« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 第9話「私の生徒会」

0911 0912 0913 0914 0915 0916

「先人の知恵を受け継いでこそ明るい未来が拓けるのよ!」ということで今回はみんなで本を読むことに。真冬ちゃんは言うまでもなくBLを探し、会長は・・・絵本かよ!まあなんとなく想像つくけどさ。深夏はやっぱり熱血系の漫画。ほかには知弦さんからもらったというノート、やっぱりデスノートか!次の真冬ちゃん・・・・・はそのまま読書を継続してください、以上。最後に知弦さん、「目障りなアイツを速やかに消す十の手段」・・・この件に関してはこれ以上追求しないほうがよさそうだ。

0921 0922 0923 0924 0925 0926

知弦さん、本当は恋占いの本を読もうとしていたみたい。簡単なものを実際にやってみることに。色々試し、今度は握手占いというものをやってみる。普通に握手しているだけのようだが、終わりが見えない。ついに会長が割って入り、2人を止める。実はこの占い、一番最初に割って入った人が一番のヤキモチ焼きだとか。「ありがとう」と杉崎に聞こえるように言って生徒会室から出ていく知弦さん。

0931 0932 0933 0934

知弦さんが出て行ったあと、机の上に1通の手紙を見つける。差出人の名前は宮代奏。生徒会宛だったこともあり、中身を見ようとするが・・・会長、前略くらい読め!と言いたいところだが、前回の漢字の読み問題の結果も散々だったので、これはもう仕方ないな。突然やってきた真儀瑠先生が読み上げることに。アカちゃんへとあったので会長のことかと思いきや、内容に覚えがないことからこの手紙が知弦さんに宛てたものだと知る。

0941 0942 0943 0944

手紙にはかつて知弦さんにひどいことをしてしまった奏という娘が自分の行いを悔いる内容が書かれていた。当の知弦さんは奏と会っていた。今の生徒会のおかげで傷が癒えたと言う知弦さん。

0951 0952 0953 0954

一方、知弦さん宛ての手紙を勝手に読んでしまったことで慌てる会長たち。そこに知弦さんが戻ってくる。みんなで墓穴を掘ってしまいばれてしまう。だが、知弦さんはみんなに読んでほしくてわざと置いていったのだと言う。

0961 0962 0963 0964

再び知弦さんと握手占い。穏やかになったと言う杉崎。すると、今度は会長を押して深夏と真冬ちゃんが2人の邪魔をする。占いの結果、杉崎は見境なしと伝える知弦さん。なんとなくいつもの生徒会の空気に戻った感じです。ということで今回は知弦さんに焦点を当てた回、とても良い話でした。

09

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年11月29日 (日)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第34話「氷の女王」

ようやくたどり着いたブルッグズ要塞の中へ案内されるエドとアル。バッカニアと戦ったあと、オートメイルを見てもらうと凍傷寸前だと言われ、すぐにでも寒冷地でも耐性のあるものにするよう言われる。

その後、オリヴィエと対面。詳しい経緯を話すが、中央司令部やホムンクルスについては伏せる。話し終えると錬丹術に興味を持ったオリヴィエは自分たちがメイを探すと言い、2人には要塞から決して出ないよう言う。

しばらくの間、エドとアルは働かされることに。部下の案内で氷柱落としの仕事をしていると北方司令部に行ったはずのファルマンと再会する。

ファルマンから要塞の下層区域を案内してもらっていると突如、地中から何者かが出現。エドとアルはそれがホムンクルスだとすぐにわかった。非戦闘員を非難させつつ銃撃を行うがまったく効果がない。オリヴィエの指揮で戦車を持ち出して砲撃。だが、受けた傷はすぐに再生する。

敵について知っているエドは答えられる範囲でオリヴィエの質問に答える。敵に対し、全く攻撃が効かないものの全く動じることのないオリヴィエ、ブリッグズ流を見せてやる、と。次回に期待です。

次回、「この国のかたち」

| | コメント (0) | トラックバック (6)

とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・リポート」

0911 0912

美琴と黒子は一連の事件やレベルアッパーについて木山から話を聞くことに。初登場のときと同じく脱ぎ女ぶりは健在。そこに初春と佐天が合流。

0921 0922

偶然レベルアッパーを手に入れた佐天だが、美琴たちにそのことを言い出せず、レベル0なのを悩んでいたこともあり手放せずにいた。

0931 0932 0933 0934

そんなとき、佐天は偶然にもレベルアッパーの取引現場を目撃する。止めに入る佐天だが、返り討ちに遭いそうになり、そこに同じくレベルアッパーの取引場所を探していた黒子に助けられる。敵と対峙する黒子だが、相手の能力がわからずに逆に追いつめられてしまう。

0941 0942 0943 0944

相手の能力は光を捻じ曲げて本体からずれたところに像を写し、それを利用して攻撃や回避をするというものだった。能力に気づいた黒子は追いつめられた廃ビルの柱を全て破壊し、ビルを倒壊させて攻撃。

0951 0952

なんとか敵を拘束し、レベルアッパーについて話を聞く黒子。差し出されたのは音楽プレーヤー。レベルアッパーというのは曲なのだという。

0961 0962

一方、現場を離れていた佐天は友達に会い、レベルアッパーの話題に。すると、佐天は自分がレベルアッパーを持っていると教えるのだった・・・。それにしても、今回は黒子が今までで一番かっこ良かった回でした。

09

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009年11月28日 (土)

DARKER THAN BLACK-流星の双子- 第8話「夏の日、太陽はゆれて…」

Darker_than_black_08_11 Darker_than_black_08_12

列車に乗った黒たちだったが、同じく列車に乗っていたFSBに捕まってしまう。蘇芳たちはターニャによって拘束され、黒はレプニーンと対面。あれ以来、酒を飲まなくなった黒だが、大量に料理を注文する。1期の頃の黒に戻った感じですね。

Darker_than_black_08_21 Darker_than_black_08_22

銀は特別な力を持ったドールだという話を聞いた黒。レプニーンは黒を組織の契約者として勧誘するが、列車に仕掛けた爆弾で脅されるも、黒はそれを断り、行動を起こす。

Darker_than_black_08_31 Darker_than_black_08_32 Darker_than_black_08_33 Darker_than_black_08_36 Darker_than_black_08_34 Darker_than_black_08_35

列車は止まり、連絡を受けたターニャは蘇芳を連れ出すが、黒の助けで1人逃げ出す。近くのプールに逃げ込んだ蘇芳だったが、能力を使うターニャが迫る。蘇芳も銃を出すが、撃つことができずにいたその時、ターニャは別の銃撃を受けてしまう。そこに黒が駆けつけるが蘇芳は撃っていないと言う。結局、蘇芳はジュライ、マオとともに黒とは別の方向へ歩き出す。

Darker_than_black_08_41 Darker_than_black_08_42

ターニャを撃ったのは紫苑だった。最初から蘇芳たちの行動を予測していたのだろうか・・・?

Darker_than_black_08_51 Darker_than_black_08_52

一方、ボイスレコーダーの調べていた未咲は何かに気づいたようですが・・・。

Darker_than_black_08_61 Darker_than_black_08_62

お、次回は探偵出るのか!これはかなり楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年11月27日 (金)

にゃんこい!第9話「ガールズ・イン・ザ・ウォーター」

911_2 912_2 913 914

試験が近いということでみんなで勉強会のはずだったが、気分転換も兼ねてみんなでプールに行くことに。潤平と楓だけ知らなかったようです。猫がいないということで思いっきり楽しむことにした潤平。プールには琴音と朱莉、そして凪も来ていました。

921_2 922_2 923_2 924_2

楓と2人でいい雰囲気になったり、迷い込んだ猫を加奈子と一緒に外へ逃がしたりと色々あったが、十分に満喫できた潤平。

931_2 932_2 933_2 934_2

だが、後日潤平は風邪をひいてしまう。試験前のプリントを潤平に届ける加奈子。家族は帰りが遅いらしく加奈子はお粥を作ると言って台所へ。そこに猫の依頼が。今回の依頼猫は近所に住む、見た目がかなり肥満なチャトラ。なんでも、主人がチャトラの肥満を心配し、ダイエットさせていることに不満があり、あれこれ文句を言う。身勝手なことばかり言うチャトラに潤平はついに怒りをぶつける。

941_2 942_2 943_2 944_2

その後、具合が悪化して倒れてしまう潤平。加奈子が介抱し、潤平が目を覚ますと書置きが。ニャムサスによればチャトラは潤平に怒られたことで改心したみたいです。そして、潤平は加奈子にお礼のメールをする。

951 952

試験当日。潤平はなんとか復活。それに安心する楓。そんな2人を見ていた加奈子、好きだと気づかなければ良かったと思うのでした。今回は普通に水着回だと思っていたけど後半は加奈子メインの話でした。次回は琴音と朱莉の話みたいです。

9_2

| | コメント (0) | トラックバック (7)

けんぷファー 第9話「Hochsommer~恋の熱帯低気圧~」

911 912

今回は紅音と泊りがけでデートに行く話・・・のはずだったが、どこからか情報をキャッチした雫と水琴も一緒にやってきた、楓まで連れてきて・・・。しかし、前回はかなり安心して見られた回だったのに空気の読めない楓がいると見ていてホントにイラつくな。

921 922 923 924

まずはプールに。近くを通りかかった3人組が楓と視線で何か示し合わせるようなやりとりをしていた。

931 932 933 934

雫に頼まれて1人買い物に行くナツルはさきほどの3人組に襲われる、相手はなんと白のけんぷファー。そこに紅音と雫が駆けつける。最初から雫は敵をおびき出すためにナツルを囮に使ったみたいです。話を聞こうとするが敵は撤退。

941 942 943 944

その後、花火の時間まで部屋で水琴たちと話をするナツル。ここでも、雫のナツルに対するアピールには驚かされる。水琴は暴走寸前、紅音はなんか気絶してました。そんな中、ついに動き出す楓。花火を見ると言ってナツルを1人連れ出して・・・なんか操られてる(?)、いよいよ楓が本性を現し始めたってところか。

9

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年11月25日 (水)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第8話「してあげる……」

0811 0812

今週は美夏のターンです。ある日、美夏から呼び出された裕人は美夏の通う女子校へ。妙な視線を浴びながらも裕人は美夏のクラスメイトたちから美夏のいる教室へ案内される。

0821 0822

教室に着いた裕人はクラスメイトたちからの歓声に迎えられる。質問攻めにされたりと裕人はあまりの盛況ぶり、美夏が普段どんなふうに裕人のことを話しているのか窺えるシーンでした。

0831 0832

見て欲しいものがあるということで美夏から案内される裕人。美夏の友達から学校での美夏について聞く。美夏って生徒会長だったのか!しかもムーンライトストロベリーという通り名まであるらしいです。

0841 0842 0843 0844 0845 0846

部室に着き、ようやく本題。美夏の脚本による新作の芝居を見てほしいそうです。裕人は芝居を見たあとに演技に自信を持ちたいエリに模範演技を見せることになる。が、その途中、美夏に呼び出しが入り、美夏は部室を出ていく。

0851 0852 0853 0854

美夏が戻ってくると裕人しか残っていなかった。美夏に気を遣ったみたです。下校時刻になっていたために先生が見回りにきて美夏は慌てて裕人とロッカーに隠れる。これって裕人だけ隠して誤魔化せばよかったんじゃないだろうか。なんとか先生をやり過ごすも外から鍵をかけられて出られなくなってしまう。

0861 0862 0863 0864

明かりも消され、部屋は真っ暗。しかし、女の子と暗い部屋で2人きりなのに落ち着きのある裕人に美夏は最終手段として裕人を押し倒して・・・「みっかみかにしてあげる」、間違いなく今回の名ゼリフですね。そこに帰りが遅い美夏を探しに来た那波さんたちが迎えに来る。

0871 0872

帰り道。裕人は美夏をお姫様抱っこして帰らされることに。メイドたちに色々と冷やかされ、赤面していた美夏でしたが、最後はとても嬉しそうでした。今回は美夏メインの話でとても楽しめました。

08

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年11月23日 (月)

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 第8話「嫉妬する生徒会」

0811 0812

今回はリリシアの妹・エリスが初登場。学校に来てしまったが、リリシアが外に取材に行くため、杉崎が生徒会室で預かることになりました。

0821 0822

杉崎がエリスを生徒会室に連れて行くと、事情を知らない生徒会メンバーから即座に通報されそうになる。これが日頃の行いってやつか・・・。

0831 0832 0833 0834

なぜか杉崎にかなりなついているエリス。あれ?生徒会メンバー、本気で嫉妬し始めてませんか?

0841 0842

エリスと一緒に遊び始める杉崎。いろいろやったけどやっぱりリリシアの妹だと納得せざるを得なかった。お医者さんごっこもそうだったが、アルミニウム返しのしりとりもすごい。アルミニウム禁止にしたらリンス⇒スニーカー⇒楓⇒電撃⇒キス⇒スーパーダッシュ⇒主婦⇒ファミ通・・・・・電撃が出たあたりで想像できたがやっぱりこういうことだったか。

0851 0852 0853 0854

そんなことしているうちに会長の怒りがついに爆発。生徒会長の本気を見せると言い出す。まずは会長の身体ステータス、正直どうでもいいスキルばかりだった。次に学力チェック。これは予想以上に残念な結果となった。日本史、794年に起こったことは?⇒794レーニン理想郷・・・歴史の捏造すんな!漢字の読み問題、流石⇒ストーンストリーム・・・どうしてそうなる!?簡単な算数問題に至っては買い物のお釣りを出す問題なのに買い物に行ったタケシ君の抱える事情にまで話が飛躍してるし!こりゃあ、以前リリシアが書いた会長小学生疑惑に信憑性が出てきたな。

0861 0862

会長、とうとう杉崎にクビ宣告。杉崎は会長に声をかけて慰めるも、今度はそれを見ていたほかのメンバーが不機嫌に。結局、フルボッコにされる杉崎、ハーレムエンドはまだまだ遠いな。

0871 0872

その夜。生徒会室での会話を録音したテープをリリシアに渡すエリス。最初からそれが目的でリリシアがエリスを送り込んだみたい。でも、杉崎は気づいていたようです。知ってたのに自分に良くしてくれた杉崎が大好きになったと言う。エリスに杉崎のことをつっこまれたリリシアは全力で否定してましたけどね。

08

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年11月22日 (日)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第33話「ブリッグズの北壁」

逃亡するスカーとマルコーを追っていたキンブリーはわずかな手がかりからスカーたちが北へ向かったと推測し、兵達を北へ向かう。そこでスカーと中年の男が列車に乗ったという目撃情報を手に入れたキンブリーは1人仕事へと向かう。

一方、エドとアルも北の地に到着していた。周りの雪や寒さに驚きながらも2人はブリッグズ要塞を目指す。

スカーたちが乗っている列車に追いついたキンブリーはついにスカーと対峙。キンブリーの姿を見て驚くスカー。互いに相手のことを覚えていた。スカーの攻撃によってキンブリーを追いつめるが、キンブリーは車両を切り離して逃走。スカーが派手に動いている間にメイはマルコーとともにスカーの指定した地点に向かっていた。

軍の管理地に入ったエドとアルだったが、吹雪に遭い、道がわからなくなっていた。そこに軍のバッカニア大尉に密偵と間違われ、攻撃を受ける。交戦中に山岳警備隊に包囲される。そこにアームストロング少佐から聞いていたオリヴィエ登場。紹介の手紙、読まずに破り捨てられました。とりあえず、身の潔白については理解してもらえたみたいです。吹雪がやみ、目の前には巨大の壁の要塞を目にする2人。

一方、メイとマルコーはスカーが指定した場所にたどり着き、隠したという兄の研究書を見つけ出していた。

次回、「氷の女王」

| | コメント (0) | トラックバック (9)

とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」

811 812

グラビトン事件は解決したが、事件の犯人である介旅初矢はレベル2でありながら、レベル4並の能力を使っていたことに疑問を抱く黒子。ほかにもバンクのデータと能力レベルが食い違っている事件がいくつもあるという。

821 822 823 824

風邪をひいてしまった初春のお見舞いに行く佐天についていく美琴と黒子。さすがにこのときは花はつけてませんでしたね。初春に事件の被害状況と犯人の能力レベルが合っていないことを話す黒子。そんなとき、レベルを簡単に上げられる幻想御手(レベルアッパー)の話になり、佐天から聞いた噂について尋ねる。

831 832 833 834

初春の調べで情報を知っている者たちが集まっているというファミレスへ赴く美琴と黒子。美琴は1人で下手に出ながら情報を聞き出そうとするが、裏路地に連れていかれ結局、実力行使に。相手が大人数でかかっても美琴にかなうはずもなく・・・。

841 842 843 844

その後、男たちに姉御と呼ばれている女と戦うことになった美琴はつい本気を出してしまう。近くに変電設備があり、黒子が止めようとするも時すでに遅く、辺りは停電してしまう。おまけに情報も聞き出せず・・・。

851 852 853 854

後日。グラビトン事件の犯人・介旅が意識不明になったという知らせが入る。診察によれば身体に異常はないという。それだけでなく最近頻発している被害規模と能力レベルが一致しない事件の犯人たちがまったく同じ症状に陥っているという。原因究明のために呼ばれたのは大脳生理学の専門家である脱ぎ女こと木山晴生だった。その頃、レベルアッパーを調べていた佐天は隠しリンクを発見していた。ということで今回よりレベルアッパー編本格スタートです。

8

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2009年11月21日 (土)

DARKER THAN BLACK-流星の双子- 第7話「風花に人形は唄う…」

Darker_than_black_07_11 Darker_than_black_07_12

ロシアのFSBは死んだはずのパブリチェンコ博士が東京で目撃されたとの情報を得て、日本に発つ。

Darker_than_black_07_21 Darker_than_black_07_22

一方、黒たちは北海道からの脱出を図っていたが、様々な組織によって交通機関を張られているため脱出は容易ではなかった。黒は便利屋の女と手を結び、変装等の仕込みをして検問を突破する。

Darker_than_black_07_31 Darker_than_black_07_32 Darker_than_black_07_33 Darker_than_black_07_34

しかし、女は裏でドールの密売をしていて最初からドール目的でジュライを連れ去ってしまう。蘇芳はトラックに乗り込んでジュライの観測霊を手がかりに追いかけ、女が入っていた工場に忍び込む。マオが相手の注意を引きつけ、蘇芳はガラスで攻撃、重傷を負わせる。蘇芳はそのままジュライを助けようとするが、そこに新たに送り込まれた契約者・イリヤが立ちはだかる。

Darker_than_black_07_41 Darker_than_black_07_42 Darker_than_black_07_43 Darker_than_black_07_44

イリヤの能力で捕まって連れて行かれる蘇芳たち。だが、そこに黒が駆けつける。ジュライの助けで黒はイリヤを倒すことに成功し、蘇芳たちを助け出す。

Darker_than_black_07_51 Darker_than_black_07_52

仙台にたどり着いた黒たちは急ぎ電車に乗るがその電車にはFSBが乗っていた。そして、紫苑もいよいよ動き出しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年11月20日 (金)

にゃんこい!第8話「炎の個人教授ランナー」

811_2 812_2

桐島姉妹が連れてきた今回の依頼猫・ミッチー。軟弱な自分でも雀が捕れるようになりたい、と。

821_2 822_2 823_2 824_2

特訓を始めたが、その途中で楓や凪に会い、潤平は陸上部へ体験入部させられることに。それにより、楓とはいい感じになるもののミッチーの特訓のほうが疎かになってしまった。

831_2 832_2

それから数日。校内に侵入するミッチー。そんなことは知らない潤平は楓と一緒に帰っている途中、借りていたハンカチを返そうとするが出てきたのはなんと楓の代えの下着だった。その場を立ち去る楓、潤平終了のお知らせ・・・。

841 842 843 844

犯人のミッチーは自分が放っておかれ、潤平だけがいい雰囲気だったのが悔しかったらしいです。もう終わったことだし、誤解ということもあるので、潤平はミッチーの特訓を再開。何日も厳しい特訓を乗り越えたミッチー、以前の軟弱な面影はなく・・・てか別人!いや別猫か。

851 852 853 854

依頼は解決したが、下着の件で加奈子や凪に詰め寄られる潤平。だが、本当に猫が持って行ったという晴彦の目撃証言があり、誤解はなんとか解ける。それから楓にも事情を説明し、なんとか誤解を解くことができました。さっきまで終了フラグだったのに、あっけなく解決しましたね。

8_2

| | コメント (0) | トラックバック (7)

けんぷファー 第8話「Liebste~初めてのデート~」

811 812

屋上に呼び出されたナツルは雫からデートのお誘いを受け、次の日曜にデートすることになる。ナツルは前回現れた白のけんぷファー絡みだと思い込む。

821 822 823 824 825 826

そして、日曜日。ナツルは困惑していたが、雫は普通にデートを楽しむ。あれ?本当に1日デートしただけで話が終わってしまった。今回は特に戦いとかもなかったし、雫の新たな一面を見ることもできてよかったのではないでしょうか。

831 832 833 834

最後に水琴や紅音が嫉妬していたくらい。特に嫉妬する水琴はなかなか可愛かったし、連れているチッソクノライヌの一言一言も面白かった、「いっぺん死んでみる?」とか「枕、美味しい?」とか。楓は出番なし、楓が出てこないだけでこんなに平和に終わるとは。それにしても、今回はナツルのあまりの鈍感さに呆れてしまった、本当に楓しか見えてないんですね。次回は水着回みたいです。

8

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2009年11月18日 (水)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第7話「入っちゃったかも……」

0711 0712 0713 0714

今まで可哀想な立ち位置にいた椎菜でしたが、今週はようやく椎菜のターンです。椎菜は偶然、買い物帰りの裕人と出会う。途中、通行人とぶつかって大切な髪飾りを川に落としてしまうが、裕人が川に入って探し出してくれる。

0721 0722 0723 0724 0725 0726

後日、自宅で足を怪我してしまった椎菜を心配してやってくる良子、麻衣そして裕人。思ったより元気そうで安心する。4人でババ抜きをして負けてしまった裕人は3人にマッサージをすることに。いつも自宅でやらされていることもあり、3人とも相当気持ち良かったみたい。あんな表情をさせるなんて、そんなにすごいのか・・・。

0731 0732 0733 0734

それから3人は椎菜の家をあとにしますが、1人で心配だった裕人は戻ってくる。足のせいで家でも思い通りに動けない椎菜に変わって裕人が夕食を作ってあげる。そして、夜も遅くなり、裕人は帰ろうとするが、椎菜がもう少し居て欲しいと本音を口走ってしまい、裕人はもう少し椎菜と一緒にいることに。いつも思っていることだが、裕人は無意識にフラグを立ててしまう天才だな。まあ、裕人の性格を考えれば仕方の無いことなのかもしれない。

0741 0742

そんなわけで、今回は椎菜メインの話でした、二期が始まってからいつも地味なポジションに立たされていただけに今回の話はとても良かった、今回のことを糧に椎菜にはもっと頑張って欲しいですね。

07

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年11月16日 (月)

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 第7話「踏み出す生徒会」

0711 0712

夏休み。特に議題にすることもないのに集まる生徒会メンバー。そんな中、会長の思いつきで合宿をすることになる。目的地は東京。会長が飛行機嫌いみたいなので寝台列車で行くことに。

0721 0722

みんなの持ち物をチェック、各々のキャラに合った中身だが、一番凄かったのはやっぱり真冬ちゃんかな。ほとんどゲームハード、小腹が空いたときはうまい棒、これって装備万端なのか?

0731 0732

夜。おお!真冬ちゃん、リボンを外したとこ初めて見たけどやっぱり可愛い!でも、リボンを外しただけで実の姉にもわからなくなるなんて、あのリボンはそれほどまでに大きな存在だったのか!ちなみに真冬ちゃん、本当に夜は寝ずにずっとゲームしてました・・・。

0741 0742

アイキャッチも真冬ちゃんか、そういえば今回は先ほどから真冬ちゃんばかり取り上げてるな。まあ、ここの管理人は真冬ちゃん好きなんで仕方ないですね(笑)

0751 0752 0753 0754

Bパート、東京に到着・・・っていきなり宿かよ。昼間は暑さでぐったりしていて会話もなかったみたい。夜になり、怪談話を。会長、やっぱりこういうのはかなり苦手みたいです。恐い話をされてご立腹の会長は罰として会長命令。それぞれ指定された語尾をつけての会話。その中で一番注目を浴びたのはやっぱり知弦さんの「もきゅ」でした。

0761 0762

翌朝。天気はあまりよくなく、お金を出し合ってジュースを購入し、海を眺める。

0771 0772

そして、合宿終了。でも、合宿する前と何らかわったことはなさそう。唯一の収穫は知弦さんの「もきゅ」だけだったようです。次回はリリシアさんの妹登場回か。

07

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2009年11月15日 (日)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第32話「大総統の息子」

シャオメイを探していたエドとアル。だが、全く手がかりがなくどこへ行ったのかもわからない状況だった。

当のシャオメイは北を目指していた。スカーは軍の追撃を逃れながら目的地を目指し、キンブリーはそのスカーの動きを追っている。一方、ヒューズの墓前に立つロイにもとに現れたのは女装をしたグラマン。ロイは今まで起こったことを全て話す。

図書館で錬丹術について調べていたエド、そこにアームストロングがロイの遣いで現れ、シャオメイが北へ向かったという情報を教える。さらに紹介状を渡し、北のアームストロング少将に会うように言う。

同じく調べものをしていたアルにセリムが話しかけてくる。そこにエドもやってきて、話の流れでセリムが大総統の息子だとわかり、驚く2人。その後、屋敷に招かれたエドとアルはセリムと話をする。そこにブラッドレイが戻ってきて家族の話を。セリムは養子だとわかる。

少しややこしい目にあった2人だったが、当初の目的のため、シャオメイを追って北を目指すことに。ということで舞台はまだ踏み入れたことのない北の地へ。

次回、「ブリッグズの北壁」

| | コメント (0) | トラックバック (9)

とある科学の超電磁砲 第7話「能力とちから」

0711 0712

連続する爆破事件、通称・グラビトン事件はその被害規模を徐々に広げつつあったが、事件の捜査はなかなか進展していなかった。その事件の裏にはいつもかつあげされ、自分を助けてくれない風紀委員(ジャッジメント)に憤りを感じていた1人の男子学生・介旅初矢の存在があった。

0721 0722 0723 0724

ある日、息抜きを兼ねて美琴、初春、佐天の3人は買い物へ。この日、黒子は事件の捜査のため欠席。立ち寄った洋服店で美琴は自分の気に入ったパジャマを見つける。デザインが子供っぽいこともあり、2人の目を盗んで試着しようとしたところに上条さん登場。前回のカバン探しのときの女の子も一緒でした。

0731 0732

一方、事件を調べていた黒子は被害者たちの共通点から一連の事件のターゲットが自分達、風紀委員であることに気づく。そこに重力子の加速が観測される。観測地点は美琴たちのいる洋服店だった。

0741 0742 0743 0744

連絡を受けた初春は美琴と一般人の避難誘導をする。避難を終えたが、さっきの女の子が見つからず、探す初春と美琴。そこに女の子がやってくるが手には爆弾が仕掛けられたぬいぐるみを持っていた。すかさず捨てさせ、美琴がレールガンで吹き飛ばそうとするが・・・。

0751 0752 0753 0754

爆発。外で見ていた犯人の初矢。路地裏で成功を喜ぶが美琴が見つける。美琴は開き直った犯人を殴りつける。あとからやってきた黒子が美琴のことを話し・・・。

0761 0762 0763 0764

初春たちを爆発から守ったのはやっぱり上条さんの幻想殺しでした。みんなは美琴が守ったと思っていることに不服な美琴はなぜ名乗り出ないのかと当麻に聞くが、みんな無事だったんだからそれでいいと言うのでした、さすがです、間違いなく今回の影のMVPでした。

07

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2009年11月14日 (土)

DARKER THAN BLACK-流星の双子- 第6話「香りは甘く、心は苦く…」

Darker_than_black_06_11 Darker_than_black_06_12

突然、ノリオのもとに帰ってきたミチルはケーキを焼く、それが対価らしい。終えると蘇芳にあまり深入りしないよう忠告して去っていく。

Darker_than_black_06_21 Darker_than_black_06_22

蘇芳は初任務。三号機関が輸送している物資の破壊が目的だが、最初にトラックを襲撃した黒は罠にはまってしまい、別の場所へ連れて行かれ、弦馬と対峙。能力が使えないためかなり苦戦を強いられる。

Darker_than_black_06_31 Darker_than_black_06_32

埠頭で見張っていた蘇芳。そこに本物を積んだトラックが到着する。トラックから運びこまれる箱。ジュライによれば中身は銀色の髪のドールだという。

Darker_than_black_06_41 Darker_than_black_06_42

蘇芳が標準を合わせて撃とうとするが逃げてきた黒に止められる。そして、黒が敵を引きつけている間に撤退。

Darker_than_black_06_51 Darker_than_black_06_52 Darker_than_black_06_53 Darker_than_black_06_54

逃げてきた蘇芳だが、今度はミチルに捕まってしまう、蘇芳も自分の能力で応戦、だがそこに観測霊が現れる。ミチルは突如苦しみ出し、そこにノリオが駆けつけるがもう手遅れだった。蘇芳に怒りをぶつけるノリオ。蘇芳は何もすることができずその場を立ち去る。

Darker_than_black_06_61 Darker_than_black_06_62 Darker_than_black_06_63 Darker_than_black_06_64

蘇芳たちと合流した黒は蘇芳に向いてないからもう撃つなと言う。それに対し蘇芳は代わりに酒は飲まないでという交換条件を。札幌を出た蘇芳たちが次に向かったのは函館?それにしても運び込まれたイザナミは銀に関係していると思ったけどまさか銀本人だったとは。過去に一体何が?はやく外伝エピソードが見たいです。

DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc) DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc)

販売元:アニプレックス
発売日:2009/12/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年11月13日 (金)

にゃんこい!第7話「暗くなるまで待って」

711_2 712_2

修学旅行in京都!ということで、旅行中は猫たちの依頼から解放されると思っていた潤平。だが、それは幻想だった。タマから知り合いの猫・マサを京都へ送り届けるよう言われた潤平は荷物の中に隠してなんとか京都へ送り届ける。

721_2 722_2 723 724

依頼を終え、ようやく修学旅行を満喫できるかと思いきや、送り届けたマサから噂を聞きつけた猫たちが次々と依頼を持ってくる。まさに息つく暇もなし、タマに電話するも役に立たないし、旅行だからってベタに風呂覗きなんてやってる場合ではないな。

731_2 732_2 733 734

次の日は自由行動。集合時間は午後5時。楓や加奈子と一緒に回ることになった潤平だが、今度は迷子になった猫が。実はこの子猫の親がマサだった。お礼にと3人が案内されたのはなんと一ノ瀬組。京都が本家らしいです。

741_2 742_2

色々あったが、あっという間に過ぎた修学旅行、帰り際に潤平は楓にストラップをプレゼント、加奈子には何も用意してなかったので殴られました。そういえば、家族からお土産リストアップされてたけどちゃんと買えたのか?

7_2

| | コメント (0) | トラックバック (12)

けんぷファー 第7話「Einladen~招かれざる客たち~」

711 712 713 714

楓の家に遊びに行くことになったナツル、予想通り紅音や雫も同行。到着早々、ポッキーゲームをすることに。どんだけ買い込んでるんだよ?あと、同行した臓物アニマルたちのことに楓はナツルに夢中でまったく気づいていないという設定にされてた。

721 722

楓が集めた臓物アニマルたちを見せてもらう、これだけ部屋中に飾ってあるとやはり不気味だ。中でも楓のお気に入りはヒアブリライオンらしい。

731 732

途中から水琴参戦。カレーを作ってきたのでみんなで食べることになりました。その後、泊まっていくことに。

741 742 743 744

隙あらばナツルを狙う楓。しかしその夜、突如外から攻撃が。そこにいたのは新たなけんぷファー。ブレスレットの色はなんと白。雫によって撃退されるが赤でも青でもない白のけんぷファー、果たして何者か、おそらくいると思われるパートナーのアニマル(主に声)も気になるが。

7

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2009年11月11日 (水)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第6話「身体が、熱いんです……」

0611 0612

新年が明け、初詣。春香、振袖がとてもお似合いです。そいういえば、今回は美夏たちがついてきてないと思ったら、巫女になって潜入してました。

0621_2 0622

後輩たちに連れまわされていた春香だったが、ようやく裕人と2人きりに。歩いているときにぶつかってきた女性、OPの姫宮みらんでした。まさか、劇中に登場するとは。

0631 0632 0633 0634

両親の思い出の場所であるという黄瀬岬に裕人を連れて行く春香。でも、途中で甘酒を飲んで身体が熱くなったり、振袖が着崩れたりと・・・前回春香の出番が全然なかっただけに今回はサービス満載だな。

0641 0642 0643 0644

目的地である黄瀬岬に到着。ここで両親にとって特別な場所だと話し、裕人と出会ってから過ごした1年にお礼を言う春香。裕人に目を閉じさせ、キスする春香、そうえいば春香の母が冒頭に言ってましたね。2人にとって最高の1年の幕開けになったようです。珍しく邪魔も入りませんでした、年の始めですしさすがに空気を読んだのか?

06

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009年11月 9日 (月)

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 第6話「差し伸べる生徒会」

0611 0612

今回の議題は学園祭のテーマ決め。杉崎は「淫ら」を提案、強引に話を進めようとするも深夏によって企画は杉崎もろとも灰にされました。

0621 0622 0623 0624

真冬ちゃんは「競争」を提案、意外とまともかと思いきや、ゲーム限定だった。出店でも飲み物はポーション、食べ物は薬草。おまけに校内に魔物を放つとか。深夏は予想通り「熱血バトル」か。知弦さんは「痛み」・・・やっぱりそっち方面か。しかも何気に真儀瑠先生も賛同してるし!

0631 0632

だが、学園祭の前に別の議題があった。なんと深夏と真冬ちゃんが転校してしまうというのだ。母親が再婚するから、ということらしい。

0641 0642

それからというもの会長は落ち込み気味。深夏を考えを変えさせるため作戦を考える。「団結力というものは時に全ての悪を打破する!・・・会長、せめてこれぐらいの漢字はちゃんと読めてくださいね。

0651 0652 0653 0654

テーマは半強制的に「熱血」。深夏がやりたがっていたという戦隊ものの劇をやるという会長。タイトルは生徒会戦隊ガクエンジャー!・・・ということで配役決め。深夏、イエローなのに設定すごすぎだ、まあそのあとのストーリー設定も相当酷かったんだけど。まさかここで立木さんによるナレーションが聞けるとはな。

0661 0662 0663 0664

話はだいぶ脱線してたけど深夏たちの件が解決したわけではない。簡単に転校するとは言ったものの深夏にもまだ迷いがある。1人屋上にいた深夏のもとに杉崎がやってきて転校しても毎週生徒会の会議に行くと言う、スケジュールまで立てていた。でも、結局、ハーレムといか言って深夏に投げられる杉崎だった。

0671 0672 0673 0674

学園祭のテーマは「祭り」に決定。そして、深夏たちは今年度の生徒会が終わるまで残ることになりました。杉崎と話したあと母親に電話して再婚は来年の3月まで延期してもらったようです。今回もネタが多かったけど普通にいい話で終わりました。

06

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年11月 8日 (日)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第31話「520センズの約束」

リザからイシュヴァールでの話を聞いたエドは決意を新たにアルと合流。以前、戦いの際に錬金術が使えなかった2人だが、あのときその場にいたメイやスカーは術を使うことができた、また同じ頃地上でも術が使えなくなっていたことを知ったエドとアルは2人の術に自分達が使う錬金術にはないものがあると考え、メイの捜索を開始する。

その頃、ロイの部下たちはそれぞれの新たな配属先に向かおうとしていた。ロイはエドに以前貸した金を返せと言ってくる、しかもちゃんと正確な金額覚えてました。エドはロイが大総統になったら返してやると言う。

軍の収容施設でイシュヴァールのときに賢者の石を使っていたキンブリーが釈放されることになった。迎えにきたのはエンヴィー。エンヴィーはキンブリーにスカーの抹殺とマルコーの連れ戻すという仕事と賢者の石を与える。

マルコーから話を聞いていたスカーはマルコーを連れて逃げていた。この国の錬金術について兄の残した研究書の解読をさせるため、顔を焼き、素顔をわからなくし、研究書を隠したという北へ向けて出発する。キンブリーが動き出したことでまたすぐに一波乱ありそうな予感、次回は大総統の息子の話みたいです。

次回、「大総統の息子」

| | コメント (0) | トラックバック (5)

とある科学の超電磁砲 第6話「こういうことにはみんな積極的なんですよ」

0611 0612

最近、小規模ば爆発事件が多発していた。爆発前には重力子の加速が観測されているものの手がかりはそれだけでいっこうに犯人は捕まらずにいた。犯人の能力に興味があった美琴だが、一般人はむやみに首を突っ込まないよう黒子に注意され、そのまま説教に発展。

0621 0622

そのことを初春に愚痴っていた美琴は初春が忘れていった風紀委員の腕章を持っていたために固法先輩に自分の応援だと勘違いされてしまう。そのまま美琴は誤解を解かずに風紀委員の仕事へ。

0631 0632 0633 0634

意気揚々と仕事に向かう美琴だったが、ゴミ掃除や道案内といった自分が想像していた仕事とは違い戸惑ってしまう。なかなかうまくいかない美琴。

0641 0642

次の仕事は子供の落し物探し。子供用カバンをなくしたとか。例の爆発事件のことを思い出した美琴は急ぎカバン探しを始める。犬が銜えて行ったらしいけど。

0651 0652 0653 0654

公園へ。多くの子供に囲まれて対応に困る美琴。そこに例のカバンを銜えた犬を発見。なんとかカバンを取り戻すも噴水に落ちてしまう。

0661 0662 0663 0664

カバンをなくしたという子供を黒子と初春が連れてきて、美琴のことがばれてしまいますが、問題は無事解決、カバンも別に爆発物は仕掛けられてませんでした。子供にお礼を言われる美琴。美琴が風紀委員の仕事の大変さを知った1日でした。次回はまだ解決をみていない爆弾事件の続きです。

06

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009年11月 7日 (土)

DARKER THAN BLACK-流星の双子- 第5話「硝煙は流れ、命は流れ…」

Darker_than_black_05_11 Darker_than_black_05_12

未咲の前に現れたマダム・オレイユは対契約者兵器や真実の記された三鷹文書、キーワード「イザナミ」のことを教える。それ以外に打つ手がなかった未咲は三鷹文書について調べるがそこに小林からある物資の輸送の指令が下り、BK201が札幌に潜伏しているという情報が得る。

Darker_than_black_05_21 Darker_than_black_05_22 Darker_than_black_05_23 Darker_than_black_05_24

一方、黒たちの潜伏場所に追跡者が現れ、黒が戦っている隙に蘇芳たちを脱出させる。後日、再び特訓再開。

Darker_than_black_05_31 Darker_than_black_05_32

夜、蘇芳が食べられるという雑草で鍋を作る。味が気になるところだが、久々によく食べる黒を見た気がします。

Darker_than_black_05_41 Darker_than_black_05_42

蘇芳に初の任務。三号機関の輸送する物資の破壊が目的。トラックが港に着くまでに破壊できなかった場合、船に運びこむ隙を狙って蘇芳が狙撃する。果たして成功するのか、そして物資が何かも気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年11月 6日 (金)

にゃんこい!第6話「ミルク&ビター&シュガー&スパイス」

0611_2 0612_2

潤平の前に現れたツインテールの少女は猫地蔵の呪いのことを知っていた。とりあえず、話をしてみることにした潤平、彼女は同じ学校の後輩らしい。潤平が捜していると当の本人、桐島琴音から唐突にラブレターを渡される。すぐに彼女は立ち去ったが、再び潤平の前に現れると態度が先ほどとまるで違う。告られてフラれた!?

0621_2 0622_2 0623 0624

放課後、神社に呼び出された潤平。実は彼女は双子の姉妹、琴音と朱莉だった。しかもこの2人、あの住職の実の娘だったという事実も判明。最初は潤平に敵意を示していた朱莉だったが、階段から落ちそうになったところを潤平に助けられてから態度一変。またフラグ立てたな。まあ姉の琴音のほうは単に不幸体質な人が好きなだけらしいが。ちなみに彼女たちは霊感が強くて退魔術の心得もあるので呪いのことを知っても大丈夫らしいです。

0631_2 0632_2 0633_2 0634_2 0635 0636

休日、2人が潤平を訪ねてくる。猫の依頼を引き受ける潤平だが内容は2人の飼い猫であるノワールとタマの仲裁役だった。とりあえず、町中を歩いてみることに。そこに犬の散歩中だった楓に会う。以前、楓が朱莉との会話を聞いてしまったことを知った潤平はなんとか誤魔化す。でも、途中からノワールとタマの口論がうるさくて楓の話が聞こえなくなり、つい黙れ!と叫んでしまい、楓は立ち去ってしまう。またしても、不幸に見舞われた潤平・・・。

0641_2 0642_2 0643_2 0644_2

依頼はなんとか終わったけど代償も大きく・・・。って普通に公園でアイス食べてるし!端から見たらかなり羨ましい状況だろう。だが、そこに加奈子や凪が押しかけてくる。ひと悶着あったあと、説明してなんとか誤解を解くことができました。次回は修学旅行の話です。

06_3

| | コメント (0) | トラックバック (9)

けんぷファー 第6話「Heimkehr~敵か味方か~」

0611 0612

突如、ナツルの幼馴染である水琴が帰国しました。ナツルが朝起きるとカレーを作っていて・・・ってなんて格好してんですか!

0621 0622

文化祭2日目。ナツルはクラスでやってるメイド・・・のようなもの喫茶の手伝いを。そこに雫、そして楓が来店。雫によればそろそろ新しいけんぷファーが現れるとか。

0631 0632 0633 0634

楓と一緒に文化祭を回ることになったナツル、2人でお化け屋敷へ。楓は気づかなかったがどこからか攻撃されるナツル。楓を置いて追いかけていくとそこに待っていたのは赤のけんぷファー。武器は日本刀か。そのまま戦いになるがナツルは徐々に追いつめられる、そこに紅音が助っ人に。途中でナツルは敵の正体が水琴だと気づく。

0641 0642 0643 0644

雫が止めに入って戦いは終了。それぞれ変身を解くがナツルの正体を知った水琴は驚く。それぞれ事情を話し、停戦協定を結ぶ。雫は調べたいことがある、と。水琴が持っていた臓物アニマルはチッソクノライヌ、声は能登さんかよ!やっぱり臓物アニマルシリーズのCV豪華すぎ。次回は楓の家でお泊り回か。

06_2

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009年11月 4日 (水)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第5話「…いい…」

0511 0512

執事・メイドの忘年会に招待された裕人。会場は乃木坂家ということでメイド隊が全員登場。現在欠番だという序列2位、一体何があったのか、みんなの様子からただ事じゃない感じがするけど・・・。

0521 0522 0523 0524

そして、今回はその中でアリスちゃんメインの話か。あと、ほかのメイド隊と同じく初登場の序列4位・楠本水面、重要な仕事や仕切りを任されているらしいです。あとは再登場のシュートだっけ?なんか二度目の登場で噛ませ犬的なポジションが板についてきたな。

0531 0532 0533 0534

ごたごたが解決し、アリスちゃんに懐かれた裕人、しかも初めて裕人の前で喋った!メイド隊との絆も深まってよかった、よかった。でも、春香の出番が少なかったですけどね。

05_2

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009年11月 2日 (月)

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 第5話「休憩する生徒会」

0511 0512

季節は夏。生徒会室のエアコンが壊れてしまったため水着で過ごすことに。それにしても、生徒会室で水着とはな。杉崎にとっては嬉しいことこの上ないなずなんだけど目隠しされてました。さすがに対策はしっかりしているな。

0521 0522

それでもめげない杉崎は自身の妄想力で補うことに・・・さすがだ。

0531 0532

今度は目隠ししたまま知弦さんとお喋り。話題は交換殺人!?知弦さんが言うとシャレに聞こえない・・・。

0541 0542

お次は深夏と真冬ちゃん。深夏の暗示によって真冬ちゃんは「鍵は敵」と認識、杉崎に躊躇無く攻撃を仕掛け、大変なことに。でも、おかげで目隠し取れました。

0551 0552 0553 0554

Bパートになると、杉崎はロッカーに閉じ込められてました。ご丁寧に施錠までされているあたりさっきよりひどくなってるな。知弦さんや真冬ちゃんが朝が苦手という話に。あれ?なんか杉崎、ロッカーと一体化してないか、ありえない動きしたよね?

0561 0562

真冬ちゃん、試験期間中でも朝までネトゲとは・・・。学校では読書(BLとかゲームの攻略本)。じゃあいつ寝てるんだろう?

0571 0572 0573 0574

みんなプールへ。杉崎は置いてかれました、でも施錠は外されてました。そこへ深夏が戻ってくる。ただ、髪を下ろしていたので深夏だとすぐには気づかなかった杉崎。確かにとびきりの美少女だったな、いつもの深夏もいいがこれはこれで違った魅力を感じる。それにしても髪型少し変えるだけで印象ってだいぶ変わりますね。

0581 0582 0583 0584

会長が戻ってきて再びロッカーに入れられた杉崎。まさかこのまま忘れられてしまうなんて。夜、真儀瑠先生が見回りに来て助けを求める杉崎でしたが、そのまま成敗されちゃいました・・・。

05

| | コメント (1) | トラックバック (8)

2009年11月 1日 (日)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第30話「イシュヴァール殲滅戦」

今回は過去にあったイシュヴァール殲滅戦の話。

リザのもとを訪れたエドは彼女からイシュヴァール殲滅戦のときの話を聞く。同じ頃、スカーも捕まっていたマルコーから当時の話を聞いていた。

大総統の決定によりイシュヴァールの殲滅作戦が開始された。その戦場にロイやヒューズ、リザもいた。作戦は進んでいくが、国民を守るべき軍人がこうして国民を殺していることにリザたちは納得がいかずにいた。

マルコーたちは捕まえたイシュヴァール人たちを使って賢者の石の精製を行っていた。またイシュヴァール人のトップがブラッドレイと対面し、自分の命と引き換えにまだ生き残っている民を助けてほしいというが、結局それで戦いが終わることはなかった。

殲滅作戦終了後、ロイは上に行ってすべてを変えようと決意。リザはロイの補佐官となった。

話を聞き終えたエドだったが、まずは自分達の体を取り戻すことが優先、アルのためにも決意を新たにするのでした。

ED後にエンヴィーがマルコーの部屋にやってくるがそこでエンヴィーが見たものは・・・?

次回、「520センズの約束」

| | コメント (0) | トラックバック (5)

とある科学の超電磁砲 第5話「とある二人の新人研修」

0511 0512

今回は黒子と初春が出会った頃の話です。二人が出会ったのは小学生の頃、風紀委員の訓練のときでした。

0521 0522 0523 0524

時は現在に戻り、外で仕事をしていた黒子と初春。そのとき警報が鳴り、車上荒しの現場に居合わせる。初春が応援が来るまで待つべきというが黒子が独断先行してしまい、結局逃がしてしまう。初春は自分が注意すべきだと警告したにも関わらず1人犯人確保に走った黒子を責める。

0531 0532

佐天が風紀委員177支部にやってくるが、初春はまだ機嫌が悪く・・・。一方、黒子も先ほどのことをだいぶ気にしている様子。美琴はなぜ二人がコンビを組んでいるのか尋ねる。

0541 0542 0543 0544

再び昔の話。ある時、偶然立ち寄った郵便局で強盗事件が発生。民間人の避難が優先だが、黒子は犯人確保に走る。取り押さえることには成功したが、犯人はもう1人いて、初春が人質に取られてしまい、先輩は負傷。黒子はなんとか、初春を外に転移させることに成功するが、当時はまだ自身を転移させることができなかった。さらに犯人には投げたものを破壊するか能力を解除しない限り一定の速さで進み続ける能力・イコールスピードを使ってくる。

0551 0552

ピンチに陥る黒子だったが、偶然通りかかった美琴の助け舟のおかげでなんとか犯人を確保することに成功する。2人が交わした自分の信じた正義を曲げないという約束、この事件がきっかけでした。

0561 0562

美琴にこのときの経緯を話した黒子は約束を思い出し、車上荒しを居場所を掴んだという初春を追いかけていきました。ということで今回は黒子と初春の過去のエピソードでした。

05

| | コメント (0) | トラックバック (11)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »