« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月29日 (月)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第9話「俺の妹がこんなにエロゲー三昧なわけがない」

0911 0912 0913 0914 今回は原作者である伏見つかさ先生脚本による話で、各キャラのとある一日が描かれます。桐乃は待ちわびていたゲームを上機嫌でプレイ。そんな桐乃の声が隣の部屋で勉強している京介にも筒抜け。これは辛い・・・(゚ー゚;

0921 0922 一方、黒猫は自宅で妹の面倒をみていました。黒猫の普段は絶対見られない一面です。

0931 0932 あやせは仕事中、桐乃の電話をかけるも繋がらず。沙織は・・・ってあんた、いったいどこのセレブだよ!

0941 0942 そしてゲームプレイ中の桐乃。攻略対象キャラの1人、りんこの態度のかなりご立腹の様子。いやいや、普段の桐乃の京介に対する態度とほとんど変わってないじゃん( ̄Д ̄;;    

0951 0952 みやびから攻略することに。みやびの「お兄ちゃん大好き」という言葉に撃ち抜かれた桐乃、それを連続再生。桐乃にしろみやびにしろこんな妹、見たことも聞いたこともねーよ、色んな意味でな。

0961 0962 0963 0964 そんなこんなでりんこルートもいよいよクライマックス。エンディングが見えた・・・と思ったらグッドエンドにはなりませんでした。しかし、新たなシナリオが解放。真エンディングにはもう少しかかりそうですね。次回はコスプレ?沙織が作らせていたメイド服と関係のある話みたいです。

09

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

販売元:アニプレックス
発売日:2010/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (25)

2010年11月27日 (土)

平沢唯ちゃん、お誕生日おめでとうございます!

Yui01_4

本日11月27日は「けいおん!」より主人公・平沢唯ちゃんのお誕生日です、おめでとうございます!

Yui03_2Yui02_2

軽音部ではギター担当。初心者だったにもかかわらず、絶対音感など驚くべき才能を発揮してきました。後輩のあずにゃんに色々教えてもらうことも多々ありますが。普段はのんびりマイペースでちょっと周囲から心配されそうなこともあるけどやるときにはやってくれます。性格が性格だけに本番前に緊張することがないのも強みですよね。そしてそんな唯ちゃんがみんな大好きなんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第8話「大覇星祭」

Ii_811 Ii_812 今週より「大覇星祭」編スタート。学園都市全体での合同体育祭ともいえる大覇星祭。当麻と美琴は負けたほうが勝者になんでも言うことを聞くという条件で勝負することに。なんか当たり前のように一緒にいるな、2人・・・(^-^;

Ii_821 Ii_822 Ii_823 Ii_824 やる気のなさそうな上条さんのクラス。実行委員もやっている吹寄に怒られます。しかし、小萌先生のために能力が使えずとも見事に勝利を収めました。また、インデックスは食べ物が食べられず空腹状態。

Ii_831 Ii_832 Ii_833 Ii_834 一方、美琴は借り物競争で当麻を連れていき、1着でゴール。お題は第一種目の出場した高校生ということだったが、別に上条さんじゃなくても・・・いや、もう何も言うまい。しかし、その一部始終が映像で流れて黒子に見られてしまうとは。とりあえず、怪我をしていても黒子は今日も絶好調です。

Ii_841 Ii_842 しかし、盛り上がりを見せる学園都市に何やら新たな事件の予感が。ステイルと元春に会った当麻は学園都市内に侵入したという魔術師の話を聞く。目的はあらゆる聖人を一撃で殺すことのできるというスタブソードの取引とのこと。

Ii_851 Ii_852 Ii_853 Ii_854 その後、インデックス捜しをしていた当麻はインデックスが小萌先生にきがえさせてもらっている現場に偶然居合わせ、さらにそれを吹寄に見られ、制裁を受けた後、連行。

Ii_861 Ii_862 Ii_863 Ii_864 連行中、オリアナという女性とぶつかる。言われるがままに握手をした当麻だったが、イマジンブレイカーが反応。何かの術式を破壊した模様。気になった上条さんは尾行を開始。今回は主要キャラがだいぶ出演してたこともあり今後の展開もかなり楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (26)

2010年11月22日 (月)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第8話「俺の妹がこんなにアニメ化なわけがない」

0811 0812 桐乃の作品「妹都市」が雷撃文庫より発売、大ヒット。そしてやってくるアニメ化の話。展開早いな。さっそくアニメスタッフとの打ち合わせがあるということで、沙織と黒猫に同行してもらい、打ち合わせの望む。

0821 0822 0823 0824 桐乃はあらかじめ作ってきたメモをもとに次々と要望を言っていく。しかし、そんなに簡単に思い通りに話が進むわけもなく、スタッフたちから現在立てている予定と作品に対して厳しいつっこみを入れられる。それどころか、桐乃の作品とはかなり違った設定でアニメ化されそうな事態に。主人公の性別を変えるとかもう原作必要ないだろ、原作ファンの反感も買うし。こうやって原作改悪が行われていくんだな、なんか業界の裏側を垣間見るような回だ。

0831 0832 0833 0834 0835 0836 帰宅した桐乃は体調を崩し、寝込んでしまう。後日、沙織と黒猫から事情を聞いた京介は2人とともに担当のフェイトと会い、桐乃の代理としてアニメスタッフと会う。だが、方向性を変える気配はない。脚本担当から原作が面白くないとまで言われたところでそれまで黙っていた黒猫が口を開いた。目上の人間に対し物凄いことを言っているが主張していることは的確な点をずばずばと突いていった。京介は桐乃の意見を聞いてほしいと土下座。

0841 0842 京介と黒猫の活躍により桐乃の意見もだいぶ通るようになりました。桐乃は先日とはうって変わって上機嫌。黒猫と京介のおかげだってのに・・・。そんな桐乃、人生相談は次で最後だと言う。とりあえず、桐乃は早く京介に平穏な日々を返してあげてくださいね(^-^;

08

| | コメント (2) | トラックバック (20)

2010年11月20日 (土)

とある魔術の禁書目録Ⅱ第7話「座標移動(ムーブポイント)」

711 712 713 714 美琴からうまく逃げ出した淡希だったが、それを黒子が追い詰める。過去の失敗から自身をテレポートさせることにトラウマを持っていた淡希。同系統の能力を持つ者同士の戦いが始まるが、負っていた傷のせいでテレポートができなくなってしまい、椅子やテーブルに潰されて動けなくなってしまう。

721 722 723 724 その頃、動き出していた御坂妹はシスターズ同士で情報を共有して現状把握をしていた。現状でツリーダイヤグラムを復元できるのは学園都市にあるレムナントのみ。そして、それを狙う組織は科学結社という外部組織らしい。その後、当麻のもとに助けを求めに行く。状況を説明させた当麻は美琴のもとへ。

731 732 733 734 淡希は黒子を自分達のところに誘うが、黒子はもちろん拒否して反撃。しかし、銃で撃たれ、さらには建物を崩壊させられるが、ギリギリのところで駆けつけた美琴と当麻に助けられました。

741 742 743 744 なんとか逃げ出した淡希だったが、連絡した科学結社には黄泉川たちアンチスキルに踏み込まれていて、淡希の前にはアクセラレータが現れる。以前、脳にダメージを負ってかつての力を失ったことを知っていた淡希だったが、それで淡希が強くなったわけではない。ということで圧倒的な力で倒してしまいました。ついでにレムナントのケースも破壊。さすがは一方さん、出番は少なかったがちゃっかりいいところを持っていきましたね(^-^;

751 752 ということで事件も収束し今回の話も終了、次回からは「大覇星祭」編か。

| | コメント (0) | トラックバック (26)

2010年11月15日 (月)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

0711 0712 京介が帰宅するとリビングに黒猫がいました。沙織の提案でメルルとマスケラの鑑賞会をすることになったとのことですが、沙織は急用で欠席。また、桐乃の姿はなく自室に篭っていました。なんでも、自作小説が原因で口論となったようです。

0721 0722 0723 0724 とりあえず、京介が仲介役となり、本来の目的であるメルルの鑑賞会へ。用事が済んだという沙織も電話で参加。OPからハイテンションの桐乃に対し、電波ソングであることを指摘する黒猫。またしても口論・・・。まあこういうのは個人の好みの問題だよな。京介ももはや諦めモードです。

0731 0732 後日。京介が帰宅するとえらくご立腹の桐乃。京介が桐乃のノーパソでエロサイトを見まくってるのが原因。そんなことしてたのか・・・。京介はエロ動画ハンターの称号を手に入れた。

0741 0742 責任とってまたしても人生相談。桐乃が書いた小説「妹☆星」が雷撃文庫の編集者の目に留まり、なかなかいい評価を受けたとのこと。それに伴い、桐乃が現在製作中の新作「妹都市」の取材に付き合うことになり、2人は渋谷へ。

0751 0752 0753 0754 この日はちょうどクリスマス。桐乃の無理難題な要求に振り回される京介。今度はアクセサリーを買う、帰り際には雪が降り、ホワイトクリスマスに。これってもうほとんどデートなんじゃないかな。まあ色々あったが、最後には桐乃もなんだが楽しそうでしたね。とりあえず、取材は終わったけどこのあとにもどうやらまだ何かあるようです。

07

| | コメント (0) | トラックバック (23)

2010年11月13日 (土)

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第6話「残骸(レムナント)」

Ii_611 Ii_612 Ii_613 Ii_614 Ii_615 Ii_616 今週より科学サイドの話ってことで超電磁砲キャラが続々登場です。また、アクセラレータやラストオーダーも今期初登場。

Ii_621 Ii_622 Ii_623 Ii_624 美琴と買い物に出ていた黒子は初春からの連絡で23学区で起きた強盗事件の捜査へ向かう。黒子は盗まれたキャリーケースを持つ者たちを見つけ、難なくケースを取り戻すがそこに現れた黒子と同系統の能力を持つ能力者によって敗れてしまう。その能力者は黒子のように手に触れずとも対象を転移させる能力・座標移動(ムーブポイント)を有していた。ケースの中身はツリーダイアグラムの残骸、破壊されたというツリーダイアグラム、そして御坂美琴、相手の能力者の話がまったく理解できない黒子。

Ii_631 Ii_632 Ii_633 Ii_634 怪我の手当てに戻った黒子に初春から連絡が入り、黒子が戦った相手が判明。名前は結標淡希、霧ヶ丘女学院2年。そんな中で、一度部屋に戻ってきた美琴。黒子は感づかれないよううまく取り繕う。美琴は再び部屋から出て行くが黒子は美琴が1人で戦いに行こうとしているのに気づき、早急に手当てを済ませ、出しゃばりに行くことに。

Ii_641 Ii_642 Ii_643 Ii_644 たどり着くとすでに美琴は戦闘中。淡希と対峙する美琴だったが、淡希は一般人を巻き込んで逃走。それを見た黒子は動き出す。同じ頃、病室で目覚めた御坂妹も動き出していた。

Ii_651 Ii_652 さて、面白くなってきましたが、前回までとはうって変わってインデックスや上条さんの出番が一気に減ってしまいましたね(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (36)

2010年11月11日 (木)

中野梓ちゃん、お誕生日おめでとうございます!

本日11月11日は「けいおん!」よりあずにゃんこと中野梓ちゃんのお誕生日です、おめでとうございます!

Azunyan1_2 Azunyan2 軽音部の中では唯一の後輩キャラであり、話も途中参戦でありながらも劇中では先輩達に負けることなく絶大な人気を獲得しました。さて、今後ですが、来週にはキャラソンが発売、そして、テレビ放送終了後に発表された劇場版ではどんな活躍をしてくれるのでしょうか、今からとても楽しみであります。

201011112144000_3 せっかくの誕生日ってことでささやかながらあずにゃんの好きなたい焼きでお祝いです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第6話「俺の幼馴染がこんなに可愛いわけがない」

0611 0612 今週は京介の幼馴染である麻奈美のターン。実家の和菓子屋でハロウィンフェアをやることになり、新作の和菓子の試食を麻奈美に頼まれた京介は久々に麻奈美の家へ。

0621 0622 しかし、田村家の面々はなんとも個性的な人たちばっかりだな。普段の麻奈美を見ているとこういう家族がいることはあまり想像できないな。

0631 0632 さっそく試食をする京介。普通に美味しいと京介の感想。なんでも麻奈美が作ったとか。試食中、ずっとそわそわしているのをみればわかるか。

0641 0642 0643 0644 その後、麻奈美の部屋でまったりと過ごす京介。それからお店の手伝いをして、泊まっていくことになりました。

0651 0652 風呂からあがり、部屋に行くと布団が並べられていた。爺さん、あんたの仕業かよ・・・( ̄Д ̄;;

0661 0662 結局、同じ部屋で寝ることになり、2人で話を。なんというか、今までの騒動を嘘のように平和な回でした。

0671 0672 一方、桐乃は京介不在でずっとイライラしてました。残念ながら今週の出番はこれだけです(^-^;

06

| | コメント (0) | トラックバック (26)

2010年11月 6日 (土)

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第5話「蓮の杖(ロータスワンド)」

Ii_511 Ii_512 今週で「法の書」編ついに完結。前回よりアニェーゼ率いるローマ正教と戦う当麻たちや天草式。インデックスによる魔滅の声を無力化され、苦戦を強いられる。法の書があれば活路が見出せる、一度目を通しているインデックスなら解読できるかもしれない。オルソラに解読方法を聞きだすが、それを理解したインデックスは解読方法自体がトラップであるという。100通り以上ある解読方法だが、どれも間違った解読に導かれてしまうとのこと。

Ii_521 Ii_522 Ii_523 Ii_524 当麻は司令塔を潰すため、1人でアニェーゼのもとへ乗り込む。だが、アニェーゼによる座標攻撃に成す術がない当麻。だが、すべて遠距離による攻撃なため、当麻は何か確信して接近攻撃を仕掛ける。やはり、接近されるとまずかったようで結界を張っていたアニェーゼ。だが、当麻にとって結界は無意味に等しい。

Ii_531 Ii_532 1発殴った当麻だったが、外が急に静かになったことに気づく。実は外でステイルたちが協力して、巨大な魔法陣を作り上げていた。そのまま当麻は再びアニェーゼを殴って倒す。あーあ、今週は2発も殴っちゃったよ(^-^;

Ii_541 Ii_542 Ii_543 Ii_544 騒動は治まり、当麻はおなじみのように病室で目覚める。するとそこには神裂がいて今回の騒動の顛末やその後のことを話す。そして、ステイルは今回のことをローラに報告。まあ、今回のローラの真の目的は独断で動きかねない神裂に手綱をつけるってことだったみたいですが。今回の騒動の先にそこまで読んでいたとは・・・。次回は科学サイドの話ですね。

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第1巻〈初回限定版〉 [Blu-ray] とある魔術の禁書目録Ⅱ 第1巻〈初回限定版〉 [Blu-ray]

販売元:ジェネオン・ユニバーサル
発売日:2011/01/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (28)

2010年11月 1日 (月)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話「俺の妹の親友が××なわけがない」

0511 0512 夏コミの帰りに偶然にもあやせと遭遇してしまった桐乃。沙織と黒猫は空気を読んでその場を立ち去るが、袋の中の同人誌を見られてしまう。雨まで降ってきて本当に雲行きが怪しくなってきたな。

0521 0522 あやせ、キャラ変わりすぎだろ∑(゚∇゚|||) 先週とはまるで別人だな。

0531 0532 それからというものあやせと話すことができず、ギクシャクした関係に。京介はなんとかしようとあやせと話すが彼女もなかなか頭が固い。桐乃と仲直りはしたいが、桐乃の趣味は認めたくない。

0541 0542 0543 0544 そんな難しい状況を打開すべく京介は・・・またなんか自身が犠牲になる展開になってましたね(゚ー゚; 毎回、京介の行動には驚かされる。結局、京介が全部悪いみたいな結果になってしまったけど桐乃と仲直りすることができたあやせ。それにしても、京介は苦労が絶えないな。

05

| | コメント (0) | トラックバック (27)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »