« スケッチブック~full color's~ 第11話「風邪の日とねこねこPart3」 | トップページ | 灼眼のシャナⅡ 第11話「約束の二人」 »

2007年12月14日 (金)

CLANNAD 第11話「放課後の狂想曲」

今週のクラナド、前回よりことみ編に入っております。

冒頭よりいきなりことみの殺人レベルのバイオリンの音色からスタート。こら、ことみ、何事もなかったかのように「こんにちは、ご機嫌よう」・・・じゃないだろ?少しは自覚しなさいよ。クラスメイトに自己紹介を始めることみ、なんか朋也が武器はバイオリンとか付け足していたけど・・・ってまた弾くなー!とうとう杏が現れて止めに入った。

OPが終わって、ことみが今度は何をしているかと思えば、杏に何か吹き込まれていたみたいで、素振り?ってつっこみの練習かよ!でも、何故につっこみ?バイオリンではなくて別のものに興味を持っていこうとしたわけか。

なんかことみによるバイオリンの発表会が行われることとなった。いや、これはさすがにまずいんじゃないか?果たしてどうなるのか・・・。

休日、いつものように春原のところに行こうとした朋也・・・といきなり聞き覚えのあるあのバイオリンの音色が!するとことみが図書室で練習中だった。なんでもことみは名誉図書委員だとか。昼食にアップルパイを焼いてきたことみ。何気に本格的だな、え?初めて作った?それはすごい、・・・なんか腹減ってきたな。時間が時間だし。

さて、例の発表会だが、ビラを作りました・・・だんご大家族・・・作ったのは渚ですか。客集めはだいたい杏がやってくれていた。なんかいろんなやつの弱みに付け込み半分脅しだったような気も。春原とか簡単に騙されていたし、美佐枝さんに智代に渚の両親まで・・・。これはたいへんなことになったな。でもホントにたいへんなのは発表会が始まってからだろうけど。って杏、いつの間に耳栓売ってたのか、でもそれは最後の手段だ。そして、発表会開始・・・予想通りの展開。あ、春原が逃げようとしてそのまま智代に蹴られた。

やっぱりいろんな意味ですごい発表会となった。・・・?最後にことみに接触してきた人物は何者だったのか?

次回、「かくされた世界」

CLANNAD 2 (初回限定版) CLANNAD 2 (初回限定版)

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2008/01/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« スケッチブック~full color's~ 第11話「風邪の日とねこねこPart3」 | トップページ | 灼眼のシャナⅡ 第11話「約束の二人」 »

CLANNAD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CLANNAD 第11話「放課後の狂想曲」:

» (アニメ感想) CLANNAD -クラナド- 第11話 「放課後の狂想曲」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
CLANNAD 2 (初回限定版) ヴァイオリンを片時も放そうとしないことみ。しかし、彼女の奏でる殺人的な音色に朋也達は苦しめられていた。そんな中、杏はことみのためにヴァイオリンの発表会を開くことを提案する・・・。... [続きを読む]

受信: 2007年12月15日 (土) 00時18分

« スケッチブック~full color's~ 第11話「風邪の日とねこねこPart3」 | トップページ | 灼眼のシャナⅡ 第11話「約束の二人」 »