« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

スケッチブック~full color's~ 第5話「ねこねこの日」

今週はミケたち、猫の世界を視点に描いた話。ミケの前に現れたのはクマ。猫たちの世界では高いところにいるほうが偉いらしい。ミケも負けずとより高い場所に向かうがあっさりと抜かれてしまう。クマ、あの体型でなんて身のこなしだ。

ハーさんによると語尾に「~にゃ」をつけるとえさをもらえる確率が三割増しになるんだって。ただ梶原さんからもらうときは注意が必要で、弟なら問題ないけど姉が与えるえさは賞味期限切れなんだそうだ。

飼い猫になりたいクマのためになんかお約束の「拾ってください」のダンボールが用意される。拾われやすくするために文字を書き換えるんだけどすげーなこの猫たち。ちゃんと文字が書けるなんて。それで何度か書き換えたんだけど「拾え!」、「けして拾わないで」、「運命の出会い」、「にゃあ」、「無料」、「半額」、「全米が泣いた」・・・なんか途中からおかしくなってないか?まあなんだかんだで結局飼い猫になることができたんだけどそのときは「珍獣」って書いてあった。

クマが去ったあと、空がえさをもってきた。さっそくもらいに行くハーさん。そして鮭の切り身をもらってましたがもちろん賞味期限切れでした・・・。

Music スケッチブックを持ったまま

アーティスト:牧野由依
販売元:flying DOG
発売日:2007/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月29日 (月)

みなみけ 第4話「恋もよう」

今週は日本シリーズの放送時間延長のために時間が通常よりも遅れての放送でした。昨日はバイトでくたくただったのでずっと眠くてでも、時間までがまんしていたのですが、それでもふと眠ってしまい、気がつけばオープニングがちょうど終わったところでした、でも、まあ内容は最初から見れたんでよかったかな。

チアキ帰宅、家のドアの前に一人の男。どうやらこの男は叔父さんのようです。以外と若いな、彼女と別れたそうでここに来たようです。ハルカが帰ってきて夕食の準備を始めます、だが、叔父さんといるのが嫌だったのかカナがハルカを手伝いにいきます、チアキはかなりあせってたな、いやしかし、ここはチアキが手伝いに行くべきだっただろう、いくら手伝うだけとはいえ、カナにやらせるのは危険すぎる。案の定、ハルカに追い出されるカナ。そして、夕食。そのとき叔父さんの彼女から連絡が。もう一度話をしたいとのこと。だが後日、チアキが帰宅すると玄関の前に叔父さんが。・・・またかよ。

雨の日の南家宅にて。プリンを食べたいカナ。チアキに買ってきてもらおうとするが、チアキは炭酸があればいいとのこと。だがなかった。そこでどっちが買いにいくか借りてきた新作のゲームた勝負することに。先生と二宮くん?ゲーム化したのか。どんな内容だよ?格闘ゲーム?先生が二宮くんを倒す、先生が泣きながら「二宮くーん!!」と叫ぶ。おいなんのゲームだこれは?もう少し続けてみると何?今度はマリオかよ!しかも落ちるの早っ!次はバイオハザード、そんで次はドラクエ?なんか逆に最後までやってみたいかも。

さて次はハルカたちがバレーをしているシーン、ハルカはバレー部に入らないかと薦められるけど家のことは忙しいからな。カナとチアキはハルカの子供ですか。

このあと保坂が登場、中の人は小野大輔さんです。保坂、見た目はなかなかかっこいいようだけど、中身はちょっと、いやかなり問題ありだな。マキも気持ち悪いって言ってたもんな。というかどこまで妄想してんだこの人は。こういうのナルシストって言うんだっけ。何がハルカに汗を拭いてもらうためにバレー部に入れるだよ。でも妄想しすぎたせいか汗を掻きまくったためにハルカに拭いてもらえてよかったな。

みなみけ 1 (期間限定版) みなみけ 1 (期間限定版)

販売元:キングレコード
発売日:2008/01/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月27日 (土)

灼眼のシャナⅡ 第4話「憂いの少女たち」

前回から登場したヘカテーと瓜二つの転校生、近衛史菜。前回の一件もあり、疑いはひとまず晴れた様子。最初は学校での生活には不慣れだったが、同じクラスメイトたちのサポートもあり、徐々に慣れていく。

やっぱりただの偶然だったのかな?だが、ヴィルヘルミナとマージョリーはまだ完全に疑いが晴れていないことから別のフレイムヘイズからも情報を収集していたがバルマスケが新たな動きをみせたという情報は現在はないようだった。

そんな中、悠二たちは新しくオープンした店にみんなで行くことに。しかし、店の名前からしてここのメニューはすごいボリュームだな。悠二と佐藤のラーメンの早食いもそうだけど特にすごかったのはシャナ。あれだけの量のパフェを一人で全部、さらにおかわりするとは・・・。ずいぶんと嬉しそうだった。そんな中、史菜が突然姿を消し、その後、シャナの機嫌は悪化。その日以降、鍛錬はヴィルヘルミナが代わりをすることに。さて、来週からはどうなることやら・・・。まあ、この様子だとしばらくは大きな戦いは起きないかも。

次回、「家族の食卓」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

CLANNAD 第4話「仲間をさがそう」

今週は演劇部復活のため、校内での演劇部員の勧誘の話です、先週の次回予告はほとんど春原がやってたこともあり、今週は春原がかなり目立っていたように思えます。

今週も懲りもせずに智代にアタックを開始、なんと今回、智代の春原への攻撃は1000Hitを超えました!これはすごい。でもそれでも懲りない春原もある意味すごいと思うよ。

あと、椋と渚の屋上でのシーンはけっこうすごかったな、最後に渚が演劇部への協力を頼んだ直後に飛び出した杏にもかなり笑えた。

今回は風子のシーンが多かったかな、朋也を変な人と言ってるけどまあ、変とまではいかないけど風子もけっこう変わってると思うよ。今週の終わり方から察するに来週は風子メインの話が展開しそうです。

次回、「彫刻のある風景」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月24日 (水)

スケッチブック~full color's~ 第4話「三人だけのスケッチ大会」

今週は写生大会の話です。しかし、その日の天気はよくなく、降水確率40%だったのだが、空はやる気満々で準備も万端。結局やってきたのは空のほかに引率の日和先生と栗原先輩の二人だけ。

先生の車の中はにわとりのぬいぐるみだらけ。いくら好きだからって多すぎでは?なんかそれに混じって焼き鳥のぬいぐるみなんかもあったけどあれって自作かな?

先生の安全運転(?)のもと目的地に到着しますが緑豊かな自然を前にして楽しそうな栗原先輩に空は翻弄されっぱなしでしたね。

このあたりで流れた挿入歌はとてもいい曲でした。牧野由衣さんの曲はいつ聞いても癒される曲ですよね。あと、最後の雨上がりの夕焼けと虹のかかったシーンがよかったです。

帰り道もかなりゆっくりだったけど、実はサイドブレーキをかけっぱなしだったなんて・・・。いくらなんでもそれは行きのときに気づくのでは・・・。

Music 風さがし

販売元:flying DOG
発売日:2007/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月23日 (火)

バンブーブレード 第4話「ピンクとブルー」

今週はサヤをはやく部活に来させるためキリノとコジローがいろいろと策を練ってましたが、あのゴキブリに効くバルカンだっけ?使ったことないけど実際あんなに煙が出るものなのだろうか?

最初は基礎練習をかなり嫌がっていたミヤミヤ。だが、キリノ相手に打ち込みの練習をするにつれて次第に楽しい感情が芽生える。だが別に剣道が楽しいわけではなく、相手を攻撃するのが楽しいって・・・。なんかかなり黒いオーラが出てましたけど。ミヤミヤついに完全覚醒か?サヤとの以外な鉢合わせのところはさすがに先日川に落とした相手だったミヤミヤもかなり慌てていた様子。

だが、コジローの説得もありなんとか丸く収まった、なんかミヤミヤも言ってたけど確かに今週のコジローはかなり先生らしいこと言ってたな。

次回、「室江高と町戸高」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月22日 (月)

みなみけ 第3話「球蹴り番長再び」

カナの中学にてテスト返し。カナの点数は65点。ケイコは100点。しかし、カナは自分の点数に満足している様子。でも、65点って人間らしい点数か?

藤岡は66点だったことで勝負心を抱くカナ。残りの科目で勝負することに。しかし、点数が不安だったために捏造したのだが、それでも負けるなんて・・・。それも一回だけならまだしも二回も捏造してそれでも勝てないってある意味すごいな。しかもほんの数点差ってある意味すごいな。

そんなとき、藤岡は「おまえがすごい好きだから」とカナに伝える。このことに動揺したカナは家に帰り、「チアキ様はお帰りか!?」と叫びすぐにチアキに相談。しかし、チアキはそのときの詳しい状況を聞くとこれは「好きだから」と言われたのではなく、「すごい隙だらけだ」と言われたのだと指摘する。カナはこれにはかなりショックだったようで翌日から藤岡が近くに来るたびになんか謎のポーズをとるようになった。一応警戒してるんだと思うけど。そのため自分は嫌われたのだと思って藤岡は落ち込んでしまう。

しかし、そんな彼にも転機が訪れる。カナが無駄な争いを避けるため家に招待する。実は前日カレーを作りすぎていたようで。濃くなって薄くなっての繰り返しで結果、なべ三つ分ものカレーができあがる。カナ、限度というものを知らないようだな。でも、藤岡はカナに招かれたことでかなり嬉しそうだったし、ハルカからも好印象を受け、チアキからもなつかれる。それを見たカナはハルカとチアキまでもを懐柔しようとしているのではないかと思い込みまたしても暴走。

なんか今週は最後までトタバタだったな。まあ、いつものことのような気もするけど。

次回、「恋もよう」。

経験値上昇中☆ Music 経験値上昇中☆

アーティスト:井上麻里奈,茅原実里 佐藤利奈
販売元:キング
発売日:2007/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月20日 (土)

灼眼のシャナⅡ 第3話「疑惑の転校生」

突然の現れたヘカテーそっくりの転校生・近衛史菜に疑いの目を向けるシャナと悠二。シャナはその場で封絶するが彼女は封絶の中では動くことができなかった。それどころか徒の気配すら感じ取るこができなかった。しかし、シャナはすぐには疑いを解くことはなかった。

そんな中、悠二は徒の気配を感じ取るがシャナはすぐには動こうとしなかった。その後、マージョリーの自在法で史菜を調べるものの特に変わったところはなかった。

下校中、シャナの策略によっておびき出された徒に史菜を襲わせるが、結局は普通の人間と変わらなかった。それにしてもあの徒、雑魚だったからこんなことに利用されるために泳がされたなんて・・・哀れな。

とりあえず、史菜はヘカテー本人ではないようだけど本人となんらかの関連があるのか、それともこれもなんかの宝具の力によるものなのかな?

次回「憂いの少女たち」。

JOINT 【初回限定盤】 JOINT 【初回限定盤】

販売元:GENEON ENTERTAINMENT,INC(PLC)(M)
発売日:2007/10/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月19日 (金)

CLANNAD 第3話「涙のあとにもう一度」

今週のクラナド、今日は忙しかったためにたった今見終わりました。

渚が倒れた翌日、朋也は渚の家を訪れるが秋生と早苗はあいかわらずだ、ほんといつも楽しそうだな、この一家は。

春原は今週もかなりひどいめにあってた。智代に失礼は発言をしたためまたしても蹴りをくらってた。えーと二回再生してみたけどたぶん743ヒットくらいだった気がする。

それだけではない、今回は藤林姉にもペットにちょっかいだしてたせいでやられてしまう。それにしてもよくふっ飛んだな。

演劇部復活のためにがんばる渚、そしてそれを手伝う朋也。募集のポスターをつくったが許可がなかったためにはがされてしまい、生徒会から呼び出しをうけることに。

・・・って今週はここで終わりか。次回予告、ほとんど春原しかしゃべってなじゃん。

次回「仲間をさがそう」。

CLANNAD 1 (初回限定版) CLANNAD 1 (初回限定版)

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/12/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年10月17日 (水)

バンブーブレード 第3話「ブラックとブルー」

今週は新入部員も入ったということで新しい防具と竹刀を注文しにいく話とミヤミヤの裏の顔が判明するという話です。

キリノ、一応剣道部の部長なんだから竹刀の漢字を間違えちゃだめでしょ、竹内って誰だよ、しかもユージくんほかへって栄花のこと完全に訳すなよ。

コジローは教師なのに教え子たちから信用ないな、しかもみんな一斉に「先生に?預ける!?金を!!?」って揃っていたのがまた笑えた。

今週、サヤが初登場、なんかいろいろな意味ですごいキャラだ、しかし、黒いミヤミヤとあんな出会いをしてしまったことから来週はまたすごい展開を見せそうだ。

次回「ピンクとブルー」。

Music BAMBOO BEAT

アーティスト:千葉紀梨乃(豊口めぐみ),桑原鞘子(小島幸子),宮崎都(桑島法子),東聡莉(佐藤利奈) 川添珠姫(広橋涼)
販売元:flying DOG
発売日:2007/11/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月16日 (火)

スケッチブック~full color's~ 第3話「青の心配」

とある休みの日、テレビゲームをして過ごす空とその弟・青。

青は必死にコントローラを動かして頑張ってるようだが、空は案外普通に落ち着いてやってるな。それもそのはず、青は別に空と対戦してたわけではなくCPUと対戦してただけだった。また、おなかが空いたということでそうめんを作ることにした二人。空は万能ネギを切ることになったのだが、ここでもまたいつものすごい想像。万能ネギだけにすごい便利なこと想像してたな、いや、あそこまでいくともはやネギじゃないんじゃないか?空の頭の中での夏海と葉月のやりとりに出てきたネギってただのテープじゃん。

今日は神社のお祭りがあるそうで夏海と葉月を家で待つ空。そんなとき青が「ねえちゃんの友達ってどんなだろう?」と考えてたが、二人が到着して納得したようだ。

今週もなかなか面白い内容だった。来週も楽しみだけど来週もまた放送時間が遅れるらしい。

スケッチブック 3 (3) (BLADE COMICS) スケッチブック 3 (3) (BLADE COMICS)

著者:小箱 とたん
販売元:マッグガーデン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月15日 (月)

みなみけ 第2話「おかしな学校」

今週のみなみけ。話題は男女が一緒にいると起こるおかしな事とは何か?

それは一体どんなことなのかと問いただしてくるチアキ。しかし、カナははっきりとは言わず、だからそれはなんなのさとさらにチアキは問いつめる。ハルカはもうこの話題をやめてほしいようだった、でも、カナは「大丈夫、言葉にモザイク・・・」・・・入ってねーよ!なんか自分では入れたつもりだったようだけど。

翌日、学校で同じクラスの男子からうちに寄っていかないかと誘われたときチアキは「ひょっとしておかしな事をするのか?」この言葉にマコトが反応、他の二人はわからないようだったけど。

チアキは人にあだ名をつけるのが得意だそうで学校の教師にもつけているらしい、それにしても「台風14号」と「局地的豪雨」が喧嘩、「開かないビニール傘」が割って入り、結局「腹黒シロクマ」が犯人で「フタのない急須」がお茶を濁した形に・・・ってものすごいセンスだな、実際にあだ名をつけられた本人を見てみたいものだ。そのあとクラス全員のあだ名をつけることになったが最後のほうはなんか適当だったような気が。

掃除の時間にかなり気合が入っている様子のマコト。だが、掃除はもう佳境に。そこでチリトリをすることになり張り切るがチアキが「だまってはやくやれバカ野郎」と、ほんとこの娘は容赦ないな。マコトに文句を言われ、訂正して「しゃべってないでさっさとひざまずいてチリトリをなさってください、このバカ野郎」・・・・・いい方向に訂正されたとは思えない。

家で勉強中のチアキにちょっかいをだすカナ。小ばかにされたためカナの中学生レベルを計るため問題を出題、でもこれってただのなぞなぞじゃん。

Q星は星でもすっぱい星はなーんだ?  A・うめぼし  カナの答え・黒星

Q赤い帽子をかぶると涙を流して小さくなるものなーんだ?  A・ロウソク  カナの答え・連敗中のカープファン

・・・おいおい。

男女が一緒にいると起こる「おかしな事」を400字以内で説明せよ。

カナの回答 「それはそれはおかしなことなんだよ」・・・まあ400字以内だけど。結局ちょうど帰ってきたハルカに話を振られるが今晩の夕食について意見を求めるとあっさりとそっちの方向に。なんかホント平和な姉妹だな。

Music 経験値上昇中☆

アーティスト:井上麻里奈,茅原実里 佐藤利奈
販売元:キング
発売日:2007/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月13日 (土)

灼眼のシャナⅡ 第2話「全ての序章」

今週のシャナは料理に奮闘?悠二にお弁当を作ってきた吉田さんに対抗するためのようだ。千草に教わりながらお弁当づくり励むシャナ。しかし、ヴィルヘルミナはシャナが自分を頼ってくれなかったことにご立腹のご様子。そのため悠二との鍛錬のときにも影響が・・・。その後、大量の食材を用意して一人料理に挑んでいたようですが。

シャナは結局うまく作ることができたのか。しかし、悠二がふたを開けたらなんとメロンパンが詰まっていた。あれだけの数のメロンパンがあの大きさの弁当箱の中でよく形を保っていたな、弾力性抜群だな。その日悠二はシャナと吉田さんの分両方全部食べきったようだ、あれだけの量をよく食べられたな、たいしたものだ。

でも、結局食べすぎのため保健室へ。その後再び悠二たちは夢の中に捕らわれてしまう。前回倒したメアは実は本体ではなかったらしい。吉田さんは絶対に目を覚まさないとか言ってたけどギリギリで目を覚ました吉田さん。これもなんかの力の影響なんだろうか?でも、まあこれで元の世界に戻れたようです。

・・・ん?この時期に転入生か。だがこの転入生、あのヘカテーにそっくり。どういうことなのか、来週の展開が気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月12日 (金)

CLANNAD 第2話「最初の一歩」

今週のCLANNAD、録画してちょうどさっき見終わりました。

実は今日は朝が早かったので昨夜は録画、今朝見ようと思ったのだが、時間がギリギリでAパートしか見れず、結局先ほどやっと全部見ました。

先週の続きが気になってたのですが、なるほど、渚は劇のセリフの練習だったのですか。演劇部の再建を朋也も手伝うことにしたようです。しかし、最初から危なかったな、登校中にいきなり藤林(もちろん姉の方)がバイクで突っ込んでくるとは。しかもバイク通学禁止らしいのに堂々としてたな、どこに隠してんだか。それにしてもよくあの運転で免許取れたな。

さて、春原は懲りもせず智代にリベンジする、だが相変わらずボコボコ、あれ何ヒットしてんだろ?3けたはいってたはずだけど。

Aパート見て思ったけど朋也ってずいぶんいろんな娘に話かけてるな。Bパートは演劇部の再建の手伝い。渚が募集のポスターに書いたイラストはだんご大家族・・・多いな。

今は流行っていないらしいけど渚は今でも大好きらしい。そんな朋也はだんご大家族を買っていこうとしたが、売ってなく、不器用ながらも自分で作ったものをあげました。

朋也はバスケのスポーツ推薦で入学したのだが、すぐに部活はやめてしまった、それ以来バスケはやっていな、それを聞いた渚は一緒にバスケをやろうと提案。しかし、次の日はあいにくの雨。しかし、渚はそれにもかかわらず傘もささずに待っていた。いやー、こんな一途な娘リアルにはいないよね。だが、朋也は中学時代に肩を痛めて以来腕が肩から上に上げることができなくなっていた。それを知った渚は責任を感じるも、そのまま倒れてしまう。そして、ED。ってここで今週終わりかよ!

次回、「涙のあとにもう一度」。

CLANNAD 1 (初回限定版) CLANNAD 1 (初回限定版)

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/12/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

スケッチブック~full color's~ 第2話「いつもの風景」

昨日の予告どおりスケッチブックの感想です。

相変わらず、夏海の腹話術による会話は面白い。ところで、ザリガニにサバをあげ続けるとほんとに青くなるんだろうか?猫に狙われたりしてバリケード作ったりして根岸くんがかなりムキになっていたけど、最低でも青くなるまで1ヶ月はかかるみたい。ということはあと1ヶ月この状態が続くのだろうか?

これは内容とは関係ないが、地震の速報のテロップが邪魔でしょうがなかった、まったく、いいところでタイミングよく出てくるし、それも同じ内容を何度も流すな、一回流せばわかるだろ。それを何度も何度も!しかも微妙に長い!

来週はなぜか放送が30分遅れるようです、では、本日はこれにて。

Music スケッチブックを持ったまま

アーティスト:牧野由依
販売元:JVCエンタテインメント
発売日:2007/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月 9日 (火)

バンブーブレード第2話 「ブレードブレイバーとお弁当」

今週も見ましたよ、先週から月曜が楽しみになってきている自分がいる。

睡魔には襲われつつも、せっかく楽しみにしてたんだからやっぱリアルタイムで見たいんで、頑張って見ました。

今週は剣道部のトラブルに巻き込まれつつもそれがきっかけでタマちゃんがついに入部してくれました。今週もタマちゃん可愛かったし、しかも顧問の虎侍と勝負したのに瞬殺だったしな。まあ、部員にこうもあっさりやられたもんだから相当ショックだったようだ。

そして、番組終了後、眠いの我慢してそのあとの「スケッチブック」もそのまま見てたら今朝、寝坊して遅刻した・・・。

来週は放送が30分遅れるらしいから録画して翌日見よう・・・。

スケッチブックの感想は明日あたりに書きます、今日はもういろんな意味で疲れた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 8日 (月)

みなみけ 第1話「南さんちの三姉妹」

秋の新アニメもそろそろ第1話が終わる頃ですね。

さて、今回見たのは「みなみけ」。これは、南春香、夏奈、千秋の三姉妹の日常を描く作品のようです(・・・原作はよく知らないんですが)

しかし、始まりかたがすごかった。

「この物語は、南家三姉妹の平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待はしないでください、また、見るときはテレビから三メートル離れて見やがれ」

このセリフを言ったのは三女の千秋。・・・ってまだ小学生なのにすごいこと言うな。でも、小学生らしい可愛い一面もあったし、なんか次女の夏奈よりしっかりしてたな。また、夏奈には投げやりな態度だが長女の春香にはかなり慕っている様子。

内容は全体的に面白かった。あと、次回予告のときも千秋はすごかった。

「どうだ、面白かったか?テレビの前のお前ら、見たかったらまた見てもいいぞ」

・・・うん、まあ見るけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年10月 6日 (土)

灼眼のシャナⅡ 第1話「再びの刻」

待ち遠しかったシャナの第二期がついに始まりました。

いろいろあった夏が終わり、二学期が始まった。いつもと変わらない風景ではあったが、やがて、悠二は何かがおかしいことに気づき始める。季節はもう9月だというのに桜が咲いていて普段の日常も自分が以前経験したことが繰り返している・・・?しかし、シャナやヴィルヘルミナに聞いてもこの事実にはまったく気づいていない。自在法の可能性に気づきマージョリーに相談しようと佐藤の家に行こうとするもたどりつくことができない。やがて、悠二は自在法は周りではなく自分にかかっているということに気づく。それにしても、よく気がついたな、いつも思うけど悠二は重要な事実にはいつもいち早く気づいてるよな。

犯人は小さな存在の力しか持っていなかった徒のメアだった。これはあっさりとシャナにやられてしまった。どうやらメアの持っていた宝具の力らしい。メアの目的はなんだったのだろうか?こうしてもとの日常に戻ることができかが物語は始まったばかり。これから先どういった展開を見せるのか。期待大です!

劇場版『灼眼のシャナ』-ディレクターズカット- 劇場版『灼眼のシャナ』-ディレクターズカット-

販売元:GENEON ENTERTAINMENT,INC(PLC)(D)
発売日:2007/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 5日 (金)

CLANNAD 第1話「桜舞い散る坂道で」

TV版CLANNADの放送が始まりました。

この作品はあまり詳しいほうではないのですが、以前から友人に強く勧められていたので見ることにしました。主人公のナレーションから始まり、OPへ。この曲はわりと好きだ。内容自体もかなり良好だと思う。始まりかたもよかったし、演出も非常にいい。でも、EDはちょっと微妙だったかな。まあ、これは継続視聴決定ってことで。

まだ、始まってない作品もあるし、今期はいったい何本のアニメを見ることになるだろうか・・・。さて、今夜は期待作「灼眼のシャナⅡ」がいよいよ放送です!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 2日 (火)

秋の新アニメ放送開始!

10月に入ったことにより昨晩より新アニメがスタートしました。

昨晩見たのは「バンブーブレード」と「スケッチブック」の二作品です。バンブーブレードのほうは原作のほうはよく知らなかったのですが実際みたところわりと面白かったです、スケッチブックのほうは原作は読んだことがあったので放送を楽しみにしてりたのですが、あの四コマがどういう形でアニメ化されていくのかあまり想像がつかなかったのですが、原作のほうのネタもしっかりと入っていたのでよかったと思います。

とりあえず、この二作品に関しては当面継続で見ていこうと思います。

とりあえず、この一週間は様子見で継続して視聴する作品を絞っていくつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »