« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

みなみけ~おかわり~ 第13話「みんな揃って、ごちそうさま」

いろいろあったみなみけ二期もついに最終回。ハルカが留学するという話をマキから聞いたカナ、そしてそれを聞いたチアキ。その後、まわりの人たちにも徐々に広がっていく。

ハルカの高校でもマキとアツコが速水先輩に話していた。それを近くで聞いていたのはやはり保坂。なんでお前がパスポートを用意しにいくんだよ、マキが悪寒を感じていたけど・・・。

カナとチアキはハルカがいなくても二人だけで家事ができるようになるために特訓を開始。内田と吉野が料理の手伝い。試食係のトウマとマコトが気の毒。

後日、ハルカにはその日休んでもらい、二人だけで掃除、洗濯といった家事をこなしていく。一生懸命練習したハンバーグを絶賛するハルカ。が、ここでとうとうチアキが我慢できずに「行かないで」とハルカに泣きつく。でもハルカは留学しないと決めていたのです。よかったな、二人とも。ここで挿入歌「経験値上昇中」。

そして、ED・・・とその前に保坂、なんと飛行機の中。気がはえーよ、どこへ行くつもりだ?最後の最後までやってくれたな。

これでみなみけは終了です。いろいろありましたが面白かったですね。ぜひ三期もやってほしいです。

DVD みなみけ 4 (期間限定版)

販売元:キングレコード
発売日:2008/04/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

灼眼のシャナⅡ 第24話「守るべきもの」

ついに最終回です。零時迷子を奪われて、存在の力を回復できない悠二。徐々に力を失っていくが、悠二は大切なものを守るためできることを精一杯しようとする。

外で戦っていたシャナはマージョリー、ヴィルヘルミナの助けもあり、内部へ突入する。悠二はようやくシャナと合流するがもう時間がない。そして、ついに零時迷子のありかに到着。そこで待っていたのは以前に悠二の中から現れた銀の甲冑。零時迷子はその中だった。このときこの銀はヘカテーとリンクしていたようでヘカテーの一瞬の迷いから隙ができシャナは敵の作った装置を破壊、悠二は零時迷子を見事に奪還する。

この戦いを見てもわかるように悠二はここまでで相当強くなりましたね。零時迷子を奪還されたことでバル・マスケの計画は失敗、そしてやむを得ず撤退する。

そして戦いが終わり、戻ってきた悠二に一美が「お帰り」の一言。そりゃあ、中で戦っているシャナや悠二のことを信じて待っているほうも気が気じゃないだろう。

ともかく、これでシャナの第二期も終了です。毎週とても楽しませていたただきました。製作に関わったすべての方々、本当にお疲れさまでした。

SPLENDIDE SHANAII Vol.I SPLENDIDE SHANAII Vol.I

アーティスト:TVサントラ,釘宮理恵,能登麻美子,日野聡,江原正士,川澄綾子,野島健児,近藤孝行
販売元:GENEON ENTERTAINMENT,INC(PLC)(M)
発売日:2008/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月25日 (火)

ARIA The ORIGINATION 第12話「その 蒼い海と風の中で・・・」

藍華がついにプリマに昇格、おめでとう!オープニングでは藍華の昇格試験の様子が。晃さん泣いていました。原作では藍華の昇格試験の様子はわからなかったので見れてよかったです。

藍華のプリマ昇格をアリシアさんに報告する灯里。もうひとつ、お知らせ。近日オープン予定の姫屋の支店に藍華が支店長兼務でいくことになったのです。そして、アリシアさんは灯里に告げる、「明日、プリマの昇格試験を行います」・・・と。

試験前夜、灯里は眠れず夜にアリア社長と練習に出かける。そこで暁とウッディーに出会う。試験前日なんだから「落ちる」とかあまり言うなよ、悪気はないんだろうけどさ。

翌日、雨が降りましたが午後にはやんで試験が行われました。そして灯里は見事プリマに昇格しました、おめでとう!灯里の通り名はアクアマリン(遙かなる蒼)です。その後、アリシアさんから「灯里ちゃん、あなたに大切なお話があります」と告げられる。そして、次回へつづく。

さて、次回はいよいよ最終回です。ARIAのお話もついに終わりを迎えようとしています。そう考えると少し寂しくなりますね。

ARIA The ORIGINATION Navigation.1 ARIA The ORIGINATION Navigation.1

販売元:メディアファクトリー
発売日:2008/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年3月24日 (月)

みなみけ~おかわり~ 第12話「もう一口が辛いのです」

今週はチアキの学校の運動会の話です。チアキとフユキは実行委員なので放課後は運動会の準備。運動会のことを知ったカナは内田と吉野の二人を呼んで特訓を行っていた。ハルカの高校でもハルカがマキとアツコに運動会の話をしていた。それを聞きつけたのはやはり保坂・・・まさか、来る気か?

そして、当日。ホントに来やがった。なんだその格好は?昼食を作りに来た保坂、すでにパスタ屋に成り下がってた・・・。

運動会は順調に進むがなんとフユキはその日で学校を転校することになっていてチアキは運動会が終わったあとその事実を知った。ということはフユキの出演は今回で終了か。まあ、次回が最終回なんだけど。次回はハルカの交換留学の話のようです。多分、ハルカはこの話を受けないとは思うけどどういう終わり方をするんだろうか。

次回、「みんな揃って、ごちそうさま」

みなみけおかわり 1 (期間限定版) みなみけおかわり 1 (期間限定版)

販売元:キングレコード
発売日:2008/05/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年3月22日 (土)

灼眼のシャナⅡ 第23話「危難の胎動」

突如、目の前に現れたヘカテーによって悠二は零時迷子を抜き取られてしまう。これにより存在の力の回復がのぞめなくなってしまった。一方、シャナたちは内部への侵入を試みるがまったく歯が立たずにいた。

一美が持っていた宝具ヒラルダから聞こえたヨーハンの声を聞き、悠二から零時迷子が奪われたことを知る。その後、佐藤が内部への侵入口を見つけ出し、シャナたちは内部へ突入する。だが、そこにはシュドナイが待ち受けていたがマージョリーが盾となってシャナとヴィルヘルミナは無事に内部へ侵入することができた。

そこに現れた教授こと探耽求究・ダンタリオン。ここでバル・マスケの計画が教授によって明かされる。最初に悠二たちのもとへ送り込んだ偽りの器・近衛史菜もその計画の一環だったらしい。

悠二は零時迷子奪還のため一人、時計塔に突入する。次回はいよいよ最終回。果たしてあと1話で決着はつくのだろうか。

次回、「守るべきもの」

DVD 灼眼のシャナII 第IV巻

販売元:ショウゲート
発売日:2008/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月21日 (金)

CLANNAD 第22話「影二つ」

今回でクラナドがついに最終回です。自分のせいで両親が夢を諦めてしまったことを知った渚。それを犠牲に自分は夢をかなえようとしていると考えてしまう。劇の本番は午後からだが渚はいつもの調子に戻れなかった。

そして、本番。幕が上がると渚は泣き出してしまう。なんか見ているこっちもつらくなってきた。朋也も幕を下ろすことができない。まさに絶望的な状況、そんな状況を変えたのは秋生だった。いいところ持っていったな、自分の子供にここまで言える親もなかなかいなんじゃないかな。そして、劇は再開される。

最後の最後に朋也が渚に告白してこの物語は無事終了です。いい終わり方だったのではないでしょうか。

そんなわけで本編はめでたく終了しました。次回は番外編です。

CLANNAD 4 (初回限定版) CLANNAD 4 (初回限定版)

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2008/03/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月18日 (火)

ARIA The ORIGINATION 第11話「その 変わりゆく日々に・・・」

今週のお話はなんと二本立てです。

Aパート。姫屋ではアリスがプリマに飛び級昇格したという噂で持ちきり。そんな中、晃さんはあることに悩まされていました。どうやら藍華の通り名を考えているようです。アリスが先にプリマになったことによりそんな藍華が心配でならない晃さん。でも、藍華には不安とかはなく逆に燃えていました。通り名の候補を書いた紙を渡された藍華。いよいよ藍華もプリマですね。ちなみに藍華の通り名はローゼンクイーン(薔薇の女王)で決定みたいです。

Bパート、プリマとなり忙しい毎日を送っていたアリスはもう何日も灯里と藍華に会えていません。少し前までは毎日会えていたのに。アリスは会うきっかけがないことに悩んでいました。このままずっと会えないのではないかという不安がよぎるがネガティブな思考を捨てて部屋に戻ります。するとそこには何事もなかったかのように灯里と藍華がいた。あまりの突然のことにそのままドアを閉めるアリス。すかさず藍華の「フェードアウト禁止!」が飛んでくる。こうして久々にいつもの時間を過ごした三人。会う時間なんて無理やり作ればいい」と言う藍華、「会うきっかけも特別な理由もいらない、アリスちゃんだけで充分」と言う灯里。いい仲間を持ちましたね。

次回はついに灯里のプリマ昇格試験、物語もいよいよあと2話です。

次回、「その 蒼い海と風の中で・・・」

ARIA The ORIGINATION Navigation.2 ARIA The ORIGINATION Navigation.2

販売元:メディアファクトリー
発売日:2008/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年3月17日 (月)

みなみけ~おかわり~ 第11話「さすがにヤバくなってきました」

放課後の掃除当番をやりたくなかったカナは仮病を使ってサボってしまう。次の日は町内会の掃除の日だった。それをハルカから聞いたカナはまたしても仮病を使い、掃除をサボった。だが、ハルカは騙せたがチアキに仮病を見破られてしまう。チアキはかんかんに怒っていた。妹にそのようなことを言われるとは情けない・・・。

次の日は三人で買い物に行き、夜はカルビ食べ放題に行く予定だったのだが、とうとうカナに天罰が下った。この日、カナは本当に風邪を引いてしまったのである。前日に仮病を使っただけあって今日も風邪を引いたなんて言えるわけがない。そこでカナは夜までに風邪を治すため宿題を口実に昼間は留守番することにする。その後、内田とマコちゃんを呼んで風邪薬を買いに行かせたりするがすぐに治るわけがない。チアキに何言われるかよほど怖かったんだな。前日のこともあるし。

そういえば、今週は保坂が出なかった、珍しいこともあるもんだ。次回はチアキの学校の運動会の話のようです。

次回、「もう一口が辛いのです」

みなみけおかわり 1 (期間限定版) みなみけおかわり 1 (期間限定版)

販売元:キングレコード
発売日:2008/05/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

灼眼のシャナⅡ 第22話「クリスマス・イヴ」

二学期が終了した御崎高校。そんなとき帰ってきた悠二の父・貫太郎からいい知らせが届く。悠二に兄弟ができます!そこで貫太郎から聞かされた事実でなぜ自分の名前に「二」の字がついているのかを知る。そして、新たに生まれてくる弟か妹に「三」の字がつくことになりました。

その知らせを聞いたシャナは一美に「子供の作り方を教えて」と聞く。こらこら、真顔でなんてことを聞くんだ。まあ、仕方のないことだとは思うけど。アラストールもずっと口のつぐんでいましたな。

さて、クリスマス・イヴを前日に控え、シャナと一美は決着をつけるために悠二に手紙を書くことに。シャナが用意してきた紙と封筒・・・年頃の娘が書く手紙とは思えん・・・。結局、ちゃんとした便箋を一美と買いました。

そして、当日。約束の時間がせまってきた。だが突如悠二の目の前に現れたヘカテーによって零時迷子を奪われてしまう。おいおい、どうなってしまうんだ?そういえば、今期のシャナもあと2話か。どういう形で終わるのか?

次回、「危難の胎動」

灼眼のシャナII 第III巻 灼眼のシャナII 第III巻

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

CLANNAD 第21話「学園祭にむけて」

もうすぐ学園祭。演劇部の活動にも力が入る。冒頭は声出しの練習。演劇の基本ですね。主演はもちろん渚。杏、椋、ことみ、そして朋也と春原は裏方。

劇の準備では合唱部も協力してくれて、衣装は早苗さんが作ってくれることになりました。学園祭まであまり日がないというのにリハーサルの前に仕上げてくれました。とてもすばらしい出来です。そして、前日のリハーサル、渚は緊張していましたが、みんなの協力もあり、なんとか練習どおり通すことができた。

その夜、渚が懐中電灯を探していると物置から両親の昔のアルバムや写真を見つけてしまった。これにより渚は両親の夢を犠牲にして今の自分がいるんだということを悟ってしまう。明日が本番だというのになんとタイミングの悪い・・・。果たして本番はどうなってしまうのか・・・?

なんと次回は最終回です。どういう結末になるのか・・・。

次回、「影二つ」

CLANNAD 4 (初回限定版) CLANNAD 4 (初回限定版)

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2008/03/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月11日 (火)

ARIA The ORIGINATION 第10話「その お月見の夜のときめきは・・・」

気がつけばARIAも今週でもう10話目です。さて、今週はお月見のお話です。

前回プリマに昇格したアリスちゃんの初営業日。灯里と藍華はその日1日こっそりとアリスの様子を見ていました。こっそり見ていたんだけどその日のお仕事が終わったときに気づかれましたね。その日は月がきれいだということで灯里はお月見を企画します。

その夜、三人でお月見を始めます。藍華はいつのまにかアルくんを誘っていました。来るのが遅いので藍華はそのまま探しにいきました。その後アルくんと合流できたけどちょっとしたアクシデントで藍華は街中の井戸に落ちてしまう。藍華を助けようとしたアルくんでしたが逆に落ちてしまった。そんなとき井戸の上からまぁ社長が顔を出した。なんとかアリスたちを呼んでくるように言ったけどあんな調子でだいじょうぶだろうか。助けを待っている間二人で月を見ていい雰囲気だったのにまさかあそこで藍華のお腹が鳴るとは・・・・・雰囲気台無し。というかさっきアリスとあれだけ団子食べてたのに・・・。そして灯里とアリスが助けにきました。まぁ社長、無事に助けを呼びに行けたようです。

次回、「その 変わりゆく日々に・・・」

ARIA The ORIGINATION Navigation.1 ARIA The ORIGINATION Navigation.1

販売元:メディアファクトリー
発売日:2008/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月10日 (月)

みなみけ~おかわり~ 第10話「花より団子のお年頃」

今週はお花見に行く話です、まだつぼみの状態で咲き始めていないのに・・・。実はカナたちが焼肉の話をしていたときにチアキがはらみと花見を聞き間違えたのがきっかけ。つっこみの練習をしていたのにカナにつっこまれては恥ずかしがらずにはいられない。

しかし、この花見の順調にいくわけはなく自宅で準備をしていたハルカに速水先輩が持ってきた変なジュースとかが原因で結局グダグダに・・・。

話は変わり、自分の小遣いで買ったカップ麺ができあがるのを待つチアキ。ずいぶん機嫌がよさそうだ。そこへカナが帰宅。傘を持っていかなかったためずぶ濡れだったカナのために風呂を沸かしに行くチアキ。・・・なんとなくわかっていたけどその隙にチアキのカップ麺をカナに食べられてしまう。それを見たチアキはすっかり落ち込んでしまう。そこでカナは新しいカップ麺を持ってきてあげて、チアキも機嫌を直す。チアキのあまりの落ち込み具合を見てさすがにカナも罪悪感を感じたのだろう。

みなみけおかわり 1 (期間限定版) みなみけおかわり 1 (期間限定版)

販売元:キングレコード
発売日:2008/05/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

灼眼のシャナⅡ 第21話「合わさる力」

前回、現れたサブラクを前に窮地に立たされるヴィルヘルミナ。自在法・スティグマによってシャナとマージョリーは動けずにいた。そんなとき、悠二は地下を通り、なんとかシャナと合流する。何か悠二に考えがあるらしい。

いくら攻撃しても傷ひとつ負っていないサブラクに対して疲労を隠せないヴィルヘルミナ。サブラクはそこにさらに攻撃を仕掛けるがそこに紅蓮の炎をまとったシャナが現れる。スティグマを受けて戦う力は残っていないはずだが現にシャナはそこにいる。驚きを隠せないサブラク。負った傷の部分に自在式が現れる。仇敵との再戦に備えてヴィルヘルミナが何もしていないはずがなかった。優秀な自在師だったヨーハンが考案したスティグマ破りの自在式、それをヴィルヘルミナが戦いの中で調整しついに完成させたのだった。

しかし、スティグマを破ったとはいえ、相手は無尽蔵ともいえる耐久力を持っている。だが、悠二はその秘密に気づき始めていた。サブラクは自分の存在の力を街全体に染込ませていた。ヴィルヘルミナが戦っているのはその力の一端にすぎなかった。だが、姿を見せている人型は全体の知覚を担っていて目の前の相手と交戦している以上、街全体の自分の力を掌握できていない。だからこそ最初に行われた広範囲による奇襲攻撃は一度きりだった。

そのためヴィルヘルミナと交戦中であったサブラクはシャナやマージョリーにまで手が回らない。そこで街の一部を切り離して相手の力の補給源を断った後、相手を討つという作戦は見事に成功する。ここで「JOINT」を流したのもすごくよかったです。

次回、「クリスマス・イヴ」

DVD 灼眼のシャナII 第III巻

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

ARIA The ORIGINATION 第9話「その オレンジの風につつまれて・・・」

アリスがミドルスクールを卒業しました。それからというもの、アリスは練習でも絶好調。そんなとき、アテナがアリスをピクニックに誘います。そう、ついにアリスも昇格試験です。

もちろんアリスは試験とは知りません。アテナの提案によりアテナがお客様でアリスがウンディーネとして1日通すことになりました。最初にお客様をゴンドラに乗せるところから観光案内までアテナは驚くばかり。アリスちゃん、成長しましたね。

その後、灯里が昇格試験のときに通ったコースを通り、水上エレベーターに到着します。エレベーターが上がるのを待っている間、少し休憩、ここまででアテナはアリスの成長ぶりを驚くばかりでした。でも、アリスはカンツォーネが正直苦手だと言います。そして、目的地である希望の丘に到着しました。そこには灯里と藍華、ゴンドラ協会や会社の方々が待っていました。アテナは最後に一曲アリスにお願いする。

アリスは今までの思い出の数々を思い浮かべながら見事なカンツォーネを披露した。そして、アテナはそっとアリスの左手をとって手袋を脱がします。しかし、さらにアテナは右手の手袋も脱がします。そして、アテナ言う。「おめでとう、アリスちゃん。いいえ、オレンジ・プリンセス(黄昏の姫君)、今日からあなたはプリマ・ウンディーネです」

・・・そう、アリスはプリマに飛び級昇格を果たしたのです。史上初ですよ!アリスが涙を流したシーンなんて感動ものです(・・・このときもらい泣きしてました)

本当におめでとう、アリスちゃん!!

さあ、次は灯里と藍華の番ですよ、はやくアリスに追いつけるといいですね、次はお月見の話です。

次回、「その お月見の夜のときめきは・・・」

ARIA(12) (BLADE COMICS) Book ARIA(12) (BLADE COMICS)

著者:天野こずえ
販売元:マッグガーデン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月 3日 (月)

みなみけ~おかわり~ 第9話「そろそろ苦しい?ひみつのマコちゃん」

2期目が始まった頃と比べるとなんか作品の雰囲気が変わったような気がします。アニメオリジナルの話が多かったのにここ最近では原作の話をよくやるし今週は1期のときのあったアイキャッチとかありましたしね。

さて、今週はカナの予知夢の話。まあ、見た夢を正確に覚えているなんてやっぱり無理だと思うよ。しかし、すき焼きの次の日はカニですか、ずいぶんと豪華じゃないですか。

南家に来ることを許可されたマコト、でも、すぐに追い出された。結局、マコちゃんに逆戻り。吉野がマコちゃんに興味を持っている様子・・・ってこの人、絶対気づいてるよ、吉野ってこういうキャラだったっけ?

次回、「花より団子のお年頃」

Book みなみけ 5 (5) (ヤングマガジンコミックス)

著者:桜場 コハル
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月 1日 (土)

灼眼のシャナⅡ 第20話「茜色の死闘」

ザロービの策略を見事に破ったのも束の間、合流した悠二とシャナ、ヴィルヘルミナに先ほどまでの徒とは比べ物にならないほどの攻撃を受ける。気がついた悠二は新たに現れた敵に剣を突きつけられる。そのときヴィルヘルミナが悠二のもとへ駆けつける。この強大な攻撃を仕掛けてきた相手こそ紅世の王にしてヴィルヘルミナにとっての因縁の相手である懐刃・サブラクだった。

最初に行われた広範囲による奇襲攻撃を受けている上、受けた傷を徐々に広げていく自在法・スティグマによってかなり不利な状況に立たされてしまう。悠二をかばって相手の攻撃を受けた上に悠二を守りながら戦いを続けるヴィルヘルミナ。だが容赦なく攻撃をしているのにもかかわらずサブラクはまったくダメージを負っている様子はない。しかし、うまく気づかれずに悠二を地下に逃がすことに成功する。そして悠二は戦いの前から感じていた違和感の正体を突き止めに走る。

だが、スティグマの影響でシャナとマージョリーは動くことができない。さらにヴィルヘルミナも戦いの中で疲労の色を見せ始める。ヴィルヘルミナ、絶体絶命!果たして次回、今まで以上の強敵を倒すことはできるのか。

次回、「合わさる力」

DVD 灼眼のシャナII 第III巻

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »