2010年3月20日 (土)

とある科学の超電磁砲 第24話「Dear My Friends」

24_11 24_12 24_13 24_14 ついに最終回。木山に追いついた美琴たち。実は木山が追っていた輸送車は囮だった。初春は佐天とともに木山を子供達の居場所へ行くサポートをするが、そこに囮の輸送車から現れたパワードスーツ部隊に行く手を阻まれる。美琴と黒子が応戦するも今度はヘリまで投入される。この状況を打開したのは婚后光子だった。彼女の能力はエアロハンド、さすがはレベル4というだけのことはある強さでした、なんにせよちゃんと活躍の場があってよかった。

24_21 24_22 24_23 24_24 24_25 24_26 敵部隊は黒子と光子が引き受け、美琴は固法先輩のバイクに乗って先を急ぐ。目指すは23学区にある研究施設。だが、今度は巨大なパワードスーツに乗ったテレスティーナが立ちはだかる。しかも美琴の能力をちゃんと計算に入れ戦っているために美琴は苦戦を強いられる。しかし、敵の援軍はアンチスキルが食い止めてくれていた。敵のアームを受け止めて破壊した美琴は黒子のサポートを受け、アームの残骸をレールガンで撃ち込む。敵のパワードスーツを見事に撃破。

24_31 24_32 24_33 24_34 24_35 24_36 研究施設に到着した一行は春上や子供達が運び込まれた最下層へ。だが、再びテレスティーナが現れ、キャパシティダウンを使用されてしまう。テレスティーナの目的は子供達と能力体結晶のファーストサンプルを使って春上をレベル6にすること。会話の中でキャパシティダウンを制御している管制室のことをそれとなく初春は佐天に伝える。この状況下で動けるのは佐天だけ。管制室に着いた佐天、バットで装置を破壊、よくやった!(*^ー゚)bグッジョブ!!

24_41 24_42 24_43 24_44 ついに最後の決戦、研究所を吹き飛ばそうとするテレスティーナに美琴は最大出力でレールガンを放ち、撃破する。

24_51 24_52 24_53 24_54 木山は手に入れたファーストサンプルを解析し、ワクチンプログラムを完成させ、子供達がついに目覚める。こうして事件はようやく幕を下ろす。

24_61 24_62 24_63 24_64 24_65 24_66 24_67 24_68 24_69 24_610 24_611 24_612 24_613 24_614 後日談の子供達による木山への誕生日メッセージのシーンはすごく良かった、全容解明のは時間がかかるみたいだけどうまく締めてくれました。ラストだけにバトルシーンは凄く良かったですし、挿入歌の入れ方も反則並みに上手かったです。自分の中では今期終了アニメで間違いなくNo,1ですね。スタッフ、キャストの皆様、お疲れ様でした。

とある科学の超電磁砲 第3巻<初回限定版> [Blu-ray] とある科学の超電磁砲 第3巻 <初回限定版> [Blu-ray]

販売元:ジェネオン・ユニバーサル
発売日:2010/03/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (31)

2010年3月13日 (土)

とある科学の超電磁砲 第23話「いま、あなたの目には何が見えてますか?」

23_11 23_12 23_13 23_14 MARの研究施設に保護された子供達。とりあえずは一安心、になるはずだったが。初春、そして美琴はいまひとつ納得がいってない様子。子供たちが連れて行かれたあとの木山のことが気になった初春は木山のもとを訪れる。

23_21 23_22 23_23 23_24 あと少しでワクチンを開発できて子供達を目覚めさせることができたのにそれが叶わなかった。初春は少しでも役立つようにと木山とともに研究データをまとめ、MARの施設を訪れる。だが、テレスティーナは春上たちと面会をさせてはくれなかった。さらに春上と子供達を別の施設に移送するというのだ。データを踏みつけ、自分のミドルネームが木原であると告げる。テレスティーナ・木原・ライフライン、なんとあの木原の孫だった。やはり、血縁者だったか。つまり、研究を引き継いでいると。

23_31 23_32 23_33 23_34 戻ってきた初春からこれまでのことを聞いた美琴たち。調べによれば、テレスティーナは木原の能力体結晶実験の最初の被験者だった。いつまでも泣きじゃくる初春を平手打ちする黒子、いつになったらジャッジメントの初春に戻るのか、と。目を覚ました初春は子供達が移送されそうな場所を調べ始める。

23_41 23_42 23_43 23_44 美琴は1人、MARの施設へ。美琴は本性を現したテレスティーナと対峙するも、キャパシティダウンによって本来の能力を封じられてしまう。キャパシティダウンを開発し、それをスキルアウトに流して実験データを集めていたのも彼女だった。パワードスーツを装着し、銃で攻撃をしてくるテレスティーナに徐々に追いつめられる美琴、気を失う寸前、彼女の目的を聞く、それは能力体結晶を完成させることだった。

23_51 23_52 23_53 23_54 23_55 23_56 美琴が目を覚ますとそこは病室だった。実はあのとき、病室から見ていた婚后光子が助けてくれたのでした。婚后、ついに被害者サイド脱出。どんな能力か見たかった。自分の行いを悔い、1人で出て行こうとする美琴。それを止めたのは佐天だった。御坂さんの目には何が見えてますか?と。友達なんだから一緒に苦労したいと言う佐天さん、偉い!(*^ー゚)bグッジョブ!! 黒子や初春ともお互いに謝り、改めて行動開始。

23_61 23_62 23_63 23_64 23_65 23_66_2 アンチスキルに協力を要請し、MARの車両が向かっている場所は第17学区にあるという木原が残した研究施設だと判明。衛星からの映像を確認したところ、その車両を木山が追跡している模様。準備を済ませ、みんなは子供達を助けに向かいます。次回はついに最終回です、どんなバトルが繰り広げられるか期待。

23

とある科学の超電磁砲 第3巻<初回限定版> [Blu-ray] とある科学の超電磁砲 第3巻 <初回限定版> [Blu-ray]

販売元:ジェネオン・ユニバーサル
発売日:2010/03/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (25)

2010年3月 6日 (土)

とある科学の超電磁砲 第22話「レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)」

チャイルドエラーの施設で育った春上。友達だった枝先は違う施設に移されてしまったが、テレパシーで彼女の声を聞いていたという。レベルアッパー事件のことをテレスティーナに話す美琴。その話からテレスティーナはチャイルドエラーを使った実験の被験者である子供たちが暴走能力者となり、今回のポルターガイストを起こしているのではと推測する。

これを手がかりにその子供たちを捜すことになるがレベルアッパー事件後、アンチスキルが捜索したにもかかわらず、被験者の子供を見つけることができなかった。

初春は春上に鯛焼きの差し入れを。ここでついに初春の能力が判明!それは手に触れているものの温度を一定に保つ能力でした。つまり保温ってことか、これは意外だった。

テレスティーナから連絡を受けた美琴は彼女から木山が保釈されたとの情報を得る。また、データによれば眠っている子供たちが暴走能力者となってそれが同系統の能力者と共鳴したときに起きるポルターガイストの被害は計り知れないことも。

その論文を書いたのは実験を行っていた木原が書いたものであり、美琴は手がかりを求めて、閉鎖された研究施設へ潜入する。そこで美琴は何かを探していた木山と遭遇。美琴の電撃で施設の機能が回復してしまい、その場を離れる。

木山に連れられやってきた場所にはあの子供たちがいた。そして、そこにいたのはあのカエル医師だった。話によれば木原進めていた実験とはレベル6を作り上げるだった。暴走能力者を使って作り上げた能力体結晶、それを使ったレベル6の創造。レベルアッパー事件後、子供たちのことを知ったカエル医師(なんでもあちこちで顔が利くらしい)、なんとかあちこちの施設から子供たちをこの場所に集め、専門である木山から話を聞いているところだったという。

暴走を止めるために必要なワクチンソフトを開発しているという木山、そのためには能力体結晶のサンプルが必要、そのために過去に閉鎖された研究施設を回っていたらしい。

そこへ突如現れたテレスティーナ、暴走を止めるために子供たちを自分たちが保護するという。木山は断ろうとするがそれを美琴が止める。こうして、子供たちはみんな連れて行かれてしまった・・・。

今回は初春の能力が判明した回でした、そして物語はいよいよクライマックスです。

次回、「いま、あなたの目には何が見えてますか?」

追記:第4回声優アワードにて初春飾利役・豊崎愛生さん、佐天涙子役・伊藤かな恵さんが新人女優賞を受賞されました。おめでとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (26)

2010年2月27日 (土)

とある科学の超電磁砲 第21話「声」

21_11 21_12 美琴たちが行った花火大会で起きたポルターガイスト。そんな中、倒れてきた電灯から初春と春上を救ったのはMARのテレスティーナだった。MARの対応に早さに少し疑問を感じる黒子、MARはすでにポルターガイストがAIM拡散力場への人為的干渉であることを掴んでいた。

21_21 21_22 21_23 21_24 AIM拡散力場への人為的干渉。これが気になった美琴はレベルアッパー事件のときとの関連性を調べていた。木山のことが気になった美琴だったが、彼女は未だ拘留中の身。それよりも黒子が気になっていたのは春上と今回の事件の関連性。彼女が以前までいた第19学区はポルターガイストが多発していたが、最近ではそんな報告はない、むしろ最近はこの第7学区でばかり起きていた。

21_31 21_32 21_33 21_34 翌日。ジャッジメント177支部を訪れた佐天だったが、初春は春上と自然公園へ出かけていた。同じく支部にいた黒子と美琴。春上への疑念をなくすためバンクで彼女の情報を調べる。春上の能力は精神感応(テレパシー)でレベル2。これに安心するが、記述には特定の波長下ではレベル以上の能力を発揮することがある、とあった。

21_41 21_42 21_43 21_44 そんな中、初春たちがいた自然公園でポルターガイストが発生。初春は少し擦りむいただけだったが、春上はまた気を失ってしまった。美琴たちは病院で初春と合流。黒子はポルターガイストが起こったとき春上に以前のような挙動がなかった尋ねるが、初春は春上を疑ったことに対し、黒子に怒りをぶつける。そこに現れたテレスティーナ、精神感応者がAIM拡散力場へ干渉する可能性はあるとし、春上を一度研究所で検査することに。初春は春上の潔白を証明するため研究所へ同行。

21_51 21_52 研究所へ行った美琴たちは改めてテレスティーナと自己紹介を。そして、出た検査結果。その結果、春上は今回のポルターガイストの干渉者ではないことがわかり、一安心。では本物の干渉者は一体・・・?

21_61 21_62 21_63 21_64 目が覚めた春上と面会する美琴たち。初春は彼女の大切なペンダントを渡す。春上が探しているという友達、たまに声が聞こえるという。写真を見せてもらうとその友達とはかつて美琴が木山の記憶の中で見た少女・枝先絆理だった。そして、春上は自分もチャイルドエラーであることを話す・・・。やはりこの事件にも木山が何らかの形で関わっていそうですね、残り3話、なかなか面白くなってきました。

21

| | コメント (0) | トラックバック (28)

2010年2月20日 (土)

とある科学の超電磁砲 第20話「乱雑開放(ポルターガイスト)」

20_11 20_12 20_13 20_14 柵川中に季節はずれの転校生、春上衿衣が転校してきた。そんな彼女はこれから初春とルームメイトになることに。さっそく初春は美琴や黒子、佐天に紹介する。引越しの片付けも黒子の能力のおかげで無事終了。

20_21 20_22 親睦を深めるためどこかへ遊びに行くことを提案する美琴だが、黒子と初春はこれからアンチスキルとジャッジメントの合同会議に参加するため3人で出かけることに。3人はとりあえず、恒例にクレープ屋に向かいます。

20_31 20_32 20_33 20_34 一方、会議に参加していた黒子と初春、内容はここ最近頻発している地震についてだった。実際には地震ではなくこれはRSPK症候群の同時多発によるものだという。ここで先進状況救助隊のテレスティーナから詳しい説明が。RSPK症候群とは能力者が無自覚に能力を発した際に起こる現象でこれが複数で同時多発的に起こった場合、それらの能力は融合し、一連のポルターガイスト現象を引き起こすのだという。

20_41 20_42 会議終了、黒子と初春は美琴たちに合流すべく連絡を。ただ、固法先輩は今回の件が何か引っかかるようで少し調べてみるという。

20_51 20_52 20_53 20_54 20_55 20_56 ゲーセンで合流。春上はゲーセンが初めてみたいでとても珍しがっています。一通り遊んだあと、5人でプリクラを撮りました。また、この日は近くで花火大会があるということでみんなで行くことになりました。浴衣の着付けをする初春と春上でしたが、全然うまくいかず・・・というよりどうしてこんなことに。結局、佐天さんにやってもらいました、ホント、この娘はなんでもできるな、能力がすべてではないってこういうことを言うんだろうな。

20_61 20_62 20_63 20_64 20_65 20_66 美琴と黒子は寮監の目を盗み、なんとか脱出して花火大会へ。出店でゲコ太のお面を買う美琴、このときの美琴、よく見ると目がハートでしたね。佐天の案内で絶好のポイントで花火を見る。

20_71 20_72 その頃、独自に調べていた固法先輩、てかムサシノ牛乳一体いくつ飲んでるんですか。何かを掴んだようで急いで黒子に連絡、なんと一連のポルターガイストはAIM拡散力場への人為的干渉が原因であることが判明。

20_81 20_82 20_83 20_84 20_85 20_86 この事実を聞いたとき、地震が発生。美琴たちは難を逃れるが初春と春上が倒れてくる電灯の下敷きになりそうになる。それを助けたのは防護スーツを纏ったテレスティーナだった。このあとのやりとりを見ている限り、やっぱりラスボスはテレスティーナで確定かな、また急に様子がおかしくなった春上、彼女が以前いた第19学区では地震がよく起こっていたみたいだし、何らかの形でこの事件に関わっていそう。さらに今回の現場近くには久々登場の木山先生の姿も。役者も揃ってきたところで話はいよいよクライマックスに向けて進みそうです。

20

| | コメント (0) | トラックバック (29)

2010年2月13日 (土)

とある科学の超電磁砲 第19話「盛夏祭」

1911 1912 1913 1914 盛夏祭、常盤台中学女子寮が一般開放され、寮生に招かれて来た人たちが次々と訪れます。この日は寮生はメイド服姿で接客。当然ながら美琴もその1人であるわけだが、とりあえず、記録係りであるらしい黒子、一般客の目もあるんだから少し自重しとけ。

1921 1922 1923 1924 招待された初春と佐天。特に初春は大はしゃぎ。今回の催しに全面協力しているのは土御門舞夏の学校のようで、黒子は仕事の手伝いのため舞夏に連れて行かれる。2人の案内は美琴がすることに。

1931 1932 1933 1934 様々な展示を見て、次に向かったのはステッチ体験。佐天さん、レベル高すぎだろ、美琴もかなり上手いです。ちょっと初春が不憫でした。

1941 1942 1943 1944 お昼になり昼食へ。そこで美琴はあすなろ園の子供達に会う。寮監が招待したみたい。話によれば美琴がステージで何かをやるようで子供達はそれを楽しみにしているみたい。寮監に期待を裏切らないよう言われ、一気にプレッシャーがかかります。

1951 1952 1953 1954 その後、初春と佐天が見て回っているとオークションが行われていて、ブランド物のバッグを嬉しそうに落札する固法先輩に出会う。2人も参加を勧められる。次の出品は文具セット一式。それを1万円で落札したのはなんと黒子、なるほど美琴が出品したものだったのか、それなら納得。

1961 1962 1963 1964 そんな中、近づく美琴のステージ。ドレスに着替えてスタンバイ、すごく可愛くて似合ってます。ステージ脇で緊張している美琴に話しかけてきたのはなんと上条さん。土御門に招待されたのかな。どうやら連れ(インデックス)を探しているみたい。さっき、舞夏が言っていた大食らいのことってインデックスのことだったか!会話のやりとりから察するにこのときの上条さんはもう記憶をなくしてるみたいですね。

1971 1972 このやりとりで緊張がほぐれた美琴は見事にヴァイオリンの独奏を披露することができました。今回はメイド服にドレスにと美琴がとても可愛かったです。

19

| | コメント (0) | トラックバック (28)

2010年2月 6日 (土)

とある科学の超電磁砲 第18話「あすなろ園」

18_11 18_12 寮の規則にとことん厳しい寮監。そして、黒子は今日も規則違反で罰を受けていた。ついに我慢の限界に達した黒子は一矢報いてやろうと画策。

18_21 18_22 18_23 18_24 ある日、私服姿で外出すつ寮監を見かけた黒子は美琴とあとをつけてみる。すると、ピザハットで大量のピザを購入。そういえば、前にタイアップしていましたね。尾行の末、たどり着いたのは13学区にある児童養護施設・あすなろ園。ここはチャイルドエラーを保護している施設で、寮監はここにボランティアに来ていたのだった。

18_31 18_32 18_33 18_34 普段寮では絶対見せることのない表情を見せる寮監。そんな様子を見ていると同じくボランティアをしていた初春と佐天の姿が。そして、2人を引率していた担任の大圄先生。様子を見ていた黒子は寮監が大圄先生に片思いしていると直感する。

18_41 18_42 18_43 18_44 夜。帰ってきた寮監を出迎える黒子。自分が恋のキューピットになる、と。黒子の必死な説得(?)で話に乗ってくる寮監、まさか乗ってくるとはな。それにしても、本当に黒子って中学生なのか?言動が若い娘にちょっかい出したがるオバサンにしか見えません。

18_51 18_52 黒子の指揮で作戦が開始される。作戦遂行中、美琴は子供たちの相手をする。子供たちと遊んでいるとき、美琴は木山のことを思い出していた。

18_61 18_62 18_63 18_64 18_65 18_66 一方、作戦は次々と実行に移される中、少しずつ2人の距離が縮まっていると実感する黒子。突如、地震が起き、落ちてきたものから子供を助ける寮監、その姿に大圄先生は尊敬の目を向ける。それからというものあれほど規則にうるさかった寮監の態度が一変する。

18_71 18_72 18_73 18_74 ある日、大圄先生から相談に乗ってほしいことがあると連絡を受ける寮監。相談内容は結婚の話だった。親身になって相談に応じた寮監、黒子たちから祝福を受け・・・。

18_81 18_82 18_83 18_84 後日。あすなろ園にやってきた寮監、大圄先生と話を。彼女にプロポーズすると決めた大圄先生、だが、その彼女とは寮監ではなく園長のことだった!なるほど、年上の女性について相談してたのはこういうことだったのか。寮監はこれを素直に祝福。

18_91 18_92 そして、寮監は今までどおりの寮監に戻りました。今回は寮監の思わぬ一面を見ることができた回でした。

18

| | コメント (0) | トラックバック (24)

2010年1月30日 (土)

とある科学の超電磁砲 第17話「夏休みのつづり」

17_11 17_12 17_13 17_14 17_15 17_16

今回はアンチスキルの鉄装視点の話。夏休み、学校のほうの仕事が忙しく、アンチスキルの仕事に遅刻してしまった鉄装。仕事中には事件の現場で人質に取られたり、巡回時に学生たちに下校を促すはずが美琴たちには逆に乗せられてしまったりと・・・。

17_21 17_22

仕事が終われば、黄泉川と銭湯に行き、そして屋台で飲み会。いつの間にか小萌先生も一緒でした。それにしても、ここの屋台、一体なんの屋台なんだろうか?

17_31 17_32 17_33 17_34

まあ、実際今回の話は鉄装とゲーセンで会った、初春や佐天と同じ学校の男子生徒の話がメインなんだけど、やっぱり美琴たちの出番が少ないとパッとしないと思っていたらここでまさかの地震速報、またかよいい加減L字うぜーなんて思って見ていたら、話の中でも地震が起こりびっくり、なんというタイミングの良さ、すごい偶然だ。それにしても、深夜は地震がよくあるな。地震もそうだったけどこのあと、さらに驚きの展開が。それは・・・。

17_41

インデックス、ついに本編進出!

17_51 17_52

まさかここでインデックスが出てくるとは・・・。さらに姫神まで登場という追撃をくらいました。正直今回はメインの話よりもこっちにすべてを持ってかれた感じでした。

17

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2010年1月23日 (土)

とある科学の超電磁砲 第16話「学園都市」

16_11 16_12

美琴たちを助けた本物の黒妻が固法先輩と知り合いだったという事実に驚く2人。その日の一件以来、彼女はジャッジメントの支部に顔を出さなくなっていた。

16_21 16_22 16_23 16_24

心配した美琴たちは固法先輩の住む寮を訪ねるがあいにく外出中。そんなとき、同じルームメイトの柳迫碧美から彼女の過去の話を聞く。なんと固法先輩は昔、ビッグスパイダーに所属していた。昔の固法先輩がけっこうやんちゃしてたとか正直考えにくいですけどね。昔は能力者狩りをするようなグループではなかったようですが・・・。

16_31 16_32

話を聞いた4人だったが、美琴は1人納得がいかず。そんなとき、アンチスキルがストレンジの一斉摘発を行うというメールが届く。

16_41 16_42 16_43 16_44 16_45 16_46

翌日。1人ストレンジに向かう固法先輩、そこに美琴と黒子が現れ、ジャッジメントの腕章を。黒妻は自分が作った組織だからこそ自分でケジメをつけるために1人ビッグスパイダーの拠点へ。敵に囲まれるも、そこに固法先輩や美琴、黒子も到着。美琴はレールガンでキャパシティダウンを破壊、そこから先は先輩と黒妻がすべて片付けた。追いつめられた蛇谷、体にダイナマイトを巻いていた、ホントいつの時代の犯人だよ。結局、それにも動じなかった黒妻が倒してしまいましたが・・・。

16_51 16_52

ビッグスパイダーのメンバーは逮捕され、ようやく事件は終わりを迎えた。しかし、電話のときといい、蛇谷たちにキャパシティダウンを提供した何者かがいるのは間違いなさそうです、今後の話の伏線になりそうですね。

16

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2010年1月16日 (土)

とある科学の超電磁砲 第15話「スキルアウト」

15_11 15_12

今週からOPとEDが一新、物語も新たな展開を迎えます。OPを歌うのは前期と同じくfrip side、なかなかいい感じの曲です、そのうえ一瞬だけインデックスが出てきたのには驚いた。ただ、本編に出番はなさそうかな・・・。

15_21 15_22 15_23 15_24

それでは本編。チンピラたちに絡まれ、発せられる謎の音によって能力を使えずにいた婚后光子、彼女は突然現れた謎の男に助けられる。光子によれば、助けてくれた男は革ジャンを着ていて背中に蜘蛛の入れ墨が入っていたという。また、学園都市では最近、スキルアウトと呼ばれる武装した無能力者集団による能力者狩りが頻発していた。

15_31 15_32 15_33 15_34

調べによれば、能力者狩りを行っている一団はビッグスパイダーと呼ばれる組織でリーダーは黒妻綿流という男らしい。スキルアウトが根城にしている場所はストレンジと呼ばれる見るからに無法地帯な場所だった。調査に来た美琴と黒子はさっそく絡まれるがそこに牛乳を飲む謎の男が現れ、あっという間にチンピラたちを撃退する。

15_41 15_42 15_43 15_44 15_45 15_46

男から話を聞いた後、能力者狩りの現場でビッグスパイダーの一員を捕まえ、2人は敵のアジトへ。敵に囲まれ、リーダーの黒妻が現れる。そこに奇妙な音が聞こえてきて2人は能力をうまく発揮できなくなってしまう。敵が用いたのはキャパシティダウンという音で能力者の脳に干渉し演算を妨害する装置だった。そこに現れたのはまたしても牛乳の男。実はこの男こそ黒妻綿流だった。黒妻を名乗っていたリーダーは蛇谷というらしい。装置を停止させ、あっという間に敵を撃退した黒妻、そこに現れたのはなんと固法先輩。どうやら黒妻と顔見知りのようですが・・・。次回が楽しみです。

15

| | コメント (0) | トラックバック (13)

その他のカテゴリー

Angel Beats! | ARIA The ORIGINATION | Aチャンネル | CLANNAD | CLANNAD~AFTER STORY~ | DARKER THAN BLACK-流星の双子- | DOG DAYS | DOG DAYS' | ef - a tale of melodies._ | WORKING'!! | あっちこっち | かなめも | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | そふてにっ | たまゆら~hitotose~ | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録Ⅱ | とらドラ! | にゃんこい! | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×365 | みなみけ | みなみけ おかえり | みなみけ~おかわり~ | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | らき☆すた | アニメキャラ誕生日 | アニメ・コミック | イベント関連 | ウェブログ・ココログ関連 | オオカミさんと七人の仲間たち | ゲーム | コードギアス 反逆のルルーシュR2 | スケッチブック~full color's~ | ストライクウィッチーズ2 | ソ・ラ・ノ・ヲ・ト | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | パパのいうことを聞きなさい! | ロウきゅーぶ! | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 侵略!?イカ娘 | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 偽物語 | 僕は友達が少ない | 咲 -Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 夏色キセキ | 夢喰いメリー | 大正野球娘。 | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 探偵オペラ ミルキィホームズ第2幕 | 機動戦士ガンダムOO | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 灼眼のシャナⅡ | 狼と香辛料Ⅱ | 猫神やおよろず | 生徒会の一存 | 異国迷路のクロワーゼ | 祝福のカンパネラ | 続 夏目友人帳 | 花咲くいろは | 輪廻のラグランジェ | 這いよれ!ニャル子さん | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST | 魔法少女まどか★マギカ