« CLANNAD 第22話「影二つ」 | トップページ | みなみけ~おかわり~ 第12話「もう一口が辛いのです」 »

2008年3月22日 (土)

灼眼のシャナⅡ 第23話「危難の胎動」

突如、目の前に現れたヘカテーによって悠二は零時迷子を抜き取られてしまう。これにより存在の力の回復がのぞめなくなってしまった。一方、シャナたちは内部への侵入を試みるがまったく歯が立たずにいた。

一美が持っていた宝具ヒラルダから聞こえたヨーハンの声を聞き、悠二から零時迷子が奪われたことを知る。その後、佐藤が内部への侵入口を見つけ出し、シャナたちは内部へ突入する。だが、そこにはシュドナイが待ち受けていたがマージョリーが盾となってシャナとヴィルヘルミナは無事に内部へ侵入することができた。

そこに現れた教授こと探耽求究・ダンタリオン。ここでバル・マスケの計画が教授によって明かされる。最初に悠二たちのもとへ送り込んだ偽りの器・近衛史菜もその計画の一環だったらしい。

悠二は零時迷子奪還のため一人、時計塔に突入する。次回はいよいよ最終回。果たしてあと1話で決着はつくのだろうか。

次回、「守るべきもの」

DVD 灼眼のシャナII 第IV巻

販売元:ショウゲート
発売日:2008/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« CLANNAD 第22話「影二つ」 | トップページ | みなみけ~おかわり~ 第12話「もう一口が辛いのです」 »

灼眼のシャナⅡ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128245/11663032

この記事へのトラックバック一覧です: 灼眼のシャナⅡ 第23話「危難の胎動」:

» (アニメ感想) 灼眼のシャナII 第23話 「危難の胎動」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
灼眼のシャナII 第III巻 御崎市に突如現れた、この世のものではない“殻”。その中に悠二の存在を感じたシャナだが、マージョリーの自在式だけでなく、ヴィルヘルミナのリボンですらその殻には傷一つ付けられない。これほど大掛かりな仕掛けを施せる者とは誰か?シャナの....... [続きを読む]

受信: 2008年3月27日 (木) 20時25分

« CLANNAD 第22話「影二つ」 | トップページ | みなみけ~おかわり~ 第12話「もう一口が辛いのです」 »