« 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第3話「接触」 | トップページ | あっちこっち 第4話「つかまえたいの⇔恋のドナドナ」 »

2012年4月24日 (火)

這いよれ!ニャル子さん 第3話「八坂真尋は静かに暮らしたい」

3_11 3_12 今週もネタ満載です。妹属性で真尋を攻めるニャル子、にぃにって某橘家に妹かよ、そのうちまんま肉まんと普通に出てきそうだな(^-^;

3_21 3_22 前回登場したニャル子の幼馴染であるクー子が転校してきました。ちゃんと惑星保護機構に入ったというクー子、コネで入るとはな。

3_31 3_32 ニャル子への襲撃を画策するこいつはニャル夫。ナイトゴーンドを呼び出して襲わせる、今回ニャル子が取り出したのはチェーンソー・・・最近どっかの魔装少女が持ってた気がするが、まあいいや。

3_41 3_42 3_43 3_44 なんか新シリーズの先行放送があるとかで即行で下校するニャル子、シャンタッ君をバイクに変形させ、真尋を乗せて発進!どこのライダーだよ、バイクなのに発進がアムロって・・・もうなんでもありだな!兄より優れた妹などいないと立ちはだかったニャル夫、足を轢かれてどっか飛んでった・・・弱すぎだ!

3_51 3_52 帰宅。しかし、散らかりまくりでひどい部屋だな。そんなとき真尋の母親から電話があり、旅行を早めに切り上げ、もうすぐ帰ってくるって!40秒って・・・。親が帰ってきたらこの状況どう説明すんだよ(゚ー゚;

|

« 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第3話「接触」 | トップページ | あっちこっち 第4話「つかまえたいの⇔恋のドナドナ」 »

這いよれ!ニャル子さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128245/45014617

この記事へのトラックバック一覧です: 這いよれ!ニャル子さん 第3話「八坂真尋は静かに暮らしたい」:

» 這いよれ! ニャル子さん 第3話 「八坂真尋は静かに暮らしたい」 感想 [ひえんきゃく]
相変わらずネタ満載ですね。 「いつもニコニコあなたの隣に這いよる混沌、ニャルラトホテプです♪」 銀髪の美少女が、とてつもなく意味不明なキャッチフレーズと ともに現れた! クトゥルー神話の邪神「...... [続きを読む]

受信: 2012年4月25日 (水) 06時10分

» 這いよれ!ニャル子さん 第3話 「八坂真尋は静かに暮らしたい」 [つれづれ]
 プールのときのニャル子の髪型がかわいいですね。 [続きを読む]

受信: 2012年4月25日 (水) 06時45分

» 這いよれ! ニャル子さん 第3話 「八坂真尋は静かに暮らしたい」 [感想記]
前回、ノーデンスを退治し平穏無事な生活を取り戻した八坂真尋。 しかしその裏で新たに忍び寄る不吉な影。 その男の正体とは? という感じの第3話。 例によって気になりシーンをピックアップしてみましょう。 ... [続きを読む]

受信: 2012年4月25日 (水) 22時15分

» 這いよれ! ニャル子さん 第3話「八坂真尋は静かに暮らしたい」 [ボヘミアンな京都住まい]
「真尋ちゃ〜んのほうがいいですよね?」 ハート型のアホ毛が相変わらず可愛いですw そんなニャル子と真尋の生活も、クー子の転校と乱入で(いろんな意味で)脅かされることになりました。 コネで惑星保護機構に就職したクー子の目的はニャル子との子づくり・・・じゃなくて神々殺しの退治,その犯人はニャル子の兄で彼女に劣等感から逆恨みしているニャル夫でしたが・・・存在自体が「ムダムダムダァー!」な印象で随分とショボい悪役でしたね(笑)。2人がなんで股の間から武器を引っ張りだしたのか謎ですがw 2話よりはテンションも... [続きを読む]

受信: 2012年4月28日 (土) 15時05分

» 2012年02クール 新作アニメ 這いよれ!ニャル子さん 第03話 雑感 [妖精帝國 臣民コンソーシアム]
[這いよれ!ニャル子さん] ブログ村キーワード 這いよれ!ニャル子さん 第03話 「八坂真尋は静かに暮らしたい」 #nyaruko2012 #ep03 逢空万太氏のデビュー作で、第1回GA文庫大賞優秀賞を受賞した...... [続きを読む]

受信: 2012年4月28日 (土) 19時50分

« 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第3話「接触」 | トップページ | あっちこっち 第4話「つかまえたいの⇔恋のドナドナ」 »