« CLANNAD 第7話「星形の気持ち」 | トップページ | みなみけ 第7話「いろいろな顔」 »

2007年11月17日 (土)

灼眼のシャナⅡ 第7話「池速人、栄光の日」

史菜の遊園地デビューのため遊園地に赴くいつものメンバー。計画したのは池。そう、今週は池メインの話なのです。

この日のために前日までかなり入念に計画をしていたようだ、とにかくものすごい気合だ。幹事として効率のいい計画を立て、みんなに楽しんでもらうため、そして何より吉田さんにアピールするためかなり気合の入っている様子だ。また、彼にも吉田さんと二人で観覧車に乗るという思惑があった。あれ?池ってこういうキャラだったか?こういうのも新鮮だと思うけど。

しかし、乗り物に弱い池は子供用のアトラクションでも酔ってしまう。そのせいかせっかく計画したプランもなかなかうまくいかない。その後、4人ずつに分かれて行動することに。ジェットコースターに乗りたいという史菜。池は午前中ならさほど混んでいないとのことでさっそく向かうがなんと1時間半待ち。またしても計算ミス。そのため池は自ら列に並ぶ役を買って出る。そんな池に気を遣ってあげる吉田さん。これには池も心の中で感動。そして、もうすぐ順番がくるということで吉田さんは史菜たちを呼びに行くが、そのとき悲劇は起こった。なんと前に並んでいた団体がキャンセルをしたために史菜たちが来る前に池はそのまま乗ってしまう。みんなが来たら代わって下で見てるはずだったのに・・・哀れな。

そして、午後。池は気を取り直して巨大迷路で4組に分かれて勝負することに。吉田さんと組んだ池はなんとしても1位でゴールして吉田さんと一緒に観覧車に乗ろうと奮闘する。そして見事に1位になり念願の観覧車に乗ることに。だが、観覧車だけなら大丈夫だと言っていたはずなのにやっぱり酔ってしまう。まさかここまで乗り物に弱いとは・・・。

結局最後までこんな調子だったため落ち込む池だったが、史菜にはその日1日とても楽しめたようだった。そして池にお礼を言う。史菜に楽しんでもらうという目的だったから結果的には成功したということとなったし、吉田さんにも特に悪い印象を与えたということもなかったようだ。

次回は、マージョリーさんの過去の話のようです。

次回、「過去への扉」

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« CLANNAD 第7話「星形の気持ち」 | トップページ | みなみけ 第7話「いろいろな顔」 »

灼眼のシャナⅡ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128245/8961491

この記事へのトラックバック一覧です: 灼眼のシャナⅡ 第7話「池速人、栄光の日」:

» (アニメ感想) 灼眼のシャナII 第7話 「池速人、栄光の日」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 暗闇にシャナが縦横に振った剣先がきらめき、その刹那、魔物たちの断末魔が響き渡る。だが、シャナの手に握られていたのは贄殿遮那ではなく、そんなシャナを暗闇の外で迎えたのも悠二ではなかった。そう、シャナたちは、史菜に遊園地...... [続きを読む]

受信: 2007年11月17日 (土) 17時40分

» 灼眼のシャナII 第7話 「池速人,栄光の日」 [れ〜な♪の日記]
灼眼のシャナII 第7話 「池速人,栄光の日」 見ました 「終わりよければすべてよし」 僕の好きな言葉リストに登録しておこう 今回の主役は池速人です [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 02時10分

« CLANNAD 第7話「星形の気持ち」 | トップページ | みなみけ 第7話「いろいろな顔」 »