« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

コミケ77 3日目終了…

コミケ3日目行ってきました。ここ数日間、動きっぱなしだったので相当疲労が溜まってます。しかし、開催期間中は寒かったですが、天候にも恵まれて良かったのではないかと思います。年始はゆっくり過ごそうと思います。参加された皆様は大変お疲れ様でした。

さて、なんとか今回のコミケも無事に終わり、けいおん!二期が決定し、さきほど紅白で奈々様の雄姿を見ることができ、今年はもう思い残すことはありません。

最後に、今年1年お疲れ様でした、それでは良いお年を・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

けいおん!二期製作決定!!

本日、帰宅した頃ライブに行った友人から二期決定の知らせを受けました。最初は少し半信半疑でしたが、公式ページを見て確信に至りました。多少期待していただけにすごく嬉しいです!これでまた1つ来年以降の楽しみができました。

今日、帰りに受け取ってきたねんどろいど唯を澪と並べて記念撮影をしました。あまりの嬉しさに眠れないかもですが、明日はコミケ最終日なのでさっさと休もうと思います。

Ww_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

コミケ77 1日目

本日より開催のコミックマーケット77に行ってきました。例年ほどしっかりとした準備をしなかったことが祟り、けっこう大変な思いをしました。

いつもどおり、始発だったのですが現地が想像以上に寒く、待っている間が本当に大変でした。3日目は今日よりも厚着をしていく必要がありそうです・・・。

ようやく日が照り始め少しずつ気温も上がり、午前10時、開場。今日の目的は企業ブースだけだったのでまずはなのはブースに並び、約3時間後、なんとか目的の物をゲット。その後、も例年に比べ、スムーズに回ることができ、目的はだいたいこなすことができました。歩いたというより、立って並んでいた時間のほうが長かった1日でした。今日はゆっくりと休みます。

さて、明日は横浜アリーナでけいおん!のライブですが、管理人は明日は私用のため、行けないので明日行く皆様は是非、楽しんできてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第38話「バズクールの激闘」

スカー捜索のためキンブリーやマイルズに同行したエドとアルはスカーが潜伏していると思われるバズクールという廃墟街を訪れる。エドとアルにはキンブリーの部下2名が同行するが、途中でまいてスカーと行動しているメイを探す。

意外にもあっさりとメイを見つけることができた2人。さらにそこにマルコーやヨキも現れる。ヨキはエルリック兄弟に因縁があるようだったが、2人はまったく覚えていませんでした。今までの経緯を聞いたマルコーは手に入れた研究書を見せ、解決の手がかりが書かれているかもしれないが、それを解読するにはスカーの力が必要だという。

一方、スカーの前に先ほどのキンブリーの部下2人が現れる。2人の正体はキメラだった。スカーの戦い方を知っているキメラたちを前に徐々に追いつめられるスカー。そこにエドとアルが到着。キメラ2体をあっけなく撃破。

そのままスカーとの戦いを始める2人だったが、ウィンリィが止めに入る。その隙にスカーを拘束。そこにマイルズたちが到着し、スカーに銃を突きつけるがウィンリィは向き合って話がしたいと言ってくる。

その頃、ブリッグズ要塞ではバッカニアたちが先遣隊の生き残りを連れて帰還していた。無事に戻れたのも束の間、オリヴィエたちのもとに中央軍がやってきていた。

舞台は戻り、バズクール。キンブリーたちの前で突如、建物が爆発。中からエドが出てくる。そして、建物の上にはウィンリィを抱えたスカーの姿が・・・。

ということで年内の放送は今回で終了。次回は2週間後の1月10日になります。

次回、「白昼の夢」

| | コメント (0) | トラックバック (5)

とある科学の超電磁砲 第13話「ビキニは目線が上下に分かれますけどワンピースは身体のラインが出ますから細い方しか似合わないんですよ」

13_11 13_12 13_13 13_14

レベルアッパー事件も一段落し、今回は水着回です。水泳部の後輩たちから水着モデルをお願いされた美琴と黒子。最初乗り気じゃなかった美琴でしたが、黒子の必死な説得で引き受けることになりました。そして、黒子は下心が見え見えです。

13_21 13_22

当日。初春と佐天も誘われて参加することになりました。加えて婚后光子に固法先輩も登場。

13_31 13_32 13_33 13_34 13_35 13_36

撮影前の水着選び。美琴は自分好みのフリフリの水着を見つけるも固法先輩にデザインが子供っぽいと言われ、あえなく断念。水着選び終了。みんなすごく似合ってます、でも黒子は少し自重してください。あと光子が連れていた蛇、みんな嫌がってたけど初春だけは爬虫類は全然平気なんですね、ちょっと意外です。固法先輩は想像以上にスタイル抜群で驚いた。でも、やっぱり佐天さんが一番かな。

13_41 13_42 13_43 13_44 13_45 13_46

撮影場所に到着。何もない部屋だったけどあっという間に真夏のビーチに。科学の力ってすごい!撮影開始。できるだけ自然体という指示のもと各々で海を楽しむことに。そして、黒子は予想通り暴走。

13_51 13_52 13_53 13_54 13_55 13_56 13_57 13_58

休憩時間。目の前にあった材料でカレーを作ることになりました。庶民の料理だと言ったり、本当は料理ができなかったりの光子でしたが途中から素直になり、みんなで楽しい時間を過ごしました。やっぱりみんなで協力して作った料理は格別ですよね!

13_61 13_62 13_63 13_64 13_65 13_66

撮影終了。みんな外に出るが美琴の姿がなく・・・。すると外の巨大スクリーンに美琴の姿が。まさか外のスクリーンに映っているとは露知らず、さっき着れなかったフリフリ水着を着て思いっきりはしゃぐ美琴、よっぽど着てみたかったんだろう、すごくいい笑顔でした。そして、そんな映像を上条さんに見られてました・・・。でもやっぱりいい笑顔だったな。さて、今回は水着回でしたが、2クール目からはオリジナル回になるようで、次回はなんと小萌先生が登場するみたいです。

13

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009年12月26日 (土)

DARKER THAN BLACK-流星の双子- 第12話「星の方舟」

Darker_than_black_1211 Darker_than_black_1212

ついに最終回。紫苑のもとにたどり着いた蘇芳。頼みどおり、紫苑を連れ出す蘇芳。未咲たちがそこへたどり着いたときには2人の姿はもうなかった。

Darker_than_black_1221 Darker_than_black_1222

一方、葉月との戦いで追いつめられていた黒、そこに小林が現れ、耀子を殺したのは黒ではないことを告げる。耀子を殺したのは弦馬であり、CIAと通じて裏切っていたのだった。

Darker_than_black_1231 Darker_than_black_1232

イザナミの保管場所に連れてこられた黒、だがそれは抜け殻であり、本体はゲートの中心核に向かったのだという。

Darker_than_black_1241 Darker_than_black_1242 Darker_than_black_1243 Darker_than_black_1244

イザナミとイザナギとの出会いによってゲートが開かれる。空に浮かんだ月、あれは月ではなく紫苑の能力によって作られたもう1つの地球だった。対価を払い終えた紫苑、もう蘇芳の声に耳を傾けることもなかった。そして、頭上には覚醒した銀の姿が。

Darker_than_black_1251 Darker_than_black_1252 Darker_than_black_1253 Darker_than_black_1254

銀に銃を向ける蘇芳。すると、蘇芳の持つ流星核が突如割れる。マダムたちはコピーに対して記憶を定着させる実験を行っていたという。蘇芳のここまでの旅そのものが実験だった。そして、流星核を失うと今までの記憶を失ってしまうのだという。

Darker_than_black_1261 Darker_than_black_1262 Darker_than_black_1263 Darker_than_black_1264

蘇芳の記憶が薄れていくとき、彼女のもとにやってきた黒。薄れゆく記憶の中、蘇芳は意識を失う。銀はまだ遅くないと言い、黒に自分を殺すよう言ってくる。すると、BK201の星が再び輝き出す。

Darker_than_black_1271 Darker_than_black_1272 Darker_than_black_1273 Darker_than_black_1274 Darker_than_black_1275 Darker_than_black_1276

蘇芳に与えられた新たな日常。何事もなく家族と過ごす世界。その世界にはジュライの姿もあった。紫苑の能力で作られたもう1つの地球、そこへ行った蘇芳、これが紫苑の望み。

Darker_than_black_1281 Darker_than_black_1282 Darker_than_black_1283 Darker_than_black_1284

これからが始まり。東京の街はアメリカを始めとするかつての先進国に制圧され、暗躍を続けていた組織の時代は幕を閉じる。黒の消息は分からず・・・。未咲たちは新たな道を歩み始めていた。ということで1話で色々と詰め込みすぎた感じでなかなか理解できなかった人も多かったのではないでしょうか?結局、黒も銀も最後はどうなったかよくわかりませんでしたし・・・。やっぱり1クールでは尺が足りなかったかもしれません。でも、内容自体は面白かったですし、最後までとても楽しませていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年12月25日 (金)

特別企画「ミラクル☆トレイン」大江戸線駅巡り

本日、ミラ☆トレファンである友人に同行して大江戸線の駅巡りに行ってきました。ということで今回の駅巡りを簡潔にレポしたいと思います(この時期は更新するネタがあまりないので・・・)

都庁前からスタートし、新宿、六本木、汐留、月島、両国の順に回ってきました。現在、公式モバイルサイトとの連動キャンペーン開催中。対象となっている駅にあるご当駅ポスターに掲載されているキーワードを集めて応募するとキャストサイン入りグッズが当たるらしいです。

※ポスターの写真は撮りましたが、キーワードを見えなくしてあるので興味のある方は是非、実際に行ってみてくださいね。

62_2 Photo_2

まずは都庁前に到着

1 12

お次は新宿

2

六本木

3

汐留

4

月島 お昼を過ぎていたのでもんじゃストリートにて、もんじゃを食べてきました。

5 Photo

最後に両国

6

一通り回ってみましたが、意外と同じ目的で来ている人たちが多かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第12話「約束です♪」

1211 1212

最終回はみんなで温泉旅行!今回で終わりということもあり、主要キャラは全員登場で、かなりサービスシーン満載の回でした。

1221 1222 1223 1224 1225 1226

温泉や卓球など各々が旅行を満喫。相変わらず、湯気の濃さはすごいですが、まあDVDでは解除されるでしょう。

1231 1232 1233 1234

椎菜、おそらく今期ラストチャンス。裕人が1人部屋に戻ったところを見計らって男子部屋に行き、思い切って告白・・・と思いきや、そこにいたのは裕人ではなく玄冬さん、そんなところを秋穂さんに見られ・・・。確かにこれは言い訳できる状況ではありませんね、玄冬さん、ご愁傷様です。椎菜もなかなか報われなくて可哀想です・・・。

1241 1242 1243 1244

翌日、ゴンドラに乗って神社へお参り。その日の夜、吹雪になるが春香が行方不明になってしまい、メイド隊が総力を上げて捜索。裕人も同行させてもらうことに。ダグラス君を装備。しかし、途中で葉月とはぐれてしまう。

1251 1252 1253 1254

吹雪の中、春香を見つけることができた裕人。春香は裕人からもらった指輪をなくしてしまい、それを探していた。この天候では見つけることは不可能だったが、奇跡的に指輪を見つける。しかし、足元が崩れて下に滑り落ちてしまう。そこに偶然にも山小屋を発見し、避難する。

1261 1262 1263 1264 1265 1266

体が冷えてしまった春香を温めようとする裕人。いくらサービス回とはいえ、少し飛ばしすぎじゃないか?ここでまたしてもいい雰囲気になったところで山小屋にメイド隊突入、実はダグラス君に発信機がついてました。また、この山小屋は別荘のすぐ裏にありました。秋穂さんに2人で何をしていたのかと聞かれ、「秘密ですっ!」と答える春香と裕人、するとみんなから拍手が。なぜここで拍手?

1271 1272

ということで最終回でした。1期から春香と裕人の距離はかなり急接近しましたね。ただ、今期は椎菜があまりにも不憫だったので3期があればぜひ、彼女にももっとスポットを当てて欲しいです。ともあれ、最初から最後までとても楽しませていただきありがとうございました。

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第1巻<初回限定版> [Blu-ray] 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第1巻 <初回限定版> [Blu-ray]

販売元:ジェネオン・ユニバーサル
発売日:2009/12/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年12月21日 (月)

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 第12話「生徒会の一存」

1211 1212

さて、なんだかんだで毎週楽しみしていた生徒会の一存も今回で最終回です。前回のラストでの真冬ちゃんの告白、なんとなくしんみりした空気になる生徒会室、だが、真冬ちゃんは別に付き合うとかそういうつもりはまったくなくてただ自分の気持ちを伝えたかっただけみたい。

1221 1222 1223 1224 1225 1226

そんなわけで最終回、テーマはみんなの未来予想図。まずは真冬ちゃん、一日中BLを呼んだり、ゲームをしたりする仕事・・・駄目人間になりますよ?深夏は普通に就職、真冬ちゃんを養っていくことまでちゃんと考えていた。でも、本心はお嫁さん、深夏ファン歓喜、女の子らしい夢で良いと思います。そして知弦さん、お金をたくさん稼ぎたいということ以外は特に決めてないみたい。あと、犯罪だけはしないように言ったところでなぜ残念がるんですか!?まあ知弦さんならそういうことも完璧にこなしてしまいそうですがね。会長は絶対神、間違っても進路希望調査の紙に書いちゃ駄目ですよ?杉崎はヒモの中のヒモ、ヒモ王!本当にそれが杉崎の終着点になりそうで怖い・・・。

1231 1232 1233 1234 1235 1236

生徒会室に転校生の中目黒君登場。リアルキター!ということで真冬ちゃん、やや暴走気味です。ってちょっと待ってくれ!真冬ちゃん、今までで一番活き活きしてるんじゃないか?転校してきたばかりこのあたりの地理に詳しくないという中目黒を杉崎は送っていくことになりました。そんな2人を真冬ちゃんの先頭にみんなで尾行。

1241 1242 1243 1244 1245 1246 1247 1248

帰り道、中目黒は自分が転校してきた経緯を杉崎に話す。前の学校でいじめを受けていたらしい。話を聞いた杉崎はかつての自分の話をする。それは会長たちとの出会いのエピソード。彼女たちのおかげで今の自分が居ると杉崎は言う。なんとなくシリアスの雰囲気、みんなにしっかりと聞かれてました。なんとなく気まずい空気の中最終バスが行ってしまいました。

1251 1252 1253 1254

そして、最後はうまく杉崎が締めてくれた。

1261 1262 1263 1264

ということでこれで本当に最後。でも、会長は諦めちゃいない、今後の展開について考えてます。1話の頃に自虐ネタ、さらには空飛ぶパンツネタまでやるとは・・・。とにかく最初から最後までとても良かったのではないかと思います。毎回とても楽しませていただきありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年12月20日 (日)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第37話「始まりの人造人間」

ブリッグズに出向いて来たウィンリィのおかげでエドのオートメイルを寒冷地仕様に改良してもらいました。その後、キンブリーから仕事の話を持ちかけられるエド。

穴の中の地下道を進んでいたバッカニアたちは奥で先遣隊の生き残りを発見。だが、その2人は何かに怯えていて、そこに奥から謎の影が迫ってきていた。

一方、リザはブラッドレイに書類を届けるべく屋敷を訪れ、そこでセリムと出会う。その後、セリムと出会ったときに感じた気配について気がついたリザ、なんとセリムの正体は始まりのホムンクルス・プライドだった。プライドはリザに忠告して姿を消す。

エドがキンブリーから持ちかけられた大総統からの仕事は3つ。1つ目はスカーの捜索、2つ目スカーと同行しているマルコーの捜索、そして3つ目はブリッグズの地に血の紋を刻むことだった。そして報酬は賢者の石。

アルはウィンリィに事情を話した後、エドの真意を知ったアル。表向きは協力することに。まずはスカーの捜索。ウィンリィも覚悟を決め、オートメイルのメンテナンスを理由にエドたちに同行する。次回は戦いになりそうです。

次回、「バズクールの激闘」

| | コメント (0) | トラックバック (6)

とある科学の超電磁砲 第12話「AIMバースト」

12_11 12_12 12_13 12_14

レベルアッパー編もついにクライマックス。突如、木山から出現した胎児のような形をした存在、それは様々な能力を使って美琴を攻撃してきた。さらにこちらの攻撃は当たってもすぐに再生し、徐々に巨大化していく。同じ頃、レベルアッパーで意識を失っていた患者たちが突然暴れるように苦しみ出していた。

12_21 12_22

気がついた木山によればあの存在はAIM拡散力場の集合体であり、通称・AIMバースト。それは能力を手に入れたくても手に入れることができずにレベルアッパーの手を出してしまった学生たちの思念の塊だった。

12_31 12_32 12_33 12_34

AIMバーストを止めるためには木山から受け取った治療プログラムを流してネットワークを破壊するしかない。木山のことを信じた初春は治療プログラムを手にアンチスキルのもとへ。それまでAIMバーストを引きつけるために戦う美琴。

12_41 12_42 12_43 12_44

アンチスキルの協力であらゆる手段を使い、学園都市中に流される治療プログラムの曲。これにより患者たちは次々と落ち着きを取り戻していった。すると、AIMバースト本体にも異変が起き、再生能力がなくなったところで美琴は一気に電撃を浴びさせる。

12_51 12_52 12_53 12_54

しかし、敵はまだ倒れてはいなかった。木山によれば止めるには中にある核を破壊するしかないという。そんなとき、美琴に佐天を始めするレベル0の学生たちの思いが聞こえてくる。それを聞いた美琴、木山にこの場から離れるように言い、ついに本領発揮。美琴の放つレールガンが見事に核を打ち抜き、AIMバーストは完全消滅。

12_61 12_62 12_63 12_64

なんとか事件は解決。これで一件落着だと思ったが、今回のことは美琴にとって色々と考えさせる事件となった。意識を失っていた学生たちも次々と意識を取り戻し、佐天も無事に回復しました。戻ってきてさっそく初春のスカートめくるあたりまったく変わってませんけどね。ということで、レベルアッパー編も今回で無事に完結。全体的にとても良かったです、ラストバトルは主題歌が入ったりと鳥肌ものでした。あとでもう1回見ようかな。

12

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009年12月19日 (土)

DARKER THAN BLACK-流星の双子- 第11話「水底は乾き、月は満ちる…」

Darker_than_black_11_11 Darker_than_black_11_12

残された時間は少ない・・・。この日、黒は別行動を取ると言う。自分のことにケリを着けるため1人で銀のもとへ行くらしい。一方、蘇芳も自分の成すべきことをこなすため紫苑に会いに行くことを決意、マオやジュライとともに水族館へ。

Darker_than_black_11_21 Darker_than_black_11_22

その頃、未咲は自分が掴んだ情報、三鷹文書に記された予言のことを小林に話していた。そして、記された未来の最終段階である兆しがもう見え始めているという。

Darker_than_black_11_31 Darker_than_black_11_32 Darker_than_black_11_33 Darker_than_black_11_34

廃墟となった水族館にやってきた蘇芳の前にパブリチェンコ博士が現れる。最初に殺されたのは自分のコピーだという。博士は紫苑が契約者になったときの経緯を話し始める。隕石が落ちてきて紫苑が契約者になったあの日、蘇芳はそこにはいなかった。それだけでなく紫苑は最初から契約者だった。そして、紫苑の能力で生まれたコピー、それが蘇芳だった。過去の記憶は博士がMEにかけていた。

Darker_than_black_11_41 Darker_than_black_11_42 Darker_than_black_11_43 Darker_than_black_11_44

紫苑に会いたいという蘇芳だったが、追手の三号機関が現れる。逃走中に博士が負傷、途中から動けなくなる、そこに追手の弦馬が近づく。蘇芳は戦いに赴き、なんとか弦馬を倒すが、別の追手が迫る。博士は自分を置いていくよう蘇芳に言う。

Darker_than_black_11_51 Darker_than_black_11_52 Darker_than_black_11_53 Darker_than_black_11_54

ゲートに侵入した蘇芳たちを待っていたのはマダムと未咲だった。蘇芳は紫苑のもとへたどり着き、銀のもとにやってきた黒は待っていた葉月との戦いへ。そして、ついに介入してきたCIA。次回はいよいよ最終回、果たしてあと1話でうまくまとめられるんでしょうか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年12月18日 (金)

にゃんこい!第12話「天国は待ってくれる?」

1211_2 1212_2

いよいよ最終回。呪いのことを楓に感づかれてしまったことにより呪いが進行しネコ耳が生えてしまった潤平。琴音と朱莉の助けによってお札のついた帽子をかぶって呪いの進行を抑えてはいるがそれも時間の問題。なんとしても楓の疑いを解かなければ・・・。

1221_2 1222_2 1223_2 1224_2

そこでニャムサスの提案で一芝居打つことに。作戦は成功したかに見えたが、凪が帽子を取ってしまい、ネコ耳をみんなの前で晒してしまう。潤平は逃走。でも、みんなは仮装大会のものだと勘違いするが、ただ事ではないと感じた楓は潤平を追いかける。

1231_2 1232_2 1233_2 1234_2

ついに完全に猫化してしまった潤平。そこに楓がやってくる。猫の接し方について聞いていた楓、あんなに猫にやさしく接している潤平が猫に呪われるわけないと思った楓。無事に疑いが晴れたのですが、潤平がもとの姿に戻ったときには全裸、そりゃあさっきまで猫だったんだからな。やってきたみんなには仮装と誤魔化すもかなり無理があった。

1241 1242 1243 1244

こうして潤平の大変な1年は終わり、年が明ける。だが、まだ呪いが解けたわけではない。潤平は楓や加奈子とともに初詣。すると頭上に鈴が落ちてきて・・・。潤平の災難と苦労の日々はまだまだ続きそうです。ということで最終回でした、全体的には安定して最後まで見れたのではないかと思います、果たして本当に2期はあるのでしょうか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (11)

けんぷファー 第12話「臓物たちの奇跡」

1211 1212

本編は前回で最終回を迎えたので今回は番外編です。なんと、ナツルたちとゾウモツアニマルたちが入れ替わってしまうという内容でした。ゴミ箱に入れられるところとか本当にいつもと立場が逆だな。

1221 1222 1223 1224 1225 1226

そんなアニマルたちが、街に繰り出して好き放題やって生きることの素晴らしさを実感するというのが今回の話の内容。もつ鍋を食べたり、お代が払えなかったからと強制的によくわからないショーに出されたり、楓と臓物ランドで遊んだり・・・。また、クリスマスが近いということもあり、クリスマスチックな演出とかもありました。と、まあこんな感じの30分でした。

1231 1232 1233 1234

ということで今回でけんぷファーの放送は終了、1月よりこの時間は「ひだまりスケッチ×☆☆☆」が始まります。放送が待ち遠しいです!

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年12月16日 (水)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第11話「感じていたいです……」

1111 1112

オーディションで春香がアイドルになってしまうことが決まっていたという事実を知ってしまった裕人は春香に会わないだけでなく当日も会場には来ないように言われてしまう。それ故に、学校でも春香と距離をとりがちになりつつあった。

1121 1122 1123 1124

春香のためと思いつつも最近のギクシャクした空気にみらんからも美夏たちからも注意される裕人。そんなとき、裕人のもとにみらんからライブのチケットが届き、椎菜たちを誘って行くことに。一方、裕人の様子から何かあったのでは気になったメイドたちは独自に調査をすることに。

1131 1133 1132_2 1134

さすがは乃木坂家、事務所の企みをあっという間に掴んでしまいました。そして、ついに玄冬さんと秋穂さんが動き出しました、ようやくの登場ですか。そして、このときの玄冬さん、どう見ても某機関の司令です(笑)

1141 1142 1143 1144

オーディション当日。みらんのライブに来た裕人たち。みらんのMCで自分がどうしたいのか気づかされた裕人。椎菜からも背中を押され、裕人はオーディション会場へ走り出す。

1151 1152

裕人が会場に着いたときにはまさに結果発表の時だった。弥生や警備員の制止を振り切り春香のもとに来た裕人は自分の素直な気持ちは伝える。遠くへ行って欲しくない、傍にいて欲しい、と。

1161 1162 1163 1164

事務所の企みを知った裕人、そこに乃木坂家メイド隊そして、玄冬さん登場、事務所の買収という形で決着。

1171 1172 1173 1174

色々あって忘れがちになっていたが、この日はバレンタイン。春香からチョコとレッスンのときに作ってもらったピアノの曲のCDをプレゼントされる裕人。そして、2人でいい雰囲気になってるところに聞き耳を立てていた美夏たち。最後はいつもどおりの日常が戻った感じでした。次回は最終回です。

11

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年12月14日 (月)

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 第11話「欠ける生徒会」

1111 1112

今週の生徒会、なんと杉崎が風邪で欠席!ということで今回は女性陣のみの生徒会のなりました。こういうときこそちゃんと会ぎをしようとやる気満々の会長。会議くらいちゃんと漢字で書けるようにしてくださいね。

1121 1122 1123 1124 1125 1126 1127 1128

アルバイトの話。知弦さんは浮気調査、一流企業の経営指南など、今更ながら本当に高校生ですか?おまけに1億円の小切手を所持!・・・預かったものらしいが。深夏は喧嘩の助っ人やクエスト、代打など。真冬ちゃんはブログのアフィリエイト・・・真冬ちゃんらしいわ、内臓破裂ってなんだよ!?そして真冬ちゃんの思惑、わかっていたけどいつも以上に黒いよ。真冬ちゃんによるブログのツンデレ理論、言いたいことはわかった、ヤンデレブログに関しては・・・触れないほうがよさそうだ。最後に会長は保育園の手伝いか、すごく馴染んでいますね。

1131 1132 1133 1134

いつも杉崎が請け負っている雑務。みんなで分担してやるもののなかなかスムーズには行かず。杉崎が雑務をするときに使っている物が入っているという鞄。その中身は・・・あまりに色々入っていた上にツッコミどころも多すぎだ。

1141 1142 1143 1144_2

活動終了後、お見舞いに行こうと提案する真冬ちゃん。4人で行くことに。そんな姿を見たリリシアはなんとなく尾行してみる。途中絡んできた男2人組、杉崎と同じ中学だったらしく杉崎の中学時代のことを面白がって話しているとこれにいち早く怒ったのはなんと真冬ちゃん、すごかったな。まあ確かに他人の嫌な過去って聞いてるほうも気分悪いですしね。このやりとりを見ていたリリシア、このことを記事にすることもなく、2人組に対するあしらい方もさすがだと思った。

1151 1152

4人で杉崎をお見舞い。幸せ者じゃないか、杉崎。

1161 1162

後日、杉崎も無事に復活。杉崎のもとにやってきた真冬ちゃん、いきなり告白!・・・ってここで終わりかよ、次回は最終回!次回も気になるが凄かったのはED「ぜったいかいちょーせんげん?」、作詞も会長ですか、まあ確かに会長が作詞したとしか思えない歌詞でした。

11

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009年12月13日 (日)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第36話「家族の肖像」

アバンでホーエンハイムの13年前の回想。家族と離れ、旅立つときの経緯が明らかに。

本編。ブリッグズ要塞を訪れたレイブンはオリヴィエとの話の中でオリヴィエをこちら側に引き込もうとしていた。まんまと作戦に乗ってきたところだったが、突如、部下から連絡が。地価トンネルに入った先遣隊との連絡が途絶えてしまったというものだった。

急ぎ現場である地下トンネルの入口へ。レイブンは前回退けたホムンクルス・スロウスをここに戻し、穴を塞ぐよう命令する。不服ながらも命令に従うオリヴィエ。

それからしばらくして穴をコンクリートで塞いでいるときオリヴィエはレイブンに斬りかかりそのまま殺害、レイブンはコンクリートの中に沈む。

マイルズのもとに作戦完了の知らせが届くが、レイブン行方不明の知らせを受けたキンブリーは今後は勝手に動くと言う。レイブンに何かあったときは好きに行動していいと大総統から命を受けていたらしい。

牢屋に入れられていたエドとアルのもとにキンブリーが面会に。2人に客人を連れてきたという。その客人はなんとウィンリィだった・・・。少しまずい状況だが、ウィンリィが来たおかげで寒冷地でもいつもどおり戦えるようになりそうです。

次回、「始まりの人造人間」

| | コメント (0) | トラックバック (4)

とある科学の超電磁砲 第11話「木山せんせい」

11_11 11_12

レベルアッパー事件を引き起こした木山の目的はツリーダイアグラムの代わりとなる演算装置だった。そのために開発したのがレベルアッパー。初春に目的を話した木山はレベルアッパーをアンインストールするためのプログラムを渡す。

11_21 11_22 11_23 11_24

木山の前にアンチスキルが到着。投降を命じるも木山は複数の能力を使ってアンチスキルを圧倒する。美琴が駆けつけたときにはアンチスキルはほぼ全滅しかけていた。

11_31 11_32 11_33 11_34 11_35 11_36 11_37 11_38

木山と対峙する美琴。複数の能力を同時に操る木山を前に苦戦を強いられる美琴。大量の空き缶を撒き散らしてグラビトンを発動するが、美琴はそれを全て打ち落とそうとする。だが、爆弾を背後にテレポートさせられてしまう。その場を去ろうとする木山だったが、美琴はまだ敗れてはいなかった。爆発したときに瞬時に盾をつくって防いでいたのだった。そして、美琴はゼロ距離からの電撃を浴びさせる。

11_41 11_42 11_43 11_44 11_45 11_46

すると、電気を介して木山の記憶が美琴に流れ込んできた。木山の過去、教員免許を持っていたこともあり、チャイルドエラーの担任になった木山。そんな子供達を利用した実験そして、実験による事故。事故が仕組まれたものであったことを知る木山。

11_1 11_2

ここでちょっと余談だけど、この女の子、最初はなんとなくりっちゃんの面影を感じながら見ていたが、CVしゅが美だと確信したときは笑いが止まらなかった。やっぱり狙っていたのか!?

11_51 11_52 11_53 11_54

では改めて本編。木山は子供達を回復させるための手段を探していた。23回もツリーダイアグラムの使用申請をしたものの全て却下された、理事会がグルになっていたと言う。

11_61 11_62 11_63 11_64

この事実を知った美琴は驚きを隠せない、そんなとき突如、木山が苦しみ出す。それはネットワークの暴走だった。美琴の前に出現した存在は一体・・・?今週のバトルシーンはかなり見応えがありました。そろそろレベルアッパー編も終わりか・・・。

11

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2009年12月12日 (土)

DARKER THAN BLACK-流星の双子- 第10話「偽りの街角に君の微笑みを…」

Darker_than_black_10_11 Darker_than_black_10_12

空港での騒ぎの後、耀子を拉致したBK201の足取りは完全に途絶えてしまい、三号機関が全力で捜索するも手がかりは掴めずにいた。

Darker_than_black_10_21 Darker_than_black_10_22

一方、母親から存在を否定されてしまった蘇芳はジュライとともに街を彷徨っているときに未咲と出会う。ちなみにマオは車に取り残されてしまいました。

Darker_than_black_10_31 Darker_than_black_10_32 Darker_than_black_10_33 Darker_than_black_10_34

マオは蘇芳の母親がかつて自分が人間だったときに会っていたことを思い出す。マオは二度会っていたが、二度目のときにあった爆発で蘇芳が死んでいたはずだった。

Darker_than_black_10_41 Darker_than_black_10_42 Darker_than_black_10_43 Darker_than_black_10_44

彼女のもとを訪ねてくる未咲。そこで未咲はパブリチェンコ博士が組織の人間であったことを知る。爆発の後、博士は蘇芳に遺体をMEにかけようとしていたが、彼女はそこから蘇芳を連れ、出て行って火葬もしたと言うのだった。

Darker_than_black_10_51 Darker_than_black_10_52

その頃、黒は耀子から銀の居場所を聞き出していた。その後、マダムが現れ、黒に蘇芳のことを教える。

Darker_than_black_10_61 Darker_than_black_10_62

蘇芳の安全など全てを任せてほしいと言う未咲。そこに黒が現れ、未咲が三号機関にいることに驚きながらも蘇芳たちを連れて去っていく。

Darker_than_black_10_71 Darker_than_black_10_72 Darker_than_black_10_73 Darker_than_black_10_74

再び合流した黒と蘇芳たち。蘇芳は黒に名前で呼んでほしいと言う。その夜、蘇芳たちが寝た後、自分も蘇芳ももう揺れている時間はないと言う黒。空にはオレンジ色の月が浮かんでいた。いよいよラスト2話、話も終盤です。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年12月11日 (金)

にゃんこい!第11話「フレンズ」

11_11_2 11_12_2

猫地蔵が壊れたことが公になってしまい、呪いが少し進行してしまった潤平。表向きはあの住職が壊したことになっているが、呪いの進行を止めるために潤平はアルバイトをしてこっそりと修理代を寄付することに。

11_21_2 11_22_2 11_23 11_24

クリスマスが近づき、加奈子はケーキ屋でバイトしていた。そして潤平は郵便配達のバイトを。だが、なんと指導員は千鶴、大丈夫なんだろうか?

11_31_2 11_32_2 11_33_2 11_34_2

後日。潤平が配達をしていると加奈子に会い、試写会が当たったということで無理やり誘われる。当日、街中をふらついた後、映画を見る2人、潤平は大泣き。そんな潤平を見ていた加奈子は今はまだ友達でいたいと思うのでした。

11_41_2 11_42_2

さらに後日、配達中に猫を助けていた潤平。そこに楓が通りかかり、潤平が猫と会話しているところを聞かれてしまう、呪いという言葉も。

11_51_2 11_52_2

呪いがさらに進行。なんとネコ耳がはえてしまいました。やっぱりさきほど楓に聞かれてしまったのが原因か。なんとか楓の疑いを解くことができるんでしょうか?次回はいよいよ最終回です。

11_2

| | コメント (0) | トラックバック (12)

けんぷファー 第11話「Wahlen~歓喜の歌~」

11_11 11_12

どうやら今回が本編最終回のようです。雫に呼び出されたナツルは楓のところから持ち出してきたヒアブリライオンからけんぷファーやモデレーターについて話を聞く。そして、雫は楓がモデレーターと何か関係があることをナツルに言う。

11_21 11_22

悩んでいたナツルは楓のもとに確かめに行くが、本性を現した楓によってまたしても操られてしまう。本当に簡単にいいようにされるな、それとも楓の能力が規格外なだけなのか?

11_31 11_32 11_33 11_34

ナツルによって呼び出されたという紅音、水琴、雫の3人は学校の屋上へ。だが、それは罠で白のけんぷファーたちが3人を襲撃。3人は4対3にもかかわらず簡単に倒してしまう。しかし、楓と操られたナツルによって捕まってしまう。

11_41 11_42 11_43 11_44

ナツルによって止めをさそうとする楓。だが、ナツルはかつて雫にあげたストラップを見て全てを思い出し、自分は楓ではなく雫、水琴、紅音の3人を選ぶを宣言する。すると3人は急にパワーアップ、そして影で歌って応援するアニマルたち、ここまでくるともう何がなんだが・・・。

11_51 11_52 11_53 11_54

楓たちは撤退。ナツルは雫たちのトリガーとなっただけでそれ以降活躍の場がなかったな。そして戦いのあとはいつもどおり3人に振り回されるナツルでした。男でも女でもそれは変わらないということか。ということで本編は今回で終了、次回は番外編みたいです。

11

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年12月 9日 (水)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第10話「こんなことになっちゃって……」

1011 1012

なんか手違いで前回撮った春香の写真がオーディションの書類に混ざってしまったとかでオーディションだけでも出てほしいと頼まれた春香はそれを了承。でも、手違いとか絶対嘘だろ?

1021 1022

その日から春香はレッスンが始まる。本番は2月14日。レッスンが始まってから春香と裕人はすれ違いが多くなった。

1031 1032 1033 1034

一方、裕人はひょんなことからみらんのマネージャーをすることに。アフレコ現場の同行した裕人は人がいないということもあり、急遽アフレコをすることになりました。しかし、エリマキトカゲの役とはな。信長にしっかりアドバイスをもらっておいてよかったな。

1041 1042

その頃、春香のほうは本番に向けて着々と準備が進められていた。しかし、裕人は弥生たちの本当の目的を知ってしまう。思ったとおり、最初から全部仕組まれていたってことか、それにしても、春香に近づくなとか春香のためだとか、弥生たちがここまで相手のことを考えられない自己中だったとはな。2月14日、バレンタインの日がデビューみたいだが、知った以上裕人も引き下がらないだろうし、何かやってくれるんじゃないでしょうか。そこに期待しましょう。

10

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年12月 7日 (月)

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 第10話「片付ける生徒会」

1011 1012 1013 1014 1015 1016

碧陽学園の学園祭。祭りに主役はあくまでも生徒達。この日ばかりは生徒会もきちんと裏方に徹しています。まあ、生徒会は生徒会で寸劇のアイディアを出し合ってした。いつもどおり意見がバラバラでまとまることはなかったけど・・・。知弦さんが考えたシナリオ、結末が悲惨すぎる、取ってつけたようなストーリー展開だったが、ケンイチが不憫すぎるということでみんなにとって泣けてくる話に。

10

今回のアイキャッチ、真冬ちゃんだったので取り上げておきます。

1021_2 1022_2 1023_2 1024_2

さて、学園祭が終わってからが生徒会の本業といったところだろう。ちなみにここでは知弦さんの「もきゅ」が再登場、まさかまた見れるとはな。ということで本題、持ち主がわからない落し物が大量に生徒会室に届けられました。全員で片付け開始。

1031 1032 1033 1034

真冬ちゃん、純ロマの最新刊を発見、とりあえず今は片付けに専念してくださいね。今度は杉崎の手に・・・なぜこんなものが落し物にまじっているんだ?そして、何か調べるような行動を取る真冬ちゃん、まさか!穿いてない・・・だと!?これに関してはもっと時間をかけて慎重に審議する必要があるが、これだけで夜が明けてしまいそうなのでここでは自重しておこう。

1041 1042 1043 1044

1人で作業させられることになった杉崎。変な独り言を喋りながら作業に打ち込む。結局、ぽっこんちょ事件とは一体なんだったのか?

1051_2 1052_2 1053_2 1054_2 1055 1056

結局、多くの物が持ち主のわからないものばかりだった。そこで最後は会長が校内放送でお知らせをしてうまく締めてくれました。最後の相変わらずのぐだぐだな会話もきちんと流れていましたけどね。下校時間となり、杉崎は1人残ろうとしますが、今回はみんなも残りたい、と。放送を聞いていたリリシアは出店の売れ残りを忘れ物という名目で差し入れ。今回もなかなかいい話で締めでした。

10_2

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年12月 6日 (日)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第35話「この国のかたち」

ブリッグズ要塞に侵入してきたホムンクルスに対し、ブリッグズ流を見せてやるというオリヴィエ。エドたちも何か手伝わされることに。

無理やりエレベーターに乗せ、出てきたところにオイルをかけてそのまま吹雪いている外に追い出す。寒冷地仕様のオイルで揮発性も強く敵はあっという間に全身が凍り付いてしまう。

後日、オリヴィエはエドたちを連れて穴の調査へ。その途中で誰にも聞かれない場所ですべてを話すよう言ってくる。知っていることをすべて話したエド。そして、この地下道について聞かれたエドはこの地下道は巨大な円を描くように掘られていると推測。

それからふと気になり、ファルマンから過去に起こった大きな事件を聞いていき、地図上で起きた場所をチェックしていきそれを線で結ぶと巨大な錬成陣となった。しかも、これらの事件にはすべて軍が関わっていたことに気づく。これが本当ならば、残っている地域はブリッグズ周辺を残すのみだった。

そんなとき、レイブン中将が訪ねてくる。そこでエドはオリヴィエに協力を要請、カマをかけてほしい、と。2人の会話を盗聴するエドたち。すると、オリヴィエがうまく話をしたおかげでレイブンは話を食いついてきた。果たして、どれだけの情報を引き出すことができるか・・・。

次回、「家族の肖像」

| | コメント (0) | トラックバック (3)

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

10_11 10_12 10_13 10_14

レベルアッパーを手に入れた黒子たちはその正体が音楽だったことに驚きながらも、木山の解析の依頼をする。しかし、その間にもレベルアッパーを利用した学生たちの犯行をあとを絶たなかった。

10_21 10_22

おかげですっかり怪我が増えてしまった黒子。それを手当てする初春。それにしても、黒子以上の能力者になったら仕返しを考えたり、こんな姿を見られたくないという黒子に対し、「誰も見たくありませんから」と言ったり・・・あれ?初春ってこんなキャラだったけ?

10_31 10_32 10_33 10_34

一方、レベルアッパーを試していた佐天たちだったが、友達の1人が倒れてしまう。電話でそれを知った初春。佐天は偶然手に入れたレベルアッパーのことを話す。自分を責める佐天を一生懸命励ます初春。だが、初春が佐天のもとに行くと彼女もまた意識を失って倒れていた。

10_41 10_42 10_43 10_44

ここまでの経緯を聞いた美琴、捜査協力を申し出る。初春はレベルアッパーを解析するため木山のもとへ。医者から能力者たちの脳波に共通のパターンがあることを知らされた美琴と黒子。レベルアッパーの使用者たちはそれによって脳波をいじられて他の者の脳波で動かされているらしい。固法先輩の協力でバンクを調べてもらい、ほぼ同一の脳波の人物を探す。検索の結果浮かび上がった人物、それは木山だった。

10_51 10_52

同じ頃、木山の研究資料を見てしまった初春は捕まってしまい、どこかへ連れて行かれる途中だった。木山には大きな目的があるという、果たしてその目的とは・・・?

10

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009年12月 5日 (土)

DARKER THAN BLACK-流星の双子- 第9話「出会いはある日突然に…」

Darker_than_black_09_11 Darker_than_black_09_12

黒と別れて、ようやく東京にたどり着いた蘇芳だったが、電車で移動しているときに倒れてしまい、そこに偶然居合わせたキコに助けられる。蘇芳から母親のことを聞いたキコは蘇芳たちを久良沢探偵事務所に連れて行く。

Darker_than_black_09_21 Darker_than_black_09_22

一方、ボイスレコーダーを調べていた未咲は隠されたメッセージを発見。声の主はなんとアンバーだった。そのメッセージが指定したCO-ROMを調べ、キーワード・イザナミを入力し三鷹文書を見つける。

Darker_than_black_09_31 Darker_than_black_09_32 Darker_than_black_09_33 Darker_than_black_09_34

探偵事務所に着いた蘇芳。一緒に母親探しをしてもらうことに。ゲート近くにある母のマンションを訪ねるがあいにく海外に行っているらしい。1人屋上にいた蘇芳の前にマダムが現れ、今夜8時の羽田に到着する便に母が乗っていると告げて去っていく。一行は羽田へ。

Darker_than_black_09_41 Darker_than_black_09_42

その頃、葉月と耀子もある物資を受け取りに羽田に向かっていた。しかし、その情報は外部に漏れていた。

Darker_than_black_09_51 Darker_than_black_09_52

1期の黒、帰還。葉月と耀子の動向を掴んでいた黒は耀子を連れ出してそのままバスを奪い、連れ去る。

Darker_than_black_09_61 Darker_than_black_09_62 Darker_than_black_09_63 Darker_than_black_09_64

羽田に到着した蘇芳は母と再会する。しかし、母が呼んだ名前は蘇芳ではんく紫苑だった。その間違いを指摘すると母は驚く。なんと、蘇芳は8年前に死んだと言うのだった。どういうことなんでしょうか・・・?早く続きが見たいです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年12月 4日 (金)

にゃんこい!第10話「ある夜の出来事」

10_11_2 10_12_2

期末試験の結果が返却された。みんなギリギリ赤点は逃れたと思ったが、加奈子だけが赤点を取ってしまう。いや、2点って酷すぎだろ!そんな加奈子に課せられたペナルティは町の郷土史のレポートだった。

10_21_2 10_22_2 10_23_2 10_24_2

加奈子のレポートを手伝うことになった潤平たちは桐島姉妹のもとを訪れる。琴音と朱莉による町案内がスタート。町の七不思議をあちこち案内してもらうが、だんだん主旨がが違ってきていないか?

10_31_2 10_32_2 10_33_2 10_34_2

商店街に着いたとき、加奈子は店の前に立っていた見た目が不細工な招き猫に落書きをしてしまう。これに反応した朱莉はすぐさま落書きを消し、お祓いを始める。

10_41 10_42 10_43 10_44

その夜、昼間のことが気になった潤平は外へ。すると、悪霊退治をしている琴音と朱莉を見つける。悪霊の正体はあのときの招き猫だった。霊力の強い朱莉だが、燃費が悪いらしく常にエネルギーを補給しなければならないらしいけど、なんでポッキー?

10_51 10_52 10_53 10_54

エネルギーが切れてしまった朱莉、招き猫の力で身動きがとれなくなった潤平は目の前にあったポッキーを銜えて朱莉に食べさせる。これでなんとか復活し、悪霊を見事に封殺。

10_61 10_62

これで一件落着かと思いきや、今度は猫地蔵が倒れていて、潤平は何やら少し寒気を感じていた。なんかまた悪い事態を起きそうな感じです。

10_2

| | コメント (0) | トラックバック (9)

けんぷファー 第10話「Falle~ひと夏の経験~」

10_11 10_12

前回の続き、徐々に楓が本性を現し始めているけど今までの行動を見ていると悪人面のほうが全然違和感無いな。ナツルを連れ出した楓はナツルに雫が好きになるという指示をいや、これはどちらかというと暗示に近いかな。

10_21 10_22 10_23 10_24

楓に思うがままに操られたナツルは雫の部屋に行き、彼女をいきなり押し倒す。まあすぐに楓によって動かされていたことに気づき、ナツルを気絶させましたが。途中、ぬいぐるみたちのカットが入ったけどこれって規制の一種?DVDでは解除されるんでしょうか。

10_31 10_32 10_33 10_34

白のけんぷファーたちを従える楓。見た目が完璧にラスボスだ。雫に対しての行動は敵にとって雫が一番厄介な相手だとわかっているからなのだろうか。次回は戦いになるみたい、気づけば話もそろそろ終盤か。

10

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2009年12月 2日 (水)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第9話「初体験です☆」

0911 0912

遊園地のチケットをもらったという春香からデートに誘われた裕人。ちなみに春香は遊園地に行くのは初めてだそうです。それにしても、2人であれだけ色んな所に行っていたのに改めてデートとなるとものすごく初々しい空気を感じるな。

0921 0922

春香による美夏や玄冬のモノマネが以外と面白かった。

0931 0932 0933 0934 0935 0936

遊園地に着いた2人はそこで春香にチケットをくれたという初詣のときに会った弥生と再会。あとで撮影のイベントをやるから来てほしいと言われる。とりあえず、時間まで遊園地を思いっきり満喫する2人。

0941 0942 0943 0944

イベント会場へ。撮影、春香と裕人、待遇の差が大きすぎるな。なるほど、弥生は何がなんでも春香をアイドルとして引き込みたいわけか。

0951 0952 0953 0954

最後はもはや定番となった観覧車。いい雰囲気のところでこれまた予想通り美夏から電話が。まあこれくらいは仕方ないかもしれません、今回はみんな珍しく自宅待機していたわけですからね。

0961 0962

後日。春香のもとにアイドルオーディションの合格通知が届く。これはいくらなんでも無理やりに事を運び過ぎているだろう。さて、どうなることやら・・・。

0971 0972 0973 0974

今回は春香と美夏の立場が前回と真逆となったわけで、美夏の自宅でのサービスシーンが満載でしたね。

09

| | コメント (0) | トラックバック (9)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »