« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第4話「全国」

Saki_04_11 Saki_04_12 ついに始まった全国大会。抽選の結果、組み合わせが発表されるが、和のいる清澄と戦うためにはお互いに決勝まで進まなければならないという展開に。しかも決勝にいく前に全国屈指の強豪・白糸台と当たってしまう。照のところだな。

Saki_04_21 Saki_04_22 Saki_04_23 Saki_04_24 試合までは部屋で対戦校の試合映像を見て研究です。一方、その頃和は・・・優希と風呂かよ!・・・と、そこに入ってきたのは池田じゃないか!懐かしい、個人戦で全国決めたキャプテンの付き添いで来たのね。

Saki_04_31 Saki_04_32 Saki_04_33 Saki_04_34 さて、いよいよ1回戦がスタート。先鋒の玄が大量の点でリードを広げるけど、やぱり全国大会ともなれば、簡単にはいかない・・・?と思ってたが、やっぱり玄の能力は十分に発揮できたようだ。

Saki_04_41 Saki_04_42 Saki_04_43 Saki_04_44 ということで、2回戦進出を決めた阿知賀女子。できれば、玄以外の試合も見たかったな。そして、2回戦は途中で出会ったあの千里山女子が相手。簡単に勝てる相手ではないから、こっからが本番と見ていいんだろう。戦いもいよいよ本格化か。

Saki_04_51Saki_04_52

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2012年4月28日 (土)

夏色キセキ 第4話「ユカまっしぐら」

04_11 04_12_2 04_13 04_14 今週はサブタイどおり優香回。いとこの貴史に想いを寄せる優香だが、貴史の気持ちは紗季に向いているようで、お石様のところでついつい、自分も紗季みたいになりたいと思ってしまう。それにお石様に反応。

04_21 04_22 04_23 04_24 なんと、今回は優香と紗季が入れ替わってしまいました。貴史とデートできると大喜びの優香だが、紗季はもちろんかんかんです(^-^; お石様に元に戻すようみんなで願うもののやっぱり効果なし。それどころか夏海と凛子が入れ替わってしまい、余計にややこしい事態に・・・。

04_31 04_32 紗季として貴史と会うことになった優香。紗季本人はまだご立腹。でもさ、これって貴史本人は紗季だと思ってるんだからうまくいっても、優香のためにはならないんじゃ・・・(゚ー゚; 

04_41 04_42 04_43 04_44 いい感じの2人だったけど、最終的にストップがかかりました。止めたのが凛子ってところがまた意外だったけど。デートの間、嬉しそうではありながらどこか複雑だった優香、まあ止めてもらえてよかったな。4人とも元に戻れたし。紗季は貴史に今日のお礼のメールを。さすが紗季、こういうところもしっかりしてるね。今回の騒動も面白かった、予告どおり次回は紗季の仕返しなるか・・・?

04

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2012年4月27日 (金)

あっちこっち 第4話「つかまえたいの⇔恋のドナドナ」

04_11 04_12 Aパートは校内を使っての缶蹴り。4人ずつそれぞれ2チームに分かれてのゲームではあるが、もちろん賞品と罰ゲームをかけた戦いです。まあ、罰ゲームで張り切っているのは真宵と榊だけだけどね(^-^; とりあえず、そういうのは勝ってから考えような。

04_21 04_22 つみきは伊御とは別のチームになってしまいました。しかし、いちいち可愛い反応をするつみき、ホントにからかいがいのあるキャラですね。真宵たちの気持ちも少しはわかるわ。

04_31 04_32 結果は伊御、榊、姫、佳奈のチームが勝利しました。ずいぶんと手の込んだ作戦だったな。賞品や罰ゲームがかかっているとはいえ、ここまでやるのか(゚ー゚;

04_41 04_42 04_43 04_44 Bパートはお昼の校内放送。ゲストに榊と伊御が出演。しかも動画付きだ。それにしても最近の学校の放送室ってこんなに設備いいの?ラジオのスタジオとあんま変わらないじゃん。

04_51 04_52 んで、トークは主に恋のお悩み相談がメインだったんだけど、トークより伊御のペンまわしのほうに気を取られてたわ、凄すぎだろ。

04_61 04_62 最後の締めは伊緒の一言で・・・わかってはいたけどホントにイケメン主人公ですね、つみきのクラス、大変なことになってますよ?(^-^;

04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

這いよれ!ニャル子さん 第3話「八坂真尋は静かに暮らしたい」

3_11 3_12 今週もネタ満載です。妹属性で真尋を攻めるニャル子、にぃにって某橘家に妹かよ、そのうちまんま肉まんと普通に出てきそうだな(^-^;

3_21 3_22 前回登場したニャル子の幼馴染であるクー子が転校してきました。ちゃんと惑星保護機構に入ったというクー子、コネで入るとはな。

3_31 3_32 ニャル子への襲撃を画策するこいつはニャル夫。ナイトゴーンドを呼び出して襲わせる、今回ニャル子が取り出したのはチェーンソー・・・最近どっかの魔装少女が持ってた気がするが、まあいいや。

3_41 3_42 3_43 3_44 なんか新シリーズの先行放送があるとかで即行で下校するニャル子、シャンタッ君をバイクに変形させ、真尋を乗せて発進!どこのライダーだよ、バイクなのに発進がアムロって・・・もうなんでもありだな!兄より優れた妹などいないと立ちはだかったニャル夫、足を轢かれてどっか飛んでった・・・弱すぎだ!

3_51 3_52 帰宅。しかし、散らかりまくりでひどい部屋だな。そんなとき真尋の母親から電話があり、旅行を早めに切り上げ、もうすぐ帰ってくるって!40秒って・・・。親が帰ってきたらこの状況どう説明すんだよ(゚ー゚;

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2012年4月23日 (月)

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第3話「接触」

Saki_03_11 Saki_03_12 時間はあっという間に過ぎ、もう県予選です。奈良はそれほど激戦区ではないものの全国の常連である強豪校・晩成高校の存在がある・・・なんと阿知賀女子は1回戦で当たってしまいました。

Saki_03_21 Saki_03_22 Saki_03_23 Saki_03_24 Saki_03_25 Saki_03_26 しかし、阿知賀麻雀部の特訓の成果は伊達ではなかった。先鋒を務める玄が大きくリードし、最後までその流れを維持して晩成を下しました。晩成・・・あんなに自信に満ち溢れていたのにこんなにあっさり敗れるとは・・・こんな噛ませ要員だったなんて(゚ー゚;

Saki_03_31 Saki_03_32 Saki_03_33 Saki_03_34 あっという間に県予選を突破してしまいました。ホント展開早いね。さて、全国に向けてさらなる実力アップを目指すために今年の県予選で2位だった高校に練習試合を申し込むことに。

Saki_03_41 Saki_03_42 まず向かったのは長野。相手はそう、清澄と決勝で県代表を争ったあの龍門渕高校です。

Saki_03_51 子供じゃなくて衣キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! やっぱ可愛いな~

Saki_03_61 Saki_03_62 Saki_03_63 Saki_03_64 龍門渕をはじめとする各地の強豪校と試合をし、合宿も行い、さらに実力が上がったようだ。そして、全国大会の舞台、東京へ!

Saki_03_71 Saki_03_72 会場に到着した穏乃たち・・・そこで咲とすれ違う。それだけで只者ではないとわかる一行。うん、すごいラスボスオーラだったね。

Saki_03_81 Saki_03_82 Saki_03_83 Saki_03_84 かなり早い展開だけど今回は咲-Saki-本編のキャラが要所要所で出てきたのが良かったですね。

Saki_03_91Saki_03_92

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2012年4月21日 (土)

夏色キセキ 第3話「下田ではトキドキ少女は空をとぶ」

03_11_2 03_12_2 03_13 03_14 大樹の友達である祐介に空を飛んでるところを目撃されてしまってました。でも、誰も信じてくれません。まあ、そうだな。紗季たちとしても本当のことを言うわけにもいかないし。

03_15 03_16 03_21_2 03_22_2 03_23_2 03_24_2 前回の仕返しとして、夏海と紗季は優香と凛子が一緒になるようお石様にお願いしたらあっさりその通りになってしまいました。今週はこの2人か・・・なんて思ってたけどしばらく一緒にいたら何事もなかったかのように離れました。

03_31_2 03_32_2 03_33_2 03_34_2 どうしても、本当のことが知りたい祐介、信じたいけど信じることができない大樹。2人の間に溝ができてしまい、紗季は2人を仲直りさせるために一芝居打つことに。紗季は自分が魔女でその力で夏海たちを空に連れてってあげたという設定にしました。

03_41_2 03_42_2 03_43_2 03_44_2 03_45_2 03_46_2 そして、約束の日時。祐介は大樹と秘密基地へ。紗季は魔女の衣装を纏って準備完了。凝ってるな(^-^; いざ、約束の時間になって4人でお石様に念じますが空を飛ぶことはできませんでした。でも、紗季の頑張りで2人は仲直りすることができました。

03_51 03_52 お石様の願いを実現させる力にもどうやら発動条件みたいなものがあるようだ。今の時点でわかってるのは①4人じゃなくてもキセキを起こせること、②起こしたキセキを打ち消すことができないこと、③一度叶ったキセキをもう一度起こすことができないこと・・・くらいかな。

03_2

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2012年4月20日 (金)

あっちこっち 第3話「無情なる雪合戦VS・調理実習(燃)」

03_11 03_12 Aパートはみんなで雪遊び。雪玉でかいな、むしろつみきにこれほどの力があったなんてそっちのほうが驚きではあるが。

03_21 03_22 03_23 03_24 チームを分けての雪合戦。真宵が作った雪玉兵器によって追いつめられるつみきたち。なんだ、この無駄に凄い発明は。それなのにつみきのスーパープレイで一気に決着がつきました。つみきの新たな一面を知ったエピソードだった。

03_31 03_32 03_33 03_34 Bパートは調理実習。伊御の料理スキルの高さに驚かされた。まあそれ以上に学校の調理実習にしては随分レベルの高いメニューを作っているな、ハンバーグにオムハヤシとはな。見ているだけでお腹が空いてきそうだ。真宵が作ったのは・・・ある意味器用ではあるな。

03_41 03_42 03_43 03_44 03_45 03_46 つみきが作ったハンバーグを食べる伊御。つみきはちょっと照れてたけどここで真宵が余計な一言を・・・思いっきり制裁を受けました。伊御の何気ない一言に一発でやられてしまう姫とつみき。そろそろ各キャラの立ち位置も定着してきた、そんな話でした(^-^;

03

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2012年4月17日 (火)

這いよれ!ニャル子さん 第2話「さようならニャル子さん」

2_11 2_12 真尋が狙われる原因を辿ってやってきたルルイエランド・・・なんだここ、大規模なテーマパークだな。とても敵地には見えないな。ということでここで行われているオークションの会場に真尋はニャル子と乗り込みます。

2_21 2_22 2_23 2_24 会場でオークションの主催者・ノーデンスと対峙。ニャル子が乗り込んでくることを予想していたノーデンスは異空間でクトゥグアのクー子と戦う。実はクー子はニャル子と小学校が一緒だったみたいで、ようは幼馴染なのか。実はクー子はニャル子の天敵だったりするようだ。

2_31 2_32 2_33 2_34 天敵で百合属性・・・おそるべき相手だな(゚ー゚; でも、ニャル子が好きな真尋を抹殺しようと考えたクー子は覚醒したニャル子にあっさり倒されてしまいました。なんだこの変身は・・・。そのままピンチの真尋も助けました。

2_41 2_42 真尋が狙われてた理由は連続ドラマの主人公にしたいがためだったってなんじゃそりゃあ!?Σ(゚д゚;) そのままノーデンスも倒されて一件落着・・・これにてニャル子の任務完了・・・こんなんでいいのか?

2_51 2_52 2_53 2_54 任務が終わったことで帰ることになったニャル子。あれだけ嫌がってた真尋も少しは寂しいみたいです。だが、帰宅したら普通にいたし!ホント、何事もなかったかのようにいたな。それにしても、今回もパロネタ満載だったな。次回も期待。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2012年4月16日 (月)

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第2話「始動」

Saki_0211 Saki_0212 Saki_0213 Saki_0214 インターハイを目指すべく始まった阿知賀麻雀部(まだ同好会扱い)。そんな中、玄が紹介した4人目の部員候補はなんと玄の姉である宥でした。しかし、真夏なのに自宅ではコタツ、外出時はマフラー装備とはなんかもう寒がりを通り越しているような・・・(゚ー゚;

Saki_0221 Saki_0222 Saki_0223 Saki_0224 そして5人目は玄のクラスメイトである灼。彼女は晴絵の大ファンであり、プロとして活躍している晴絵が大好きでした。プロに復帰していると聞いた灼はまた麻雀をやることを決意。おいおい、あっという間に5人揃ってしまったな。

Saki_0231 Saki_0232 Saki_0233 Saki_0234 季節は過ぎていき、冬。会社の麻雀部がなくなってしまった晴絵が阿知賀に戻ってきました。そこで、麻雀部が活動を再開していることを知り、自分も全国に連れてってほしいと頼みます。ということで、晴絵が顧問になりました。

Saki_0241 Saki_0242 Saki_0243 Saki_0244 部員も5人。顧問もついたことでいよいよ阿知賀麻雀部が全国へ向けて始動。まずは全国への足がかり、県大会。過去40年、一度以外ずっと全国に行っている晩成高校。間違いなく強敵。でも、阿知賀麻雀部も負ける気はない。果たして県大会を制することができるか・・・?わかってたけど部員探しからの展開がかなり駆け足ですね。まあ期間短いし、おそらく試合に時間をかけるのではないかと思います。とにかく、他校との試合が楽しみですね。

Saki_0251Saki_0252

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2012年4月14日 (土)

夏色キセキ 第2話「ココロかさねて」

02_11_2 02_12_2 02_13_2 02_14_2 第1話から絶賛絶交中の夏海と紗季。なんとか仲直りできないかと話す優香と凛子。2人が1つになったら最強なんて話してたらお石様がそれに応えてしまい、ホントにくっついて離れられなくなってしまいました。

02_21_2 02_22_2 02_23 02_24 02_25 02_26 これはきっとお石様の力のせい・・・・おそらく優香たちの仕業だとすぐに気づいた2人は優香と凛子のもとへ。最初はあれだけ喧嘩してたのにいつの間にか二人三脚の如く優香を追いかけます。気づけば息ぴったりですな。

02_31_2 02_32_2 02_33_2 02_34_2 前を見ずに逃げる優香、このままだと海に落ちそうだったので、2人が全力で阻止しますが、代わりに2人が海に落ちちゃいました。でも、夏海と紗季の息がぴったり合ったことでようやく離れることができました。仲直りできたら解けるっていうことだったのかな。

02_41 02_42 02_43 02_44 2人で思いっきり動いたことで色々と吹っ切れたのか改めて仲直りできました。しかし、4人が願わなくてもキセキが起きるのか。なんか前回4人が空飛んでたのを夏海の弟の友達が目撃してました。で、魔女の本とか見て調べてたけどとちょっと的はずれな気が・・・。まあまだ謎はわからないことだらけですけどね。

02_2

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2012年4月13日 (金)

あっちこっち 第2話「美味しいケーキと⇔ばれんたいんリップ」

02_11 02_12 02_13 02_14 今回はAパートとBパートの2話構成。Aパートでは榊の実家のケーキ屋で試食会。雨で濡れてしまったので、制服に着替えます。みんな似合ってるね。恥らうつみきもグッドですな。

02_21 02_22 聞くだけでかゆくなりそうなセリフを平気で伊御。姫の鼻血がつみきにも伝染ったな(゚ー゚;

02_31 02_32 02_33 02_34 02_35 02_36 02_37 02_38 Bパートはバレンタインのエピソード、この時期のはちょっと遅いね。伊御のために一生懸命なつみきがすごく可愛いエピソードでした。真宵は少し自重してくださいね(^-^; 食用蛙をチョコに入れるという発想はすごいけどさ。

02

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年4月10日 (火)

這いよれ!ニャル子さん 第1話「第三種接近遭遇、的な」

1_11 1_12 1_13 1_14 思った以上にハイテンションだったアニメ「這いよれ!ニャル子さん」がいよいよ放送開始。冒頭でいきなり怪物に襲われた八坂真尋は何の前触れもなく現れた少女の救われます。彼女こそ、宇宙からきたニャルラトホテプ・・・ニャル子さんだった!

1_21 1_22 事情を真尋に話し始める真尋。話長げーよ。なんか宇宙の闇取引で輸出用の奴隷として真尋が狙われているらしい。だからニャル子が保護にしきたとか。

1_31 1_32 1_33 1_34 なのになんかアニメショップで現を抜かしているぞ。てかなんでオタ文化にこんなに詳しいんだよ、日本のオタ文化は海外だけでなく地球外でも評価されているのか。んで、結局買うんかい(゚ー゚;

1_41 1_42 1_43 1_44 1_45 1_46 真尋を守るべくずっと付いて回るニャル子は真尋の学校に転校してきました。すると、学校にもかかわらず敵が襲来し、戦闘開始。学校内でもちゃんと結界張ってあるから大丈夫です・・・なんてご都合主義。戦闘だってポ○モンみたいなカプセル怪獣使ったり、バールのようなもので攻撃したりと色々と突っ込みどころ満載だった。とはいえ、思ってた以上にテンション高くて楽しめたので今後も非常に楽しみな作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2012年4月 9日 (月)

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第1話「邂逅」

Saki_01_11 Saki_01_12 Saki_01_13 Saki_01_14 咲の本編の放送から3年・・・サイドストーリー阿知賀編がいよいよスタート。のどっちこと原村和・・・このとき小学6年生。東京から転校してきた和は「阿知賀こども麻雀クラブ」に通う高鴨穏乃や新子憧と知り合い、一緒に麻雀を楽しむ友達になりました。ちなみにここ阿知賀は中高一貫教育の女子校なのだが、麻雀部はずっと前になくなってしまったらしい。

Saki_01_21 Saki_01_22 Saki_01_23 Saki_01_24 Saki_01_25 Saki_01_26 当時からなかなかの実力を見せる和。これには子供たちに麻雀を教えている女子大生・赤土晴絵も一目置きます。そこに連絡を受けてやってきた松実玄はここのナンバー1だそうだ。ドラをすべて自分のもとに引き寄せるって、相変わらず色んな能力者がいる作品である(゚ー゚;

Saki_01_31 Saki_01_32 Saki_01_33 Saki_01_34 せっかく仲良くなったのにみんな別々の中学に上がりました。さらに中二のときに和が転校してしまい、結果的にみんな別々に。

Saki_01_41 Saki_01_42 Saki_01_43 Saki_01_44 時は過ぎ、中三の夏。穏乃はテレビで麻雀の全国中学生大会の決勝で優勝した和の姿を見てびっくり。穏乃はまた和たちと麻雀を打ちたいと強く思うようになります。阿知賀の麻雀部を再興すべくいざあの麻雀部の部屋へ。

Saki_01_51 Saki_01_52 Saki_01_53 Saki_01_54 すると、鍵も開いていて掃除されていました。そこにやってきたのはなんと玄。ずっと、掃除当番続けてたのかよ。そこに憧も戻ってきて穏乃と2人で和の前に立とうと言ってきます。まずは3人から阿知賀の麻雀部を再興し、和に会うべく全国への挑戦が始まりました。サイドストーリーだけどやっぱ咲は面白いな。1話の掴みとしてもとても良かったので今後の展開もすごく楽しみです。

Saki_01_61Saki_01_62

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2012年4月 7日 (土)

夏色キセキ 第1話「11回目のナツヤスミ」

01_1111 01_1112_2 01_1113 01_1114 01_1115 01_1116 スフィアの4人が主演のオリジナルアニメの放送がいよいよスタート。舞台は静岡県の下田か、もう最近ではすっかりお馴染みとなったご当地アニメですね。下田か・・・行こうと思えば行ける距離だから少し考えておくか。主役は地元に住む4人の女子中学生でみんな幼馴染。・・・っていきなり険悪なムードだな、テニスで一緒に全国に行こうと約束したのに部活を辞めると言う紗季に怒る夏海。しかも1話にしていきなり絶交!?Σ(゚д゚;)

01_1121 01_1122 いきなりの展開だが、あとの2人も取り上げておこう。アイドルに憧れる優香、4人の中でムードメーカー的な存在だね。凛子は・・・口数が少ない不思議キャラだ。

01_1131 01_1132 01_1133 01_1134 さて、本編だが紗季が部活を辞める理由は彼女が東京に転校するからだった。そうだったのか、夏海も落ち着いて理由くらい聞いてあげていればここまで厄介なことにはならなかったかもしれない。

01_1141 01_1142 01_1143 01_1144 このままホントに絶交したまま別れるのはよくないと思った優香と凛子、芝居(ばればれだけど)をして2人の仲直りを図る。4人で神社のお石様に集まって昔みたいに願い事をすると提案。

01_1151 01_1152 かつてはアイドルになりたいと4人で願ったから地元ののど自慢大会で優勝できた。だから今度は、夏海と紗季に仲直りしてほしいと願うのですが・・・みんな願いがばらばらじゃないか(゚ー゚;

01_1161 01_1162 01_1163 01_1164 01_1165 01_1166 そんな中、ふと空を飛びたいと言ってきた凛子。それを聞いた夏海、紗季、優香の3人も同じ想像をしたようで気づいたら4人は空に浮いてました・・・ってなんじゃそりゃあ!?Σ(゚д゚;) ホントに凄いキセキが起こってしまったよ。こんな形でキセキが起こるなんて・・・1話目にしてまさかの超展開。でも、彼女たちの夏はまだ始まったばかり、この先どうなるか全く予想できません。2話はどんな展開になるのか。なんでも、神社のお石様には秘密があり、これが物語の1つのキーポイントになるようです。

01_1171

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2012年4月 6日 (金)

あっちこっち 第1話「あっち⇔こっち」

01_11 01_12 春の新アニメもぼちぼちと放送を開始しているので、そろそろまとめ作るか。今回視聴した作品は芳文社の四コマが原作の「あっちこっち」。某ひだまりをきっかけにきららの四コマをよく読んでいるのでこのへんはよく知ってます。昨今はきららの四コマのアニメ化が多いな。前期のこの枠はキルミーだったし。

01_21 01_22 01_23 01_24 基本的に小猫みたいなつみきと伊御を中心にした日常作品、周囲には個性的なキャラ。機械が得意な真宵やつみきと伊御の仲の良さを見て鼻血を出す姫・・・なんか最近鼻血キャラも目立つな(゚ー゚;

01_31 01_32 01_33 01_34 みんなでゲーセンへ。つみき格ゲー強い!圧倒的だな。お次はエアホッケー。制限時間があるのは知っていたけど、時間切れになるとエアーが出なくなるとはな。

01_41 01_42 01_43 01_44 プリクラを撮るつみきと伊御。つみきの背が届かなかったんで、伊御が抱き上げて撮りました、何?このニヤニヤ展開。案の定、みんなに見られてるし・・・。原作読んでる人は知っていると思うがだいたいこんな空気の話だよね。まったり見れるアニメだけど日常系が好きではない人には少し退屈かもしれない。ともあれ、つみきがアニメでも可愛く描かれていたんで次回も期待です。

01

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2012年4月 1日 (日)

【イベント】アニメ コンテンツ エキスポ 2012

Dsc00340

3月31日~4月1日の2日間、幕張メッセにて開催されましたアニメコンテンツエキスポ2012に両日行ってまいりました。展示にグッズ販売にステージイベントにと非常に充実した内容でした。気になる作品の新情報も予想通り色々解禁されました。

Dsc00344Dsc00343Dsc00354Dsc00356Dsc00350

展示の一部。見て回るだけでも楽しいです。

201203311423000_4

カメラのバッテリーが途中で切れてしまったんで、このへんから急遽、携帯で撮る羽目に・・・。こちらはフードコートのオリジナルメニュー。

201204012338000

物販での購入物(一部)。欲しかったものは大抵買えたので良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »