« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

大正野球娘。第5話「花や蝶やと駆ける日々」

511 512

家が呉服屋である雪が運動着を用意してきました。準備ができ、いよいよ本格的な練習を開始。

521 522 523 524

ランニング。終わった頃にはみんなへとへと。記子が抜けて8人となってしまったので9人目が見つかるまでは当分基礎トレーニングをするというアンナ先生。普通の練習をするために急いで9人目を探すことに。

531 532 533 534

乃枝の提案で、足の速い人を探そうと陸上部へ。ここで乃枝が注目したのは短距離をやっていた菊坂胡蝶。なんと彼女は偶然にも鏡子と同じ部屋のルームメイトでした。

541 542 543 544

後日、胡蝶を勧誘。盗塁をやってもらい、彼女の走りを直に見る。胡蝶の走りはやはり野球向きだと確信する乃枝。陸上部で記録に伸び悩んでいたこともあり、彼女は9人目のメンバーになることを決意。めでたく9人が揃いましたが、ランニングはまだまだ続く。まあ、当分は基礎体力をつけることが最重要課題ですからね。

次回、「球は広野を飛び回る」

| | コメント (0) | トラックバック (8)

狼と香辛料Ⅱ 第4話「狼と浅知恵の末路」

411 412

少し前まで余裕を見せていたロレンスだったが、事態が思わぬ方向へ急転。ロレンスは自分の油断が原因だと潔く認める。よそ者であるロレンスはこの町の値段の変動(風向き)は予測するのは不可能。マルクに相談するも、難しいと。そこでロレンスは黄鉄鉱の暴落をたくらむ。

421 422

ロレンスはアマーティに決闘という名目の大きな取引を持ちかける。銀貨500枚分の黄鉄鉱を買い取ってほしいと言う。信用買い、代金は今もらい、翌日の夕刻に黄鉄鉱を渡す。つまり、翌日に黄鉄鉱の値が上がればアマーティか得をし、下がればそれ相応の損失を受けるというもの。アマーティはこの取引を受ける。

431 432 433 434

ロレンスの作戦、祭りが終わる頃に麦の値段が上がるという噂を流す。商人たちは黄鉄鉱を売り払い、本来のものの買いつけに走る。そして、もう1つ、マルクの黄鉄鉱を買い集めてほしいというが、行商人と町商人とでは立場が違うと断られてしまう。だが、マルクの助言でこの町の錬金術師たちが持っている黄鉄鉱には手がつけられていないことに気づき、ロレンスは走り出す。果たして勝負の行方は・・・?

次回、「狼と希望と絶望」

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年7月30日 (木)

宙のまにまに 第4話「夜明けまで」

411 412

今回は天文部の夏合宿の話。夏休み、合宿場所は東北のとある湖畔。観測にはもってこいの場所らしいです。

421 422 423 424 425 426

なんと偶然にも文芸部と合宿が重なる。しかも、宿泊所の格差酷すぎ・・・どう見ても手入れすらしてない廃墟じゃないか。美星、清掃開始。みるみるうちに綺麗に。恐れ入りました。

431 432 433 434

夜になり、ようやく活動開始。夕食の灯はキャンドル、これは美星のアイデア。夏合宿の第一夜は天の川。ここまで鮮明なのは見たことないです。ここまで綺麗に見えるとは。そして、夜明け。EDも今回は特別仕様でとても良かったです。合宿はまだ始まったばかりなので次回も期待。

次回、「言葉の星」

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年7月29日 (水)

涼宮ハルヒの憂鬱 第17話「エンドレスエイト」

1711_2

今回が15524回目の夏休み。

1721 1722 1723 1724

これが始まってからもう1ヶ月以上経ったのか、このぶんだと次回も終わらないな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年7月28日 (火)

かなめも 第4話「はじめての、プール」

411 412 413 414

今週がなぜかミュージカル仕立てな話。今月の販売促進用のチケットをみんなに配る代理。ウォーターランドに入場チケットを見つけるゆめ。かなは今まで夏休みにどこにも出かけたことがなく、ラジオ体操は毎年皆勤賞・・・なんて不憫な娘だ。そこでみんなでウォーターランドに行こうという話に。

421 422

はるかによる代理やかなのスク水姿の妄想。まあ、こればかりは、はるかに同意せざるを得ない。

431 432 433 434

ということで、水着を買いにきた面々。ここはなんか完全にミュージカルっぽくなってました。最後にかなはみんなのご厚意で水着を買ってもらいました。

441 442 443 444

水着も揃ったところでようやくウォーターランドに行けるかと思いきや、代理に怒られる。新聞配達の休みもみんなばらばらなので全員で行くことは不可能。仕方なく、仕事を戻るがみんな水着を着たまま仕事に出てしまいました。みんなノリノリでやってる・・・・かなを除いて。

451 452 453 454

とうとう水着で新聞の勧誘を始める。そこに美華までもが参戦。結果、一部の固定の客から多くの契約をとることに成功する。いいのか?こういう勧誘の仕方って・・・。

461 462

帰ってくると代理がビニールプールを用意してくれていました。ウォーターランドには行けなかったけどみんなでプールを楽しむことができました。

4

次回、「はじめての、みんなでお風呂」

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年7月27日 (月)

咲 -Saki- 第17話「悪夢」

Saki_1711 Saki_1712

大将戦前半が終了、衣は圧倒的な実力を見せつけ、2位の咲に27000点もの差をつけた。

Saki_1721 Saki_1722 Saki_1723 Saki_1724 Saki_1725 Saki_1726

後半戦まで5分間の休憩。落ち込む池田のもとに美穂子が訪れる。言葉が見つからない美穂子は時間まで池田の傍にいる。ゆみのもとにはモモが差し入れを。衣のもとにやってきた藤田プロ、衣は麻雀を打っているのではなく打たされていると言われるが衣にはその意味がよくわからず・・・。トイレを探していた咲はまたしても道に迷っていた。和に見つけられる、そしてあのときの約束を咲に思い出させる。時間がなくなり、そのまま対局室に戻ることに。

Saki_1731 Saki_1732 Saki_1733 Saki_1734

後半戦開始。衣の勢いは止まらず、3度目の海底。東二局、親は衣。追いつめられた池田は完全に衣の餌食となり、ついに0点ジャストに。しかも、衣は0点にするためにわざと手を安くしていた。この状況で、清澄と鶴賀は風越以外からの出和了りしかできなくなってしまう。

Saki_1741 Saki_1742 Saki_1743 Saki_1744

だが、役なしで和了ることができなかった池田に対し、咲は池田が和了れるようにわざとカンする。これにより窮地を脱するが、点差はまだ大きい。だが、衣もこれには驚きを隠せない。いよいよ咲が本領発揮。今回の話で、先日発売された単行本最新6巻の話に突入、そろそろ原作に追いつく・・・というより追い越しそうです。

Saki_17

次回、「繋がり」

THE 夢のヒットスクエア キャラソン対局編 Music THE 夢のヒットスクエア キャラソン対局編

アーティスト:TVサントラ,宮永咲(植田佳奈),天江衣(福原香織),池田華菜(森永理科),加治木ゆみ(小林ゆう),原村和(小清水亜美),龍門渕透華(茅原実里),福路美穂子(堀江由衣),斎藤桃子
販売元:ランティス
発売日:2009/07/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009年7月26日 (日)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第17話「冷徹な焔」

ヒューズ殺害の容疑をかけられ、捕まって軍から尋問を受けるロス少尉。様々な証拠を突きつけられて不利な状況に。

そんなとき、新聞でロスがヒューズ殺害の犯人と断定したという記事を見たエドとアル。同じ頃、ロスが拘束されている留置所にあのバリーが勝手に襲撃し、密入国者として捕まっていたリンを助け、ロスのもとへ。バリーから先のことを聞かれ、ロスは脱獄することに。

ロスの脱獄を知った軍に射殺命令が下る。ロスとリンを連れて逃走するバリーはエドとアルに鉢合わせる。バリーはロスを1人逃がすが、そんなロスの前にロイが立ちはだかる。

あとから追ってきたエドの前にいたのはロスを容赦なく抹殺したロイの姿だった。怒りをあらわにするエドだったが、ロイはずっと表情ひとつ変えることはなかった。後の検査から焼死体はロスと断定される。ロイを恨むエド、アームストロングも今回の件には納得していない様子。リザは休暇願いを出す。

エドは突然アームストロングに連れられ、どこかへ行くことに。一方、ホムンクルスたちは今回の留置所襲撃にバリーの仕業だったことを知り、新たな刺客を送り込もうとしているようですが・・・。そして、邪魔者はいなくなったと言っていたロイの真意は・・・?

次回、「小さな人間の傲慢な掌」

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年7月25日 (土)

ハヤテのごとく!!第17話「桜の下で」

1711 1712

突然ナギの部屋に降ってきたのは宇宙人のマヤ。なんでも、墜落した宇宙船を探しているとか。

1721 1722 1723 1724 1725 1726

ストーリーも大事なんですが、今回の目玉はなんといってもヒナと歩の温泉シーンでしょう!今回はこれが見られてだけで大満足です。

1731 1732 1733 1734

ハヤテは夜、伊澄のもとを訪ねる。マヤの宇宙船探しを手伝っていたナギも伊澄のところへ。またしても、厄介な事態を引き起こしてしまい、結果ナギは宇宙船に閉じ込められてそのまま発進してしまう。

1741 1742 1743 1744

力を取り戻した伊澄によってハヤテはナギのもとへ。無事に再会したナギとハヤテは操縦席へ、そこにいたのは雪路・・・宇宙船飛ばした犯人はお前か。あとから追ってきたマヤによってなんとか無事に戻ることができました。

1751 1752 1753 1754

最後はみんなでお花見。帰り際にナギの母のお墓の前で自分の執事・ハヤテを紹介するナギ。ということで、今回で下田温泉編完結。次回よりホワイトデー編です。

次回、「ホワイトデーの懲りない人々」

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年7月24日 (金)

大正野球娘。第4話「これから」

411 412

朝香中との練習試合に敗れたことがショックで晶子が学校を休んでしまう。また、記子は新聞部との掛け持ちはやはり無理ということで脱退。雨が続き、練習もできず、状況は悪くなるばかり。

421 422 423 424

心配になった小梅は晶子の家へ。晶子が元気そうで安心する小梅だったが、帰りに車で送ってもらったときに運転手から一昨日から食事もとらずに寝込んでいることを聞く。

431 432

後日。小梅のもとに岩崎ともう1人(名前忘れた)が訪ねてくる。晶子のことで相談したいという岩崎。彼は彼なりに考えていることはわかるが、女性に対する考え方を変えなければ小梅も晶子も納得はできないだろう。

441 442 443 444

その後小梅は急遽、晶子のもとへ。晶子は前の試合の結果があまりにも無様だったことを悔やんでいた。彼らに人として対等に見てもらうためには挑戦した野球しかないと言う小梅。それを聞いた晶子は行動開始。6時に部室に集合。学校に着いた小梅は巴を使い、落ち込んで練習に出てこない鏡子をうまく丸め込むことに成功。

451 452 453 454

部室に集まった一同。そこにアンナ先生が来て、みんなの覚悟を改めて確かめる。そして、改めてスタート・・・と思ったが記子が抜けたことでメンバーが1人足りなかったことを思い出す。次回よりユニフォームが出来上がり、本格的に練習が開始、そして残る1人はどうなるか・・・。

次回、「花や蝶やと駆ける日々」

大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray] 大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/10/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (7)

狼と香辛料Ⅱ 第3話「狼と埋まらない溝」

Ii_311 Ii_312

ホロがロレンスから借金をしているという話を聞いたアマーティはロレンスにある契約を申し出る。それは、ホロの借金を自分が肩代わりし、次の日の夕方までにその額を支払った暁には自分とホロの婚姻をロレンスに認めさせるというものだった。

Ii_321 Ii_322

宿に戻ったロレンスはホロに事情を話す。今回のことに自信満々のロレンス、それはアマーティも同じようで。どこかで思わぬ落とし穴にかからなければいいけど・・・。

Ii_331 Ii_332 Ii_333 Ii_334

そんな中、祭りが始まる。祭りを楽しんだホロはいつもどおり酔いつぶれてロレンスが部屋を連れ帰る。そんなとき、ロレンスにマルクからの伝言とディアナからの手紙が。ホロに聞かれて、ヨイツのことを調べていて、有益な情報が手に入ったことを話す。それからロレンスは手紙を置いてマルクのところへ。

Ii_341 Ii_342 Ii_343 Ii_344

ロレンスが宿に戻るとホロは手紙を読んでしまったことで泣いていた。自分の故郷がもうないかもしれないと。そのことを黙っていたロレンスに怒るホロ。自分が1人になってしまったというホロにロレンスは返せる言葉がなかった。2人に出来た溝はさらに深まるばかり、事態は悪くなるばかり。2人は溝を埋めることができるのか。

次回、「狼と浅知恵の末路」

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009年7月23日 (木)

宙のまにまに 第3話「プラネタリウム」

311 312

朔が入学してもう2ヶ月。目立ちたくない朔は空気人間キャンペーン実施中。だが、それは例によって教室に乗り込んできた美星によってあっけなく瓦解する。誤解を招くような美星のセリフ、朔は周囲から入学以来最もワイドショーな男として認識されていた。

321 322 323 324

とうとう朔はこの日の部活をエスケープし、図書館へ。そこで偶然にも生徒会長に会う。なぜ本が好きなのに天文部にいるのか聞かれる朔。美星の強引な勧誘もあったけど朔は朔なりの考えを持っているようです。

331 332 333 334

後日。季節は梅雨時、星がなかなか見ることのできない季節。それゆえに美星は雨続きのせいで星を見ることができずに倒れていた。そこでプラネタリウムへ行くことになりました。確かにこの季節にはちょうどいいかもしれないですね。プラネタリウムか、小さい頃に行ったきりです、たまには行ってみようかな。次回は夏合宿の話です。

3

次回、「夜明けまで」

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年7月22日 (水)

涼宮ハルヒの憂鬱 第16話「エンドレスエイト」

1611

今回が15521回目の夏休み。

1621 1622 1623 1624 1625 1626

気が付けば、エンドレスエイトが始まってもう1ヶ月が過ぎました。だが、今回も特に進展なし、今月中に終わるんだろうか。今回は古泉の出番がいつもより多かったような・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月21日 (火)

かなめも 第3話「はじめての、スマイル」

311 312

夏休みの登校日、かなは風新新聞で働くようになってから初めての登校となる。かなが起きると代理はすでに小学校へ。パンを銜えて登校するというシチュエーション、朝ごはんはパンというキーワードだけで、はるかより早くこれが頭に浮かんでしまったのにはちょっとショックでした、もう手遅れですね、色々と。

321 322

拡張、つまりは新聞の勧誘。代理は学校で営業スマイルを駆使しながら日々拡張に精を出している様子。それにしても、明らかに別人ですね、猫をかぶるってレベルじゃないですよ。表と裏が違いすぎる。なんとも恐ろしい小学生・・・。

331 332 333 334

一方、かなの学校では美華が転校してきました。やっぱり、くぎゅ様が演じていることもありますが、アニメ界では典型的なツンデレキャラですね。

341 342 343 344 345 346

帰宅したかなは代理から完璧な拡張スマイルをマスターするよう言われる。だが、かなのスマイルは相手に底知れぬ恐怖を植えつけるようなスマイルだった。一体どんな顔なんだろうか。ここで偶然(?)にも美華と遭遇、何をしてたのか。そんな美華が花日新聞の者だと知るや、態度が一変した代理。代理はかなに美華と一緒に拡張に行くよう命じ、美華の隣で笑うよう言う。つまりは、拡張阻止か、黒すぎる、小学生とは思えないくらい黒いよこの娘。

351 352 353 354 355 356

そして、事は代理の思惑通りに進む。・・・代理、恐ろしい娘。

361 362 363 364

美華はかなの笑顔のための特訓に付き合うことに。特訓開始。別れ際にはお互いを下の名前で呼び合える仲に。

371 372

特訓の末、体得したスマイル。だいぶよくなったけど営業向けじゃないよね、これ。美華との別れ際のときの笑顔が1番良かったと思いますよ。

3

次回、「はじめての、プール」

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年7月20日 (月)

咲 -Saki- 第16話「結託」

Saki_1611 Saki_1612

前回の槍槓で咲にプレッシャーを与えることに成功したゆみ。そんな中、ついに衣が動き出す。圧倒的な威圧をその身に感じ取る咲。

Saki_1621 Saki_1622 Saki_1623 Saki_1624 Saki_1625 Saki_1626

海底撈月。ここから衣の快進撃が始まる。厳しい状況に立たされた池田、衣の海底を阻止しようとするが、いとも簡単に海底コースに戻されてしまう。そして、衣の思惑どおりに2連続海底。龍門渕が再びトップに。

Saki_1631 Saki_1632 Saki_1633 Saki_1634 Saki_1635 Saki_1636

衣の海底阻止も重要だが、今はそれ以上に自分が逆転するために高い手を狙おうとする池田。だが、思わぬ凡ミス。このままでは衣に3度目の海底を許してしまう。だが、ゆみが故意に咲に振り込んだことによりなんとか阻止。

Saki_1641 Saki_1642 Saki_1643 Saki_1644 Saki_1645 Saki_1646

衣の支配は完全ではないと考えたゆみ、だが、この状況下では余裕がないのは当たり前、池田の振込みを逃しはしなかった。ゆみの親。だが、衣が強力な圧迫感を発動、これにはさすがのゆみにも感じ取れたようで。衣が再び動き出す。2連続で跳満に振り込んでしまった池田、状況は絶望的に。このまま衣に流れを持っていかれ前半戦終了、龍門渕が他校を一気に突き放した結果に。残るは後半戦のみ、強すぎる衣相手に咲はどう動くか。

Saki_16

次回、「悪夢」

咲-Saki- 2 初回限定版 [DVD] 咲-Saki- 2 初回限定版 [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/08/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年7月19日 (日)

らじおん!公開録音 イベントレポ

本日、けいおん!のWebラジオ「らじおん!」の公開録音に行ってきました。当選したときは嬉しくて嬉しくて今日という日を楽しみにしていました。こういうイベントに当選したのは初めてだったんで・・・。

開場1時間くらい前に到着、整理番号は200番台だったので可もなく不可もなくといった席で見ることができました。多少時間がかかりましたが、なんとか入場。会場内でアンケートを記入したり、物販で予定外の出費があったり・・・今月はけいおん!関連でいくら使うんだろ?ミニアルバムやブルーレイも既に予約済み・・・でも後悔はしていない。

そして、いよいよ開演時間。トークに生演奏にと最高の内容でした。もっと詳しく内容をまとめたいのですが、来れなかった人のために口外しないよう言われてるので、今回の模様は後日の配信を是非聞いてくださいね。

http://www.tbs.co.jp/anime/k-on/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第16話「戦友の足跡」

今週はセントラルへ戻ってきたエドとアル、一緒についてきたウィンリィがヒューズの死を知ってしまう話。

第五研究所について調べていたロイはエドとアルに会うが、ヒューズは軍を辞めて田舎へ帰ったと嘘をついてしまう。だが、2人はあとから会ったロス少尉からヒューズの死を知ることになってしまう。

真実を知ったエドは自分が巻き込んでしまったからとただ自分自身を責め、ヒューズの妻・グレイシアにただ謝るばかり。しかし、グレイシアは夫の死を無駄にしないためにも立ち止まらないでほしいと言う。

軍の裏ではエンヴィーやラストが暗躍。いろいろと調べているロイに釘を刺す一環として、軍内部を操り、ロス少尉がヒューズ殺害の容疑者候補として拘束されてしまう。また、ロイの部下・ジャンの恋人になりすましていたラストは情報を聞き出そうとしていた。次回はさらに状況が動きそう。

次回、「冷徹な焔」

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009年7月18日 (土)

ハヤテのごとく!!第16話「スターダストメモリー」

1611 1612

謎の隕石が落下した影響で不思議な効能があるという温泉を求め、伊豆の下田へ向かった面々。途中で迷子になったナギは偶然にも西沢さんと遭遇し、一緒に合流地点である熱海へ向かうが謎の殺し屋に狙われる。ちなみに今回も三千院家の私道を走っています。

1621 1622 1623 1624

ナギを追っていたハヤテは自分を狙ってきた伊澄の曾祖母をうまく丸め込み殺し屋に狙われるナギと西沢さんのもとへ駆けつける。そのまま伊澄の曾祖母は殺し屋たちの始末を引き受け、その間にハヤテたちは合流地点へ向かう。

1631 1632 1633 1634

なんとか熱海に着いたナギたち。ハヤテはナギの命で西沢さんと自転車で下田へ向かうことに。ナギとマリアさんの引率はヒナが引き受けてくれました。とても嬉しそうな西沢さん、今回はある意味彼女のターンだったのかもしれない。

1641 1642 1643 1644

下田に到着したナギは疲れて眠ってしまい、母親の夢を見ていた、当時からナギはこんなに賢かったのか。咲夜と温泉に行ったナギはのぼせてしまいました。それをハヤテが介抱するも、なんの恥じらいもなく裸のナギを抱きかかえたことにナギをご立腹。

1651 1652

その夜、ナギの部屋に突如何かが空から降ってくる、そこにいたのは宇宙人・・・?次回で下田温泉編完結らしいです。

次回、「桜の下で」

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年7月17日 (金)

大正野球娘。第3話「娘九つの場を占めて」

311 312

ついに9人のメンバーが揃いました。クラブの名前は「櫻花會」に決定。学院公認で野球をするために許可を取りにいく。すると、学院長が同好会としてですが、許可をしてくれました。

321 322 323 324

部室として提供された小屋はあまりにもボロボロだったので自分たちで直して、周りも整備することに。ようやくスタートですね。

331 332 333 334

アンナ先生指導のもと練習開始。少しずつではありますが、上達していっています。練習の後、アンナ先生から全員のポジションを発表される。ピッチャー・晶子、キャッチャー・小梅、ファースト・静、セカンド・雪、サード・巴、ショート・環、レフト・鏡子、センター・記子、ライト・乃枝。

341 342 343 344

なんと早くも練習試合を申し込んだという乃枝。しかも相手は晶子の許婚がいるという朝香中。しかし、あまりにも早いのでは・・・?そして、試合当日。特別ルールで試合は3回まで、10点差がついた時点でコールドゲーム。結局、試合は11対0で惨敗。やっぱり時期が早すぎたんでしょう、でも敗北を経験しないと強くなれないですしね。まだまだ先は険しそうです。

次回、「これから」

大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray] 大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/10/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (9)

狼と香辛料Ⅱ 第2話「狼と嵐の前の静寂」

211 212

ロレンスはホロの故郷であるヨイツについて調べるため、年代記作家を探す。そこでロレンスはバトスという男と会うことになり、待ち合わせの酒場へ。そこで、ロレンスはアマーティと再会、部屋で1人でいるホロを街案内をかねて祭りへ誘いに行く。

221 222 223 224

バトスと会ったロレンスは彼の案内で錬金術師がいるという区域へ向かう。バトスの紹介で会ったのはディアナと名乗るの女性。ロレンスはさっそく北の地・ヨイツについての伝説を尋ねる。ヨイツという町は月の狩る熊によって滅ぼされた町だという。ヨイツの場所をを知りたいロレンスにディアナはレノスという町に伝わるヨイツのホロウと名乗る一匹の大きな狼の昔話をする。大きな手がかりをつかんだロレンス。

231 232 233 234

その夜、ホロはかなり酔っ払って帰ってくる。翌朝、ホロは前日のことについて話す。そんな話を聞いているとそこにマルクの弟子がやってくる。マルクの伝言を聞いたロレンスは大慌てで宿を飛び出す。一体何が起こったんでしょうか・・・?

次回、「狼と埋まらない溝」

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年7月16日 (木)

宙のまにまに 第2話「ファーストスター」

211 212

朔が天文部に入部したことにより部員数は4人となったが、正式な部になるためにはあと1人足りない。だが、あれから入部希望者はゼロ。

221 222 223 224

休み時間になる度に、朔の教室にやってくる美星たちをあまりよく思っていなかったのはクラスメイトの蒔田姫。姫は美星に注意をするもまったく効果はなく・・・。朔が気になる姫、なるほど、過去にこんな出会いがあったのか。当の朔は覚えていないみたいですけど。

231 232 233 234

日直の仕事で放課後残っていた姫と朔。そこに美星が乱入。屋上で星を見るということで朔を呼びにきた美星、姫を誘われて一緒に行くことに。そこで姫は朔と美星が付き合っていないと知り、天文部へ入部する。

241 242 243 244

なんとか5人揃い、正式な部として発足したが、生徒会長から活動計画書にクレームが。まああの内容なら仕方が無い、美星が書いたんだろうか?部長の提案でこの日の夜に観測会をすることになるが、またしても大雨でうまくいかず・・・。美星が朔の家に連絡し、みんなで行くことに。

251 252 253 254

翌日は今度こそ観測会。北斗七星に春の大曲線、これだけ鮮明に見れるとすごくいいですね、あんまり鮮明に見れたことがないので羨ましいです。最初にしてはいい観測会になりましたが、帰り道に自転車の後ろに部長を乗せることになった朔が大変そうでしたね。

2

次回、「プラネタリウム」

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年7月15日 (水)

涼宮ハルヒの憂鬱 第15話「エンドレスエイト」

1511

終わらない夏休みはまだまだ続きます。

1521 1522 1523 1524 1525 1526

そして、今回も残念なことに完結せず。長門がものすごくつまらなそうにしている表情が見ていて本当に不憫です、今回で15513回目。まあここまで来たら次回完結しなくても驚かないと思いますけどね。噂通り6話構成なんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年7月14日 (火)

かなめも 第2話「はじめての、新聞配達」

211 212 213 214

かなが起床したときにはもう誰もおらず、それを見たかなはみんなが宇宙人に連れ去られてしまったと勘違い。なぜそういう結論に行き着く?ちなみにみんなは配達に行っているだけです。かなは朝食の準備にとりかかる。

221 222 223 224

代理のすすめで試しに夕刊を配ることになったかなだったが、なんと自転車に乗れないことが判明、そこでみんなに協力してもらって自転車を乗る練習をすることに。しかし、そう簡単には乗れるようにならず・・・。

231 232 233 234 235 236

でも、徒歩で配達することになったかな。順路帳の苗字、これって中の人を意識した設定(?)、突然降ってきた雨でかなは雨宿り。ここでくぎゅ様演じる美華が登場。どうやら道に迷ってしまったようですが、かながついていってあげました、別れ際に名前を聞かれていましたが、かなのほうは名前を聞きそびれてしまいました。

241 242 243 244

ようやく配達を終えて戻ってきたのは夜8時。そんなかなをみんなは温かく迎えてくれました。代理からも少しは認められたようですが、どうやら代理ははるかに様子見を頼んでいたのでした。それにしても、初仕事を無事終えられたときって自信がついたりしてなんかいいですよね。

2

次回、「はじめての、スマイル」

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年7月13日 (月)

咲 -Saki- 第15話「魔物」

今回からOPが変わりました。曲はLittle Nonで「bloooomin'」。

Saki_1511 Saki_1512 Saki_1513 Saki_1514

副将後半戦は透華が前半戦終了時同様、無警戒でリーチに振り込んでしまうという驚くべき展開から始まった。そんな中、和がリーチ。ステルスモードになったモモだったが、和には見えていた、これにはモモも驚き。

Saki_1521 Saki_1522 Saki_1523 Saki_1524 Saki_1525 Saki_1526

副将戦終了、後半は全然目立てなかった透華、なんというか透華にとっては散々でしたね。順位はなんとか清澄がトップを維持。次はいよいよ大将戦、和は咲とバトンタッチ。モモはゆみに強敵相手に一番得点を稼いだことを褒められゆみに抱きつく。実はけっこう楽しみにしていたシーン。

Saki_1531 Saki_1532 Saki_1533 Saki_1534

ついに始まる大将戦。池田、咲、ゆみの順に対局室に入り、最後に衣登場。

Saki_1541 Saki_1542 Saki_1543 Saki_1544

大将戦開始。さっそく咲は2連続嶺上開花を見せつける。これにはみんな驚きを隠せない。だが、咲の3度目の嶺上開花をゆみがそれ以上に珍しい役で阻止。ここで今回ゆみがあがった「搶槓」について補足説明、他家が加槓したときその牌が自らの和了牌であったときこの1翻役が成立する、今回でいうと咲が槓したリャンソーがゆみの和了牌だったことになります。大将戦は序盤から驚きの展開が続きますが、次回はいよいよ衣が動きだしそうです。

Saki_1551 Saki_1552 Saki_1553_2 Saki_1554 Saki_1555 Saki_1556 Saki_1557 Saki_1558

EDも変更。曲は前EDと同じメンバーで「四角い宇宙で待ってるよ」。決勝4校のSDキャラと清澄メンバーの水着が眩しい内容となっています。これからの季節にぴったりですね。

Saki_15

次回、「結託」

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009年7月12日 (日)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第15話「東方の使者」

今週より新章突入、ということでOPとEDも一新されました。

活動を再開したスカーはヨキとともにセントラルを目指していた、そこに東の大国であるシンから来たという少女・メイと出会う、彼女は錬丹術という力を持っていた。なんでも、不老不死の法を求めてやってきたとか。

一方、ウィンリィのもとを訪れたエドとアル。またしても、オートメイルの修理を頼むが頻繁に壊されているためウィンリィはかなりご立腹の様子。応急手当をしてもらい、部品が集まるまで時間を潰すことになった2人。そんな中、2人はシンから来たというリン・ヤオという男と出会う。なんとリンは不老不死の法を求め、賢者の石を探していた。

石について何か知っていると思われ、リンの部下である2人と戦うことになったエドとアル。少々苦戦はするものの、なんとか2人を捕獲することに成功したエドとアル。しかし、街のあちこちを壊してしまい、修復させられることに。その間にリンと部下は逃亡。

ようやく戻ってきたエドとアルを出迎えたのはなぜかリン。なんでもリンはシンの国の王子で現在後継者争いが起こっていることを話す。そこにウィンリィが来て、先ほどの戦闘で取れてしまったエドの腕を見て、エドはまた怒られました。

セントラルで調べものをするというエドとアルに付いていくというウィンリィ、石の手がかりを知りたいリンも付いてく気満々でした。

次回、「戦友の足跡」

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年7月11日 (土)

ハヤテのごとく!!第15話「下田温泉湯けむり旅情」

1511 1512 1513 1514

伊豆に隕石が落下した影響で温泉に不思議な効能が話題となり、ナギはマリアさんやハヤテとともに下田へ温泉旅行に行くことに。なんでも、温泉に入ると女性は胸が大きくなり、また頭が良くなり主に数Ⅰを中心に理数系の成績がアップ、神秘の力が使えなくなった人はその力が回復、そしてなにより成長が促進するという。これに反応したのがヒナ、西沢さん、伊澄、そしてナギ。

1521 1522 1523 1524 1525 1526

3月12日早朝、西沢さんは自転車で伊豆を目指して出発。この日、ナギたちも出発。しかし、さっそくナギは迷子になってしまう。ハヤテは電車から飛び降りてナギを探しに行こうとするがマリアさんを1人にしておくわけにもいかず・・・。そんなとき、偶然にもヒナと会ったハヤテはマリアさんのことをヒナにお願いして電車を飛び降りてナギを探しに行く。

1531 1532

一方その頃、ナギは森の中になぜか建っているラーメン屋にいた。そこに偶然にも西沢さんと遭遇。成り行きで西沢さんの自転車に乗せてもらったナギ、にしても三千院家の私道ってのには無理があるだろ。

1541 1542 1543 1544 1545 1546

西沢さんから借りた携帯でマリアさんに電話するナギ。そこにナギを狙う殺し屋出現。大急ぎで逃げる2人。その頃、連絡を受けたハヤテは急ぎ、ナギのもとへ向かう。まあ、次回には目的地に着くみたいですが。

次回、「スターダストメモリー」

| | コメント (0) | トラックバック (4)

大正野球娘。第2話「春の長日を恋ひ暮らし」

メンバーはまだ足りませんが、朝から練習をすることになった面々。小梅は補習を口実にはやく家を出る。

この日、雪が監督役に英語教師のアンナ先生を連れてくる。いよいよ練習を開始、しかし、ガラスを割ってしまい、ほかの先生が飛んでくるもののアンナ先生含めみんな白を切っていました、なんというか野球の練習=ガラスが割れるってパターンはいつの時代も一緒なんですね。

この日からあと5人の仲間を見つけるためにメンバー勧誘を行うがなかなか見つけることができない。そんな中、クラスメイトの月映巴が何やら野球の話に興味を持ち始めていた。そんなある日、巴の運動神経の良さを見抜いたアンナ先生は巴を勧誘に来る。また、その頃、雪は幼馴染の石垣環に声をかけていた。

巴の実力が披露され、晴れて巴はメンバーに加わる。それを見た双子の妹の静も参加を表明、さらに巴は後輩の桜見鏡子と新聞部の尾張記子を引き込む。残るメンバーはあと1人、そこに雪が連れてきた環が加わり、9人となりました。

まさか、今回でメンバーが揃うとは。これで次回からようやく本格的な活動ができそうですね。

次回、「娘九つの場を占めて」

浪漫ちっくストライク Music 浪漫ちっくストライク

アーティスト:小笠原晶子(中原麻衣),川島乃枝(植田佳奈),宗谷雪(能登麻美子) 鈴川小梅(伊藤かな恵)
販売元:ランティス
発売日:2009/07/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年7月10日 (金)

宙のまにまに 第1話「天文部へようこそ!」

111 112

なんというかこの季節にぴったり合っている感じの作品、原作は未読。OPはスフィアの新曲ですか、今回もなかなかいい曲じゃないですか。

121 122 123 124

第1回目となる今回は主人公の朔が幼い頃あちこち振り回されてトラウマになっている美星と再会する話。しかし、幼い頃と美星はまったく変わっておらず、朔がイメージしていた静かな学校生活はあっけなく崩壊。

131 132 133 134

そのまま天文部へ入部することになるのだが、まだ部員が足りずに正式な部としてはまだ認められていなかった。天文部の面々もなんというか個性派揃い。生徒会にも目をつけられているみたいですし。

141 142

正式な部になるためにはあと1人部員が必要、こういう話ではよくあるパターンですね。勧誘のためにいろいろと策を講じるもののうまくはいかず。果たしてあと1人部員を獲得できるんでしょうか。それにしても星空観察ですか、小学生の頃、夏の星空観察の宿題が出されたときは楽しくて仕方が無かったです、最近じゃめっきりそういう機会がなくなったんですけどね。何はともあれ次回も楽しみです。

次回、「ファーストスター」

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年7月 9日 (木)

狼と香辛料Ⅱ 第1話「狼とふとした亀裂」

111 112 113 114

行商人のロレンスと賢狼ホロの物語が帰ってきました。相変わらず、耳としっぽをよく動かすホロ、すごく可愛いです!ただ、この作品は原作は読んでいるもののまとめるのが難しいのでちゃんと最後まで書けるかがちょっと心配です、1期は途中で挫折したので・・・。今回は頑張ります。

121 122 123 124

リュビンハイゲンを発ったロレンスとホロ。向かった先はもうすぐ祭りで賑わうという街・クメルスン。そこで2人はロレンスと同じ商業組合に所属しているという商人・アマーティと出会う。彼はホロのことが気になる様子。

131 132 133 134

アマーティから宿を紹介してもらったロレンスとホロ。夕食でホロはかなりご機嫌、しかし、翌日は二日酔いで動けず・・・。その日はロレンスは1人で知り合いのもとへ商談に行く。

141 142 143 144

その夜、商談から戻ってきたロレンスはホロに故郷の場所の話をする。ホロが知っていたのは自分の故郷に近い街はニョッヒラということ。近いとはいってもヨイツまではかなりの距離、ロレンスはあまりの範囲が広いということでニョッヒラからは1人で帰れないかと思わず言ってしまう。それを聞いたホロは少し寂しい表情をする。というわけで待望の第2期がスタートしましたが、1期と特に変わったところはありませんでした、OPとEDもとても合っていてよかったです、次回以降も期待。

次回、「狼と嵐の前の静寂」

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009年7月 8日 (水)

涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「エンドレスエイト」

1411 1412 1413 1414

まだまだ終わらぬ夏休み、内容は前回とほとんど変わらず・・・。ただ、プールのときに古泉の飛び込みシーンが追加されてました。しかし、驚いたことに今回で完結しませんでした。内容自体もほぼ前回と同じなのでさすがに見ていて飽きてくる感じはします。

1421 1422 1423 1424

今回で15499回目、またしても、繰り返される夏休み。次回こそ完結してほしいと切に願います。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年7月 7日 (火)

かなめも 第1話「はじめての、ひとりぼっち…」

111 112 113 114 115 116 117 118 119 1110

夏の期待作、かなめもの放送がついに始まりました。原作は既読。詳細が発表されてからかなり楽しみにしていました。

121_2 122 123 124

第1話となる今回はおばあちゃんが亡くなり、身寄りがなくなった主人公・中町かなが風新新聞販売所に住み込みで雇われるまでを描く。

131 132 133 134

風新新聞販売所。ここにはかなり個性的なメンバーが揃う。小学生で所長代理を務める天野咲妃、受験生の東ひなた、百合百合カップルの北岡ゆめと南ゆうき、いつも酒ばかり飲んでいるちょっとアレな西田はるか。

1 12

アイキャッチのイラスト、そろそろ七夕ですからね。

141 142 143 144 145 146 147 148

かなは風新新聞の配達員として雇われることになりました。割り当てられた部屋に入ったかなだが、あまりに荷物がないので不憫に思ったみんながいろいろと恵んでくれました。というわけで、風新新聞販売所の一員となったかなでしたが、まだここが何屋かわかっていませんでした、前途多難ですね。

1_2

次回は早くも美華が登場のようなので楽しみです。

次回、「はじめての、新聞配達」

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009年7月 6日 (月)

咲 -Saki- 第14話「存在」

Saki_1411 Saki_1412 Saki_1413 Saki_1414 Saki_1415 Saki_1416

副将戦前半もいよいよオーラス、このままでは和のパーフェクトゲームになるが、それを黙って見ている透華ではない。あくまでデジタルに徹する和に対し、透華は自身が和より目立つためにデジタルを捨てる。これがうまくいき、和のパーフェクトゲームを阻止した上に龍門渕が清澄を逆転し、トップに。このまま勢いに乗ろうとする透華だったが、思わぬ伏兵が。そう、ここからはステルスモモのターン!無警戒でリーチに振り込んでしまった透華は驚きを隠せない。ここで前半戦終了。

Saki_1421 Saki_1422 Saki_1423 Saki_1424

といわけでモモ、今回より本格的に登場、この日を待っていた!

Saki_1431 Saki_1432 Saki_1433 Saki_1434 Saki_1435 Saki_1436 Saki_1437 Saki_1438 Saki_1439 Saki_14310

ここでモモの過去の話。昔から存在感がなかったモモ。その場にいるのかも気づかないというのには正直驚きですが。それゆえにコミュニケーションというものを完全に放棄していたモモ、これがさらに存在感の無さに拍車をかけたのでした。そんなモモを見つけてくれたのが、大将のゆみだった。これがモモの麻雀部入部のきっかけでした。

Saki_1441 Saki_1442 Saki_1443_2 Saki_1444 Saki_1445 Saki_1446

さて、副将戦も後半戦に突入。ついに本領を発揮し始めたモモ。透華はまたしてもリーチに無警戒で振り込んでしまう。ここで勝つことはモモにとって自分を見つけてくれた先輩への恩返しになる。次回はいよいよ副将戦に決着。そして、ついに大将戦へ。

Saki_14

次回、「魔物」

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年7月 5日 (日)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第14話「地下にひそむ者たち」

セントラルに着任したロイは周囲から嫌みを言われる対象になるが、当の本人はそんなことはもらろもせず、大総統に会いにいくが、視察で不在だと言われる。

グリードとエドの戦いにイズミが乱入、だがグリードは先にアルを連れて逃げた部下たちのもとへ逃亡。そこにブラッドレイ率いる軍が押し入ってくる。ブラッドレイの命で敵の殲滅を開始する軍。地下へ逃げたグリードだったが、その前にブラッドレイが立ちはだかる。グリードの部下を瞬殺したブラッドレイ、アルの中にいた仲間も容赦なく殺す。

アルが気がついたとき目の前にはエドがいて、アルは失っていた記憶を取り戻すが、肝心の人体錬成についてのことは結局よくわからず・・・。そして、今回の軍の行動に疑問を持つエド。

その後、グリードはブラッドレイのよってある場所へ連れて行かれていた。そこにはラストたちが。ブラッドレイの正体は年を取るホムンクルス、憤怒のラース。そして、グリードが父と呼ぶ存在、彼に背いたグリードは業火の釜に入れられ処分されてしまう。今回は一気に状況が動いた感じでした、告知があったように次回より新章に突入しまう、おそらく次から主題歌も変わるかと思います。

次回、「東方の使者」

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2009年7月 4日 (土)

ハヤテのごとく!!第14話「鷺ノ宮家の一族」

1411 1412 1413 1414 1415 1416 1417 1418 1419 14110

今週は本編の前に第2回人気キャラ投票の結果発表!10位から2位までの順位は以上の通りとなっています。そして、栄えある第1位を獲得したのは・・・。

1421

2位のマリアさんに獲得票数を倍以上の差をつけたヒナギク大勝利!やったー、圧倒的じゃないですか、さすがです!ヒナおめでとう!!

1431 1432 1433 1434

というわけでようやく本編。今回は伊澄とその家族の話。本調子でない伊澄の力を取り戻すためには限界ギリギリまで追いつめられたハヤテの生血が必要だとか、なぜここまでピンポイントなんだろう。

1441 1442 1443 1444

伊澄のためにハヤテを狙う伊澄に曾祖母・銀華。ずいぶんと幼女な顔だと思ったら人の限界ギリギリの血で若さを保っているらしいです。結局、ハヤテが血を提供したんですが、あれだけ吸われたらさすがにまずいのでは・・・。今回は人気投票でヒナが1位とったことで充分だったんで、ここまでにします、次回は温泉旅行に行く話です。

次回、「下田温泉湯けむり旅情」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年7月 3日 (金)

大正野球娘。第1話「男子がすなるという、あれ」

111 112 113 114 115 116

夏の新アニメの中でも個人的に期待作である「大正野球娘。」の放送が開始されました。ちなみに原作は読んだことないです。

121 122 123 124

主人公・鈴川小梅がセーラー服を着て、歌いながら街紹介。なんとなくその時代を思わせるような感じがしました、でも夢だったんですが。

131 132 133 134 135 136

というわけで、ようやく本編へ。友人である小笠原晶子から相談したいことがあると手紙で呼び出された小梅。それは一緒に野球をしてほしいという相談だった。その後、クラスメイトたちに協力者を募る。すると、希望者が3人来てくれる。まだ、人数が足りないのでこの日は級長の宗谷雪から聞いた早稲田の野球部の練習を見学しに行くことに。しかし、あまりにも壮絶な練習風景に小梅と晶子以外は全員逃亡。

141 142 143 144

次の日から晶子とともに残り7人の仲間を探す小梅だが、小梅自身も辞めたい気持ちでいっぱいだった。その日の夜、雪が小梅を訪ねてくる。雪は野球に必要な道具や始めるために必要なことを教える。道具を揃えるためのお金、家や学校の許可など問題は山積み。

151 152 153 154 155 156

翌日。小梅と晶子の前にメガネが特徴のクラスメイト・川島乃枝が現れ、野球についての質問や晶子がなぜ野球をやりたいのかその理由を聞いてくる。晶子が野球をやりたい理由、それは先日のパーティーで野球の選手だという男性に「女性は家庭に入るものであって、学歴は関係ない」と言われたのが悔しかったからだった。話を聞いた乃枝はメンバーの加わるという。さらには雪も仲間になってくれました。ということであと5人!

161 162 163 164

とりあえず、1話が終わりましたが、期待通りの内容でした。主題歌やキャスト陣も言うことなしですね。これからが楽しみです。

次回、「春の長日を恋ひ暮らし」

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009年7月 2日 (木)

新番組2009-夏

7月に入り、今期の新作アニメの放送も始まっている頃なので恒例の今期の視聴計画をやりたいと思います。作品数こそ春に比べてかなり少ないですが、視聴が確定している作品の一部を紹介してきます。

「CANNAN」 http://www.canaan.jp/#skip_pos

「大正野球娘。」 http://www.tbs.co.jp/anime/taisho/

「狼と香辛料Ⅱ」 http://www.spicy-wolf.com/top.html

「かなめも」 http://www.starchild.co.jp/special/kanamemo/

「懺・さよなら絶望先生」 http://www.starchild.co.jp/special/zetsubou3/top.html 

「GA 芸術科アートデザインクラス」 http://mv.avex.jp/ga/ 

ほかにも視聴予定のものがいくつかあるんですが、継続するかはわからないのでとりあえず、これだけにしておきます。まあ、おそらくなんだかんだで見るんでしょうけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

涼宮ハルヒの憂鬱 第13話「エンドレスエイト」

1311 1312 1313 1314

予想どおりといえば予想どおり、再び始まる夏休み最後の2週間。突如、ハルヒから呼び出されたキョンはSOS団メンバーで市民プールへ。みんな普通に楽しんでいるようだが、そんな中でキョンは妙な既視感を覚える。

1321 1322 1323 1324 1325 1326 1327 1328

ハルヒが計画したこれからの活動内容、翌日は浴衣を着て盆踊りに花火。ここでもなんとなく最近経験したような感覚がするキョン。次の日は昆虫採集(セミ取り)。一番多く捕まえたのはやはりハルヒ。

1331 1332 1333 1334

次の日の夜、突如みくるから電話をもらったキョンは急ぎ、みくる、長門、古泉の待つ待ち合わせ場所へ。みくるから事情を聞くものの禁則事項だらけでまったく理解できず・・・。古泉によれば自分たちが8月17日から31日までの時間を延々と繰り返しているという。そして、その原因となっているのがやはりハルヒ。何かやり残したことがあると感じているためにこのような事態を引き起こしているらしい。長門によれば今まで繰り返してきた回数は15498回、そして時間を超越している情報統合思念体の一部である長門はそのすべての記憶を持っていた。

1341 1342 1343 1344

それだけの回数をただ1人記憶を持ったまま経験してきた長門。自分の役割は観測だからと言う長門だが、今までどんな気持ちで過ごしてきたかを考えると辛くなります。

1351 1352 1353 1354

ハルヒがやり残したと感じていること、その答えが見つからない限りこの夏休みは終わらない、解決するのは次回に持ち越しみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »