« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月30日 (金)

CLANNAD~AFTER STORY~第16話「白い闇」

・・・ついにこの回が来てしまいました。アフターに入ってから時間の流れがすごく早い気がします。

日を重ねるごとに渚の体調は悪化していき、昼間は朋也の代わりに早苗さんが渚に付き添ってくれていました。そして、時間は流れ、クリスマス、渚の誕生日です。プレゼントはもちろんだんご大家族です。

年が明けて正月。久々に演劇部の面々が集まりました。ことみは両親がしていたという隠された世界の研究をしているそうです。その話を聞いた朋也は終わった世界の女の子、渚が演じた劇の話を思い出し、なぜ自分があの話を知っていたのかと考え込む。

街に大雪が降り、街や交通機関がすべて麻痺した日、渚は熱を出し、同時に予定より二週間早い陣痛が始まった。すぐに秋生さんと早苗さん、八木さんが駆けつける。渚は何度も意識を失い、痛みで目を覚ますことを繰り返した。見ていて非常に辛く苦しい光景だった。朋也は必死で渚を励まし続けた。そして、無事に汐を出産する、しかし、渚の「少し疲れてしまいました。ちょっとだけ、休ませてください・・・」という言葉を最期に彼女が目を覚ますことはなかった。

自分と出会わなければ渚が死ぬこともなかった、そうすればこんな悲しみが生まれることもなかったと後悔ばかりする朋也。最期の回想シーン、二人がどれだけ幸せな時間を過ごしてきたか手に取るようにわかります、もうこのあたりからずっと泣いてました。最後に、今回ぐらいはあの明るいEDはなしにしてほしかったですね。

次回、「夏時間」

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2009年1月29日 (木)

とらドラ!第17話「クリスマスに水星は逆行する」

今週よりついにOPが変わりました。曲は実乃梨役・堀江由衣さんで「silky heart」です、そういえば、もう発売してますね、早く買いにいかねば。

前回、亜美に言われたことをずっと気にしていた実乃梨。試合中もそのことが頭から離れなく、本来勝てるはずだった試合も彼女のエラーで負けてしまう。

季節はもうすぐクリスマス。停学中だった大河も後日よりようやく復帰。というか大河、クリスマスが近いからといって少々浮かれすぎでは?サンタのためにいい子にしていようとか、なんか今までの大河とは正直別人に思える言動の数々。

翌日より大河、学校に復帰。前回の大河とすみれの喧嘩騒ぎで大河に多くのファンができてました。会長となった北村、失恋大明神としてお昼の放送で恋愛相談のコーナーやってました、というかゲスト、ペンネーム使ってもバレバレじゃないですか。そんな北村から校内で有志運営によるクリスマスパーティの開催が告知される。

さて、前回の次回予告から楽しみにしていた亜美のサンタコスが見られたわけですがなんと春田の夢の中の話でした。一体、いつもどんな夢見てんだよ。

クリスマスパーティの話を聞いた大河はチャンス到来と言わんばかりに竜児に実乃梨を誘うよう指示をする。大河は準備委員になり、実乃梨も誘うのだが先日の失敗から元気がない実乃梨は今は浮かれている気分ではないと言い、さらにパーティにも出ないと言う。

夜、竜児は文化祭の景品でもらったすみれのノートを持ってみんなで勉強会をすることに。場所は実乃梨がバイトしているファミレスだったが彼女の姿はなかった。勉強会で集まった面子は竜児、大河、北村、春田、能登、木原の6人。春田と能登は北村と大河がくっついてほしいようで、木原は明らかに北村が好きみたいで、竜児が大河のことを好きだと思い込んでいるようで、木原と話した竜児もかなり困惑してるみたいです。これからさらにゴタゴタした展開になりそうですね。

さて、EDも今週より変更。曲は大河、実乃梨、亜美の3人が歌う「オレンジ」。こっちも発売中、はやく買ってフルで聞きたいです。

次回、「もみの木の下で」

silky heart(初回限定盤)(DVD付) Music silky heart(初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:堀江由衣
販売元:キングレコード
発売日:2009/01/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Music オレンジ

アーティスト:櫛枝実乃梨(堀江由衣),川嶋亜美(喜多村英梨) 逢坂大河(釘宮理恵),逢坂大河(釘宮理恵),櫛枝実乃梨(堀江由衣),川嶋亜美(喜多村英梨)
販売元:キングレコード
発売日:2009/01/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2009年1月28日 (水)

宇宙をかける少女 第4話「まつろはぬ者達」

今回は秋葉の通う学校の学園祭の話・・・・ですが今回もレオパルドの指令でほのかと動いています。なんでも会場内にレオパルドに必要なものがあるらしいのですが、当のレオパルドといえば秋葉のPCで呑気にネットサーフィンを楽しんでいた。ちゃんとPCが使えているところが正直驚きだ。

理事長室に呼び出しを受けた秋葉。なんとレオパルドから犯行予告が届いたらしい。しかも秋葉のPCから発信されたものだとわかり、秋葉は一目散にレオパルドのもとへ。PCを没収されてしまいました。なんか自分の知名度がどれくらいなものか自分の名前で検索をかけていたようですが期待通りの結果は得られなかったようで・・・まあ当然だろうけど。

その頃、いつきは校内で暴れている箱みたいなのをかぶった男を追っていたが生徒会の活躍で事態は沈静化した。その後、いつきと出くわした秋葉はいつきがICPの者だとようやく気づく。

その夜、秋葉はほのかとともにレオパルドに必要なものがあるという再建特区にある校内に潜入し、目的の場所までたどり着くがいつきに捕まってしまう。そんなときレオパルドの声がし、スーツの制御に介入し徐々に服が消されていく。そして、巻き添えをくらういつき。二人は大急ぎで脱出を始め、最後はイモちゃんに助けられる。女性の敵となったレオパルド、二人の怒りの矛先は間違いなく奴に向いているのであとで酷い目に遭わされることまちがいないですね。ちなみに目的の物はほのかが手に入れてくれたようです。

次回、「鋼鉄の乙女」

宇宙をかける少女 Volume 1 (DVD) 宇宙をかける少女 Volume 1 (DVD)

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2009/04/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年1月27日 (火)

続 夏目友人帳 第4話「雛、孵る」

家の庭の木に鳥の巣を見つけた夏目。孵った雛は皆巣立っていって残された巣に一つだけ卵が残されているのを見つけた夏目。その残った卵を寝ているにゃんこ先生を使ってあたためることに。

同じ頃、家の前には謎の妖が。家の表札の横に妖が書いた謎の文字。最初は「陸」、翌日は「伍」、次は「肆」。夏目はこれが何かのカウントダウンであることに気づく。そんなとき突如、夏目の前に現れた謎の妖は巣にあった卵の所在を聞いてくる。話によると自分の主の命で卵を探しているらしい。卵を渡せば、食べられてしまうことを知った夏目は警告を受けるものの本当のことを話さなかった。

そして、ついに雛が孵りました。にゃんこ先生によると辰未という妖の雛だそうです。にゃんこ先生は卵かた孵ったからタマちゃんと命名。辰未は生まれたとき最初に見た者の姿になるらしくとても可愛らしい姿でした。夏目はタマに服を作ってあげました。ある日、夏目が帰宅するとタマは部屋に自分の巣を作っていました。

日に日に成長するタマでしたが、どんどん衰弱していきました。そんなある日、タマを狙っていた妖が現れてこちらに渡すように言ってくるが夏目はタマを連れて外へ逃げる。にゃんこ先生もなんか簡単に動きを封じられますし、挙句の果てに鼠から豚だと思われたり・・・散々ですね。

タマを連れて逃げた夏目だったが追いつかれてしまう。しかし、そのときタマが急に成長、巨大化し妖を咥える。あまりに急に成長したために我を忘れてしまうタマ。でも、夏目のおかげでなんとか正気に戻る。タマの背中に乗って家に戻った夏目。そして、ついに別れの時が訪れ、タマは巣立っていきました。

今週もとても心温まる話ですごく良かったです。

次回、「約束の樹」

| | コメント (0) | トラックバック (21)

2009年1月26日 (月)

みなみけ おかえり 第4話「あるべき秩序が」

冬馬の食べていたおやつをつまみ食いしたことで手痛い一撃を受ける夏奈。先週に続き、食べ物の恨みってやっぱ恐ろしい。

「南家の序列」。冬馬がどんどん男らしくなってきていることを聞いた夏奈は女らしくではなく、もっと男らしくすることを考える。しかし、徐々に話がずれて南家の序列の話になり、夏奈と千秋が食事中であるにもかかわらず争い始める。そんなとき冬馬がやってくるがそこで見た光景は春香からアイアンクローという制裁を受ける二人の姿だった。春香の必殺技、正式名称は「アイアンクロー フロムキッチン 対面式」。さすが、初代番長の名はだてではありませんね。

「冬馬対ナツキ」。帰りが遅かったりするために最近ナツキに怒られがちになっている冬馬。その対抗策として夏奈は冬馬に一枚の写真を渡す。冬馬が帰宅するといつものようにナツキが待っていた。そこに冬馬は夏奈から渡された写真をナツキに見せる。それを見てナツキは固まる。写っていたのは寝起き姿の春香だった。夏奈の言うとおり効果はあったけど春香本人に知られないことを祈るばかりだ。

「冬馬の誕生日」。冬馬の誕生日が近いということでプレゼントを考える兄貴3人。しかし、相変わらず話がまとまらず、一向に決まる様子ではない。

「新キャラ・ヒトミ」。ナツキの目を見るだけで何を考えているかわかるというナツキのクラスメイトのヒトミが登場。なんか声が高校生っぽくないですね。ナツキと話すヒトミだがそのときのナツキの目で自分が年上の女性だと見られていると思い込む。だが、ナツキに視線の先には春香がいました。

その後、マキに大人っぽくなる方法を聞きに行くヒトミ。マキはいつも努力してそうだから方法も知っているかもってそれはいくらなんでも失礼だろ。そんな二人の前に保坂登場。傘を持っているのになんでずぶ濡れ?なんでも春香に傘を貸すためにわざわざ家まで一番いい傘を取りに行ったらしい。ツッコミどころ満載だが面倒なのでやめときます。

保坂の話から傘を貸すことが大人っぽいと勘違いしたヒトミはナツキに自分の折りたたみ傘を渡すがそれはピンク色でしかもウサギ柄。さすがのナツキもこれは素直に受け取れない。ヒトミもビニール傘あるならそっちを貸せばいいのに。しかし、雨はあがり結局傘は必要なくなりました。

最後に、こんな出来事があったからかどうかはわかりませんが、冬馬へのプレゼントは折りたたみ傘になりました。しかもなんの柄もない黒の傘。これから冬馬の男らしさはさらに加速しそうですね。次回はマコトをはじめとする千秋の学校の面々が出てくるようです。

次回、「楽しくなる」

みなみけ おかえり 〔初回限定版〕 [DVD] みなみけ おかえり 〔初回限定版〕 [DVD]

販売元:キングレコード
発売日:2009/04/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2009年1月25日 (日)

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第16話「悲劇への序章」

ハーキュリー率いる反乱軍によって軌道エレベーターが占拠される。この事態をニュースで見ていたセルゲイに軍から連絡が入り、密命を受ける。

クーデターによってアフリカタワーが占拠されたことを知るソレスタルビーイングだがスメラギはクーデターが起こることを知っていたであろうイノベイターがこの事態になるまで何もしなかったことに疑問を持っていた。しかし、クーデターの情報を知った刹那もアフリカタワーに向かっていると確信し、行動を開始する。

軌道エレベーターを包囲したアロウズはオートマトンを投入する。そして、密命を受けたセルゲイが一人でハーキュリーのもとを訪れ、投降するよう説得するがハーキュリーは意思を曲げなかった。内部に侵入したオートマトンは一般市民にも攻撃を始める。しかし、連邦政府はオートマトンの映像は映さず、反乱軍が一方的に市民を殺しているような映像を流していた。

クーデターの情報を得た刹那はアフリカタワーへ向かうがその途中に新型MS・マスラオに乗ったミスターブシドーが現れた。しかもこのマスラオにはトランザムシステムが搭載されていた。刹那もトランザムで応戦するが、そこにロックオン、ティエリア、アレルヤが現れ、ブシドーは撤退する。

無事に刹那は仲間と合流するが事態は新たな方向へ。アフリカタワーの包囲網が解かれつつあることに気づくスメラギ、そしてアロウズの主戦力とともに待機を命じられていたカティ。セルゲイもアロウズは何か手を隠していることに気づく。そして、その予測は現実のものとなる。なんとメメントモリはもう1機存在し、アロウズは反政府勢力、真実を知った市民もろとも始末しようとしていた。果たしてメメントモリはこのままアロウズの思惑どおりに掃射されてしまうのでしょうか。続きが気になります。

次回、「散りゆく光の中で」

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2009年1月23日 (金)

CLANNAD~AFTER STORY~第15話「夏の名残りに」

渚が妊娠したことでいろんな人たちから祝福を受ける朋也。これにより朋也は責任の重大さを実感しながらも必死で渚を支えた。

月日はあっという間に過ぎていくが、朋也は渚と生まれてくる子供のために渚を支え続けていた。そんなある日、渚から自宅出産を提案される。朋也は秋生さんのもとに相談に行くが・・・ってゲームしてる場合じゃないでしょうに。みんなで相談した結果、渚の体に問題がなければということになった。早苗さんからは友人で助産師の八木さんを紹介される。

音楽を聞かせてあげるといいということでみんなで歌を歌う、曲はもちろん「だんご大家族」。このまますべて順調にいってくれればと誰もがそう思うが現実はそうもいかず・・・。朋也は早苗さんと二人で渚のバイト先のファミレスを訪れ、そこで体の弱い渚では出産の際に危険が伴うということを聞かされる。その日、朋也は渚と話すが渚の赤ちゃんを産みたいという決意は固かった。

そんな朋也を秋生さんは自分の秘密の遊び場であるという広場へ連れ出す。ここにはもうすぐ大きな病院が建つらしい。ここで秋生さんは朋也に1期で語られた幼い頃、渚が出かけた両親を待つために雪の中で倒れていた話の続きを語る。あの時秋生さんは渚を抱え、助けたいという気持ち一身ででこの場所に来たと話す、そんなとき日が昇ってきて周りの緑が渚を包んだ気がしたらしい。それ以来、この場所は渚の分身のような気がしてずっと見守ってきたという。そして秋生さんは朋也に「俺たちは家族だ、助け合っていくぞ」と言われ朋也もそれに頷く。

夏も終わりに近づいた日、朋也は渚とともに浜辺を訪れ、子供の名前を考える。「岡崎 汐」、渚に因んだ名前だった。

今年は一緒に海に行けなかったから来年は汐と三人で海へ行こうと約束する。約束するときの渚の表情を見ていたらすごく切なくなりました。

次回、「白い闇」

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2009年1月22日 (木)

とらドラ!第16話「踏みだす一歩」

北村を生徒会長に立候補させるため、大河が生徒会長に立候補する。しかし、北村は立候補しようとはせずに竜児たちの思惑どおりにはならなかった。

その夜、竜児の携帯に生徒会の生徒から電話があり、すみれが近々留学することを知る。それが北村が立候補しない理由だと知った竜児は態度を一変し、北村のもとへ向かう。

北村からすべてを聞いた竜児。その翌日、大河の演説中に髪の色をもとに戻した北村が現れる。これでいつもの北村に戻ってくれたと思ったが北村は肝心の立候補届けをまだ出していなかった。もう締め切りまで時間がない、そんなとき背中を押してくれたのがすみれだった。

そして、選挙演説会。大河が辞退したために演説は北村のみ。その全校生徒が見守る演説の場で北村はすみれに告白する。しかし、すみれにはうまく誤魔化されてしまった。これに落ち込む北村。その後、すみれになぜ北村に答えてやらないかと問い詰める竜児だが大河に今は北村の傍にいるように言う。

そして、当の大河は木刀片手にすみれのクラスに殴りこみをかけた。すぐに竜児やすみれのクラスメイトが止めに入る。お互い本気で戦ったことですみれは本音を漏らす。

騒ぎのあと、廊下で大河の生徒手帳が落ちており中には文化祭で大河と北村が映った写真が挟まっていた。その手帳は亜美が預かることになりその場にいた実乃梨に「罪悪感はなくなった?」言う。この言葉の詳細を知ることはできませんでした。

その後、すみれはアメリカに留学し、北村は生徒会長に当選、大河は二週間の停学になりました。ED後、留学先のすみれのもとに届いた一通の手紙、まぎれもなく大河のものですね、これにはすみれも笑うしかないのでした。

とりあえず、一区切りついたところで次回はクリスマスの話のようです。

次回、「クリスマスに水星は逆行する」

とらドラ・ポータブル! 超弩級プレミアムBOX 特典 ねんどろいどぷち逢坂大河スクール水着ver.付き とらドラ・ポータブル! 超弩級プレミアムBOX 特典 ねんどろいどぷち逢坂大河スクール水着ver.付き

販売元:バンダイ
発売日:2009/04/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (22)

2009年1月21日 (水)

宇宙をかける少女 第3話「黄金のソウルシャウツ」

秋葉たちの前に突如現れたムカデみたいな機械。いきなり攻撃を仕掛けてきたがほのかに助けられ、ゴールデンオーブを入手し脱出する。秋葉たちを襲ったのはネルヴァブというらしいです。このネルヴァブの攻撃を受け包囲したICPは次々と攻撃を受けていく。

無事にコロニーにたどり着いた秋葉はレオパルドの指示どおりにゴールデンオーブを取り付ける。するとなんかみなぎってきたらしく本来の力が覚醒し、秋葉に黄金銃を持たせて指示どおりに撃たせてネルヴァブを倒す。

その後、秋葉はボロボロになりながらレオパルドのもとへ。力を取り戻したレオパルドは上機嫌だが調子に乗ってイモちゃんににっころがしと言ってしまい、それを聞いたイモちゃんは普段からは考えられないほど怒り、言いたい放題にレオパルドを罵り、レオパルド、心が折れ撃沈。

一方、ICPではいつきの独断行動が上層部に目をつけられる。それでも真相を知りたいいつきは始末される前に死亡したという事実を作り、変装して秋葉の学校に転入してくる。正体がばれないように下山むつみ行動し、秋葉から情報を聞き出すために彼女と親密な関係になろうとするがなかなかうまくいかない。しかもほのかにICPだと知られて始末されそうになったり、生徒会はむつみの正体がICPの一員だと気づいているようですし前途多難ですね。

次回、「まつろはぬ者達」

宇宙は少女のともだちさ Music 宇宙は少女のともだちさ

アーティスト:神凪いつき(遠藤綾),河合ほのか(牧野由依) 獅子堂秋葉(MAKO),獅子堂秋葉(MAKO),神凪いつき(遠藤綾),河合ほのか(牧野由依)
販売元:ランティス
発売日:2009/02/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2009年1月20日 (火)

続 夏目友人帳 第3話「妖怪退治 湯けむり行」

冒頭で水溜りの前で困っている妖の神輿を助けた夏目。こうしたものは夏目にしか見えないから助けられるのも夏目ぐらいなんですよね。

さて、今週は名取周一登場の回。表の顔は人気俳優だが裏では妖祓いをしている。そんな彼に夏目は温泉旅行へ誘われる。ペットも大丈夫ということでニャンコ先生も大喜び。

普通に温泉旅行を楽しむ夏目だったが旅館に着いてから妖が関係していると思われる妙な現象が起こったりする。押入れの物音が気になった夏目は押入れを開けてみる、するとそこには封がしてある壷が置かれていた。しかし、嫌な感じがしたので開けずに放置することに。

しかし、その夜再び押入れから物音がして調べてみると壷の封が破られ、中身がなくなっていた。夏目が旅館内を探すとスミエと名乗る妖が現れ、名前を返してほしいと頼み込んでくる。名前が戻ればこの地から去ると言った妖の言葉を信用した夏目は名を返すが、その直後夏目に襲い掛かってきて、夏目は騙されたことに気づく。そんなとき夏目は名取に助けられ、すでに用意していた結界のある部屋に逃げ込む。実は今回の温泉旅行の名取の目的はこの旅館の妖が封印されているか確認することだった。

スミエが結界にやってくるが効果がなく、ピンチの陥るが突如現れた妖が夏目たちを助けてくれる。実はこの妖、冒頭で水溜りで困っているところを夏目に助けられた妖だった。

こうして二人と一匹による一泊二日の少々どたばたした温泉旅行は幕を閉じました。

次回、「雛、孵る」

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2009年1月19日 (月)

みなみけ おかえり 第3話「ケンカでも」

冬馬が楽しみにとっておいたあの店のプリンをナツキが食べてしまったため南家三姉妹のもとに今晩泊めてほしいとやってきた。事情を聞いた春香は表情を変え、ナツキに電話で説教を始める。なんていうか食べ物の恨みってやっぱり恐ろしいです。結局、プリンは家にあった二つとたまたまタケルが買ってきた三つを合わせてなんとか丸く収まりました。

内田が田舎から送られてきたリンゴをおすそ分けにやってくる。しかし、それを見た春香はなんか様子がおかしい。その後、千秋がやってくるがリンゴを見るなり気分が悪いと言って部屋から去ってしまった。夏奈が部屋を離れる際、内田に部屋に置かれているダンボール箱の中身を見るなと警告する。だが、内田は気になって中身を見てしまった。中に入っていたのはたくさんのリンゴ。内田はみんなの様子がおかしかった理由を悟るが、夏奈に見つかってしまう。その後、冬馬が遊びにやってくるがそこで倒れた内田を発見する。おやつ時を狙ってきたと言う冬馬は春香の作った焼きリンゴに喜ぶ。ちなみに内田は2個でダウンしたらしい。

冬馬が帰宅したとき元気がないことに気づくナツキはおみやげにリンゴ1個を渡される。その1個のリンゴを前にして3人の兄貴たちはそれで冬馬が喜ぶものを作ろうという結論に行き着く。しかも焼きリンゴとは・・・今冬馬に持っていったら返り討ちにされること間違いない。

千秋の中にあるという春香姉さまを任せられるフォルダ。夏奈の言うとおり空っぽなのは間違いないだろうね、夏奈はたまに鋭いところを突いてくることがありますね。

春香がナツキに甘いお菓子の作り方の手ほどきを電話でしているため春香が作りかけのカレーを夏奈たちが代わりに仕上げることに。しかし、春香とナツキの会話、夏奈と千秋と冬馬の会話がごちゃ混ぜになってしまい、甘すぎるカレーとカレー味のお菓子がそれぞれ出来上がりました。

冬馬のプリンをナツキがまたしても食べてしまい、冬馬は再び家出。なんか話が振り出しに戻ってしまいました。最後に夏奈と冬馬がオムライスに書いたケチャップの謎めいた暗号・・・春香じゃなくても普通は107と答えるかと思います、かなり無理がありますからね。

次回、「あるべき秩序が」

| | コメント (0) | トラックバック (21)

2009年1月18日 (日)

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第15話「反抗の凱歌」

前回、サーシェスとの戦いで負傷してしまった刹那。撃退することには成功したがとどめを刺すことはできなかった。その後、刹那はカタロンの基地を訪れ、マリナと再会する。また、アロウズの追撃を退けたプトレマイオスはカタロンのヨーロッパ支部で補給を受けていた。

一方、連邦政府内ではクーデターを画策する動きがあり、セルゲイは自分のもとに訪れたハーキュリーがクーデターの中心にいることを知る。ハーキュリーはソレスタルビーイングの殲滅作戦に戦力をほぼ全力投入していることを知り、その隙にクーデターを起こそうと考えていた。

補給後、見つからないように移動をしていたプトレマイオスだったがそこにイノベイターを含むアロウズの精鋭部隊が現れた。しかし、刹那とダブルオーガンダムを欠いたソレスタルビーイングは徐々に追いつめられていく。

刹那は仲間を助けるため傷が治りきっていない状態で出発した。勝利を確信したアロウズだったが突如入った連絡で急遽撤退を始める。

ついにクーデターが起こり、反乱軍によって軌道エレベーターが占拠された。その情報を得た刹那はすぐさま軌道エレベーターに向かうがそこに待ち受けていたのは新型機・マスラオに乗ったミスターブシドーだった。しかもこの機体はトランザムシステムを搭載していた。これは負傷している刹那にとってはかなり不利になることは間違いなさそうです。

次回、「悲劇への序曲」

| | コメント (0) | トラックバック (29)

2009年1月16日 (金)

CLANNAD~AFTER STORY~第14話「新しい家族」

晴れて夫婦となった朋也と渚。いよいよ2人だけの新しい生活がスタートする。どんなことがあってもお互い助け合っていくと誓った2人。渚は少しでも役に立つため自らアルバイトを始める決意を朋也に伝える。

渚は仁科の紹介でともに来月オープンするファミレスでバイトをすることになった。知り合いが一緒にするということで朋也は安心する。

さて、渚がバイトを始めるということを聞いた時点で誰もが即座に浮かんだもの、それはもちろん渚のウェイトレス姿でしょう。

秋生さんから指摘され朋也もその誘惑には勝てずになんか妙なラッパーに変装(?)した秋生さんと一緒にファミレスへ。しかし、バレバレの変装にもかかわらず渚は普通に朋也の友人だと思ったようです、なんというかさすがは親、自分の娘のことをよくわかっていらっしゃる。渚は店内でもかなり人気があるようで彼女目当てに来る客もいるらしい。そんなとき客のチンピラ風情に絡まれた渚を2人はあっという間に撃退するが騒ぎになったために店長の呼び出しを受けてしまう、秋生さん朋也に面倒ごとを押し付け、即座に逃亡。店長の話を聞いて渚がバイトでとても貢献していると聞いて朋也は安心する。

このファミレスがある場所、かつては雑木林だったようで渚の話によると学校も新しい校舎が建つそうで旧校舎の取り壊しが決まったという話を聞いた朋也は、時間が経つにつれて街がどんどん変わっていくことに不安を覚える。

それからしばらくして、朋也は秋生さんから何度も店に通って隠し撮りした渚の写真の数々を見せられる。なんでこんなに撮られるまで誰も注意しなかったんだろう。

この日、渚の妊娠が発覚、早苗さんも嬉しそうに祝福してくれますが、秋生さん、お言葉は嬉しいですけど顔が怖いです。渚も夫婦なんだからエッチなことをしちゃったとか自分の家族の前で言いましたしね、度胸があるのか天然なのか、朋也の唖然・・・。

なんかアフター本編に入ってから展開がはやいですね。そろそろ物語は佳境に入りそうです。

次回、「夏の名残りに」

CLANNAD AFTER STORY 3 (初回限定版) [DVD] CLANNAD AFTER STORY 3 (初回限定版) [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/02/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2009年1月15日 (木)

とらドラ!第15話「星は、遠く」

今週で15話目、今回からOP変わるかと思いきや、今週も変わりませんでした。来週こそは変わるでしょうか。

さて、今週は北村がいろいろと壊れる話。生徒会長選挙の時期が近づき、クラス内では次期生徒会長は北村が最有力候補であると誰もが思っていた。しかし、北村の様子は明らかにおかしい。前回、会長と何があったんでしょうか。北村は生徒会長になりたいとは思っていないようでその暴走はよりエスカレートしていく。

翌日、校門が騒がしいことに気づいた大河と竜児はそこで先生に取り押さえられている北村を発見する、なんと北村は髪を染めていた。ちなみに髪の染め方は春田から聞いたらしい。北村は何らかの理由で自分が生徒会長にならないためにこのような奇怪な行動に走っているようだった。これを見て亜美は呆れ気味。

放課後、竜児は実乃梨とともに北村の家に様子を見に行くが当の北村は留守だった。しかなく竜児が家に帰ると大河の様子がおかしい。なんと北村が来ていて家出してきたらしい。その日は北村は本当に泊まっていき、翌日は3人で遊びに行くことに。

バッティングセンターに行った3人。予想はしていたけど大河が想像以上に上手かった。思いっきり楽しんで家に帰ると泰子さんが北村の髪を黒に戻そうと待ち構えていた。大河と竜児は北村を拘束するが逃げられてしまう。

最終手段。北村をもとに戻すために大河は自ら生徒会長に立候補をする、なんかとんでもない公約を掲げていたけどこれで当選したら大変なことになりますね。

次回、「踏みだす一歩」

とらドラ! Scene1(初回限定版) [DVD] とらドラ! Scene1(初回限定版) [DVD]

販売元:キングレコード
発売日:2009/01/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009年1月14日 (水)

宇宙をかける少女 第2話「異界からの使者」

今週からOPが入りました、歌ってるのはアリプロですか。

宇宙を彷徨っていた秋葉は保護され、気がつくと自宅のベッドだった。報道によるとレオパルドは地球からのミサイルで爆破されたらしいが、そんなはずもなく普通に健在でした。コロニー内部の路電のアナウンスをイモちゃんがノリノリでやっていたのは笑えた。

いきなり転校してきたほのかに連れられ秋葉はレオパルドと再会。秋葉はほぼ強制的にほのかとともにレオパルドに必要なゴールデンオーブを取りに行かされることに。QTアームズに乗り、目的地のプラント内部に潜入する。警備装置を破壊したことによりICPに警報が入る。即座に現場に急行したいつきは待ち受けていたほのかと戦闘になる。やはり戦闘シーンはなかなかのものですね。

先に奥へ進んでいた秋葉はゴールデンオーブを見つけるが、ほのかを退けたいつきに追いつかれてしまう。そこにいきなり虫みたい機械が現れる・・・・と今週はここで終わり。今回はなんと言ってもQTアームズ同士の戦闘シーンが見物でした、次回以降も期待です。

次回、「黄金のソウルシャウツ」

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年1月13日 (火)

続 夏目友人帳 第2話「春に溶ける」

薬草をとるためしばの原にやってきたにゃんこ先生とそれについてきた夏目。その前に塀の上から犬をからかっていたにゃんこ先生、相変わらず面白い登場の仕方だ、しかもすべて落っこちていますし。

目的地には森の守り神の像があった。かつては二つあった像が今はひとつしかない、そこから現れた妖の影は夏目に乗り移ろうとするものの間違えて夏目が作った雪ウサギの入ってしまいました。

この妖は玄と名乗り、夏目に悪霊退治の依頼をする。手がかりをもとに悪霊のいる場所にたどり着くが悪霊を取り逃がしてしまう、さらにその悪霊とは砕かれた像に宿っていた玄の片割れの翠だった。2人はかつてこの森の守り神で不作に悩んでいた村人たちが2人の力を頼るが結局改善されなかったために怒った村人たちが翠の像を破壊してしまったらしい。村人の身勝手な行動が翠に憎しみをうえつけ悪霊となったのだった。

さらに玄は自分が翠を守ることができなかったことや一人である寂しさから自身も悪霊になる兆しが出ていた。夏目はそれを必死で説得する。そんなとき翠が北の森にいるかもしれないという情報が入り、そこへ向かう。

翠を見つけた玄は暴れる翠を押さえ込み必死で説得をする、すると翠はもとの姿に戻り玄は夏目にお礼を言うと翠とともに消えていきました。その後、夏目は虹の代わりに花の種をしばの原に植えにいきました。

今週はなんとも切ない話でした、次回は名取さんが出てくる話みたいです。

次回、「妖怪退治 湯けむり行」

| | コメント (0) | トラックバック (16)

2009年1月12日 (月)

みなみけ おかえり 第2話「オレも」

今週はほとんど保坂のターンだった。先週放送が始まったばかりなのに序盤からとばしてますね。

まずは天使と悪魔の話。いつものように遊びに来た冬馬がお菓子を持ってきた、さっそく夏奈が開けて食べようとするが春香が買い物から帰ってきていないので千秋は反対する。そこで夏奈は3分の1と2分の1を天秤にかけさせる。千秋の背後に天使と悪魔が現れ、千秋は激しく混乱し固まってしまった。これが狙いか、相変わらず夏奈はこういうことには頭が回るな。

千秋と冬馬の仲の良さを見た藤岡は自分もこんな風に夏奈と仲良くしたいと考える。あ、そういえば藤岡は冬馬のことをまだ男だと思っているんでしたね。そこで藤岡も行動に出ますが・・・藤岡の悪魔ボイスがわりとかっこよかったです。

さて、Bパートは保坂のターン。マキから保坂のことを好き嫌い以前に気持ち悪いという話を聞いた速水先輩は保坂のもとへ。春香と仲良くしたい保坂、「兵を射るにはまず馬から」という言葉に反応する。というか春香が王将でマキとアツコは桂馬扱いですか。さっそくその言葉を保坂は実行に移す。マキの前に現れた保坂、端から見ればどう見ても不審者です、マキじゃなくても間違いなく逃げる。保坂の次のターゲットはアツコ。図書館にいたアツコに本棚の隙間から話しかける保坂、アツコ即逃亡。見ている分には面白い、面白すぎる。その後、保坂は速水先輩のもとに行くがもちろん返り討ちに。

ED後、Cパートへ。しかし、今週の保坂の勢いはまだ止まらなかった。テレビでやっていたおいしいカレーの作り方をメモする春香。その日の夕飯のお使いを引き受けた千秋は春香からメモを渡され、スーパーへ。買い物中、千秋がメモを確認するとコリアンダー、シナモン、カルダモンなど見慣れない名前ばかり。千秋はその名称をつぶやきながら店の中を歩く。そこに偶然買い物に来ていた保坂はその言葉を聞いて今晩はカレーにしようと思い立ち、また自分の世界に入り込んだ。いきなりピアノを弾きだす保坂・・・って歌いだした!?

すべては愛のタ~メリック♪ハラハーラハラペーニョ~♪泣かれちゃ嫌だもんシナモ~ンカルダモン♪無理かパプリカ コリコリコリアンダ~♪錯乱してサフラン ちょこっとチョコレート 今更ガルムマサラ でも明日があるもん シナモン カルダモン おいしいカレーの出来上~~~がりっ♪

・・・・・なんて歌だ、なかなか頭から離れないじゃないか。

千秋は書かれたメモがカレーのスパイスの名前だとわかりちゃんとそれを買って帰る。帰り道、千秋があの歌を口ずさんでいたのは笑えた。千秋は保坂をカレーの妖精だと思ったようです。

今週は保坂の本気の見た回でした。次回もかなり楽しみです、ただOPとEDを中途半端な時間に流すというのが少し気になります。

次回、「ケンカでも」

Music 経験値速上々↑↑

アーティスト:南夏奈(井上麻里奈),南千秋(茅原実里) 南春香(佐藤利奈),南春香(佐藤利奈),南夏奈(井上麻里奈),南千秋(茅原実里)
販売元:キングレコード
発売日:2009/01/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009年1月11日 (日)

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第14話「歌が聴こえる」

今回よりOPが新しくなりました。でも、個人的には前のOPのほうが好きかな。

さて、前回メメントモリが破壊された空を見ていたセルゲイに軍の内部でクーデターを画策する動きがあるという情報がもたらされる。

メメントモリの破壊ミッションを見事に果たしたソレスタルビーイングだったが、プトレマイオスは突如現れたイノベイターたちの奇襲を受ける。メメントモリの破壊の直後で推進力を使い果たした状態では迎え撃つことさえできなかった。

一方、刹那は合流ポイントにやってくるがそこにはプトレマイオスが被害を受けたと思われる残骸だけが残っていた。そして、刹那の前に擬似太陽炉搭載型の機体が現れる。乗っていたのはネーナ。ネーナからプトレマイオスが地球に落とされたことを知ると刹那はすぐさま地球に向かった。地上に降りた刹那の前に現れたサーシェス。刹那はあとを追い、たどり着いたのはクルジスの地だった。そこで対峙する刹那とサーシェス。そこにリボンズが現れる。リボンズは刹那の過去を知っており、クルジスの紛争時に刹那が見ていたOガンダムに乗っていたパイロットが自分であるという事実を突きつける。

刹那とサーシェスの戦いが始まった。右腕を負傷しながらも互角以上の戦いを見せる刹那。一方、プトレマイオスにも二機のMSが近づいており、アレルヤとティエリアが迎撃に出る。イノベイター相手に苦戦を強いられるティエリアだが、敵の機体を捕らえ、トランザムを発動、そしてセラヴィーに隠されたセラフィムガンダムが姿を現し、見事敵のMSを撃破する。

その頃刹那はトランザムを発動し、一気に反撃を仕掛ける。とどめを刺す瞬間、マリナと子供たちの歌が聴こえてきた。これにより撃退させることはできたがとどめを刺すことができなかった。

一方、アロウズではいずれルイスの機体になるという新モビルアーマー・エンプレスのプロトタイプが披露されていた。また、ビリーがミスターブシドー専用の新型機が完成を向かえていた。近いうちに戦場で機体性能が披露されるでしょう。

次回、「反抗の凱歌」

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年1月 9日 (金)

CLANNAD~AFTER STORY~第13話「卒業」

年が明けて最初の話、なんかすごく久しぶりな感じです。秋生さんに大切な話を聞いてもらうため古河家を訪れた朋也。しかし、当の秋生さんは朋也の言葉に耳を貸してくれず、話を聞く条件として野球での勝負を持ちかけてきた。

ヒットを打つことができたら朋也の勝ちだったが、朋也はどうしても打つことができない、何度となく挑みは負け続けていた。それでも朋也は諦めず、雨の日や仕事の合間にも一人練習を続けていた。雨にもかかわらず勝負を受けてくれた秋生さん、そして朋也はついに勝負に決着をつける。努力の末に勝ち取った勝利、朋也はすかさず秋生さんに言う、「渚を俺にください!」と。そして、秋生さんも早苗さんも了承してくれたのでした。

季節は過ぎ、クリスマスがやってきた。この日は渚の20歳の誕生日。さらに年が明け、渚はお酒に初挑戦。一杯飲んだだけで見事に酔ってしまいました。酔った渚もなかなか可愛い。さらに早苗さんも介入し、修羅場状態に。

いよいよ卒業式の日がやってきた。渚は体調を崩してしまったために出席することができなかった。しかし、朋也がこっそりと渚のための卒業式を計画してくれていました。当日、朋也に学校へ連れてこられた渚を待っていたのは春原や杏といったおなじみの面々だった。朋也の呼びかけでみんな渚のために集まってくれました。久しぶりに全員出てきたけどやっぱいいものですね。こうして渚の長い学校生活が終わりを告げました。

2人は婚姻届を出し、朋也の父親にも結婚の報告をしにいきます。いよいよ次回より2人の生活がスタートします。

次回、「新しい家族」

CLANNAD AFTER STORY 3 (初回限定版) [DVD] CLANNAD AFTER STORY 3 (初回限定版) [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/02/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009年1月 8日 (木)

とらドラ!第14話「しあわせの手乗りタイガー」

とらドラ!も2クール目に突入です。今回からOPとEDが変わると思っていたのですがまだ変わっていませんでした。しかし、新OPと新EDのCMが始まっているので早ければ来週から変わるかと思います。

今年一発目の話はしあわせの手乗りタイガー伝説。文化祭のプロレスショーで大河に攻撃を受けた生徒たちが次々と幸せになっているという事態が立て続けに起こり、校内で大きな噂となっていた。それで自分たちもその恩恵を受けようとみんなが大河を気にする状況となるが、いつも傍にいる竜児はなら自分にも幸せが来てもいいのではないかと考える。

昼休み、昼食のときもいろんな人の視線を浴び続けて落ち着かない様子。昼休みも終わりに近づき、竜児が缶コーヒーを持って戻るとき大河が文化祭の写真が貼り出されたから見に行くといい竜児を無理やり連れて行こうとする。そのとき落とした缶コーヒーを拾ったとある男子生徒が間違えて大河にぶつけてしまう。こいつ、このときといい、放課後のときといい、なんか腹立つキャラだな。

夕飯の買い物でスーパーに寄った竜児。そこにやってきた亜美の指摘で万引き犯だと思われ目をつけられていたことに気づく、可哀想に。亜美の意見で夕飯のおかずの肉は質より量を選ぶことに決め、亜美にもお裾分けする。

一方、一人下校中の大河は川原で北村と出会う。北村はなにやら考え事をしていた様子、会長との話で何かあったのだろうか。

2クール目になって徐々に話が動き出してきたようにも感じます。ED、もしかしたらこれも今週で聞き納めになるかもです。あと余談ですが、とらドラ!がゲーム化するみたいです、予約特典は大河にねんどろいどぷちか、こういうのが付くと欲しくなるんですよね。

次回、「星は、遠く」

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年1月 7日 (水)

宇宙をかける少女 第1話「孤高の魂」

宇宙を舞台にしたサンライズ製作のアニメ、ということで見ることにしました。1話というこでOPはありませんでした。そこは次回に期待しましょう。

さて、話の内容ですが結婚の話を持ちかけられた秋葉はメイドナビのイモちゃんとともに逃亡を図る。逃亡中、2人は巨大な浮遊物に遭遇し、中に吸い込まれる。それは巨大なコロニーだったらしい。

コロニーの中を進んでいくと2人は喋る機械と出会う。名をレオパルドという人工知能らしい。なんと声は福山さん。理性を失ったルルーシュみたいな声だ。勝手な思い込みから意味不明な行動を起こしたりと存在感をこの1話で抜群に示しましたね(笑)

さて、この出会いが次回以降どう影響するのでしょうか、気になるところです。まだ話の内容をつかむのに時間はかかりそうですが、継続視聴は確定です。

次回、「異界からの使者」

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年1月 6日 (火)

続 夏目友人帳 第1話「奪われた友人帳」

夏目友人帳の第二期が始まりました。一期放送中はノーチェックだったんですが、わりと評判が良かったので一気に全部見てはまってしまいました。

さて、今回の第1話ですが、相変わらず夏目とにゃんこ先生のやりとりがいいですね。今回出てきたのは黒いけど容姿がにゃんこ先生にそっくりなネコ。夏目はにゃんこ先生が汚れたのだと思って洗ってあげたりもしていました。

その黒ネコに友人帳を奪われてしまい、今回の騒動がスタート。妖怪に変装して妖怪たちの宴に潜入したり、実は黒ネコが宴をする妖怪たちの主様だったりと今期もなかなか楽しめる内容でした。OP、EDも作品にとても合っていると思います。1話を見た限りでは今期もかなり期待通りの作品になりそうです。次回も楽しみです。

次回、「春に溶ける」

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年1月 5日 (月)

みなみけ おかえり 第1話「年の初めの」

みなみけのアニメ第3期が始まりました。2期の評判があまり良くなかったこともあり多少の不安もありましたが、1話を見てみて全体的になかなかよかったです。

「お正月」。この時期にはぴったりの話です。初詣に向かうため準備をする春香と千秋。夏奈はというとまだ起きてこない。時刻が8時になったことに気づくと大慌て。相変わらずだ。

なんとか神社にやってきた3人。待っていたのは内田。内田はすでにお祭り気分。初詣は別にお祭りというわけではないんだけど夏奈も内田に同意する、この2人が同レベルなのも相変わらずだ。

「おみくじ」。お賽銭を済ませたあとはおみくじを引く。千秋は「吉」。内田はお金をもう使い果たしてしまったため夏奈から百円を借りておみくじを引く。結果はなんと「大吉」、これには大喜びの内田。内田が去ったあとおみくじの売り場に現れたのは保坂、なんていうかことらも相変わらずの登場の仕方だ。

おみくじの結果に浮かれ気分の内田。内容は恋愛運が良く、「待ち人が来る」と書かれていたが王子様は空想上の人物であると千秋だけでなく夏奈にまで言われてしまう。千秋は恋愛運は良くなかったらしく「カネだよカネ」と言って寝てしまう。その後、藤岡がやってくる。そのとき、ふと千秋は内田が夏奈に借りた百円のことを思い出す。最終的に内田は渋々、夏奈に百円を返しました。大吉なのにいつも夏奈や千秋に振り回されっぱなしで散々だねこの娘は。

「オープニング」。入り方がいきなりだった。オープニングテーマは春香、夏奈、千秋の3人が歌う「経験値速上々↑↑」。1期のOPを思わせる感じでなかなかいい曲です。

「カップやきそば現象」。やきそばが食べたい時とカップやきそばが食べたい時は別の時、これをカップやきそば現象と言う。もう一つ例を挙げると千秋が持っているクマのフジオカ、これはクマでありながらクマとは別のもの、まあなんとなくわかるが。これもカップやきそば現象であると千秋は言う。これを聞いていた冬馬はなかなか理解できずにいた。そこへ春香と夏奈が帰宅。春香は帰る前から来ていたタケルに新茶を淹れる。タケルは「美味しい」と言うが夏奈の指摘でそれは古いお茶であることが発覚。しかし、タケルは「家で飲んでいるのとは一味違うと思った」と言う。それを見た千秋と冬馬は「カップやきそば現象だ」と2人で連呼を始めた。なるほど、こういうときに使うものなのか。なんとなく理解はできた。

「家庭訪問」。千秋の学校の家庭訪問、千秋の担任が病気のため急遽、保険の熊田先生が家庭訪問することになった。一方、南家ではタケルが保護者代理をすることになった。千秋は不安を隠せないまま家庭訪問が始まる。熊田先生は「ご趣味はなんですか?」と聞くとタケルは「最近はダーツを少々」と答える。夏奈も言っていたがこれは家庭訪問じゃない、見合いだ。千秋に指摘され成績表を出す先生。保険の先生だけに身体測定の結果ですか・・・成績全然関係ないじゃん。

「エンディング」。曲はOPと同じく春香、夏奈、千秋で「絶対カラフル宣言」。

最後はタケルがペンを倒して探し物を探し当てるという話。春香と千秋の探し物を見事に大当たり(どっちも犯人は夏奈だったけど)。夏奈は自分の旦那候補を探してもらうのだが・・・まあ本人が特に気づいてないのならそっとしておきましょう。そして、オチはやはり保坂・・・夕方までおみくじを引き続けていた、その回数実に108回!1回100円だから1万800円も使ったのか・・・なんというかそれでこそ保坂だ、しかも「大凶」で書いてある内容は大当たりですし。さて、次回は2時からの放送みたいです。

次回、「オレも」

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009年1月 4日 (日)

新番組2009-冬

新年早々、風邪で寝込んでしまいましたが、今日からなんとか復活しました。無為に過ごしてしまった数日をこれからなんとか取り戻したいと思います。

さて、年が明けてそろそろ冬の新アニメが始まります(・・・もう始まっている所もあるとは思いますが)

今期は新作も揃う中、続編ものもけっこう目立っています。今期は作品数も少ないから前期ほど多くはならないかとは思いましたが、継続して視聴しているのも合わせるとそうでもないみたいです。

とりあえず、「続 夏目友人帳」、「明日のよいち!」、「みなみけ おかえり」、「まりあ†ほりっく」は視聴確定ですが、ほかにも気になるタイトルがいくつかあるのでそれもプラスされると前期と結局変わりなくなる感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

2009年、新年のご挨拶

2009年となりました。皆様、明けましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします。

早いもので当ブログを始めて今年で3年目に突入しました。訪問してくださった方々、TB、コメントを送っていただいた方々には本当に感謝しております。

今年は何かと忙しい年になりそうなのですが、マイペースに頑張っていきたいと思いますので今年もどうぞよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »