« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

CLANNAD~AFTER STORY~第5話「君のいた季節」

今週より美佐枝さんのエピソードに突入です。春原を訪ねるため寮を訪れた渚と朋也は春原が美佐枝さんから容赦ない制裁を受けている場面に遭遇。春原はいつも美佐枝さんの連れているネコを売り払おうとしたらしい。

その後、部屋に招かれた朋也たち。聞けば、このネコには名前がないそうです。そんなとき、智代が訪ねてくる。智代はかつて生徒会長だった美佐枝さんからたまにアドバイスをもらいにやってくるそうです。今回はかつて美佐枝さんが生徒会長だった頃に達成した全校が1週間無遅刻・無欠席をどうすればうまくいくか聞きにきた。

智代が帰り、春原が部屋に戻されたあと美佐枝さんは渚と朋也に秋祭りに行くよう勧める。ここから物語は過去の回想へ。

ここから高校時代の美佐枝さんの話です。当時の美佐枝は同じ学校に通う五十嵐に片思い中。校門の前で待ち伏せているとそこに志麻賀津紀と名乗る少年が現れる。彼は美佐枝に恩があるらしくそれを返すため1つだけ願いを叶えると言う。しかし、美佐枝は彼の賀津紀のことを覚えてなく、五十嵐から誤解を受けてしまったことにご立腹の様子。

聞けば、賀津紀はかつて入院していたときに美佐枝が自分に話をしてくれたことが大きな励ましになったと言う。そのため賀津紀は何度も美佐枝の前に姿を現し続けた。

そんなある日、賀津紀は五十嵐からあることを頼まれる。それは五十嵐には付き合っている人がいるから美佐枝の想いに答えることができないということを美佐枝にそれとなく伝えることだった。それを聞いた賀津紀は泣き出してしまう。賀津紀のもとにやってきた美佐枝は不思議に思うが五十嵐が恋人と2人で歩いている場面を目撃し、なぜ賀津紀が悲しんでいるのかを知る。次回、美佐枝が賀津紀にどんな願いを託すのか気になります。

次回、「ずっとあなたのそばに」

CLANNAD AFTER STORY 1 (初回限定版) CLANNAD AFTER STORY 1 (初回限定版)

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2008/12/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2008年10月30日 (木)

とらドラ!第5話「かわしまあみ」

今週よりメインキャラの一人、川嶋亜美が登場。極度の二面性を持つ彼女が大河たちと今後どのような展開を見せるか非常に注目な話。

退屈な連休を過ごしていた大河と竜児。竜児は食事中、大河が服を汚してしまった後処理をするのと引き換えに実乃梨がバイトしているファミレスに行く取引を持ちかける。しかし、ファミレスには行けたものの肝心の実乃梨は休みだった。だがその後、大河が読んでいたファッション雑誌に写っていたモデル・川嶋亜美がなんとファミレスに入ってきた、しかも北村と一緒に。聞くところによると二人は幼馴染らしい。

二人が同席することになりしばし会話をするが北村がトイレに行くため席を立つ。残された竜児は会話が続かなくなり北村を追うように席を立つ。北村は竜児が自分を追って席を立つことを予想していたみたいで、北村の言われるがままに席に残った大河と亜美を隠れて観察することに。

しばらくすると亜美が本性を出し始める。黙っている大河に対して言いたい放題言う亜美。悪魔が乗り移ったとしか思えない性格の悪さに良い第一印象を受けていた竜児は驚きを隠しきれない。北村は素のままの亜美を知ってもらいたかったみたいです。だが、ついに大河がキレてしまい亜美を叩いてしまう。結局、北村が仲裁に入りこの日はこのまま解散となった。この日の大河、かなり不機嫌でした。

後日、なんと亜美は竜児のクラスに転校してきた。驚く竜児。怒りを隠しきれない大河。天然キャラを売り込み、あっという間にクラスに馴染んだ亜美。しかし、実乃梨によるとかわいいものに反応するみのりんレーダーはあまり反応していないようだ。また、北村は今の亜美のことは嫌いでないが素の亜美と仲良くなってほしいみたい。

一方、亜美は先日の一件で竜児に対し同情を誘っている様子。授業中に大河と実乃梨に手紙を通じて疑われた竜児は実乃梨にだけ返信を出す。「自分のことを天然と言う人のことをどう思う?」と返信した竜児に対し、実乃梨は大きくバッテンマークを。なんかものすごい表情なんですけど。

放課後、大河が一人教室に残っているところに現れた亜美。亜美が大河に因縁をつけてきたことで口ゲンカが始まった。言い争いの末、亜美が先日のファミレスの一件で北村の嫌われたと言われた大河は戦意を喪失してしまう。

その夜、夕食のため大河を呼びにきた竜児だが大河はまだ落ち込んでいた。竜児はなんとか説得し大河もそれで少しは元気を取り戻す。夕食はとんかつだったがソースを切らしていたため大河とコンビニまで買いにいく。竜児が買い物中、大河は立ち読み。そこで見たのは亜美が休業するという情報。

帰り道、軽く変装し、お菓子類を大量に持って人目を気にしながら歩いている亜美を発見する。それを見た大河は何かを思いついた様子ですが、きっと良からぬ思い付きであることは間違いないでしょう。次回に期待です。

次回、「ほんとの自分」

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2008年10月28日 (火)

ef - a tale of melodies. 第4話「turn」

前回、千尋が登場したのに続き、今週はみやこ、そして紘が登場。学校をやめた紘は漫画家の仕事に専念するもかなり苦戦している様子、姉の凪に作業を手伝ってもらってました。しかし、自分で進むべき道を見つけた紘に凪は満足しているようです。あと凪はみやことも仲いいみたいですね。

過去の話。優子は夕とともに新しい靴を買いに出かける。優子はすっかりデート気分。そんな二人が訪れたのはかつて二人が過ごした教会だった。そこで雨宮先生と出会う、そして夕に対して「優子と付き合うのなら覚悟しろ」と言う。それが何を意味しているのか夕にはわからなかった。優子と別れたあと、凪に会った夕は彼女から雨宮先生がかつて自分と同じように震災で妹を亡くしたことを知る。

舞台は変わり現代のオーストラリア。前回の一件で風邪をひいたミズキ。それを見舞う久瀬。後日、熱が引いたミズキは久瀬とともに外へ出かける。久瀬は死ぬ前に過去をすべて清算するためすべての人間関係を断ち切り、婚約者とも別れたことをミズキに告げる。そして、ミズキのことが好きだと言い、だからこそ「もう二度と自分に近づくな」と言って彼女を突き放す。カレンダーの日付に書き込みを入れる久瀬。もう自分の命があとわずかだということを意味しているみたいです。

次回、「utter」

ef - a tale of melodies. 1 (初回限定版) ef - a tale of melodies. 1 (初回限定版)

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/12/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008年10月26日 (日)

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第4話「戦う理由」

冒頭にてアレルヤとマリーの過去の回想。超人機関の施設にいた頃の記憶が描かれてました。

前回、アレルヤと同じく連邦軍の施設から救助されたマリナは国を立て直すためにアザディスタンに戻るという。ソレルタルビーイングはその頼みを聞き入れ、進路をアザディスタンへ。

一方、アロウズではリント少佐がソレスタルビーイング打倒のために次の作戦を練っていた。今回の作戦ではトリロバイトという新型MAの使用とミスター・ブシドー(・・・グラハムですね)作戦に参加。

カタロンではソレスタルビーイングがアザディスタンに向かうという情報が入り、接触を目論む。海中を移動していたプトレマイオスは敵艦の魚雷とトリロバイトの襲撃を受ける。これにより危機に陥るがスメラギの指揮により最悪の事態は免れる。なんとか出撃させたガンダムで敵のMAを倒し、海上に出たガンダムはそのまま敵艦を攻撃しようとするが、それを阻止したのがミスター・ブシドー。このまま戦いになるかと思ったがカタロンの介入によりアロウズは撤退する。

今回は話の流れがあっという間の展開だったが刹那は「未来のために世界のゆがみをガンダムで断ち切る」と言う戦うための理由と決意の聞くことができ、非常に重要な意味を持つ回だったと思います。

次回、「故国燃ゆ」

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2008年10月25日 (土)

黒執事 第4話「その執事、酔狂」

ロンドンで頻発している猟奇的な連続殺人事件を解決するために出向いてきたシエルとセバスチャン。現場に行き、遺体をを見せるように言うが拒否される。

そこで知り合いの葬儀屋から情報を仕入れることに。変わり者の葬儀屋は情報の代わりに極上の笑いを要求してくる。劉もマダム・レッドも笑わせることに失敗し結局セバスチャンが笑わせることに成功する、いったい何をしたんでしょうか?

葬儀屋から得た情報をもとにセバスチャンは一人調査へと向かう。シエルたちが戻るとすでにセバスチャンが調査を終え、出迎えてくれた。いくらなんでも早すぎやしませんか?これにはシエル以外は唖然としてました。

調査の結果、浮かび上がったのはドルイット子爵。彼はパーティの裏で何かをしているらしい。それを突き止めるためさっそく潜入するが子爵は女性好きということもありシエルのみ女装で潜入させられる。しかし、このパーティにはなんとエリザベスの姿もあった。だがセバスチャンのフォローもありなんとか振り切り、子爵と接触することに成功する。

別室に連れられたシエルは眠らされてしまい、気がついたときには自身が闇オークションにかけられていた。子爵の尻尾をつかんだシエルはセバスチャンを呼び出し、闇オークションの会場はセバスチャンによってあっけなく一掃される。

これで事件は解決・・・だと思ったのですが、後日の新聞でジャック・ザ・リッパーが再び現れたことを驚くシエル。ドルイット子爵がジャック・ザ・リッパーというわけではなかったようです。この話は次回に続くみたいです。

次回、「その執事、邂逅」

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2008年10月24日 (金)

CLANNAD~AFTER STORY~第4話「あの日と同じ笑顔で」

春原と芽衣の話も今回で最後。春原のために一生懸命に走り回る芽衣ちゃん。それだけ兄を大切に想う気持ちが伝わってくる。

しかし、春原の態度に朋也もキレてしまい、事態はますます悪い方向へ。確かに今更、春原がサッカーを再開したことで芽衣たちが思い描いたようになるとは到底思えない。だが、それでも芽衣の気持ちは変わらなかった。

一方、春原も気づいていた。芽衣のピンチにようやく現れる。結果的に事態が良い方向へと好転したとは思えなかったが朋也との殴り合いの末、二人はまたお互いに笑い合える関係に。自分たちの本音をぶつけ合ったことで初めてお互いを理解し合えるのだと思います。

これで今回の件は区切りがついたようです。次の予告から察するに次回からは美佐枝さんの話のようです。

次回、「君のいた季節」

TVアニメ 「CLANNAD AFTER STORY」OP&EDテーマ 「時を刻む唄/TORCH」 / Lia TVアニメ 「CLANNAD AFTER STORY」OP&EDテーマ 「時を刻む唄/TORCH」 / Lia

販売元:Key Sounds Label
発売日:2008/11/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2008年10月23日 (木)

とらドラ!第4話「あのときの顔」

大河の家で竜児は大河が撮ったと思われる北村の写真を見つける。しかし、あまりにピンボケがひどいことを指摘した竜児は代わりに写真を撮ることを申し出る。

大河は北村の試合中の写真を希望するが竜児が自分の思うように撮ってくれないためにカメラを奪い自分で撮り始める。このようにしてピンボケ写真が量産されていくところを目の当たりにする竜児。結局、竜児の協力もありなんとかうまく写真を撮ることはできたが大河の写真を見ながらよだれを垂らす様子は端から見ると不審がられますよ?

後日、大河に押し付けられた写真の中からラミネート加工するものを選んでいると北村がやってくる。このとき竜児は北村から驚くべき事実を聞かされる、なんと北村は一度大河に告白をしていた。そして、一秒で振られたとか。あとで本人に確認すると驚きのあまりパニック状態になったそうだ、まあなんとなく想像はできますね。大河が写真に残したかったのはあのときの北村の顔でした。

今回は写真がテーマの話でしたが実乃梨も写真を作ってました、自宅にてバケツサイズのプリンを作ってました。通常のサイズと比較までしてずいぶんと凝っています。バケツを抱えるようにして食べてたけど一人で食べきるのは無理なのでは?

次回は川嶋亜美が登場するようです。今より一層騒がしくなること間違いなし(?)

次回、「かわしまあみ」

とらドラ!オープニングテーマ プレパレード Music とらドラ!オープニングテーマ プレパレード

アーティスト:逢坂大河(釘宮理恵),櫛枝実乃梨(堀江由衣),川嶋亜美(喜多村英梨)
販売元:KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M)
発売日:2008/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2008年10月21日 (火)

ef - a tale of melodies. 第3話「union」

屋上で紙ヒコーキを飛ばしていた優子を見つけた夕は屋上へ向かう。その途中、雨宮先生と会い、そこで夕は雨宮先生が今の優子の兄であることを知る。

優子が靴を履いていなきことに気づいた夕。優子はほかの生徒からいじめを受けていた。これに夕は腹を立てるが、当の優子は「この程度のこと」ととらえ、まったく気にする様子がなかった。過去にこれよりももっとつらい経験をしてきたということでしょうか。

ミズキパート。ミズキは久瀬の家を訪ねるが出てくる様子はなかった。そんなミズキは教会で火村と出会う。その後、ミズキは幼い頃一緒に遊んだという千尋と再会する。千尋は今期初登場、喜んでいる方も多いかと。

千尋と蓮治から久瀬は特殊な心筋症を患っていることをミズキは知る。一方、久瀬は火村との会話で自分は死ぬのだから冗談でも好きだと言われてはいけない、未練を断ち切りすべてをゼロにしなければならないと改めて決意をする。

夜、ミズキは千尋から言われたように海へ向かうとヴァイオリンを弾く久瀬の姿を見つける。弾いた後、ヴァイオリンを燃やす久瀬に対しミズキは思うがままい突っ込んでいき必死で火を消そうとする。相変わらずミズキの行動力には驚かされます。最後に海に向かってヴァイオリンを蹴るまでのシーンがとても凄い演出だったと思います。今回もなかなか印象深い回でした。

次回、「turn」

ef – a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (初回限定版) ef – a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (初回限定版)

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/12/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2008年10月19日 (日)

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第3話「アレルヤ奪還作戦」

ソレスタルビーイングにアレルヤが連邦軍の捕らえられているという情報が入る。アレルヤを救出するためスメラギに戦術予報を依頼する。スメラギは最初は消極的だったが刹那に説得され作戦を立てることに。ここで立てられた作戦内容はわずか300秒で決着をつける電撃作戦だった。

作戦開始直前、刹那はティエリアからアレルヤのほかにマリナも同じ施設に収監されていることを伝えられる。そして作戦が開始、出撃した刹那はアレルヤが捕らわれている場所までたどり着くとアレルヤの拘束を解き、指示したポイントへ向かわせる。指示されたポイントに着いたアレルヤの前にアレルヤの新たなガンダム・アリオスが現れる。同じ頃、施設内ではこの騒ぎに乗じてカタロンが収監されて人々を逃がしていた。

アレルヤを助けた刹那はそのままマリナの救出に向かい無事に助け出すことができた。一方、ロックオンはガンダムに乗るのが初めてのはずなのに予想以上に手際よく作戦を遂行する。またカタロンの動きを気にしているようにも見えた、やはり関係があるのか。

アレルヤを助け出し、なんとか作戦を完遂させたソレスタルビーイング。ついにガンダムが4機揃いました。次回からの活躍に期待です。

次回、「戦う理由」

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2008年10月18日 (土)

黒執事 第3話「その執事、万能」

ファントムハイヴ家にやってきた執事・グレル。しかし、全然役に立たないために何度も死んでお詫びをしようとする。そんな騒ぎのあと、シエルはセバスチャンとともに新しい杖を買いに出かける。

一方、屋敷ではグレルがリアルタナカさんからかつてのファントムハイヴ家について話を聞いていた。最初誰だかわかりませんでした、3分以上リアルタナカでいると眠ってしまうらしいです。

植木の手入れをしていたグレルはなんとすべての植木をドクロの形にしてしまう。ある意味器用だ。

シエルとセバスチャンが屋敷に戻ると内部が可愛く飾りつけされていた、そこで待っていたのは従姉妹のエリザベス。話の流れでダンスパーティをすることになるのだがシエルはダンスを全く踊ることができない。そこでセバスチャンから教わることに。

その後、きれいに着飾ったシエルに対し、エリザベスは嬉しそうだがつけている指輪が気に入らず、無理やり指輪を外したエリザベスに対しシエルは怒鳴ってしまい、それに驚いたエリザベスは指輪を投げて壊してしまう。その後、エリザベスはその指輪がファントムハイヴ家に当主が代々身につけているものだと知り、シエルに対して指輪を壊してしまい申し訳なくなってしまう。だが、シエルは指輪なんかなくても当主はこの僕だと言い、指輪を窓から捨ててしまう。その後、セバスチャンのヴァイオリンとグレルの歌に合わせ踊る2人。

今週は指輪がなくても当主は自分であると言ったシエルがすごくかっこよく思えました。全体的にもなかなか面白い話でした。

次回、「その執事、酔狂」

| | コメント (0) | トラックバック (5)

CLANNAD~AFTER STORY~第3話「すれちがう心」

春原と変装した早苗さんとのデートの日、妹の芽衣ちゃんと渚、朋也も後ろから同行した。しかし、デートだというのにあまりにもセンスのなさすぎる振る舞いをする春原に失望する面々。途中、一人の女の子が公園で数人の男の子に苛められているのを見てもデートを優先しようとした春原に芽衣はショックを受けてしまう。

かつての兄ならあの場はきっと助けに入ってくれていた、それが変わってしまっただけによほど悲しかったのでしょう。あまりに浮かれてしまった春原に対し、芽衣は以前のような兄に戻ってほしいと思い、朋也と渚も交えて考えるが結果的に良い方向へは進んでくれなかった。そこで芽衣は春原にもう一度サッカーをやってほしいと考えるがそれには多くの問題がある、果たして事態はみんなが望む方へと転じてくれるのでしょうか。

次回、「あの日と同じ笑顔で」

CLANNAD AFTER STORY 1 (初回限定版) CLANNAD AFTER STORY 1 (初回限定版)

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2008/12/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008年10月17日 (金)

ヒャッコ 第3話「4コメ 前門の虎 校門も虎」、「9コメ 張子の虎」

今週は二本立てです。それぞれの話に新キャラ登場。またまた個性的なキャラが現れました。まずは1本目の話より杏藤子々。クラス委員長で生徒会長の座を狙っている。虎子が知らない間に風紀委員にされたので朝の服装チェックを行うことに。朝、校門にて服装チェックを行う風紀委員に生徒会長になるための得点稼ぎとして活動に参加する子々。

生徒会長となった暁にはスカートを5センチ短くすることを考えているらしい・・・本当に生徒会長になったら大変なことになりそうだ。挙句の果てに自分は「バイ」であると公言・・・こらこら朝から校門でなんてこと言ってるんですか・・・なんか濃いキャラが増えましたね。

お次の新キャラは涼ヶ崎知恵。彼女はロボットをつくるのが趣味で将来はエレクトラという会社に入社したいと考えていたのだがなんと今の社長は龍姫の父親だそうです、正真正銘のお嬢様だったんですね。虎子はたかる気満々。

ロボットづくりに興味を持った虎子は自分もつくってみたいと言う。翌日、虎子の席にはその身代わりとなった虎子のロボットが座っていた、そのまた翌日には雀のロボットが・・・。こうも個性の強すぎる生徒が多いと担任の先生はかなり頭の悩ませそうです。

次回、「牛飲馬食虎食」、「虎は道連れ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

とらドラ!第3話「君の歌」

今週は実乃梨メインの話。ソフトボール部の部長であり、たくさんのバイトをこなす実乃梨。時間があるから勤労する・・・勤労怪奇ファイルって?

竜児はファミレスでバイトする実乃梨のウェイトレス姿に見とれている、そんな竜児に対し、大河は両目突きをくらわせる。

後日、今度は竜児の母の知り合いの酒屋でバイトをする実乃梨に出会う。あまりに忙しいということで竜児と大河も手伝わされることに。配達をまかされた大河、しかし、大河は自転車に乗れないらしい。以外と可愛いところがあるじゃないですか。でも結局、すごいスピードで自転車を引いて行きましたし、途中に出会った北村からは自転車に乗れるようになったと勘違いされてしまうし散々でしたね。

大河が配達に出たあと、実乃梨は焼酎を補充するため倉庫に向かう。それを手伝う竜児。しかし、倉庫に誰もいないと勘違いされ鍵をかけられてしまう。気づいてもらうために校歌を歌い始める二人。

夕方、大河が戻ってくると二人がいないことに腹を立て探しにいく。一方、実乃梨と竜児は簡単に作ったバットとボールでソフトボールを始める、そこで竜児はどんなときでも弱気はかっ飛ばすという実乃梨の一面を知る。その後、窓を発見し箱で土台を作り窓までのぼるとそこには恐ろしい顔をした大河が・・・。そのまま蹴りを入れられ倉庫の中に着地する大河だが蹴った勢いで登ってきたはしごが倒れてしまい結局状況は変わらないままで・・・。今週は内容的にもなかなか面白かったです。

次回、「あのときの顔」

とらドラ!オープニングテーマ プレパレード Music とらドラ!オープニングテーマ プレパレード

アーティスト:逢坂大河(釘宮理恵),櫛枝実乃梨(堀江由衣),川嶋亜美(喜多村英梨)
販売元:KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M)
発売日:2008/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2008年10月14日 (火)

ef - a tale of melodies. 第2話「read」

冒頭、夕と優子の過去について語られた第2話。夕と優子は幼い頃、教会の施設で過ごしていた。夕には自分の妹を亡くした過去があった。それを引きずっているために「お兄ちゃん」と呼んで寄ってくる優子のことをずっと避けていた。

当時、夕は絵を描くことが好きでいつもスケッチブックを持って何かを描いている、そんな夕の描く絵を見るのが好きな優子。そんな優子に引き取り手が現れ、夕の前から姿を消したが、10年後、2人は再会する。でも、夕の優子に対する態度は変わらない。そんな夕を屋上に呼んだ優子は「私が妹のことを、悲しい思い出を忘れさせる」と告げる。優子が夕を想う気持ちは10年経っても変わってなかったというこですね、だからこそ再び夕の前に現れたのでしょう。

ミズキと久瀬のパート。今週のミズキはナース服のコスプレ。さすがミズキ、可愛すぎます!突然倒れるように眠ってしまった久瀬さんをうまくソファーに寝かしつけようとするミズキでしたが何度も頭をぶつけてしまって、久瀬さんも気の毒だけど見てるこっちも痛さが伝わってきますよ。でも、ミズキに膝枕されてたんですから仕方ないですね、まったく羨ましい限りです。

その夜、久瀬と話していたミズキはCDで彼の演奏を聴いたことで久瀬に恋をしたと告白。なんとなくまっすぐなミズキらしい言い方だと思います。

EDへ。今週はミズキの歌うEDです、ミズキらしい元気でまっすぐないい曲ですね。

次回、「union」

ef - a tale of melodies. ENDING THEME Music ef - a tale of melodies. ENDING THEME

アーティスト:羽山ミズキ
販売元:Geneon =music=
発売日:2008/11/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2008年10月12日 (日)

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第2話「ツインドライヴ」

刹那と合流したソレスタルビーイングはエクシアの太陽炉を回収し、今までうまく起動させることのできなかったOOガンダムにエクシアのGNドライブを搭載させる。一方、前回のラストに刹那が接触したライルは4年前に死んだロックオンの弟だった。

刹那がロックオンとスメラギを連れて帰還してるときに緊急の連絡。アロウズがソレスタルビーイングへ攻撃を仕掛けてきた。セラヴィーで迎撃に出るティエリア。しかし、敵の数が多くて対応しきれない、そんなとき刹那はまだ不完全のOOガンダムで出撃するため一人ガンダムのもとへ。トランザムを使ってもツインドライヴが安定領域に入らずにいたがエクシアとOガンダム、そして刹那が揃ったことによりOOガンダムがついに目覚めた。うまく起動したOOの強さは圧倒的でした。見事、アロウズを撤退させることに成功。

OOガンダムの起動、ロックオンとスメラギの合流、徐々に役者が揃ってきました。次回もかなり期待できそうです。

次回、「アレルヤ奪還作戦」

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年10月10日 (金)

CLANNAD~AFTER STORY~第2話「いつわりの愛をさがして」

3年の2学期になっても未だにに進路が決まらない春原を心配する妹の芽衣。そこで春原に彼女でもいれば芽衣ちゃんは安心するのではないかということになり、さっそく彼女のフリをしてくれる人を探し始める。

最初に目をつけたのは椋。予想どおり困らせてしまったので杏から制裁を受けました・・・。お次は智代のところへ・・・結果は言うまでもありません。次は図書室にてことみに相談するとことみはあっさりと了承してくれるが具体的に何をすればいいのかわからなかったので楽しいことを提案すると始まったのは恐怖のバイオリン演奏、これにより断念。

放課後、結局うまくいかずに悩んでいるところに通りかかった早苗さん。事情を聞いた早苗さんは春原の彼女役を簡単に了承する。これには春原もパニック状態、まあ春原は早苗さんが渚のお姉さんだと本気で信じてますからね・・・。

そして計画を立て芽衣ちゃんに報告。後日会うことになり、さっそく準備にとりかかる。いろいろと衣装を試着するが正直早苗さんといい、渚といい、この親子レベル高すぎです。

当日、待ち合わせ場所で会う春原と変装した早苗さん。それを見た芽衣ちゃんの反応は・・・。次回が気になります。

次回、「すれちがう心」

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2008年10月 9日 (木)

ヒャッコ 第2話「虎穴に入らずんば虎子を得ず」

今週は同じクラスになった4人組がどの部活に入ろうか決めるためいろいろな部活動を体験していく話。この私立上園学園には部活動、同好会を含め100以上の部が存在するそうです。これだけたくさんあると少しくらいはやってみたい活動が見つかるかもしれません、少し羨ましいです。

しかし、聞いたことない同好会が数多く存在しています、中には名前からして怪しげなものも。部活決め、虎子はかなり張り切っているが龍姫は乗り気ではない、虎子にスルーされる回数を重ねながらもうまく乗せられてます。時に二人は勝手に争いながらも部活を転々としていきます。運動部ではいろいろとネタが多くて笑えました。

今週も面白かったですが終わり方が少し微妙な感じもするかな、視聴は継続するので今後に期待します。

次回、「前門の虎 校門の虎 張子の虎」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とらドラ!第2話「竜児と大河」

10月に入り1週間。とらドラ!の第2話が放送され、今週よりOPが入りました。冒頭でペットのインコの毛が抜け落ちた・・・ストレスが溜まっているのか?

竜児は実乃梨と、大河は北村と親しくなるために前回より協力関係となった二人。作戦を練っては実行に移すもののことごとく失敗、実習で作ったクッキーを大河は北村に渡そうと試みるもののこれまた失敗に終わってしまう。さらにいつも行動を共にしていたためにクラスの間でありもしない噂が広がり、実乃梨や北村にも誤解されてしまう。

誰一人自分のことをわかってくれないことへの苛立ちを電柱にぶつける大河。そんな大河の気持ちを理解し、大河に加勢する竜児。そしたらなんと電柱が少し曲がってしまうがそれに喜んだ大河は明日、北村に告白することを宣言。

翌日、竜児が教室にやってくると噂をしていたことを竜児に謝るクラスの面々。大河が噂を否定しクラスで大暴れしたらしい。大河を探しに行った竜児は大河の告白現場に遭遇。北村は大河に「これからいい友達になれる」と言って戻っていった。それを見た竜児は大河に「竜になって虎である大河の傍に居続ける」と言う。大河の反応は冷たかったけど少し嬉しそうでした。

次回、「君の歌」

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2008年10月 7日 (火)

ef - a tale of melodies. 第1話「ever」

今期ではかなり期待度の高いアニメのひとつであるefの第2期が始まりました。昨年放送された1期がとてもよかったので凄く楽しみにしていました。今回の物語の中心人物は雨宮優子と火村夕、羽山ミズキと久瀬修一の4人ですね。

まずは優子と夕の話、efという作品の中で最も謎の多いのキャラがこの2人。10年前、2人の間にいったいなにがあったのかを思わせるような始まり方でした。そしてOPへ。これが今期の主題歌ですか、物語の雰囲気にとても合っているいい曲だと思います。

Bパート、1期ではほぼ脇役だったミズキと蓮冶の隣に住む久瀬の話。ミズキに関してはなんか主役に昇格した途端、すごく可愛く見える。なんと言ってもあのネコ耳が素晴らしいです。

今回は放送第1回ということもありEDはなかったのですが、エンドカードがまさかの絶望ネタ・・・さすがはシャフトさんです・・・。

次回、「read」

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2008年10月 5日 (日)

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第1話「天使再臨」

ついにガンダムOOのセカンドシーズン放送が始まりました。舞台はソレスタルビーイングと国連軍の決戦から4年後の世界。人類は地球連邦政府を樹立。しかし、連邦正規軍とは別に組織された独立治安維持部隊・アロウズは反政府活動や主義、思想の弾圧を行っていた。それはアロウズによって作られた弾圧という名の平和だった。

歪んだ世界を目の当たりにした刹那はその中で沙慈と再会する。沙慈はルイスとの約束を守るために宇宙技術者の道に進んでいたが当のルイスはなぜアロウズの一員だった、一体何があったのか?

何一つ変わってない世界を見た刹那はガンダムエクシアで出撃する。しかし、敵のアヘッドに苦戦を強いられ窮地に陥る。そこに現れたのはティエリアの乗るセラヴィーガンダムだった。これによりあっという間に戦局が逆転し敵は撤退する。再び現れたガンダムは今後、世界はどう変わっていくのか。今後の話に期待できる第1話だったと思います。

EDで流れたのは今作のOPテーマ、なかなかいい曲です。ED後、刹那が会いにいったのはカタロン構成員ライル・ディランディ。彼が新たなロックオン・ストラトスとしてガンダムマイスターになるようです。

次回、「ツインドライヴ」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年10月 4日 (土)

黒執事 第1話「その執事、有能」

「黒執事」の第1話が放送されました。こちらはセバスチャン役が小野大輔さんということもあり非常に注目していた作品のひとつです。これは英国の名門貴族ファントムハイヴ家の当主・シエルと彼に仕える執事・セバスチャンの物語。OP、EDともに作品の雰囲気に合っていました。

第1話ではファントムハイヴ家の当主・シエルに仕える執事・セバスチャンがいかに有能かというのを見せつけられる話でした。シエル役の坂本真綾さんの声もすごく合っていました。

原作コミックのほうは未読だったのですが、内容は予想以上に面白かったです。もう少し暗い感じの展開を予想していたのですが要所要所に笑える要素がちりばめられていて今後の話にさらなる期待を寄せられる、そんな回でした。

次回、「その執事、最強」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

CLANNAD~AFTER STORY~第1話「夏の終わりのサヨナラ」

待ちに待った第2シリーズが始まりました。第1話となる今回は主要のキャラ総出演での草野球の話。町内会の野球チームをどうしても勝たせたい秋生さんは朋也にメンバーを集めるよう命じる。朋也は演劇部を通じてメンバー集めを開始する。

まずは乗り気の杏、うまく話に乗せられた春原、さらになんとことみが立候補。その後、春原の犠牲を払いつつも智代がメンバーに。智代は美佐枝さんが出るのならという条件だったがなんとか美佐枝さんにも了承をもらうことができた。下校中、仕事中の吉野さんを発見。なんとか協力をとりつけることができ8人目のメンバーを確保。残る1人、9人目はなんと春原の妹の芽衣ちゃんでした。

試合当日、寄せ集めのメンバーだが秋生さんは満足の様子。半分以上が女性なのだがこのチームの女性陣は男性陣よりも大活躍。杏や智代は予想通りさすがといったところだが、ことみもすごかった、緻密な分析で見事にボールをバットに当てた。さすがは天才少女。

途中秋生さんが怪我をしてしまいピッチャーが急遽渚に交代。ほかのメンバーのフォローでなんとか持ちこたえていたが最終回でついに逆転されてしまい、1点差でツーアウト満塁で打席は朋也。みんなから期待され、見事に期待に答えてくれました。

その後、古河家にて全員で祝勝会。とてもいい雰囲気でした、2期シリーズスタートを飾る第1話として申し分なかったです。次回も期待です。

次回、「いつわりの愛をさがして」

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2008年10月 2日 (木)

ヒャッコ 第1話「1コメ 虎子相まみえる」

秋の新作アニメ2本目は「ヒャッコ」。こちらの原作は未読です。なので箱を開けるまでまったくわからない状態のまま視聴。

この物語の主要キャラは上下山虎子、伊井塚龍姫、早乙女雀、能乃村歩巳の4人。一応、主人公は虎子ということらしいです、最初は歩巳かと思いましたが。今回の第1話はこの4人の出会いの話が描かれています。この4人が通う「私立上園学園」は迷ってしまうほどの広い敷地を誇る。でも、実際迷っていたのはこの4人だけだったような・・・。

内容的にはわりと面白かったのでこちらも継続視聴決定かな、そのほかの登場キャラも個性的なキャラが多そうなので面白い展開になることを期待しつつ次週の放送を楽しみに待ちたいと思います。

次回、「虎穴に入らずんば虎子を得ず」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とらドラ!第1話「虎と竜」

10月に入りましてさっそく秋の新作アニメの放送が始まりました。今回見たのは「とらドラ!」。原作の小説は読んだことはあるものの第1巻を読んだのは正直だいぶ前なので内容自体はあんまり覚えてなかったです。

さて、本編ですが主人公は目つきが悪いために周囲から不良と誤解されている高須竜児。でも実際は家事もこなすしっかりとした性格の持ち主。そしてもう一人の主役、「手乗りタイガー」と恐れられている逢坂大河。この大河だが、竜児に対し「犬!」とか言ってるからついルイズを意識してしまいます。

実はこの二人、お互いがお互いの親友に好意を抱いているというあまりない展開なのです。そんな二人の出会いがこの先どういう展開を見せるか楽しみです、というわけで継続視聴は確定。そろそろ原作もう1回読み返そうかな。

次回、「竜児と大河」

とらドラ!オープニングテーマ バニラソルト とらドラ!オープニングテーマ バニラソルト

アーティスト:櫛枝実乃梨(堀江由衣),川嶋亜美(喜多村英梨) 逢坂大河(釘宮理恵)
販売元:KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M)
発売日:2008/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »