をしてきたということでしょうか。

ミズキパート。ミズキは久瀬の家を訪ねるが出てくる様子はなかった。そんなミズキは教会で火村と出会う。その後、ミズキは幼い頃一緒に遊んだという千尋と再会する。千尋は今期初登場、喜んでいる方も多いかと。

千尋と蓮治から久瀬は特殊な心筋症を患っていることをミズキは知る。一方、久瀬は火村との会話で自分は死ぬのだから冗談でも好きだと言われてはいけない、未練を断ち切りすべてをゼロにしなければならないと改めて決意をする。

夜、ミズキは千尋から言われたように海へ向かうとヴァイオリンを弾く久瀬の姿を見つける。弾いた後、ヴァイオリンを燃やす久瀬に対しミズキは思うがままい突っ込んでいき必死で火を消そうとする。相変わらずミズキの行動力には驚かされます。最後に海に向かってヴァイオリンを蹴るまでのシーンがとても凄い演出だったと思います。今回もなかなか印象深い回でした。

次回、「turn」

ef – a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (初回限定版) ef – a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (初回限定版)

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/12/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (14)

その他のカテゴリー

Angel Beats! | ARIA The ORIGINATION | Aチャンネル | CLANNAD | CLANNAD~AFTER STORY~ | DARKER THAN BLACK-流星の双子- | DOG DAYS | DOG DAYS' | ef - a tale of melodies._ | WORKING'!! | あっちこっち | かなめも | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | そふてにっ | たまゆら~hitotose~ | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | とらドラ! | にゃんこい! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×365 | みなみけ | みなみけ おかえり | みなみけ~おかわり~ | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | らき☆すた | アニメキャラ誕生日 | アニメ・コミック | イベント関連 | ウェブログ・ココログ関連 | オオカミさんと七人の仲間たち | ゲーム | コードギアス 反逆のルルーシュR2 | スケッチブック~full color's~ | ストライクウィッチーズ2 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | パパのいうことを聞きなさい! | ロウきゅーぶ! | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 侵略!?イカ娘 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 咲 -Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 夏色キセキ | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 探偵オペラ ミルキィホームズ第2幕 | 機動戦士ガンダムOO | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナⅡ | 狼と香辛料Ⅱ | 猫神やおよろず | 生徒会の一存 | 異国迷路のクロワーゼ | 祝福のカンパネラ | 続 夏目友人帳 | 花咲くいろは | 輪廻のラグランジェ | 這いよれ!ニャル子さん | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST | 魔法少女まどか★マギカ