« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

2007年アニメまとめ

今年も残すところあとわずかです、そんなわけで今回は2007年に見たアニメのまとめをしようと思います。今回リストアップするのは主に年内に放送が終了したものです。全部紹介するときりがなさそうなので自分なりに気になったタイトルの一部を紹介します。

「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」・・・・・多分今年一番最初に見たアニメ。なんとなく見始めたタイトルだったけどいつの間にかはまっていた。特に最終話は感動もの。

「ハヤテのごとく!」・・・・・今年の春一発目のアニメ。原作も好きだったから割と期待作だった。キャストのかなり豪華で内容も非常にいい。現在3クール目まで終了、引き続き4クール目をやるそうです。

「らき☆すた」・・・・・おそらく今年最も注目を浴びたタイトル。なんとなく見た第1話を見て完璧にはまってしまった。OPも予想以上の大ヒット。各地でイベントを開催するなどして今年一番盛り上がったアニメかもしれない。

「魔法少女リリカルなのはStrikers」・・・・・大人気シリーズの第3期。10年後ということでガラッと変わったなのはたちに驚いた人もいるんじゃないかな。なのはよりもむしろ新人たちのほうが目立っていたようなこともあり、賛否両論の意見が出ていたが自分的にはこれはこれでありだと思うし物語自体も面白かったと思う。

「さよなら絶望先生」・・・・・OPがいろいろな意味ですごかった。ネタのほうもかなり面白かった。なんか最後の最後まで同じペースで突っ走っていった感じ。来年からやる第2期にも期待。

「ななついろ★ドロップス」・・・・・ストーリーは全体的によかった。すももが可愛い。夏から始まったアニメの中でもかなりの良作。

「School Days」・・・・・リアルで起こった斧少女の事件により最終話が放送中止となったことでかなり話題となった。俗に言う「Nice boat事件」。後日放送された最終話を見てトラウマになった人もいるのでは?ここまで見ていてストレスの溜まるアニメも珍しい。・・・では最後に一言「誠死ね」。

「ひぐらしのなく頃に解」・・・・・こちらも一連の事件の影響で一部の放送局が放送休止を決定したことが話題に。内容はアニメから入った自分としては第1期をあわせて面白かったと思うが、原作を読んでいる人から見れば物足りないといった辛口な批評も。

「D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ」・・・・・まさかのまさか、予想もしていなかった美夏エンド。ヒロインたちの人数を考えれば1クールでやるにはとても足りない。第2期はぜったいにやるべき。

「スケッチブック~full color's~」・・・・・今年の秋から始まったアニメの中でも上位に入る作品。もともと4コマ漫画が原作でのんびりとした雰囲気をアニメで忠実に再現。とてもいい作品だった。1クールで終わるのはもったいない。

「ナイトウィザード The ANIMATION」・・・・・最初は世界観をつかむのに時間がかかったけど3話くらいからどっぷりとはまっていたアニメ。ストーリーの展開も非常に面白い。

そんなわけで今年は非常に良作のアニメがたくさんありました。もちろんここで紹介した作品以外にも良作ぞろいでした。来年も今年以上にいい作品を見れることに期待したいと思います。それでは皆様、よいお年を・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなみけ 第13話「恋のからまわり」

毎週楽しみにしていたみなみけも今回で終わりです。今週は年末にちなんだ話でした。前回のクリスマスといい、この季節にはぴったりですね。

トウマとマコちゃんが着た着物、二人ともけっこう似合っているな。特にマコト、お前がここまで女物の服が似合うとは思っていなかったよ。

舞台は変わり、そこはとあるそば屋。あれ?保坂、お前何してんだ?またわけのわからない妄想を膨らませながらそばを作り続ける保坂。ここはナツキのバイト先なのか?別に注文されてもないのになんか勝手に作って勝手に自転車で配達に行った。保坂、最後の最後までお前は・・・。

南家の大晦日、テレビを見る三人。「先生と二宮君最終回10時間SP」・・・なんで大晦日にこんな番組やるんだよ、しかも10時間ってなんだよ?だからどうしていつもクライマックスって断崖絶壁なんだ?あ、二宮君が崖から・・。そのときハルカの友達がやってきた。何が輸入もののジュースだ、というかなんでそんなものをたくさん持っているんだ、高校生?

結局、そのせいでたいへんな年末年始になってしまったな、と、いつの間にか「先生と二宮君」完結してた、ってあのあとどうなったんだよ!?

というか今回で終わりなのに保坂の叫びで終わりってどうなのよ?まあ、何はともあれこれにて完結。ほかのアニメが先週でだいたい終わったのにみなみけはずいぶんぎりぎりまでやりましたね。でも、非常に面白かったです、今期のアニメの自分的には上位に入る作品だと思います。

次回からは第二シリーズとして「みなみけ~おかわり~」が始まります、作風はガラッと変わっていますが楽しみに待ちます。

みなみけ 1 (期間限定版) みなみけ 1 (期間限定版)

販売元:キングレコード
発売日:2008/01/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月30日 (日)

涼宮ハルヒの約束

先日発売されたPSP用ゲーム「涼宮ハルヒの約束」を購入、現在プレイ中です。予約していたので限定版をゲットできました。

200712302239000_3

     まだプレイを始めたばかりなのでほとんどストーリーのほうは進んでいませんけどね。発売が本来より一週間延びたといったとこもありましたが内容のほうはかなりいいできだと思います。まあ、この冬はゆっくりとプレイするつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

コミケ73行ってきました

200712291527000

本日よりコミックマーケット73が開催されました。朝5時起きで6時半には現地入り。今日は天候が悪かったにも関わらず朝からすごい行列。

普段なら待つことはそれほど苦ではないんだけど雨が降ったりやんだりしていたから待っていて非常に嫌だった。まあ、帰りは晴れていたからよかったんですけど会場内で傘を持ったままなので非常に不便でした。

企業ブースに入れたのは10時半ぐらい。今回の注目作品はやっぱり今年話題になったミクやひぐらしかな。午後はゆっくりと東地区をまわった・・・・いや、企業ブースで時間かけすぎたからそんなにゆっくりでもなかったんだった。とりあえず、以前から立てていた計画どおりとはいかなかったけどまあ満足かな。でも、予定外の出費もけっこうあったんだけどね。

まあ、そんなわけでコミケは明後日31日まで開催中です。とにかく今日は疲れたんで早めに休みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

バンブーブレード 第13話「先生たちと生徒たち」

今週はなかなかいい話でしたね。今回の合同練習を最後に剣道部をやめようと考えていたメイちゃんはタマちゃんと一緒に練習をすることに。メイはタマちゃんの実力をみて驚く。メイから見てとてもかっこよかったようだ、通称・タマかっこいい。タマちゃんに打ち込まれるちとても鮮やかな打ち込みなので通称・タマ気持ちいい。まさにタマちゃんのためにある言葉である。

それを見ていたメイの先輩たちもタマちゃんに打ち込みをしてもらうことに。とうとう部員の一人がお持ち帰りを希望。でも、お持ち帰りならミヤミヤの写真を撮りまくってたレイミが「お持ち帰りぃ~」って言うセリフじゃない?・・・ってこのネタはわかる人にしかわからないか。ヒント:レイミの中の人だよ

キリノの提案でタマちゃんと互角試合をすることになった東。タマちゃんの恐るべき強さを実感し東も感覚を取り戻し最後の試合のときには先鋒を任せられ完璧にキリノのペースに乗せられていたな。次鋒のメイは完全に暴走気味のミヤミヤと戦っていたのでかわいそうだった。つーか怖ぇーよ、ミヤミヤ。

試合の結果は室江高の勝利に終わった。成明高の生徒たちにとって特にメイにとってはとてもいい経験になったんじゃないかな。

さて、早いもので1クール目が終了しました。来年からの2クール目も期待大です!

次回、「さとりんの決意ともぎゅもぎゅ」

バンブーブレードDVD 一本目 バンブーブレードDVD 一本目

販売元:JVCエンタテインメント
発売日:2008/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月24日 (月)

みなみけ 第12話「クリスマスとかイブとか」

世間では本日クリスマスイブです、そんなわけで今週のみなみけもそれにちなんでクリスマスの話です。

かつて、タケルがサンタに変装するのを目撃してしまったチアキ。そのために意外とはやくから夢をなくしてしまったようだ。そんなチアキにカナは藤岡に協力を依頼しサンタの格好をさせてサンタのことをもう一度信じさせよう計画。

そしてイブ当日、タケルは例年どおりやってくる。藤岡が入っていくのを見てハルカに電話すると明日出直すことに。寝ていたチアキはタケルではないサンタに驚きカナの作戦は成功した・・・・あれ?興奮したチアキはハルカに目撃したことを説明しているとカナは「サンタなんかいるわけないじゃん、子供か?」・・・これが言いたかっただけかよ!

一方、もうひとつの南家ではトウマのプレゼントのことで男三人で会議中。なんだこの収集のつきそうにない会議は?こんなことをもう1週間も続けていたのかよ。トウマが書いたサンタへの手紙だけど全然サンタ宛じゃなくてアニキ宛じゃん。ナツキはこの間のハルカとのトラブルでそれがトラウマに。アキラは発言権なし。ついにはアルバムを出してトウマのクリスマスについて振り返り始める。とうとうトウマから蹴りが入った。まあ、このまま続けていたらクリスマス終わりそうだもんな。

カナにプレゼントしそびれていた藤岡はイブの翌日、再び南家を訪れる。そこにはタケルが。そういえばこの日に来る予定だったな。どうやら留守のようだけど。その頃三人は焼肉に行っていた。完全に忘れているな、タケルのこと。

チアキが抱えているのは藤岡サンタがくれたクマの人形。カナが魚も取れなさそうというとクマを投げるチアキ。あれ?なんか攻撃力高くない?クマの名前はふじおかに決定。

とうとうイブにもクリスマスにもカナにプレゼントをあげることをできなかった。相手のことを考える・・・か、おい、藤岡、お前の中のカナはリアルのカナと全然違うじゃないか!明らかに別人だろ?

結局年内には渡せたけど中身はハム!?藤岡はちゃんと渡せたことに満足しているけど完全にお歳暮と勘違いされているぞ、カナにもハムの人とか言われているし。番長の次はハムの人ですか。

次回はいよいよ1クール目の最終回です。

次回、「恋のからまわり」

みなみけ 1 (期間限定版) みなみけ 1 (期間限定版)

販売元:キングレコード
発売日:2008/01/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年12月22日 (土)

灼眼のシャナⅡ 第12話「清秋祭始まる」

ついに始まった清秋祭。初日は商店街を歩く仮装パレード。もうこんなふうにみんなで何かやるということももうないだろうということで楽しむ一同。しかし、零時迷子を探しているフィレスが徐々に近づきつつあった。

ヴィルヘルミナはマージョリーに銀について話すことを荒事にならないよう穏便に話をすすめようとしていた。

仮装パレードの女性部門の優勝はシャナに決定した。司会者からマイクを受け取った・・・じゃなくて奪ったシャナはそこで悠二に自分の想いを伝えようとしようとしたその時、突如風が吹き、会場に竜巻が起こる。そして、悠二の前についにフィレスが現れた。

・・・って今週はここまでですか。今回はかなりいいところで切りましたな。ちなみに今回で年内の放送は終了。次回は1月の第2週からのようです。

次回、「収束、そして兆し」

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年12月19日 (水)

スケッチブック~full color's~ 第12話「スケッチブックの日」

今週は空、夏海、葉月、ケイトの4人で町へお買い物です。あれ?最終回を前にしてOPが変わった?実はこの曲、ご存知の方もいると思いますが従来のOPである清浦夏実さんの「風さがし」のカップリング「夏の記憶」なのです。

銀行で通帳を作ってもらう葉月。葉月はここの銀行の猫のキャラクター「ふくだとくのすけ」がお気に入りらしい。でも、通帳のデザインにそれはなかった。これには葉月もショックだったようだ。

画材店に足を運ぶ4人。そこで妹の誕生日プレゼントに悩む人が。実はこの人、神谷先輩のお兄さんだったのです。そこでケイトと空もいろいろと考えてみる。ケイトが持ってきたのはねりゴム・・・。これにはお兄さんも困惑。そしたら「じゃあ、箱買い」と言って1箱持ってきた。いや、ぜったいこんなに使わないだろ。そんなとき空はスケッチブックを持ってくる。これには満足したようだ。その後、空とケイトも同じくスケッチブックを購入・・・と思ったら夏海と葉月も同じく購入していたのだった。果たしてみんなは1ページ目に何を書くのでしょうか?

帰りにふくだとくのすけのクレーンゲームを発見。チャレンジしようとする葉月だったが、1プレイ200円・・・。結局、出直すことにする葉月だった。

後日、みんなはスケッチブックの1ページ目に何か書いてきました。空は幼い頃の青との思い出の怪獣を書いてきた・・・ガオー。夏海はケロキチたちを、葉月はクレーンゲームを攻略するための考察(?)っぽいものを。そしてケイトは自分の名前を・・・「毛糸」・・・いや、それ違うから。

さて、来週はついに最終回です。

次回、「ひとりぼっちの美術部」

スケッチブック~full color's~ 第1巻 スケッチブック~full color's~ 第1巻

販売元:メディアファクトリー
発売日:2008/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月18日 (火)

バンブーブレード 第12話「東の事情とメイの事情」

今週で12話目、その12話目でついに最後の一人、聡莉の出番がやってまいりました。今までもさり気なく出演していたけどようやく本格的な出演です。

えーと、聡莉が剣道部に入ることのできない理由?・・・なんか雰囲気違うな、OPへ。そして、OP終了後・・・ってこれサヤが作った話だったのかよ、・・・どうりで。

見学だけでもとキリノとサヤによって強制的に剣道場に連行される聡莉。見学だけと言っておきながら防具を着せられ二人と試合することに。結果サヤもキリノも完敗。聡莉、話の通りかなりの実力者のようだ。勇次もずいぶんと嬉しそうだった、結局勇次との試合は勇次が勝ったけどその実力は勇次も認めるほどだ。

さて、聡莉が入部できない理由だが、かなりドジで天然らしい。なんにでも真面目に取り組んでいるが肝心なところでドジを踏み結果に結びつかない。しかし、傘と杖を間違えて持ってくるとは・・・。

室江高はまた別の高校との練習試合の日。レイミはまたしても勇次のところへ。まだ誤解は解けていないか。そこへ近くをミヤミヤと段が通りかかる。レイミが段を見た第一声、どんぐり・・・事情を勇次から聞くと殴ってどっか行ってしまった。勇次、哀れ・・・。でも誤解は解けたか。

そして、練習試合。この日も聡莉はやってきた、見学だけのつもりで。しかし、防具に聡莉の名前でいつの間にか用意されていた。なんで用意してあるんだよ?

そして、合同練習、タマちゃんはなにやら楽しそうだ。来週はいよいよ試合かな。

次回、「先生たちと生徒たち」

バンブーブレードDVD 一本目 バンブーブレードDVD 一本目

販売元:JVCエンタテインメント
発売日:2008/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月17日 (月)

みなみけ 第11話「となりの南さん」

今週のみなみけはトウマの家、つまりもうひとつの南家の話です。トウマの上には兄が三人もいるのか。そのうち一人はハルカと同じ高校、もう一人はカナと同じ中学のようです。

トウマの帰りが最近遅いことが気になるようで一番下のアキラに様子を見に行かせることに。翌日、アキラはトウマとともに訪問。しかし、ハルカは信用がないのかとかなり機嫌が悪い。これはつまらないものとアキラが差し出したのは石鹸・・・ホントつまんないもんだな。カナは文句を言っていたけどハルカは少し機嫌が直った様子だ。夕飯を食べていくことになったのでいつものように電話をするハルカ。あれ?なんか声低すぎないか?

カナの中学にて。カナとアキラがなにやら親しげに話しているのを見て機嫌が悪そうな藤岡。さりげなく二人の関係を聞こうとするがアキラはあまりいい印象を受けなかったようだ。カナに誰かとたずねるとあいつは番長だって言われてたもんな。

さて、次はチアキの通う小学校の放課後。一人下校するチアキ。チアキの横を通っていったトラックが積んでいた石のひとつを落としていった。その石に山田と名前をつけ石蹴りを始めた。石蹴りか、そういえば小学校の頃よく下校中にやったな、さすがに名前まではつけなかったけど・・・。自宅近くまで蹴り続けたがたまたま来たカナが思いっきり蹴るとなんと石・・・じゃなかった山田がもとのトラックの荷台へ。ショックを受けるチアキ。夕飯でも食が進まない。ハルカがたずねるとチアキが「山田がトラックに乗って行ってしまった」と言った。・・・ってハルカは友達が転校したんだと思ってますけど・・・。

話は変わり、ハルカの通う高校。トウマの二番目の兄のナツキは保坂の知り合いだったのか。えーと、なんですか、昼休みでのこの二人のやりとりは・・・?妹が世話になっているということでハルカのもとを訪れるナツキ。とその直後・・・・・まあ、不可抗力なんだけど(原因をつくった友達はすぐに逃走)。一応、ケジメをつけると言うハルカ。あ!グーで殴った、グーで殴ったぞ、この人!その日ハルカは自宅でも機嫌が悪かった、包丁の音がすげー怖い。

後日、トウマとともに南家にやってくるナツキ。だが、ハルカは爆睡中。この日はハルカが一番に帰ってきたようだ。カナによるとそういう日はこうなっているらしい。トウマがナツキを連れて入ってきた。必死でハルカを起こすカナ。ようやく起きるハルカだが、服の乱れについてまだ気づいていない。ナツキは頭を上げることができない。チアキがちょうど帰ってきて服の指摘をされ、ようやく気づくハルカ。っておい、ナツキから血が、ところで古傷ってなんだよ。

トウマの兄弟もなんか負けず劣らずかなり個性的な面々であることは今回の話でよくわった・・・。次回はこの季節にぴったりのクリスマスの話のようです。

次回、「クリスマスとかイブとか」

みなみけ 1 (期間限定版) みなみけ 1 (期間限定版)

販売元:キングレコード
発売日:2008/01/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月15日 (土)

灼眼のシャナⅡ 第11話「約束の二人」

清秋祭が近づき、泊り込みで準備をする生徒たち。

そんな中、調査のため不在だったヴィルヘルミナが戻ってくる。報告によればまたしても悠二の身に厄介なことがふりかかるようだ。彩飄・フィレスが悠二の持つ零時迷子を狙っているとヴィルヘルミナは言う。そもそも零時迷子はフィレスと永遠の恋人・ヨーハンが作り出した宝具であり、ある戦いで二人は命を落とし、それで悠二に偶然転移してきたらしい。だが、ヴィルヘルミナが得た情報ではフィレスはまだ生きているということで、いつか遠からず必ず零時迷子を宿す悠二の前に現れるのだという。

しかし、このことと銀の炎のことは別問題。悠二にかつてない二重の試練が訪れようとしているのだとアラストールは言う。

ヴィルヘルミナが最後に独り言でフィレスとは戦いたくないと言っていたけど何かあるのだろうか・・・?

不安が募る中、次週ついに清秋祭が始まる。

次回、「清秋祭始まる」

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年12月14日 (金)

CLANNAD 第11話「放課後の狂想曲」

今週のクラナド、前回よりことみ編に入っております。

冒頭よりいきなりことみの殺人レベルのバイオリンの音色からスタート。こら、ことみ、何事もなかったかのように「こんにちは、ご機嫌よう」・・・じゃないだろ?少しは自覚しなさいよ。クラスメイトに自己紹介を始めることみ、なんか朋也が武器はバイオリンとか付け足していたけど・・・ってまた弾くなー!とうとう杏が現れて止めに入った。

OPが終わって、ことみが今度は何をしているかと思えば、杏に何か吹き込まれていたみたいで、素振り?ってつっこみの練習かよ!でも、何故につっこみ?バイオリンではなくて別のものに興味を持っていこうとしたわけか。

なんかことみによるバイオリンの発表会が行われることとなった。いや、これはさすがにまずいんじゃないか?果たしてどうなるのか・・・。

休日、いつものように春原のところに行こうとした朋也・・・といきなり聞き覚えのあるあのバイオリンの音色が!するとことみが図書室で練習中だった。なんでもことみは名誉図書委員だとか。昼食にアップルパイを焼いてきたことみ。何気に本格的だな、え?初めて作った?それはすごい、・・・なんか腹減ってきたな。時間が時間だし。

さて、例の発表会だが、ビラを作りました・・・だんご大家族・・・作ったのは渚ですか。客集めはだいたい杏がやってくれていた。なんかいろんなやつの弱みに付け込み半分脅しだったような気も。春原とか簡単に騙されていたし、美佐枝さんに智代に渚の両親まで・・・。これはたいへんなことになったな。でもホントにたいへんなのは発表会が始まってからだろうけど。って杏、いつの間に耳栓売ってたのか、でもそれは最後の手段だ。そして、発表会開始・・・予想通りの展開。あ、春原が逃げようとしてそのまま智代に蹴られた。

やっぱりいろんな意味ですごい発表会となった。・・・?最後にことみに接触してきた人物は何者だったのか?

次回、「かくされた世界」

CLANNAD 2 (初回限定版) CLANNAD 2 (初回限定版)

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2008/01/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月12日 (水)

スケッチブック~full color's~ 第11話「風邪の日とねこねこPart3」

季節はもうすっかり冬。空は風邪をひいてしまいました。そんな様子を見ていたミケとハーさん。これでは自分たちはえさをもらえないのではないかと心配に。

そんな視線を送っていたら空が二匹に気づきえさを持って出てきました。出てきたのはちりめんじゃこ。もちろん賞味期限切れ。これにより猫たちは人間に猫の気持ちを伝えるためにいろいろと考えて頭をひねらせる。

一方、空はずっと寝ているだけなのでかなり退屈な様子。天井の蛍光灯が人の顔に見えたためそれをポン・チョイミンさんと命名。その下のほうに見えた天井の染みも顔に見えたが少し邪悪だったためゴモスと命名。すごいセンスだ、いろいろな意味で。

放課後、休んだ空のお見舞いにやってくる美術部の面々。お見舞いにとなんかいろいろなものを持ってきてくれました。みんな心配してきてくれるんだからホントいい友達や先輩方だな。

さて、猫たちのほうはまだなんかいろいろな策を考えていた。とうとうブチの提案でなんか怪しげな儀式に発展。なんですか、その踊りは?

しかし、翌日空が用意したえさは期限切れではない新鮮な魚。これにはミケとハーさんも大喜び、すごい、儀式の成果なのだろうか?

なんか気がつけば、スケッチブックも残すところあと2話です。

次回、「スケッチブックの日」

スケッチブック~full color's~ 第1巻 スケッチブック~full color's~ 第1巻

販売元:メディアファクトリー
発売日:2008/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月11日 (火)

バンブーブレード 第11話「アニメーションとドリーム」

冒頭、キリノは忘れていた5人目の部員候補の名前を思い出した。しかし、授業中にいきなり大声を出したため先生にチョークを投げられそのまま口の中へ。そして、また忘れてしまった・・・。しかし、今時、先生がチョークの投げるとはな。

レイミが自分をつけまわす理由を語り始めるミヤミヤ。・・・なるほど、そんな理由があったのか。でも、ミヤミヤの彼氏は段であって勇次ではありませんよ、段は眼中になかったのだろうか。

キリノのほうはまだ、思い出すことができないようだ。そんなキリノに勇次はもう一度その友達に聞けばいいのではないかと言う。そこでさっそく聞いてみることに。よく考えたら最初からそうすればよかったんじゃないのか?

さて、返信がきました。名前は東聡莉。クラスメイトの情報によると昼休みは図書館にいるらしい。さっそく図書館に行くキリノとサヤ。・・・と、そこにはタマちゃんが。なんでも読みたい本があったんだけどその本は谷口悟朗の本らしい。タマちゃんのアニメ好きも筋金入りだな。・・・自分も人のこと言えないけど。タイトルは「アニメーションとドリーム」。なるほどそれで今週のサブタイトルはここから来ているのか。

今週も聡莉の出番は全然なかったけど来週からはようやく本格的な出番が来そうです。

次回、「東の事情とメイの事情」

バンブーブレードDVD 一本目 バンブーブレードDVD 一本目

販売元:JVCエンタテインメント
発売日:2008/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

みなみけ 第10話「おとこのこ×おんなのこ」

今週のみなみけ、もう10話目です。チアキの通う学校にて。チアキのクラスメイトの話によると同じ学年に南の姓を持ち冬に馬と書いてトウマという人物がいるらしい。

それを聞いたチアキは自分の弟にしようとトウマのいるクラスに乗り込む。でも、そのトウマは実は女の子だった。お?トウマの声は水樹奈々さんですか。そのトウマだけど女の子でありながら実際はけっこう男の子っぽい感じはするね。

クラスでの争い(?)に巻き込まれたチアキ、「おいバカ野郎、いてぇーじゃねーか!」、さすがチアキ、どんな相手であろうと言葉では容赦ない。「誕生日はいつだ?年下だったら許さねーぞ」、それに対してトウマは「4月・・・」、それ聞いた途端に話を変えようとするチアキ・・・負けたな。

チアキのクラスの調理実習。マコトはハルカのこともあり料理に関して勉強しているみたいだけど一体何を勉強してたんだ?生卵をまな板の上で包丁って・・・何を考えている?バカか?でも、ホントにバカだったから最後はチアキに殴られてた・・・。

さて、マコちゃんはとうとうハルカとチアキに正体を明かすことを決意したようだ。それをそれを聞いていたカナとトウマ。果たしてちゃんと言えるのか・・・?ハルカとチアキが帰ってきました。そして、マコトはついに自分が男であることを二人の目の前で言う。・・・でも、全然信用されてなかったようだ。それを翌日トウマから聞いたマコトはショックを受ける。そして、チアキに正体を明かすためチアキの元へ。「南、オレは男だ!」、チアキ「だからどうしたバカ野郎!」・・・あ、顔面蹴られた。

南家、マコトがマコちゃんになる前にハルカとチアキが帰宅した。コタツの中に隠れるマコト。このことを知っているのはカナとトウマだけ。テレビのマジックショーを見る4人。ってまた先生と二ノ宮君かよ!今度はマジックかい!

結局トウマがマジックと称してマコちゃんに変身させてコタツからマコトを出すことができた。なんかここに至るまでカナがずいぶんと楽しそうだったな、その分トウマがかなり苦労してたけど・・・。

次回予告、今回はトウマ一人です、次回はトウマの家族の話のようです。

次回、「となりの南さん」

みなみけ 1 (期間限定版) みなみけ 1 (期間限定版)

販売元:キングレコード
発売日:2008/01/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 8日 (土)

灼眼のシャナⅡ 第10話「帰ってきた男」

ついに封絶をはることに成功した悠二。しかしそれを見たシャナとアラストールは驚きを隠せない。悠二の張った封絶を銀色の炎が染めていたからだ。それはマージョリーがフレイムヘイズになるきっかけをつくった徒の炎の色だった。このことをマージョリーに知られたら大変なことになるので自在法の使用を禁じられる。

学校のほうでは学園祭の準備がすすめられていた。オープニングでやる仮装パレードの配役の抽選。ロミオ役である悠二に対してジュリエット役は抽選の結果吉田さんとなった。でも、もうこのときにはシャナも吉田さんもこの程度では特に気にするということもなかった。成長しましたね。

朝から坂井家を隠れてみていたのはなんと悠二の父親でした。シャナと吉田さんをつけたりして困った趣味を持っていたけどシャナや吉田さんと話しているときは二人にとってとてもいいアドバイスをしたりと人生の先輩らしいことも言ったりしていました。

一方、その頃ヴィルヘルミナはカムシンと会っていた。カムシンから聞かされたこととはフィレスの生存について。そして、フィレスは零時迷子を探しているという事実。つまり、遅かれ早かれフィレスはシャナと悠二の前に現れることになる。

いよいよ、本格的に物語が動き出してきました。

次回、「約束の二人」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年12月 7日 (金)

CLANNAD 第10話「天才少女の挑戦」

先週で風子編が終わり、今週からはことみ編に突入です。

今回は、ことみが友達を作るために朋也とともにいろんな人たちが訪ねてまわるといった感じの話。そもそも、きっかけは渚の演劇部復活のための活動をしているさなか新入部員候補として朋也が連れてきたのがことみだった。

渚とだんご大家族が好きなもの同士ということもありすぐに仲良くなった。でも、まだまだ友達探しは始まったばかり、次にことみと朋也が訪ねたのは杏。気持ちはわからなくはないがことみ、怖がりすぎだろ、まあいきなり杏が相手ではことみにとっては難しかったんじゃないかな。

さてお次は妹の椋、まあこの娘なら問題なく仲良くなれるんじゃないか・・・って占いで縁起の悪いこと言わないでくださいよ、友達探し中にそんなこと言われたら落ち込むでしょ。

今度は外でクマに遭遇。そう、クマの着ぐるみを着た智代だ。ことみはクマが大好きなようで気に入ったようだ。すると窓から春原が以前自分をひどい目にあわしたクマを見つけるやいなや、クマに仕返しをしようとしたが一瞬で蹴り飛ばされました、相変わらず見事な蹴りです、智代さん・・・って今日の出番はこれだけですか、ずっと着ぐるみだったせいでセリフなしですか、ちょっと残念。

ようやく仲良くなりましたが杏が提案でことみと椋を連れてどこかへ行こうと提案を朋也に持ちかける。そして、朋也が連れてきたいいところとは・・・やっぱり演劇部の活動場所ですか。

音楽室から聞こえたバイオリンの音に反応することみ。音楽室に行き、バイオリンを弾かせてもらうことになりました。だが、力の入れすぎでものすごいことに。

確かにあれはすごかった、でも本人はまんざらでもない感じ・・・むしろ満足してる?さて、このさきどうなることでしょうか・・・?ことみ編、今週よりスタートです。

次回、「放課後の狂騒曲」

CLANNAD 1 (初回限定版) CLANNAD 1 (初回限定版)

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/12/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年12月 4日 (火)

バンブーブレード 第10話「宮崎都の憂鬱と初大会」

気がつけば、もう10話目です、コジローは実家に帰っていました。なんかとても個性的な両親だったな。この息子にしてこの親ありか?それにしても実家がコンビニとはな。夕飯が売れ残った消費期限ギリギリの商品だなんて・・・しかも、通常の半額・・・金取るのかよ!

今週からレイミが出てきました、何やらミヤミヤと何らかの確執(?)があるようだ。ミヤミヤの避け方、反応も少し異常である。

なんかいろいろあったけどタマちゃんのアルバイトも無事終了しました。ミヤミヤは段の誕生日プレゼントを買うそうです、しかし、ちょうどその日が段の誕生日だということに気づき急いで帰るミヤミヤ。それがきっかけでお父さんの誕生日のことを思い出すタマちゃん。結局バイトで稼いだお金はお父さんの誕生日プレゼントに使いました。そのためDVD-BOXは諦めました。・・・タマちゃん、なんていい娘なんだ。でも、今回のバイトはタマちゃんにとってもいい経験になったんじゃないかな。

さて、いよいよ新入部員にとっては初の大会です。まずは個人戦、タマちゃんは見事に優勝。ユージは相手が悪かったようで1回戦負け。だが段は強運が重なり準優勝・・・運よすぎだろ。

お昼時、キリノにとって耳よりの情報が入る。別の高校のキリノの知り合いの話によると室江高に中学時代とても強かった剣道部員がいるらしい。名前は東。でもキリノ、忘れるのはやいですよ。

さて、ようやく聡莉にも正式にスポットがあたりそうですね。

次回、「アニメーションとドリーム」

バンブーブレードDVD 一本目 バンブーブレードDVD 一本目

販売元:JVCエンタテインメント
発売日:2008/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 3日 (月)

みなみけ 第9話「三姉妹日和」

ハルカの通う高校が臨時休校になった。チアキによると普段何かと忙しいハルカ姉さまに対する学校の・・・いや、国の計らいなんだそうだ。

しかし、ハルカは特にこれといってやることがなくかなり退屈な一人だけの休日を過ごしていた。そこでケーキを作ったハルカ。あまりにも暇だったためかなりの大作となった。味もバッチリのようだ。でも、いくらお昼ごはんがまだだったとはいえ、あれを全部食べてしまうとは。さすがに気持ち悪くならないのだろうか。

なかなか起きてこないカナにのしかかって起こすチアキ。このことを根に持っていたカナは仕返しにチアキを寝坊させようと企む。そしてその夜、カナのバカについて語り明かす二人。それにしてもさすがはチアキ、ものすごい言い様だな、実の姉に容赦ない。・・・というかカナも起きていたわけだからこの計画、全然意味ないじゃないか。結局、二人が起きたのは午後3時ごろ。一人、お茶を飲んでいたハルカの目が怖かったです。

カナが風邪をひきました。チアキのよればバカは風邪をひかないのではなく、バカは自分の体調管理ができないから風邪をひくんだって。さすがチアキ、最もな事を言う。それでも、カナのもとから離れないチアキにカナは「そろそろチアキの好きなテレビ番組が始まる」と言うとチアキは「風邪をひいたカナを見ているほうがテレビより面白い」と言ったことでいつもみたいにチアキに飛び掛るカナ。気がつくと風邪がすっかり治っている・・・あれ
?チアキの様子が。どうやらうつってしまったようだ。

それにしても、カナ、ずいぶんと苦しんでいたのにあっさりと治ってしまったな。やはり単純だからなのかな。

次回、「おとこのこ×おんなのこ」

みなみけ 1 (期間限定版) みなみけ 1 (期間限定版)

販売元:キングレコード
発売日:2008/01/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 1日 (土)

灼眼のシャナⅡ 第9話「悲しみのマイルストーン」

前回からの続き、半人前のフレイムヘイズ・ユーリィをおいて、一人アナベルグとの戦いに赴くマージョリー。

だが、敵には護衛のシュドナイがいる。しかし、気配を感じ取ることができない。それこそがアナベルグの能力だった。それによりシュドナイから不意打ちを受けピンチに陥ってしまう。

一方、ユーリィはマージョリーのピンチを知り、全力で戦うことを決意する。そして、ユーリィの攻撃によってシュドナイにダメージを与え、それによりマージョリーは事なきを得る。その後、アナベルグを倒すことに成功し、マージョリーたちの場所へ突入するがそこではマージョリーとシュドナイが対峙していた。依頼主を倒されこれ以上戦う目的を失ったシュドナイと目的を達成するまで死ぬことのできないマージョリー。二人の離脱の際の攻撃を受けユーリィは消滅する。結局、自分のためにユーリィを犠牲にしてしまったことをマージョリーは佐藤と田中に話したのだった。マージョリーが必ず倒すと誓った「銀」とはいったい・・・?

その頃、自在法を構築するための鍛錬を続けていた悠二はついに封絶をを張ることに成功するがそのとき出てきた銀色にシャナとアラストールは驚く。あれはいったいなんだったのだろうか?

次回、「帰って来た男」

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »