« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月27日 (水)

らき☆すた 第12話「お祭りへ行こう」

今週はコミケと初詣の話です。

年末に楽しいお祭りがあるからとみゆきさんを誘うこなた。いくらなんでもそれだけの情報でみゆきさんを誘うなよ・・・。かがみは同じ手口で夏に連れてかれたらしい。

そして、12月31日。こなたはかがみ、つかさとともにコミケ会場へ。つかさ・初参加、かがみ・二回目、こなた・常連。会場に到着するとともにその日の午前中の買出しルートを二人に説明するこなた。ずいぶんと綿密に策を練ってきたようだ。二回目であるかがみはまだなんとかなりそうだが、初参加のつかさは果たして計画どおりにできるだろうか。・・・・だがやはり思ったとおり完璧に迷ってましたね。人ごみに流されてましたし。

その後、ようやく三人が合流する。そんなときだった、先週の予告どおりあきら様が登場!・・・・・・ん?等身大のパネル?まさか、登場ってこれだけ?もし本当にこれだけだったら今週のらっきーちゃんねるであきら様は・・・。

午後は三人で企業ブースをまわってます、茅原実里さんが売り子をやってましたね。そして、なんとアニメ店長再び登場!・・・と杉田店員。限定品が完売したことでやる気があまりないご様子。しかし、アニメ店長は残り物には福があると言って、残っている掘り出し物を紹介しろという、そこで杉田店員がオススメした商品は・・・キョンのテレカ・・・おいおい。一方、アニメ店長のオススメ商品は・・・宗介のテレカ・・・おい!その後、高橋社長に不人気キャラで客を釣るなと怒られる二人、いや、どっちも主人公ですって。

さて、次は初詣の話です、コミケで朝が早かったためにかがみもつかさも非常に疲れているご様子。それでも、お二人の巫女衣装は最高に可愛かったです!可愛いといえば、なんといってもかがみ。今年こそはつかさやみゆきと同じクラスなりたくてお祈りしてたそうです。こなたはおみくじを引くのだが、なんと凶。こなた父は大吉だったのに。枝に結んで厄払いをしようとしたのだが、どこもいっぱいでつけるとこがない、やっと見つけたのだが・・・・なんとなーくそうじゃないかなとは思ったけどやっぱり折れた・・・お気の毒に。

さあ、ついに始まった今週のらっきーちゃんねる。だが、あきら様は今週本編出演の直前に風邪をひかれたご様子。こちらもお気の毒です、だから等身大パネルだったのか。

さて、次週は「おいしい日」。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月24日 (日)

ハヤテのごとく! 第13話「夏を制する者は受験を制するらしいっすよ」

今週はハヤテの白鳳学院の編入試験の話です。

ナギの好意を無駄にしないためにも必ず合格するために猛勉強に励むハヤテ。しかし、クラウスやタマがやけにからんできてすっかり寝不足でしたね。

とどめは試験当日、試験官を務める雪路の軽い(?)ジョーダンにより精神的にも体力的にもだめだめだったために集中力が足らずに不合格、あと1点で合格に届いたのに。そんなこととは知らないハヤテとナギはもう受かった気分でいた。・・・・・来週はいろんな意味ですごいことになりそうだ。

さて、すっかりおなじみとなった西沢さん、今週は様々な飲食店を眺めて、誰もお客がいない和菓子屋に入るのだが、なんかものすごい量を注文していた、あれって全部一種類ずつ注文してたのかな?

ハヤテのごとく!―Hayate the combat butler 春休みの白皇学院に、幻の三千院 ハヤテのごとく!―Hayate the combat butler 春休みの白皇学院に、幻の三千院

著者:築地 俊彦; 畑 健二郎
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月20日 (水)

らき☆すた 第11話「いろんな聖夜の過ごし方」

今週もまた、非常にゆったりとした内容でよかったと思います。

最初はこなたが浅草に行ってきたという話です、しかしまさか電車の乗り過ごしでそのまま浅草まで行ってしまうとは・・・・・。電車に乗っていると眠くなってしまいがちなのはわかるが。こなたは久々に浅草に小旅行ができてよかったとは言っていたが、かがみが言うようにテスト期間中にすることではないよな。

今週はつかさのツッコミが以外とあったな、心の中でだけだけど。まずは寝ているときによく「あと5分・・・」って言う話題のシーンで・・・

かがみ「やれやれ、なんかもうほんと類友だな」

つかさ「(えー、一緒かよ)」

お次はこなたとかがみの会話にて・・・

こなた「でも競争相手がつかさじゃ、張り合いなかったんじゃない?」

つかさ「(こなちゃんのくせに~)」

・・・とまあこんな感じです、もちろん心の中だけだが、つかさも言うときは言うんだね。

さて、次はかがみの自分のクラスとこなたたちのクラスでの自分呼ばれ方についての話、ここで日下部みさおさん、峰岸あやのさんのお二人が初登場。

まずはかがみのクラスでは

みさお「おーい、

男子生徒1「柊さん、この前のプリント・・・」

あやの「でねー、柊ちゃん

男子生徒2「柊ー、シャーペン落としたぞ」

次はこなたたちのクラスですが当然こなたもみゆきも名前で呼んでいるわけで・・・。しかし、ひとつ気になったのが、

白石「かがみー、ハンカチ落としたぞ」

かがみ「えー、どんだけー」

・・・って白石君もさりげなく名前で呼んでるよ!

次はこなたの家にゆい姉さんが遊びにきてそのとき見ていた刑事もののドラマについて話をするのだが、姉さんの「まったく、これだから警察は」ってあなたがその警察じゃないですか!しかし、こういうのをネタにするのもなかなか面白い、なぜ二時間ドラマのクライマックスは必ず断崖絶壁なのか?とか踊る大走査線の内容に少し触れてたりとか。領収証の犯人は署長の差し金だったとか言ってたが、ゆい姉さんは何か心当たりがあるようだ。

クリスマスはこなたはバイトでサンタの衣装を着て仕事をするらしい。なかなか似合っていたが、やはりなんといってもかがみの巫女衣装がとてもいい。

来週が非常に楽しみだ。

Music らき☆すた エンディングテーマドラマ

アーティスト:TVサントラ
販売元:ランティス
発売日:2007/07/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年6月17日 (日)

ハヤテのごとく! 第12話「僕らは昔、宇宙の刑事に若さとは振り向かない事だと教わった」

今週はハヤテが将来の夢について考える話。小学校時代のハヤテが将来の夢について作文を読んでました。幼い頃からこんなにつらい思いをしてきたのか。

ハヤテから将来の夢について聞かれたマリアは自分の夢は「ナギがまともな真人間に育ってほしい」ということだった。しかし、夢とは人生の原動力であるとハヤテに言われたマリアは落ち込んでしまう。ちなみにナギの将来の夢は「自分で描いたコミックスを一兆部売ること」だそうだ。

ふと、かつて自分が学校に通っていることを思い出したハヤテは学校へ足を運びそこで西沢さんと再会する。しかし、両親が勝手に退学届けを出していたためにハヤテは退学にされていた。それでもハヤテのことを諦められない西沢さんは思い切って告白。それをハヤテは断ったのだが、それでも断り方ってもんがあるだろうに、二次元にしか興味がないなんて・・・・・・これは自業自得かも。

それでも諦めるができずにハヤテを尾行し、三千院家の屋敷の敷地内に侵入した西沢さん、そこでなんやかんやあってついにナギと遭遇。ナギのドラゴンと西沢さんのハムスターが激突・・・・・ってハムスター丸飲みされてるし。次はもっと強いハムスターを連れてくるって言ってたけどなぜにハムスター?

次週はハヤテの編入試験の話です。

ハヤテのごとく! 01 ハヤテのごとく! 01

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2007/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月13日 (水)

らき☆すた 第10話「願望」

新しく携帯を買いなおしてもらったつかさ。今度はわかりやすいとこに入れたはずなのにさっそく床に落としてたよ・・・。それとメールを打つのにもまだ慣れていなご様子。ばるさみこすっていったい誰にメールしていたんでしょうか?あと慣れたからといって同じ相手にずっと送るのはやめたほうが・・・よくあそこまでちゃんと返信したな、かがみ。

こなたがゲーム中にゆい姉さんが遊びにきました、年齢制限があるゲームなのにやらせておいていいんですか警察官!? 交通課だからそういうことには注意したりしないのかな?

お次は病院で順番待ちをしているみゆきさん、本に熱中する気持ちはわかりますが、もう少しまわりを気にしましょう、とか言いつつもバスで終点まで乗ってしまうなんて・・・さすがだよ。

アニメイトにやってきたこなた。なんとここでいきなりアニメ店長登場!なぜかこなたに宣伝しまくりだよ・・・しかし、こなたは別の特典目当てにゲーマーズに行ってしまった。

あと、かがみとつかさがこなたの家に泊まりにきた話もなかなか面白かった。こなたの部屋、すごかったな、ハルヒのポスターとか積んである漫画、その他フィギュアなどなど。あと、アルバムに写っていたこなた母、すげー似てるよ、あの写真だけだとなんか誤解を招きそうだよ・・・。

最後はそれぞれのあだ名の話。かがみが冗談のつもりで言ったのになんの抵抗もなくかがみ様と呼ぶこなた。確かにこういう風に普通に呼ばれると呼ばれる側が耐えられなくなる気持ちはよくわかるな。まわりの目とかもあるし。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月10日 (日)

ハヤテのごとく! 第11話「僕の命の価値はプライスレス」

今週はナギの祖父・帝の邸宅に行く話です。ナギと帝のやりとりがなかなか面白かったです、さすがナギ、相手が自分の祖父であろうと容赦ないな・・・。 しかし、ハヤテ、冒頭から気の毒だったな、なんとなくそんな感じはしていたが、屋敷に入るとき見事に不審者扱いされて捕まっていました。気の毒といえば、咲夜もだな、帝に小遣いをせがんでいる間にナギたちは帰ってしまったなんて・・・。確かにヘリでも使わないと帰れないだろうな、広すぎて歩いて帰るなんてぜったいに無理だろうし。 そして、今週の西沢さん、見事にあたりだったのにアイスを半分以上だめにしてしまってました、しかし、そんな西沢さんも来週から本格的に出番があるようです。西沢さんもなかなかいいキャラしているので来週はけっこう楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

ながされて藍蘭島 第10話「雨だって、友だち!」

今週はすずをはじめとするみんなの気持ちがよく出ている話でした。

雨の日のみんなの過ごし方がそれぞれとてもそれらしい過ごし方をしていたのでなかなか面白かったです、りんの引き戸には笑えたな・・・、あれはあれで使い道があるような気がするけど(笑)

あとあやねとまちも相変わらずだな、まちが食べた団子はあやね特製の激辛団子で、まちが「み、水ちょうだい・・・」と言ったらミミズを出すし。み、水・・・ミミズ、そういうことか。

でも、なんだかんだでみんなが雨の日に外に出たのは一人暮らしで雨の日は誰とも会うことのできないすずのためだった・・・・・。昔から偶然を装って雨の日はすずの家に集まることにしているらしい。なんかスゲーいい話・・・みんな友だち思いだな。

あと、最後にすずが歌ってた「雨降りお月さん」がとても印象的でした、とても雰囲気に合っているいい曲ですね。

来週はなんかよく知らないけど2時50分からのスタートだそうです、録画してるからいいけどやっぱリアルタイムで見たい・・・。

ながされて藍蘭島 其之壱 (初回限定版) DVD ながされて藍蘭島 其之壱 (初回限定版)

販売元:キングレコード
発売日:2007/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月 6日 (水)

らき☆すた 第9話「そんな感覚」

試験期間なのにテスト勉強に集中することができないこなた。気分転換にネトゲーをすることにしたのに、黒井先生がいて・・・。

こなた「しまった!こんなとこまで包囲網が・・・」

まあ、気持ちはわからなくもないけど、テスト勉強ってなかなか集中できないもんだし。あと、血液型についての話がでましたが、こなたがA型、かがみ、つかさがB型、みゆきがO型、みんな想像と違っていて以外だった。すしのネタに例えたのは笑えた、かがみとつかさのカッパ巻きもどうかと思ったけどそれ以上にこなたのがりってのが気の毒だった。

その後無事にテストも終わり映画を見にいくことに。待ち合わせのシーンでは髪がちらっと見えただけでこなただとわかった・・・でも、あれだとかがみたちは気づかないかも。あと、自分たちを姉妹ってことにして自分だけ子供料金で入ろうとしたこなた、さすが、そういうとこはしっかりしてますね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

ハヤテのごとく! 第10話「世にも微妙なハイデフレ。ゲームは積まずにプレイしろ」

今週はアニメオリジナルの話。内容はけっこうぐたぐただったと思うかな・・・。番組開始直後にマリアのキャラソン、ところでマリアさんのイメージってそんなに悪い感じに見えるでしょうか?とてもそうは思えないんですが。

あと、ナギと咲夜がゲーム機にやつ当たりしてるときになぜヒナギクのショットが出てきたのってなんかの配慮かなにかかな。今週はそういうのが多かったけど。基本的にはゲームの世界に巻き込まれた生徒会三人娘が今回はメインだった。ゲームをさっさとクリアするために携帯でヒナギクを呼び出すし、てかよくあっさりとゲームの中に入ってこれたな。あと、勇者を待ち受ける魔王の声はなんとあの後藤邑子さんです、最初にあの声聞いたときにはかなり驚いた・・・。驚いたといえばもうひとつ、最後にクリアキャラのステータスが見れましたが何気にレベル高いな、ヒナギクに関してはもう笑うしかなかった。・・・・・強すぎだよ。

さて、来週からはいつもどおりの本編に戻るそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »